☆不思議な空間の尼崎中央商店街の巻!!☆

0

    ☆昨日は、尼崎での仕事が入っていたの久しぶり

    に尼崎中央商店街附近を横断して見る事にしまし

    た・・・。(^_-)-☆

     

     

    尼崎って言う街は、本当に不思議な街であり

    所在地は、兵庫県の最東に位置している関係

    からなのか?

    その文化も兵庫県とも大阪とも言えない様な

    独創的な文化が昔から根付いておりまた此の

    地から多くの吉本興業等のお笑い芸人の方々

    を輩出している街でもあるので街の人も兵庫

    県でありながら何となく大阪の下町ぽい?

    所も多々散見されますね・・・。(^_-)-☆

     

     

    此の商店街の一番の特徴は、奥に進めば進む

    程にまるで炭鉱の構内をイメージさせる様な

    枝分かれした商店の通路がある所でそれは何

    となく大阪西成区の商店街とも似た空気も有

    り商品の販売価格も非常にリーズナブルな感

    じであります・・・。(゜o゜)」☆

     

     

    物凄い!!人だかりで何かを?販売されていたの

    で、近付いて見ると・・・。

    何と。町中で土が未だ付いた状態の大根を、

    一本¥100で販売していましたので主に高齢

    者の女性達が、購入されていました。

    寒いので矢張りお鍋に入れるのでしょうね・

    ・・。(*^。^*)/☆

     

     

    阪神タイガースの黄色い鳥居も確りと天井に

    吊り下がっていましたよ・・・。(^_^;)/☆

     

     

    また、パチンコ店に勤務されているとても

    お美しいお姉さんが何故か?

    牛丼店を何度も往復して大量な牛丼を購入

    されれていましたが、此のArea!!では様々

    な方々がいらっしゃいますので後から考え

    てみれば此のお姉さんも果たして本物の女

    性だったのか・・・?

    何て考えてしまいましたね・・・。

    すみません・・・。☆<m(__)m>☆

     

     

    更に更に。此の街が大阪の西成区と異なるところ

    は、西成区では大阪の通天閣や阿倍野ハルカス等

    が見えていますが此方尼崎では、夕陽があたりま

    るで塔のように見える工場の煙突ですがまた見方

    を変えれば、テポドンの様な大陸間弾道ミサイル

    のようにも見えて来るので本当に何度訪れても不

    思議な街です・・・。(^_^;)/☆

    因みに補足なのですが、尼崎の街では、JR尼崎駅

    ・阪神尼崎駅周辺では、各交通機関の乗車券等を、

    販売する金券ショップが他の街に比べ何故か?

    極端に少ないのいで利用されたい方は、尼崎に入

    る前に事前に購入されていた方が賢明だと思いま

    す・・・。(^_^;)/☆

     


    ☆残り福の梯子と関西人マナーの巻!!☆

    0

      ☆毎年も此の時期になりますと関西では、お正

      月の三箇日依りも異常な盛り上がりを見せる戎

      神社祭が行わるので今年は、残り福を貰いに最

      終日に滑り込みでえべっさんの梯子をして来ま

      した・・・。(^_^;)/☆

       

       

      先ずはえびす神社の総本社である西宮市神社です

      が終日、11日の夕方とも成れば此の様に参拝客

      の方は疎らとなるので比較的スムースな参拝が、

      出来ました。(^_^;)」☆

       

       

      入場門である赤門もこの様にスイスイと・・・。

      入場する事が出来るので小さなお子様をお連れ

      のご家族の方やお年寄りの方々にはこの時間帯

      の方がお勧めです・・・。(・o・)」☆

       

       

      本殿でもこの程度のご参拝客なので本当にスムース

      に進んで行きますので戎様に個人的に長くお願い事

      がある方は、この時間帯が好ましいのでは・・・?

      (・o・)」☆

       

       

      此方が、10日に日には、恒例の福男レース!!が、

      行われた表参道ですがその殺気は翌日には全く

      無くなっています・・・。(・o・)」☆

       

       

      一方ところ変わって大阪のにある今宮戎は、分家

      にも拘わらず未々盛り上がり本日最終日の夜って

      感じではありません。

      総本社のある西宮戎神社から大阪の今宮戎神社迄

      は、阪神電車に乗り入れしている近鉄電車の奈良

      行きの直通特急に乗車すれば僅か、29分でしかも

      ¥360で移動出来ますのでお祭りの雰囲気を味わい

      たい方は、此方の方が良いかも知れません。

      唯、西宮神社で貰える(有料)笹は、出来合いのビニ

      ール製ですが、今宮戎は本物の生笹に御好みの福娘

      さんが飾り付け品をTopping!!してくれるので時間

      が無い方は、買えないのが特徴と言えます。(・o・)」☆

       

       

      此方が、今宮戎神社の西門ですが最終日とは、

      思えない程のんの盛り上がる方で更にまるで

      殺気?!さえ感じられる様な異常とも思える様

      な盛り上がりと。♪~商売繁盛で笹持って来

      ぉ~い!!~♪と言うお囃子に参拝客の方々が、

      皆さん一斉に唱える様に叫ばれるているその

      場の雰囲気は、何とも恐ろしい感じがしまし

      た・・・。(-_-;)」☆

       

       

      ご覧の様に正門や西門から本殿迄の僅か数メート

      ルの間を進む事が全く出来ません。

      ですから。危険回避を予想してなのか?本殿近く

      には小さなお子様や高齢者の方々の姿は殆ど目に

      はしませんでした・・・。(・o・)」☆

       

       

      残念乍ら。そんな混雑時を得意とする犯罪・事故

      も発生する為に腰を落として列の真近迄接近して

      犯罪・事故の発生を防止してくれている警察官の

      方は、大変なご苦労だと思います。

      此の現場では、人の目で見るアナログ監視だけが、

      防犯の頼みの綱となるからです・・・。(・o・)」☆

       

       

      参道以外でも大阪は、この通りなので通常に路面

      でも非常に歩き難い事が現状です。

      此処で纏めますと・・・。

      参拝を早く済ませたい時間が余りない方やご家族

      連れの方は、兵庫西宮の戎神社の方がスムースか、

      も知れませんし、ものを食べながら歩く文化が兵

      庫人には、比較的少ないので路上のゴミも少ない

      ですので参拝客どおしトラブルも比較的少ないと

      言えるかも知れません。

      その一方で大阪人は、昔からお祭り好きで参拝時

      本殿に辿り着く迄に千鳥足で飲食を好みますので、

      それを食べなが歩きますから特に汁気のあるおで

      んや豚汁を食べながら歩いている人が悪気は無く

      とも躓いて前を歩行している人の晴着や洋服を汚

      したり食べを終わった焼き鳥の串で前方を歩いて

      いる人のダンジャケツト等に穴を開けたり混雑を

      利用して日頃のストレス解消の為に行為に喧嘩を、

      嗾けて来る人やその中には、ポケットにダガーナ

      イフを偲ばしている人もいます。

      それ以外にも路上に食べ散らかした食べ物のカス

      等を路上に捨てるのでそれに足を取られて転倒し

      たりと大変ですよね・・・。

      以上の事からも警察官の方は大変な勤務状況です。

      ハッキリ!!している事は、大阪の人はゴミをゴミ箱

      に入れると言う文化が他の都道府県の人と比べると

      余り無い様な気が致しますが・・・。

       

       

      とは言え。華やかなのは矢張り大阪ですし。

      何方が良いのか?

      を決めるにはあなた次第です・・・。

      次回は、兵庫と大阪の福娘さんの異なりを、

      ご説明致します・・・。

       

      乞うご期待!!(^_-)-☆

       


      ☆お正月の穏やかな海では・・・。の巻!!☆

      0

        ☆昨日に引き続いて本日も穏やかな冬季の

        海をご紹介致します・・・。

        日本の海には、それぞれ四季の通り少なく

        とも何処のBeach!!でも4つ以上の顔を持っ

        てものいるなのです・・・。(・o・)」☆

         

         

        私は、公私共に年間を通してよく各Beach!!を訪れ

        るのですが最も美しい海とは。冬季の海だと思いま

        す・・・。

        海には、常に季節を先取りした匂いを潮風に乗せて

        運んで来てくれるものなのです。

        お正月から少し重いお話しとは成りますが海で自殺

        を考える人もいればあの某大手製菓会社の創業者も

        海で自殺を一旦は考えたものの海に有る或るものを

        ヒントに自殺を思い止めさ見事に事業の成功を果た

        された事例みある位に海は生命の母なのでしょう!!

        (^_-)-☆

         

         

        近年ではそんな海も人々の趣向の分散化から少し

        足が遠のいているのが現状と言えます。

        でも海岸ではお正月にゲリラカイトと飛ばす家族

        連れの方々がちらほらと散見されていました。

        (^_-)-☆

         

         

        そこで暫らくそのご家族の様子を拝見している

        と。先ずお父さんがゲリラカイトを袋から出し

        て子供達の人数分を組み立て空に1つずつ舞い

        上げ揚がったゲリラカイトから順番に子供達に

        持たせそれを単純に繰り返すのです・・・。

        そして子供達は、お父さんから手渡された凧を、

        単に棒立ちしているだけなのです・・・。

        そのお父さんの行動は非常に単調な流れ作業で

        会話も殆ど無くそれはまるで仏陀の蝋燭に火を

        灯しているかの様に見えました・・・。(-_-;)」☆

         

         

        凧って単に揚げるだけではなく喧嘩蛸等のアクロ

        バティックなテクニックを楽しむものでそこが、

        面白いと処なので見ている少しイライラと。

        感じましたので昭和の古少年の私としては保護者

        の方もいらっしゃったので少し伝授して差しあげ

        ようかな?

        とも思ったのです今の時代知らないおじさんが、

        急に現れて凧をよこせ。的な話しになると。

        先ずお正月そうそう不審者が来たな?!

        と思われるのは間違いないのでは?!と感じたの

        で思い止まる事にしました。

        私の子供頃の時代には、戦前生まれの見知らぬ

        おじさんが、凧揚げや釣り駒廻しに野球等の高

        度なテクニックを教えてくれて・・・。

        帰り際には、”おっちゃん。ありがとう!!”って。

        言うとおじさんは、関西人なのに。”礼は要ら

        ないぜ!!”何てそんなまるで瘋癲の寅さん見たい

        な人が居たものです。

        お話しだけでは作り話しの様に聞こえる方も居れ

        るかも知れませんが、いや。本当にそして確実に

        実在していましたよ。世話焼きのおじさんが町内

        に一人二人位はね・・・。(^_^;)」☆

         

         

        そして・・。お正月2日目の海も実に穏やかでした。

        また、今年もどんな人との出会いがあるのかが、

        とても楽しみなそな予感も潮風が運んで来ていたそ

        んな一日でした・・・。(^_^;)/☆

         

         

        追伸神社仏閣で日の丸国旗を揚げている処も、

        最近では、めずらしくなって来ました・・・。

        (・o・)」☆

         


        ☆愛情と人の人生感とは・・・。の巻!!☆

        0

          ☆最近、TV等の報道ニュースを等を見ている

          と生きたくても生きられない。方々も多く居

          られる中で多額の対価を支払ってでも死にた

          い若者達がいる事に驚かれて方も多いのでは、

          ないかと思いますが、では生と死とは何であ

          るのかを私なりに此の半世紀以上生きて来た

          中で感じ取ったものをご紹介して参りましょ

          う!!(^O^)/☆

           

           

          近年では、事件・事故に至らない自殺者の数

          は、残念乍ら急増している様に思います。

          私も此の様な仕事をしている関係から自殺さ

          れた方やその未遂をされた方のご家族からも

          ご相談される事も此処最近に於いては増えて

          来た様にも感じます。

          先ず。人と言う生物は一人詰り個体単体では、

          生きる事が出来ません。

          その為に生きる為に絶対に不可欠となるもの

          が、"愛”です。

          お金や名声は無くとも人は生きて行く事は出

          来ますが、愛がなくては人は生きて行く事は、

          出来ません。

          自分には、恋人も家族も友人も無く本当に天

          涯孤独だ!!と思いっている方でも誰かの愛情

          を受けているから現在、命があるのだと私は、

          考えます・・・。

          それが・・・。事件・事故・病気・怪我等で

          は無く生涯を全うする頃には、ご自身のお子

          様等が次の命を育み育て繁栄した時その愛と

          言う人生・生命のバトンが手渡された時に自

          然と死は、訪れるのではないか?

          と思います・・・。(゜o゜)」☆

           

           

          人はどんなに恵まれた方であっても限られた

          僅かな時間の中でしか生きる事は出来ません。

          自殺をされた方の部屋等に行くと趣味の物等

          が乱雑に放置されているケースが見られます

          が、此れは愛情に飢えて或る意味心の餓死で

          はないのか?とも思えます・・・。

          70s,代頃迄の自殺を考えられる方達は、先ず

          身の回りの整理から始め自殺を決行する頃に

          は部屋には。略、何も残ってはいないと言う

          パターンがStandard!!でしたが現在は可也違

          ってきました・・・。(・o・)」☆

           

           

          そこで現在お子様を持つ親御様には、お子様の

          自宅内での私生活を見守ってあげて頂きたいの

          ですが、その注意事項の切り分けとなるものが、

          趣味です。

          趣味の物を販売する立場にあるものが申し上げ

          るのも誤解を招く様な変なお話しですが、だか

          らこそ分かる事も有りますので少しご紹介致し

          ますと。勿論、趣味は自由なのですが問題はコ

          レクションです。

          コレクションとは。知識等を向上させる学術的

          なものとは、異なり物品を依り数多く持つ事で

          心に不安感を取り除こうとしている行動の1つ

          でありお子様が同じ様な種類のおもちゃ等を始

          めとする物品を3っ以上求める様になった時には、

          特にご注意してあげて下さい。

          Sports,や学術・知識・各種技術全般とコレクシ

          ョンは、違います。

          また。直接的では有ませんがコレクターは法律

          上の躾けArea!!の観点からも公安関係者からも

          遠回し的なO△予備軍的な法的文章も実際に含ま

          れています・・・。(-_-;)」☆

          事実。過去に私が何か新しい資格や許可を申請

          する時にもその担当者の方から。”マニアじゃな

          いですよね・・・。”と確認の釘を刺された経験

          もあります・・・。(-_-;)」☆

           

           

          勿論、全てのコレクターの方が好ましくないとは、

          申し上げているのでは有りません。

          併し、好きだからと言って博物館の学芸員の方々

          や大学教授を始めとする研究者の方々は、個人的

          コレクションをお持ちの方は、本当に少ないです。

          なので。博物館や美術館或は、大学等で管理され

          ている収蔵物と個人コレクションの大きな違いは、

          皆の為にとされる博物館とは異なりコレクターは、

          自分個人の為にだけにと言う処が異なるのです。

          此の画像にもある様にその為に個人コレクターの

          方は、コレクションを増やす事で新たなストレス

          そため込んでしまうのです・・・。(-_-;)」☆

           

           

          上記では、偉そうな事を申し上げて来ましたが実は、

          私自身も寂しいコレクターの1人であったと思って

          いますだからこそ此処は、今迄私が経験をして感じ

          取った事をご紹介させて頂きました。

          私の場合は、もう十数年前依り個人的コレクション

          は手放し始めています。

          その最大の理由は、あの世迄持っては行けな事であ

          りまた、何十年も掛けて収集したものを処分するに

          もそれ相当の年数が掛かってしまうからです。

          バブル期に購入してしまったもの等は、大きく値崩

          れしてしまったもの等は、某大手オークション等に

          は出品をして更なるストレスを抱えるくらならと思

          いそれ等には、出品をせず行政の運営する博物館や

          大学に添付文書を付けて無料で寄贈させてい頂いた

          りまたその準備をしている次第です。

          こうして置けば私が亡く成った後に業者の方々が自

          宅等々にトラックを乗り付けて来られ家族や近隣の

          方々にもご迷惑をお掛けしなくて済ますからね。

          私は、人には人に信用されようがされないが自分で

          確実に歩いて来た足跡だけが残ればそれで満足です。

          (^_-)-☆

           

           

          なので・・・。此処からの人生は他の人の為に小さな

          事と1つでも人の役に立つ事が出来きればと思ってい

          ます・・・。

          こんな記事を書かせ頂いた切っ掛けとなったのも。

          今朝、母に・・・。”お前は、人に愛されているのか?

          愛されていないのは。お前が人を愛していないからだ!!”

          とこんなに恥ずかしい年齢に成っても年老いた母から

          ご指導を受けてしまいました・・・。(-_-;)」☆

           

           

          今回も取り留めの無いお話しをしてしまいましたが、

          結びと致しましては、人は人から愛されないと生き

          ては行けない。また人から愛されるには人自らが愛

          さなければ、愛されない。と言うお話しです。

          人間は、他の動物達依りも高度な知能を持つが故に

          その分同時に大きなストレスも背負い込んでしまい

          ますがその荷物が大きく成る前に家族を始め回りの

          人達がお互いに気付いてあげる様に心掛けて行けば

          悲劇的な事件・や事故の防止にも繋がって行くので

          はないのか?と・・・。

          思った次第であります・・・。☆<m(__)m>☆

           


          ☆銭湯最前線!!の巻!!☆

          0

            ☆最近では、自宅でお風呂に入らない人達

            が増えて来ています・・・。

            とは、行っても入浴をしないと言うお話し

            ではなく外食文化が独身者も既婚者も問わ

            ず侵透し来た事からも外食ならぬ外風呂文

            化が再び静かに定着している為ですが、確

            かに近年のご家族の帰宅時間もバラバラで

            その度に湯船のお湯を張り直したりまたユ

            ニットバス等では疲れは取れないと言う事

            で曜日を決めて外風呂Day!!を設定されて

            いるご家庭もある様ですね・・・。(・o・)」☆

             

             

            私も夏場は余り銭湯を利用しないのですが、

            凍てつく様な寒い深夜から早朝に掛けての

            野外での勤務の後は、食事さえ咽喉に通ら

            なくなってしまううのでそんな時は銭湯を、

            利用するのでうが銭湯は、午前中の営業は、

            していはいないのでスーパー銭湯ばかりに

            成ってしまいます・・・。(・o・)」☆

             

             

            此方は、当GEKKOの事務所から一番近くにある

            銭湯の小久保湯さんで此処は、高齢者の方で有

            れば、毎週木曜日は何と・・・。¥100で入浴す

            る事が可能です。

             

             

            此方の銭湯の事は、名物の番台のおばあさん

            がいると言う事で皆さん主に主婦のブロガー

            の方がご紹介されていますが、私個人的には、

            此処が未だ薪や取り壊された木造家屋の廃材

            でボイラーを炊いていた頃から知っているの

            ですが、未だ一度も入った事が有りません。

            理由としては、余りにも近すぎるのでまぁ~

            !!口論等何か有た時に怖いなぁ~?!

            と勝手に思って未だに二の足を踏んでいるだ

            けで本当は、とても便利な場所なので入浴し

            て見たいって気持ちに嘘はないんですけどね

            ぇ~!!(^_^;)」☆

             

             

            そして・・・。次に近くにあるのが此方の恵美

            寿湯さんで此方は、個人まりした感じですが、

            秘湯の天然温泉と言う事もありまた、林崎松江

            海岸海水浴場から近い事から夏場には海水浴帰

            りのご家族連れの方々がよく利用されています

            ・・。(・o・)」☆

             

             

            入り口はこんな感じで非常に明るくて綺麗

            でした。此の時も銭湯マニアの中年のご夫

            婦の方が入浴無しでお話だけ伺いに偵察に

            来られていました・・・。

            実は此方のお風呂も私は入った事が未だ無

            いので機会が有ればまたご紹介させて頂き

            たいと思います・・・。(・o・)」☆

             

             

            此処で昭和の銭湯内の事をご紹介させて頂き

            ますと・・・。

            大体こんな感じで、野球中継やプロレスのTV

            放送が終わると皆さん一斉に銭湯にもうダッ

            シュ!!して来るで芋荒い処の騒ぎでは有りま

            せんでした・・・。

            近年に置いては、阪神・淡路大震災の後の銭

            湯はこんな感じだったのでそれを緩和する為

            に市や県の行政がSportsジムの温水プールを、

            借り上げてプールを銭湯の代りに使用した時

            期もあり男湯と女湯は、時間に依って切り替

            えていました・・・。

            因みに戦闘が混雑して来ると・・・。

            ”おぉ~い!!”と男湯と女湯にいるご夫婦が、壁

            ごしに連絡を取り比較的空いている方に子供

            を送っていましたよ・・・。(^_-)-☆

             

             

            流石に女湯には入った事が無いので女性スタ

            ッフ達やクライアントの女性人の方々に中の

            話しを聞く位ですが・・・。

            同性愛者の方は、分からないとの話しですが、

            要るんですよ・・・。男風呂には同性愛者の

            方が、勿論全ての同性愛者の方に問題がある

            訳ではないのですが、一部の心無い方を目撃

            してしまったのは、それは某スーパー銭湯で

            のお話しなのですが、本当に信じられない光

            景を目撃してしまったのは、何と!!浴槽の中

            でマスターべーションをし射精していたので

            す・・・。そしてその後その人は立ち去った

            のですが後には、その浴槽内を白いものがゆ

            らゆらと漂っていので係員のアルバイトの大

            学生に一様申し出たのですが、すみませんと

            謝れてもね・・・。

            また、まさか営業時間帯に更に他のお客様の

            居られる状態で浴槽のお湯を全て抜いて張り

            替える掛けにも行かないでしょうからねぇ~!!

            流石に男性でも自分が裸である時に注意喚起

            等は、中々出来ないものです・・・。(-_-;)」☆

             

             

            あと。スーパー銭湯に多いのは脱衣場での置き

            引きなのです。

            現在では、保安上の問題から脱衣場には数台の

            高性能防犯カメラが設置されてはいますが例え

            ば、貴重品を置き引きされたと仮定し警察を通

            して防犯カメラの映像から相手が特定出来たと

            しても犯人が捕まる可能性が低いと言う事が現

            状と言えるかも知れません・・・。

            また。女湯の脱衣場での防犯カメラのハードデ

            ィスクに溜まっていた動画を、外部へ流出し利

            益を得ていた、元スーパー銭湯の従業員等もい

            たので注意をしたいところですが我々一利用者

            のには、どうする事も出来ませんが・・・。

            纏めますと。スーパー銭湯では以下のものに

            注意が必要と成ります。(・o・)」☆

             

            1・白癬菌(感染)

            2・置き引き被害

            3・一部の同性愛者

            4・心ない他の利用客等との口論に依るトラブル。

            5・時間帯に依る入浴料の変動

               (店舗に依って異なる。)

             

            以上の事を考えて見れば自宅風呂は或る意味

            本当に有り難いものだと言えるのでないでし

            ょうか?(・o・)」☆

             

            ※注・・・尚、銭湯の内部をご紹介させて頂いて

                 いる画像は、全て参考画像を抜粋させ

                 て頂きましたものですのでご紹介させ 

                 て頂いている銭湯様とは一切関係は、 

                 御座いませのでご注意下さいませ。☆

             


            << | 2/38PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            2930     
            << April 2018 >>

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            search this site.

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM