☆子供達の為に生きてこその人生。の巻!!☆

0

    ☆世の中でよく貴方に取って大切

    なものはなんですか?

    何て質問議題を投げ掛けられた方

    も居れるのではないのか?

    と思いますが、その答えはハッキ

    リ!!していると思います・・・。

    今回は、そんなお話しであります。

    (・o・)」☆

     

     

    世の中には、子供の好きな方と。

    嫌いな方。そしてご家庭にお子様

    がいらっしゃる家庭に居ない家庭

    と様々なケースがあると思います

    が答えは、同じです。

    ”世の中で一番大切な事とは。子供

    達を守る事です。”

    漠然と守ると言っても目の前に迫

    る事件・災害に依る危機だけでは、

    なく。彼等を本当の意味での大人

    にしてやる事が、我々大人の責務

    でないでしょうか?(・o・)」☆

     

     

    それには、心のメンタル面が重要

    な要に成って来ます。

    私は、親のegoism!!を押し付け

    られ本来の子供達が持つ心を殺し

    てしまっている様な気が致します。

    特にそれは、進学コースを進んで

    いる子供達によく見られます。

    エリートコースを進み将来人の上

    に立ち指示をする人間詰りは指導

    者となる為には、人の心が分かる

    人間に成らなければ、人は付いて

    ては来てくれません・・・。

    (・o・)」☆

     

     

    現在は、家庭や教諭等の保護者や

    教育者が、関係した事件や事故も

    年々増加している様にも感じます

    が、その様な悲しい出来事根底に

    は、それに該当する保護者・教諭

    達の心情が大人に成り切れていな

    い事でしょうね・・・。(-_-;)」☆

     

     

    学校で行う勉学であれば夜間中学

    から大学迄有りますのでご本人の

    やる気が有れば再度勉学を学び直

    す事は、可能ですが子供の心を大

    人に成ってしまってから再度取り

    戻す事は、非常に厳しい問題です

    し、またその様なTraining!!を行

    ってくれる施設等も私の知る範囲

    では、国内には多分ないと思いま

    すので行政も小手先の対応をする

    のでは、無く子供達を保護する政

    策を考えるのなら先ず保護者の心

    情環境を考えて頂きたいと思いま

    す・・・。

    良い社会を創る為には、良い大人

    が必要で良い大人を創り出すに為

    には、良い子供の心が必要不可欠

    です・・・。(・o・)」☆

     


    ☆嫌いだけど。好きな。伝説的名作の巻!!☆

    0

      ☆生きていれば誰しもの心の中に残る

      伝説的な名作が、有るものですがそれ

      を口に出して言う事は、一生涯に一度

      も語る事は無くして終わる方々が、

      大半だと思います・・・。

      特に男性の場合はね・・・。(^_^;)」☆

       

       

      抑々。人の心とはどこにあるのか?

      と言うと。

      それは。大脳辺縁系にあり実は感情に

      対する記憶は、女性依りも男性の方が

      長く継続して持っています。

      それを裏付ける事として。例えば悲し

      いさを売りにしている映画・小説等の

      名作が有ったとして。オンエアの際に

      多くの女性達は、号泣し程感動したと

      してもエンドロールが終わった時点で

      感情をリセットしてしまいますよね。

      それをもっと具体的に言えばご自宅で

      TVを見乍ら号泣する程感動する作品を

      見ていた奥様でも作品が終わった時点

      で、TV・ビデオのリモコンを即手にし

      て。”あぁ。此れはもう見たから消そう。”

      と言って無情にも消去ボタンを押して

      いる奥様の御姿を見て御自分(ご主人)

      が亡くなられた時点で即リセットされ

      てしまうのではないのか?

      と思い恐怖と切ない感情に襲われてし

      まったと言う世のお父様方少なくはな

      いと思います・・・。(-_-;)」☆

       

       

       

      従いまして。ビジネスに於いても比較

      的利益率の即効性の高い作品を製作す

      るのであれば女性受けする作品である

      必要がありますが、何世代へと後世に

      語り次いで行く作品を作りたいのであ

      れば、矢張り男性の心を射抜く様な作

      品を残して行かなければ残っては行く

      事は難しと思います。

      何故女性が、その様な特徴を持ってい

      るのか?については、女性の生活の記

      事で纏めていますので気に成る方は、

      其方もご参照下さいませ。(・o・)」☆

       

       

      さて。此処からは私個人的な事をお話

      し致しましょう。

      半世紀以上も生きて来て私の心の奥底

      に残っている名作を、古い順番から。

      挙げて行きますと。

      先ず。マッチ売りの少女で次に。

      可愛そうな象。そして火垂るの墓です

      此れ等の作品に共通している事は、全

      てヒロインや主役の人物や動物達が、

      直接人為的な行為では、無く餓死や凍

      死を大勢の人達の居る場所で死を迎え

      る事です。

      従いまして。誰かに殺されたり又は、

      海や山で遭難したものではなく助け

      の手を誰しもが差し伸べるてあげる

      事の出来る場所での孤独死であると

      言う事でしょう。(・o・)」☆

       

       

      私は、子供の頃から此れ等のパターン

      のストーリの作品が非常に嫌いでした。

      それが故にまた心に深く残る作品でも

      あり其れが色々と経験して来た年齢に

      達した今。更に見る事が出来なく成っ

      てしまいました。

      此の先品を通して作者が言いたかった

      事の1つとして。”人は心の遭難をして

      もさせてもならない!!”と言うメッセー

      ジが込められていた様にも思います。

      (・o・)」☆

       

       

      現代人に今一番欠けている事は、他人

      の事を思う思いやりでは、無いでしょ

      うか?

      その為に。今現在自らが心が遭難し孤

      独に苦しんでいる方々が非常に多く成

      って来ている様に思います。

      勿論、現在では事故・事件を防止しす

      る為に各都道府県や市町村自治体での

      何でも相談の受付をする部署は設けら

      れてはいますが、全ての職員の方では

      ないにしても彼等自身が子供の頃に心

      を養うトレーニングを受けていない為

      に相談者の抱える問題の解決に繋がる

      糸口を一緒になって見つ出すと言う過

      程が出来ていない様に感じますね。

      (・o・)」☆

       

       

      人の心を知り。問題を解決するには、

      子供の頃に人は、心の遭難者と自ら

      が成らない様に良い意味での心の衝撃

      が必要です・・・。

      それを、絵本等の比較的分かり易いも

      のを通じて幼い頃から自らの感情を、

      コントロールするトレーニングが必要

      です。

      それを担うのが、母親の役目なのです。

      でも。共稼ぎの世の名では戦災・震災

      ではなく。心の孤児と成ってしまって

      いる子を特に進学コースを親に勧めら

      誘導されている子達によく散見されて

      います・・・。(・o・)」☆

       

       

      纏めますと。今の子供達にも心の材料

      と成るものを渡してあげる事は、我々

      大人の義務ではないでしょうか?

      此れには、お子様のいるご家庭居ない

      ご家庭は、問いません・・・。

      何故なら。子供は我々人類に共通する

      ”宝”であるからです。

      絵本の読み聞かせ等をして、子供の頃

      に”嫌いだけど。好き!!”て作品を持つ

      事って意外と大切な事かも知れません

      よ・・・。(^_-)-☆

       


      ☆旧日本軍・日本国家が世界に通用しない理由とは?の巻!!☆

      0

        ☆ハッキリ!!言います!!日本国家が、

        世界に誇り通用するのは、アニメ等

        のバーチャルリアリティーの世界に

        特化されている様に思います・・・。

        (・o・)」☆

         

         

        では、過去の歴史を紐解くと日本国

        家詰り日本人は、何故本番に弱いの

        か?それは日本人が他人に厳しく自分

        に甘い!!と言う素地が根底にあるから

        なのです。

        もっと。分かり易く言うと。

        自分を褒める人は、必ず他人を否定

        する様な悪口を言います。

        悲しいかな。日本人には此のタイプ

        の人が非常に多いですが、他人の批

        判を言う人は、必ずと言っても良い

        程に人生に於いても成功したした人

        はいません。

        それを考えて見れば日本の政治家は、

        他人の批判ばかりなのいで本筋の問

        題解決には何時迄も時間を経過して

        も結論に至らないのは当然なお話し

        ですよね・・・。

        又、日本国民は革命と言うスローガ

        ンには、本当に疎いですからねぇ~!!

        (^_^;)」☆

         

         

        その為に常に日本の国家が危機感を、

        持っていない様では国家的戦略は成立

        しないのも当然です。

        ”日本は、根拠のない無計画な作戦を、

        実行する国民性がある。”

        と1941s,(昭和16年)の時点で世界の諜

        報機関は掴んでいました。

        此の事は、Hull note,を製作する上で

        も米国の国務長官であったCordell Hull

        も分析していました。(・o・)」☆

         

         

        過去の事を言うではなく。

        それが現代社会に於いても良い様に

        変わっている様には思いませんね。

        以上の事からも特に現代日本人は、

        志が皆さんバラバラに生きている為に

        組織規模で海外に打ち出すサービス等

        は、非常に厳しいと思いますよね。

        だから。国策が上手く機能しないの

        でしょうね。

        以上の事からも海外派兵や技術協力

        等は、的外れの結果として終わって

        しまったものが数多いのも事実であ

        り官僚と呼ばる方々の決断力の弱さ

        が、災いしているのだと思います。

        (-_-;)」☆

         


        ☆微妙な存在だったステージガンシリーズの巻!!☆(太陽にほえろ!編)☆

        0

          ☆80s,代国内のAction!!TV・映画が、

          世間に於いてゴールデンな位置付け

          だった頃に俳優さん達を一際際立た

          せていたアイテムの1つにプロップ

          用ステージガンが有ったのですが、

          今回は、特に当時は微妙と言う依り

          は、略々Black!!なのでは・・・?

          て。疑問に感じていたものをご紹

          介致しましょう!!(^O^)/☆

           

           

          それが、1981s,(昭和56年)4月3日

          に放映された”太陽にほえろ!”第45

          1話。”ゴリ、勝負一発!”でGun マ

          ニアの殺し屋。有田修一役を演じて

          いた古城和孝氏が、手にしていたモ

          ーゼルM712でした・・・。

          (・o・)」☆

           

           

          此のドラマが放映された時期には、

          もう既に公安員会等の銃刀法に依る

          52規制も定着されていた時代でした

          ので金属製のモデルガンの金属モデ

          ルは、バレルが完全閉鎖している事

          に加えてガバメント等のバレルがレ

          シーバーと分離するものや表面色が、

          白又は、黄色の塗色とされていいま

          したので此のモデルはどう見ても。

          当時の時代背景を考慮する事なく。

          NG!!です!!

          また、ABS製の樹脂製の製品がプロ

          ップベースならOKですが、此の時代

          は、MKK製のM712も未だ発売され

          てはいませんでしたので、此の時代

          の市販モデルのモデルガンとしては、

          旧MGC製のモーゼルc96しか有りま

          せんでした。

          勿論、厳密に言えば東京マルイ製の

          作るモデルガンやLS製プラモデルに

          ヨネザワ製のエアーコッキング式エ

          アーガン(鼓弾式)にハドソン産業製

          も存在していましたが此の重量感と

          ブルーイングは、どう見ても金属モ

          デルの様な・・・。(^_^;)」☆

           

           

          それを裏付ける画像の1つが此方の

          左後部側面のセレクター部ですが、

          明らかに、M712のフレームではな

          くC96のフレームをそれ風にCusto

          m!!されたモデルである事が確認出

          来ると思います・・・。(・o・)」☆

           

           

          その他詳細も含めて当時の大道具担

          当だった方を知っていますので聞い

          ては置きますが、此れがもし当時の

          旧MGC製の金属モデルのモーゼルC

          96をベースに使用されたものなで

          あれば此の時代の法律でも完全な違

          反となり模造けん銃及び模擬銃器の

          所持となり1年以下の懲役又は30万

          円以下の罰金以上の刑で処断されま

          可能性が高いですので注意が必要で

          す・・・。(・o・)」☆

           

          モデルの詳しいディテールは、次回

          へ続きます・・・。(^_-)-☆

           


          ☆女達の戦争の記憶の巻!!☆(関西編)☆

          0

            ☆私の知ってい入る戦争の記憶の中で

            此処では銃後を守って来た当時の女性

            達のお話しをしたいと思います。

            そこで、私が子供の頃依り何か?

            悪い事をした際には、お約束の如く。

            説教部屋に連れて行かれてトラウマに

            成ってしまう程に聞かされて来た女の

            目で見て来た戦争のお話し出来事を着

            色せずにストレートに書き残して置き

            いと思います・・・。(・o・)」☆

             

             

            そこで私の家と火垂るの墓のと私個人

            的な家庭を比較して見ると・・・。

            1945s,(昭和20年)に私の父親達が住ん

            でいたのは、此の作品の原作者でもあ

            る野坂昭如さんと同じ兵庫県の神戸市

            でした。

            主人公の清太や節子の住んでいたのは、

            現在の神戸市の東灘区ですが、私の父

            達が住んでいたのは、現在の兵庫区で

            あった関係から思い返して見れば大正

            生まれの伯母がよく生前、野坂昭如さ

            んの事をよく話していた様な記憶が残

            っています・・・。(・o・)」☆

             

             

            主人公の清太と節子のお父さんは、海

            軍大佐なのですが、私の家系は代々陸

            軍筋で海軍に行った人は後にも先にも

            未だ1人しかいませんし。また清太や

            節子のお父さんの様に高い階級の軍人

            では有りませんでした・・・。(・o・)」☆

             

             

            余談ですが、その昔私は御影公会堂や

            御影小学校や成徳小学校の辺りを、

            担当する酒屋さんの配送のアルバイト

            をしていた事が有るので路地裏や地域

            住民の方々の戦前・戦中のお話しも直

            接お聞きしているのですが、此処で問

            題が1つ。それは清太と節子の住んで

            いた自宅の所在地です。

            それは、当時としては社会的権威の

            高い地位にあった清太の父親は、海軍

            大佐ですから。上西、上中、一里塚

            と設定されている庶民Areaに住んでい

            る訳がないのです。

            此の事は当時の地元の方からも突込み

            が有りました。

            当時実際に海軍に高級将校さんの自宅

            が有ったのは、神戸依りも寧ろ西宮で

            あったので、清太達の疎開した親戚の

            家のある阪急電車の苦楽園付近に自宅

            を持っていたと設定していた方が自然

            です・・・。

            確かに神戸の三菱重工や川崎重工業で

            は、戦前から潜水艦の開発実験製造を、

            されていた関係からも御影地区には以

            外と元旧海軍潜水艦乗員の水平さんが、

            戦後復員されていました。

            私が酒屋さんの大将に連れられて2人

            で配達に出た時に。大将(店主)から。

            ”此の廃墟あばら家は、昔海軍の偉い

            さんの邸やったんやけど空襲で一家全

            滅して旦那も戦死しとるから戦後にな

            ってもその間々にしとるんやぁ~!!”

            と言うArea!!が有りましたが、それは

            同じ御影でも御影公会堂依りも上の場

            所です。

            それ等も阪神・淡路大震災が起こった

            後に一旦国である行政に吸い上げられ。

            兵庫県・神戸市に譲渡され現在ではそ

            の姿を確認出来る場所は非常に少なく

            なりました・・・。(・o・)」☆

             

             

            次に清太と節子の年齢的なものの設定

            ですが、正に私の父の年齢が清太の年

            齢に近く母は、節子依りも年上の世代

            であり私の伯母に当る人が正に節子と

            同年代に当りますが、此の時代は空襲

            が激しさをましていましたので1944s,

            (昭和19年)から学童疎開が始まり強制

            的に私の父も丹波篠山へ疎開させれて

            おり御影で戦前から酒屋さんを営んで

            おられた、大将(店主)も飴屋さんのご

            主人も疎開させられたと言っていまし

            たのでアニメで学童の姿が有る事は、

            少し違和感があるそうです。(・o・)」☆

             

             

            そして街の男達は兵隊💂に取られてし

            まい子供達は、集団疎開で居なく成り

            残ったのは。主婦や高齢者のみと成っ

            ていました。

            因みに、疎開する学童を引率する教諭

            達も一緒に疎開していました。

            此れには。当時の行政の暗黙の意図で、

            食料難を少しでも回避する為に未来の

            ないとされる人間の口減らし為に高齢

            者は、敢て危険な都市部に放置したと

            一説では意見されていた程でした。

            併し。可哀そうだったのは。

            嫁ぎ先である義理の両親を放って置く

            事が出来ずに子供達と別れてお母さん

            達は、神戸の街に踏み止まっていたそ

            うです。(・o・)」☆

             

             

            子供の頃からそんな危険な神戸の街に

            何故祖母や叔母達は、踏み止まったの

            か?と言う理由を聞いて見た処。”家が

            有ったからや。”と言う答えに対して。

            "それでは、家が焼夷弾で焼けて無く

            成ってたのに何故神戸に居るんや?!”

            と私が祖母に聞くと。

            今度は。”土地が有るからや!!”と答え

            が帰って来たので、子供乍らにも。

            ”明治の女は、何て。屁理屈言うんや!!

            だから日本戦争に負けるんや!!”と戦後

            に生まれた私に言われて・・・。

            ”子供らしくない!!”って怒っていた事

            も記憶しています・・・。(-_-;)」☆

             

            長く成りますので続きは、Vol,2で、

            またお会い致しましょう・・・。

            (戦前の手持ちの資料が戦災に依り

            殆どのものが焼失していますので

            一部で参考画像等を使用させて頂

            いて降ります。)

             

            つづく・・・。

             


            << | 2/485PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << September 2018 >>

            categories

            archives

            recent comment

            • ☆望みはC62 50号機に!!の巻!!☆
              GEEKO (09/01)
            • ☆望みはC62 50号機に!!の巻!!☆
              lr4 (09/01)
            • ☆略、何一つ実現しなかった未来?!の巻!!☆
              GEKKO (06/28)
            • ☆略、何一つ実現しなかった未来?!の巻!!☆
              昭和70年生まれ (06/28)
            • ☆何だこれぇ〜っ?!カウンタック?!それとも。宇宙の戦車?! の巻!!☆
              GEKKO (06/27)
            • ☆何だこれぇ〜っ?!カウンタック?!それとも。宇宙の戦車?! の巻!!☆
              zenbee (06/23)
            • ☆昭和の婦人自衛官と平成の女性自衛官の巻!!☆(陸自編)☆
              古き良き自衛官 (06/10)
            • ☆みごろ!たべごろ!笑いごろ!!の巻!!☆(vol,2)☆
              GEKKO (04/30)
            • ☆みごろ!たべごろ!笑いごろ!!の巻!!☆(vol,2)☆
              仙台人 (04/30)
            • ☆シリーズ似ている2人の巻!!☆(北原佐和子編)☆
              GEKKO (04/12)

            profile

            search this site.

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM