☆明石市の美人を探し出せ!!の巻!!☆(バスガール編)☆

0

    ☆日本国内で何処の街へ行っても素早く

    美人さんを探せ!!と言われればそれはバ

    ス会社に行けば、非常に垢抜けた比較的

    調った美人さんが昭和の時代では素早く

    見つけられたもので好き嫌い?の好みは

    有っても夜の飲食業の女性は、失礼乍ら

    薄暗い店内のスポットライトの下でまる

    で心を隠すかの様な厚いMake!!なので。

    ハッキリ!!申し上げてしまうと当時の男

    性でもお酒の力を借りなければ容易には、

    話し掛けられなかったと言う方も多いの

    事も現状と言えるのではないでしょうか

    ・・・?(゜o゜)」☆

     

     

    矢張り女性は、夜はキチンと眠りそしてよく食

    べてよく笑う!人が心身共に本当の美人と言えた

    のではないでしょうか?

    そこで明石市の厳選された美人な方と言えば此

    方の方の様な”バスガール”でこの写真は明石市営

    バスが1951s.(昭和26年)に路線営業を開始した

    後観光事業が追加され明石市初のバスガールが、

    誕生する事と成った訳ですが当時採用に関わった

    方々の多くは既に他界されている方が多く採用の

    選考基準を正確なデーターとして明記するのは今

    や困難ですが昭和26年に市が合併し新体制でスタ

    ートを切り新たな気持ちで市役所・交通部の方々

    が一丸と成って取り組まれた事業なので増してや

    観光事業とも成ると京都や奈良等の他の地域から

    も様々な人やバス会社の車両が多くの人を運んで

    来るので正にバスカールは、市のイメージを紹介

    する代表だったのでそう簡単には誰でもなる?

    と言うものでは有りませんでした・・・。(・o・)」☆

     

     

    此方の方の写真は資料集等でよく紹介されて

    いますが今回は原板のオリジナル写真から撮

    らせて頂きましたが此の方の当時の個人的な

    情報を始め制服等や勤務記録等も現存しては

    居ませんでしたが、1955s,(昭和30年)で18

    歳と仮に過程したとすると。

    此の方のお生まれは、1937s,(昭和12年)位

    のお生まれの方なのでお元気でご健在ではな

    いのかな?

    と思いまうが御存知の様に今現在は明石市交

    通部は既に解体されて降り当時の事を知る現

    職の職員の方も居られない為に次第に聞き取

    り調査も難局を示しだしているのが現状と言

    えます・・・。(-_-;)」☆

     

     

    此方の方が乗務されていた時には、勿論

    全車両ボンネット式のバスであり車両の

    調達は経費を抑える為、米軍からの払下

    げと近鉄バスからの譲渡を受けた車両で

    スタートして降り神戸市交通局等の近隣

    のバス車両と異なっていた最も特徴的な

    事は、乗客に乗降口がワンマンでは無い

    時代から左側面の運転手さんの対面した

    部位に位置していた事に加えてこの時代

    では珍しい左後輪に巻き込み防止のスカ

    ートが取り付けられていた事で此れは観

    光用の同じ条件になっています・・・。

    (・o・)」☆

     

     

    面白いのは此方のShot!!で市の合併十周

    年を記念して自衛隊の演習に戦車と共に

    参加していた明石市営バスの在りし日の

    雄姿なのです・・・。(^_-)-☆

    と言うのいは、半分はFake!!なのですが、

    この飾り付けをした人は間違いなく元日

    本陸軍の兵士の方と自衛官の方々のお仕

    事です。でなけれが此処迄完璧な車両の

    偽装を施す事は不可能です・・・。

    連隊検閲中の連隊長も”ビックリ!!”です!!

    (^_^;)」☆

     

     

    そして1955s.(昭和30年)を越えると。

    全国的にもボンネットバス依りも現存

    数の少ない初期のキャブタイプの車両

    が採用されすが此の時代は未だE/Gの

    位置がフロントに有りました・・・。

    そして車掌の女性の服装もスカートか

    らパンツタイプに変更に成ります。

    此の時に民間にバス会社はデザイン物

    のユニフォームを採用し始めますので

    特に観光事業に於いては市営と民営の

    格差が出始めるのも此の頃切っ掛けで

    した・・・。(・o・)」☆

     

     

    更に1960s,(昭和35年)にを迎える高度

    高度成長期も安定して来ると。

    人々は華やかさを求める様になり明石

    市営バスのバスガールの制服も再びスカ

    ートが復活しカラーも鮮やかなものに変

    更に成ります・・・。

    因みに。バスガールと呼ばれたのは此の

    頃が最後で有り此の頃からエリート女性

    の職場は地上から大空へ移り各航空会社

    のスチワーデス!!へと移り変わって行く

    のです・・・。(・o・)」☆

     

     

    御覧の様にバスガールの時代がスカート

    等の組み合わせのセパレートタイプのス

    ーツが基本でワンピスースタイプが登場

    するのは、CA!!を意識した1970s,(昭和

    45年)以降の事です・・・。

    また、明石交通部のユニフォームも予算

    が付いた時には、CAさんと同じ三越百貨

    店等にも発注を出した事もあった様です

    が、明石市の当時の上層部は派手なデザ

    インを好まずエンブレムやラインカラー

    等無く唯一制帽に金属エッチングの帽章

    が付くのみでした・・・。

    此方の方の笑顔の素敵な美人さんです

    よね・・・。(^_-)-☆

     

     

    此方は、1965s,(昭和40年)に入ると。

    また再び淡いブルーから濃紺の何処かの

    学生服の様なカラーに戻ってしまうの

    です・・・。(^_^;)」☆

     

     

    そして。大阪万博の開催された1970s,(昭和

    45年)に成ると。ツイッギー・ローソンの齎

    したミニスカートの一大ブームが展開されそ

    れ迄は地味だった明石市交通部のガイドさん

    達のユニフォームも派手なカラーにミニスカ

    ートが採用されて行きました・・・。

    因みに此の頃からもう既にバスガールの時代

    は終わりバスガイドの時代と成っていました

    ので審査基準も各社共に大幅に変更されバス

    ガール時代依りも比較的この職種の間口は広

    がりました・・・。(*^。^*)」☆

    此処から先にの時代は、正直申し上げて各社

    共に風紀面から私達調査業者を必要とする事

    件・事故のトラブルが多発する時代に突入す

    るので1975s,(昭和50年)以降の事は余り積極

    的には調べ無い様に心掛けている次第であり

    ます・・・。(^_^;)」☆

     

     

    エピローグとしまして今回は、全て明石市の

    ”べっぴんさん!!”をご紹介させて頂きました

    たが私個人的には、子供の頃から此の街に住

    んでいた訳ですが過去に明石市の女性を好き

    に成ったり恋に落ちたと言う経験も全く無い

    関係から勿論、結婚や同棲・デートをした経

    験も無いので明石の女性の事を語れるのか?

    と言われれば、本当は厳しい所なんぽですが

    ・・・。でも。決して明石市の女性に魅力が

    無い訳では有りませよ!!

    単に私が若い頃に都会被れそしていて神戸・

    大阪・東京に出ていただけの事で適齢期の

    時に明石市内にいなかっただけなので誤解

    無き様お願い申し上げます。☆<m(__)m>☆

    此の年になって今更恋愛も出来ませ

    んしねぇ・・・。(^_^;)」☆

     

     

    追伸ですが此の時代のユニフォーム等を始め

    資料の展示研究会等を未だ未定段階ですが谷

    八木コミセンから発信して行こうと先日から

    準備に入って居ますのでご協力を頂けます方

    はご一報をお願い申し上げます。☆<m(__)m>☆

     


    ☆覚えていますか?旧明石警察署の巻!!☆

    0

      ☆何時もモダンレトロな警察署としの話題

      として兵庫県下では、旧垂水警察署の事が

      何時もどんな兵庫県のガイドを見ても紹介

      されていますがそんな中で今回は、地元で

      ある旧明石警察署をご紹介致しましょう!!

      (^O^)/☆

       

       

      旧明石警察署は、1948s,(昭和23年)3月6日に

      兵庫県警察部が解体され同年3月7日に新体制

      の下設置された戦後本格的な鉄筋コンクリート

      の建物でした・・・。

      その時は明石市は、現在依りも小さな街であり

      1941s,(昭和16年)に明石郡から明石市に切り替

      わる際に垂水・塩屋・神出町・岩岡等現在の垂

      水区と西区を神戸市に剥ぎ取られ郡の時代依り

      も市に昇格してからの方が面積は狭く成る全く

      都市の昇格に於いて逆のStyleと成った珍しい

      異例の街であり反対側の西側には、林崎村・

      大久保町・二見村があり警察署も大久保警察署

      ・二見警察署そして明石警察書とそれぞれ別々

      に有ったのですが1951s.(昭和26年)に各町村が、

      明石市に合併した事で大久保警察署と二見警察

      署が廃止となり明石警察署本部が開設されました。

      (・o・)」☆

       

       

      旧明石警察署の建物の写真は、現存している

      ものが非常に少なく増してや警察署長の許可

      を必要とする内部写真等は、見つける事が出

      来ず市役所の資料室にも残っていませんでし

      たので私の記憶からご案内致しましょう!!

      先ず上部一枚目の画像かもご確認出来ます様

      に警察署の一番上には、市内が見渡せる監視

      塔が設けられて降り1971s,(昭和46年)位迄は、

      此の塔に実際に警察官も方が上がり毎日監視

      業務をされて降りまた昔は小学生等が学校か

      ら警察署の見学研修等が社会課の校外授業で

      訪れた際に此の塔に昇られてくれていました。

      (・o・)」☆

       

       

      此の正面玄関を入ると非常に暗くて狭いフロアー

      のセンターに受付が有り確か?中央の階段を上がっ

      た2Fに交通課と生活安全課が有った様に記憶して

      います・・・。

      何故故に記憶があるのか?と言うと理由が二つあり

      1つは当時のと或る人身交通事故の目撃者として

      小学校の頃に調書製作の為出頭した事が有り今か

      ら思えば此の頃から探偵見たいな事をしていたの

      かも知れないですね・・・。

      2つ目の理由としては、1977s,(昭和52年)にコカ

      コーラーボトリングが、スターウォーズの瓶コー

      ラーの当たり付きキャンペーンを行った際に明石

      警察署内の自販機で非常時よく当たりが出る?!

      と言う都市伝説が当時、明石市内全域の小学生達

      に情報が広まっていました・・・。(^_^;)」☆

       

       

      此れがその王冠なのですが、当りが出ると。

      ”当り!!”と赤文字で書いてありました・・・。

      そんな訳で旧明石警察署に一番近い明石市立

      大観小学校の子達の中には毎日、警察署にジ

      ュースを買いに行ったりゴミ箱に捨ててある

      王冠を拾っている時に怖い警察官のおじさん

      に”ジュースが欲しい好いなら他の店行け!!”

      と怒られている子も居ました・・・。(^_^;)」☆

       

       

      当時警察署に赴く人の殆どは余り良い事で来署

      している人少なく気持ちも思いので待ち時間に

      署内の自販機でジュースを買っても王冠の当り

      くじ迄は気が回らず開かずに御覧の様に此の間

      々の状態で捨てられている訳ですからそれを子

      供達が見逃す訳は無かったと言う訳なのです。

      (^_^;)」☆

       

       

      此方は明石警察署の当時の現役も婦警さん(現

      ・女性警察官)ですが婦人警官の方は当時は、

      本部に位しか所属されていなかったので現在

      の様に交番では殆ど見掛ける事は無かった様

      に記憶していいます・・・。

      着用だれている制服は、31式ですから1956s,

      (昭和31年)頃で全国的にも此の時代でパンツ

      Style!!は非常に珍しいです・・・。(・o・)」☆

       

       

      それが70s,(昭和40代)に成るとこんな感じ

      の婦警さんが居られてイメージとしては、

      鬼の憲兵隊の如く情け容赦ない!!

      駐車違反者を検挙されていた様な気が致し

      ますが実際には、明石市はローカル地域だ

      ったので未々家族とご一緒に駐在所に住ん

      で居られた警察官の方もおられたので怖い

      と言う依りは、卒業式の時にも毎回制服姿

      で顔出して頂ける優しいおじさん的イメー

      ジが強かったですし此の時代は未だ労働基

      準法に依り女性を宿直等で職場に泊まらせ

      たり夜間20:00を超える勤務や危険を伴う

      様な業種も公民を問わず法律に依って禁止

      されていましたので女性の警察官は本署に

      行かなければ中々見る事の無いレア!!な存

      在でありました・・・。

      因みに。制服に付ける階級章の大きさも

      男性用と女性用とは異なっていて服装も

      全て男性依りも優遇されていました。

      (^_^;)」☆

       


      ☆消え行く駄玩具ピストル達の運命の巻!!☆

      0

        ☆時代と共に消え去るもの中で駄菓子

        と駄玩具は共に避ける事の出来ない最

        早過去のものと成ってしまっている事

        を皆さんは御存知だったでしょうか?

        (・o・)」☆

         

         

        昭和の時代の子供達の思い出を彩って来た

        駄玩具達ですが年々食品であ駄菓子と共に

        姿を消していっているのです・・・。

        高額なモデルガンは意外に残っていますが、

        駄玩具ピストルは、同じ様には残れず消え

        て行く一方なのですが此の原因には先ずは、

        駄菓子屋さんや文具店・玩具屋さん等の昔

        乍らの路面店の小売店が姿を消した事で残

        された小売販売網が唯一、大手ショッピン

        グモール等に限定された事で特に武器をイ

        メージするアイテムはコンプライアンスの

        問題から販売自粛を本部から求められて降

        り特に火薬を使用する玩具や花火・パーテ

        ィー用クラッカー等々も各社事業本部から

        も販売自粛を略々強制的に既に実行されて

        いるのが現状です・・・。(・o・)」☆

         

         

        そこで最近発売が終了してしまったのが、

        此方のビックガンW-8です。

        現在では、既に殆どの大手HP・WB上か

        らも姿を消しているのが現状と言えます。

        メーカーさんが販売を終了した最大の理

        由は上記に述べた理由から販売が出来な

        く成ってしまった小売店さんが増えた為

        に此れ以上生産を続けても企業としての

        ロスが嵩む事からの様です・・・。(-_-;)」☆

         

         

        此方のモデルは、カネキャップ火薬と専用

        のプラ弾を併用する事の出来る中々の優れ

        もので当社も店頭売りでも数多く販売した

        アイテムなので非常に残念でなりません。

        (・o・)」☆

         

         

        そんな理由からも常連のお客様からも又、

        何処かの会社が金型を引き取り再販の予

        定やその可能性はないのか?

        と言うお問い合わせを多数頂きましたの

        で可也強力な力を有する卸業者さんや業

        界の裏情報に精通する各バイヤー等にも

        確認を取って見たのですがモデルガンや

        エアーガンの様に法に依る行政指導に依

        る物では無く最終小売店での販売が出来

        ないマーケットの事情から100%とは言

        えないものの先ず再販は有り得ない!!

        との回答でした!!

        そんな理由からも現在既にお手元にお持

        ちの方々が保存用に探されているのが、

        実状なのです・・・。(・o・)」☆

         

         

        その中で更に此方のMini UZiは、カネキャ

        ップ火薬で連射が出来て銃口と両サイドの

        エジェクションポートからも火花が散る迫

        力のあるモデルで此方も法的規制等の問題

        は一切有りませんが大手小販売事業部のコ

        ンプライアンス対策に依り販売不可になっ

        ている商品で東京の某業者様等では既に参

        考見本の非売品としているお店も現実に出

        て来ていますので駄玩具ピストルのお好き

        な方は、今が等々ラストチャンス!!の時代

        が来ている様に思います・・・。

        高額なモデルガンは、何時の時代もお金さ

        へ出せば今後も購入は可能かも知れません

        が駄玩具ピストル達は、そこ迄待てる様な

        強度を有しては降りません・・・。(-_-;)」☆

         

         

        ユーホー円盤ピストルもMagazine式の此の様

        に凝ったモデルはもう二度とは入手は不可能と

        言っても過言ではないと思われます。

        各社オークションて探すにもどのカテゴリーに

        含まれるかで検索に時間が掛かり見逃してしま

        ったりタッチの差でチャンスを逃されている方

        々も現実にいらっしゃいます・・・。(・o・)」☆

         

         

        何時もお客様には申し上げている事なので

        すがとは、言いましても駄玩具ピストルは、

        モデルガン程高くはないので他社様でも気

        に成るものを見つけられた時は買ですよ!!

        一様は、アドバイスはさせて頂いて降りま

        す。現在では様々な規制に依りTV・映画等

        でもViolence Scene!!が削除されている関

        係から武器をモチーフにした駄玩具等は子

        供達の頭や心から削除されているのでもう

        復活は残念ですが有り得ないと思われます

        ね・・・。(-_-;)」☆

         

         


        ☆全国共通 野壺・肥溜研究会の巻!!☆(明石市編)☆

        0

          ☆お食事中の方には大変恐縮致しますが、

          健全な昭和・近代史を語る上で野壺・肥

          溜は絶対に外せない!!

          綱目の1つと言えましょう!!(・o・)」☆

           

           

          平成生まれの若い人の為に説明しょう!!

          野壺・肥溜とは・・・。水田や畑の畦道

          に面した角地に口径1〜1.5m程度の井戸

          の様な竪穴を堀り底に自宅のトイレ等で

          汲取った人の糞尿を貯め沖置き農業に於

          ける貴重な肥料として使用していたもの

          で関西では。大阪市内や芦屋・西宮・神

          戸市等の海に面した都市部で近隣に畑等

          が無い街意外の地域はまるでお約束の様

          に必ず存在し兵庫県の明石市等でも198

          5s,(昭和60年)位迄は、多く見掛けました。

          また、江戸時代から人糞等は江戸時代か

          ら販売され取引されていました・・・。

          (・o・)」☆

           

           

          明石市では家が農家の私の同級生の子の家では、

          日曜日等になると家族総出画像の様に田圃に肥

          撒きをしていました。

          日本人は、元々トイレは和式の汲み取り式が常

          識だったのですが戦後になると大阪市内や神戸

          の市内である都市部の団地や新築一戸建ても家

          屋から洋式のトイレで水洗に変わっていました

          ので人は、一旦、洋式水洗のトイレに慣れてし

          まうと再び不便で不衛生な和式の汲取り式に戻

          す事が特に女性は出来ずそれが理由で神戸市内

          から明石市へ引っ越ししたくない!!

          と言う人も大変多かったのです・・・。(・o・)」☆

           

           

          此方は、1960s,(昭和35年)の兵庫県明石市鳥羽

          地区で現在のJR西明石駅の北西部に辺りますが、

          57年経過した現在も此処のは、水田が有り道幅

          が広がった位で何もロケーション的には然程進化

          はしていはいません・・・。(・o・)」☆

           

           

          人家の無い畑とはいえ。矢張りメタンガスが、

          発生して可也匂いも強い!!為に此の様に蓋を

          するのですが、その他の種類は画像の様なコ

          ンクリート製のものと上段画像の様のな木製

          のものとが存在するのですが蓋がを見つけれ

          ば当時の小学生は何故か乗って見たくなる訳

          で学校の下校時にはよく好んで飛び乗ってい

          いたものですがその肥溜の蓋は、木製のもの

          は、腐っていたりコンクリート製のものは、

          確りと切り込みに嵌ってはおらずそれでその

          上に飛び乗れば・・・。(-_-;)」☆

           

           

          こんな悲惨な結果となり此処まで行けばもう

          再び学校に戻って教職員を呼びに行っても救

          出する事も出来ず119番に電話して消防署の
          レスキューのおじさんにポンプ車で引き上げ

          てお貰い更に救急車で病院に運ばれて皆1週

          間位は入院していました・・・。

          野壺の中には、人の糞尿だけでは無く誤って

          落ちて死んだ野犬や猫・鼠の死骸も入ってい

          て蛆虫の様な変な虫もいました・・・。

          あと。時々肥溜に依り発生し滞留したメタン

          瓦斯に依って発火し小火が出りして消防車が、

          出動する事も季節に依っては屡々有りました

          ・・・。(-_-;)」☆

           

           

          現在では、PTAの方々の働きもあり此の様に

          破壊して埋め戻されていますし嘗て水田が有

          った場所には今では住宅街と成っていますの

          で可也の数は減ましたがそれでもよく見ると

          明石市にも未々の野壺・肥溜は、息を潜めて

          てまるで生贄を待っているかの様に残ってい

          ます・・・。(^_^;)」☆

           

           

          一番要注意しなけれいけないのがこの様な平型

          と呼ばれる野壺で緯度型・小屋型・古墳型の様

          な盛り上がりが無いので自らそこに野壺を設置

          した畑の地主さんでも嵌って落ちていましたの

          で本当にに注意が必要です・・・。

          今回は、忍び寄る野壺・肥溜トラップを回避せ

          よ!!と言うお話しで御座いました・・・。

          ☆<m(__)m>☆

           


          ☆北播磨への招待の巻!!☆(旧三木市編)☆

          0

            ☆兵庫県の播州地区のは、姫路市を中心

            とする西播地区に明石市を中心とする東

            播地区そして三木市を中心とした北播州

            の大きく分けて3つのArea!!に分かれま

            旧の播磨国が形成されて降り現在の神戸

            市の垂水区・西区の全域は旧の明石藩に

            属し更に明治・大正・昭和初期に掛けて

            も住所は、兵庫県明石郡垂水村(更に西区

            等は別の村扱い)と成り現在の塩屋迄が明

            石郡であり詰りは摂津の国では無く播磨

            國であった事は実は意外と知られていな

            いのが近年の現状と言えます。(・o・)」☆

             

             

            そこで今回は、その中でも比較的早い時期に

            領地を治めていた藩主が滅ぼされてしまって

            いた三木市等を始めとする昔の北播磨をご紹

            介致しましょう!!

            先ず北播磨とは、現在の三木市・小野市・加

            西市・宍粟市・西脇市・加東市・多可郡等の

            事を指し神崎郡のみが旧藩の圧力に依り位置

            には北に有りますが、西播磨グループに含ま

            れていました・・・。(・o・)」☆

             

             

            そこで今回は、中でも北播磨の入り口とも

            言える代表的な都市である旧三木市をご紹

            介致します・・・。

            此方は、旧の三木警察署ですが御覧の様に

            各官公庁の建物はどんなに田舎へ行っても

            洋風建築と言うのが定番でした・・・。

            (・o・)」☆

             

             

            此方は、旧の三木市役所の本庁舎ですが残して

            置けば良い観光名所と成ったと思うのですが、

            此の様に無残にも叩き壊されてしまいました・

            ・・。失礼乍ら。当時のローカル地区の方々は、

            とにかく。”New!!”とか。”Now!!”の語源に非常

            に弱く結果どの地域でも改革派の工事業者に依

            ってハッキリ!!申し上げて円め込まれていたの

            も当時のStandard!!な現状と言えました。

            それ故にローカルに行ってもレトロ庁舎が現存

            していないと言う訳なのです・・・。(^_^;)」☆

             

             

            此方は、神戸電鉄上の丸駅の高台から美嚢川を、

            望んだ風景で1960s,~1970s,代の若い女性達の

            多くは、神戸や大阪へ出稼ぎの様に住み込みで

            働きに出る方々も多く残されたのは、ベテラン

            層の方々が多かった様ですが当時の方のその時

            のお話しをお聞きした処、比較的多くの方が、

            2~4年位の間にUターンして地元に戻って来て

            いたらしく他のローカル地域に比べても当時と

            してはUターン率が高いので当時の若い女性に

            該当するある女性のお聞きして見たところ。

            そんなに早く三木に戻るなら。どうして地元で

            就職しなかったんですかぁ?

            と尋ねた所どうせ親がお見合いで地元の男性

            との縁談を纏め様とするので結婚してしまって

            からでは、もう都会の街を見る事が出来難く成

            ってしまうので結婚する前に一度は、都会を見

            て置く為に都会へ就職したのよ!!と仰っていま

            した・・・。(^_^;)」☆

             

             

            此方は三木市の市会議員選挙の候補者が演説

            する所謂選挙CAR!!ですが地域の生活感の溢

            れるオート三輪車の荷台に直に乗り込み演説

            をしている処な度は、実にユニーク!!と言え

            ますよね・・・。(^_-)-☆

             

             

            神戸電鉄の三木駅は現在でもレトロな雰囲気を、

            Keep!!していたとは思いましたが此の辺りも夜

            に成ると当時は真っ暗で自動車で父と神戸や明

            石に帰る際にも泣きそうになってしまう位に心

            細く成ってしまった事を鮮明に記憶しています

            ・・・。(^_^;)」☆

             

             

            此方は、美嚢川のカーブ鉄橋を渡る神戸電鉄ですが、

            此の様に昔は、一両編成の時が有ったんですよぉ~!!

            何だだか?川に落こちてしまいそうですよねぇ~!!

            当時は、私は未だ神戸市内に住んでいたので三木に

            行く時には、父の自家用車で行っていましたがその

            時代は神戸電鉄は乗車料金が高くて遅くて本数も無

            いので一本乗り遅れると特に冬場は地獄!!を見る事に

            も・・・。(-_-;)」☆

             

             

            私の知っている三木市内は、此れそのもの

            で美嚢川に沿って集落が立ち並びそれ以外

            には永遠と水田が広がり本当に何もない!!

            って印象と昔のローカル地域の人は都会の

            人に比べ農業をする関係で日焼けされてい

            るので肌の色も黒くギョロ!!lとした視線で

            大きな口から見える白い歯を出して話され

            るので私は、幼少期の頃は怖かったです・

            ・・。(^_^;)」☆

            でも・現在では、三木市もすっかりと都会

            に変わりましたよね・・・。(^_-)-☆

             


            << | 2/411PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << September 2017 >>

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            search this site.

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM