☆減らさなければ、生き残れない!!淘汰の定義の巻!!☆

0

    ☆ものや企業団体等も実は、生き物

    である生命体である人が作り出した

    藻である為。生命体の基本定義に従

    って死。詰り大半を占めるものが消

    滅をするものが無ければ全てが消え

    てしまう定義の元に成り立っている

    ?そんなお話しを、本日は致しまし

    ょう・・・。(・o・)」☆

     

     

    今。日本人の消費が低下している要

    因の1つに上げられるのは、消費者

    のニーズがバーチャル化へと変化し

    ている為に、物販業は勿論の事。

    業界を問わず求められなく成って来

    ています。

    此の事は、スーパーマーケットで見

    られる生鮮食品等ラインナップが、

    可也縮小されている現実からもご確

    認頂けるのではないか・・・?

    とも思われます。(・o・)」☆

     

     

    現在、外国人観光客の方々に依り売

    り上げを、Keep!!出来ている小売店

    さんや各企業は、自国が過去。日本

    の80s,代経済文化を追い辿っている

    国々の方々の消費で販売数値を維持

    していると言っても言い過ぎではな

    い様な気さえ致します。(・o・)」☆

     

     

    今回何故?此の様なテーマを再びご紹

    介したのか?と申しますと。

    其れには、某他の企業様等から経営

    不振に依る対策を、よくご相談頂く

    機会が増えて来た為です。

    物販業者様の場合の経営不振の一番

    の要因と成っているのが、消費者に

    対して詰りNies,を有するユーザー

    に対して品ものが、有り過ぎて飽和

    状態にある事です。

    商売事業の世界に於いては、その企

    業や商品が常に付加価値が付ている

    状態で成ければ正常な運営は望めま

    せんしまた、その商品個体も未来へ

    残し送る事は出来ません。

    従いまして。安売りする様なものは。

    何れしても残っては行かないものな

    の勇気を出して、廃棄処分したする

    事が、一番です。

    存在しないものには、税金は掛かり

    ません。

    企業・業者様は、コレクターではな

    いので商品の在庫を持てばすれば必

    ず税金が、課せられます。

    それに伴い。どんなつまらないもの

    でも個体数さえ減らせばある程度の

    定数迄は、残っては行きますが、付

    加価値が付けられない数量が現存し

    ていると結果全てが、滅んで消滅し

    てしまいます・・・。(・o・)」☆

     

     

    事実、知り合いの同業他社の方も毎

    月可也の商品を、お金を掛けて産業

    廃棄物として廃棄処分されいますが、

    此れは廃棄する事で経営者サイドで

    は、ロスとして計上出来ますので、

    税金面や倉庫維持の経費等必要経費

    も可也節約出来るメリットがあり。

    とにかく。付加価値に付く個体数迄

    個数を減らさなければ、経営面では

    圧迫を受けてしまいます。

    此処で涙を呑んで。商品を廃棄した

    として。その後、仮に捨てた商品と

    同じものを、以前の3倍位の価格で

    買ってしまたとしても。

    それまでの間在庫して置く方が、経

    費は結果高く付いてしまいす。

    此れは、当社でも過去に経験してい

    る事です。(・o・)」☆

     

     

    現在国内での流通している商品の大

    半は、消耗品意外は全て何等かの付

    加価値の付いているものばかりです。

    以上の事からも。此れからの日本の

    物販市場は、売り手も買い手も賢く

    立ち回って行く事が求められて来ま

    す。ですから。当社の商品の中でも

    此処のユーザ様のNies,合わないので

    はないか?

    と思われるものは、敢えてお勧めは

    して降りません・・・。

    と言う訳で何時も色々な事を聞かれ

    ますが、先ずは捨てる事から始まり

    ますよ。そんな時代です・・・。

    (-_-;)」☆

     

    ☆※注・・・ご使用させて頂いて降

          ります画層は、全てイ

          メージ画像ですので記

          載に有る記事との関連

          性は一切御座いません

          ので、ご理解御了承の

          上、ご注意下さいませ。

          ☆<m(__)m>

           


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM