☆使わないなら。返してあげてよぉ~!!の巻!!☆(蒸気機関車編)☆

0

    ☆今回は、使わないなら元有った場所に

    戻したらぁ~?!シリーズの中から蒸気機

    関車をお届け致します・・・。

    世の中には、使いもしないに唯、置いて

    いるだけのものって。意外に多いもので

    すよねぇ~?!何を隠そう。私自身も本当

    には、必要でないものを余裕のある時に

    ついつい買ってしまいそが使用されず。

    オブジェと化して失敗する事も屡々有っ

    たりしてしまうんですよねぇ~・・・。

    (^_^;)」☆

     

     

    そこで今回のお題は、使用されていない。

    蒸気機関車のお話であります・・・。

    蒸気機関車には、様々な形式が有ります

    が中でも人気が高いのは、銀河鉄道999

    のモデル車両にもなった。C62機関車で

    すが元々は、1948s,(昭和23年)D52機関

    車を改造して制作されましたので総生産数

    は、49両でまたその現存数も今では非常に

    少ない事も此の機種の特徴の1つに上げられ

    ると思います。

    そこで更に此処では、現在JR北海道(株)が、

    保有しているC623号機のお話であります。

    (・o・)」☆

     

     

    1976s,(昭和51年)に正式な除籍と成ってからは、

    幾度となくスポット復活運転が行われその後は北

    海道鉄道文化協議会の手依って運行を再開しまし

    たが1995s,(平成7年)11月3日のニセコ号の牽引

    を最後に資金難に依り運行が停止して現在はJR

    北海道の苗穂工場で保管されている様ですが、私

    は蒸気機関車の一番の魅力は、人と機械。言って

    見れば生物と機械の丁度中間にいるのがスチーム

    機関であり他の機械とは異なるところからも彼等

    は人が心臓の鼓動を打ち呼吸をするのと同じもの

    を持っているからこそ。未だ物心もつかない様な

    幼児達にも好まれているだと思います。

    また。此の車両は、2009s,(平成21年)2月にJR

    東日本(株)が新たな蒸気機関車の動態復元の際に

    リストアップされていた様ですがJR北海道が譲渡

    を拒否した事で現在に至っています・・・。

    (・o・)」☆

     

     

    此処からは、私個人的な意見なのですが車両

    を生かす事が出来ない所で寝かせ続ける位な

    ら運行して使用出来る組織に譲渡した方が、

    双方共にもっと言えばファンの方々を含め一

    般の方々にも良いのでは無いでしょうか?

    何依りも蒸気機関車自体の幸せを考えるなら

    それを前向きに考えた方が得策の様な気が致

    します・・・。

    此の車両は、元々広島県の糸崎町機関区を経

    て北海道の苗穂に渡る迄は、京都の梅小路機

    関区の所属だった車両なので使用しないのな

    ら元有った梅小路機関区に返した方が良いと

    思います。現在梅小路にある京都鉄道博物館

    では、C621号機と2号機が有りその中でも2

    号機は、スチーム号として現在も毎日運行(他

    の機と入れ替え有り)されていますので、長男

    と次男の居る所へ三男であるC623号機も返し

    てあげてC62の3兄弟三重連を実現させた方が、

    盛り上がると思うのですが・・・。

    後、特急ツバメ時代の最後尾のデッキ付き一

    等車のマイテ49も同じJR西日本が保有して

    て降り此れはイベント参加の為に牽引されて

    いる姿を今でも本線上で偶に見掛けます。

    (・o・)」☆

     

     

    何故?今回そんな事を思いついたのかと言うと

    此方の写真を見つけたからなのです・・・。

    昭和27年の場所は、兵庫県明石市の和坂で下り

    列車を牽引する在りし日のC62です・・・。

    この時迄は、川崎航空機後の工場には一部の

    進駐軍(米軍)が駐留していましので街の標識

    には、英文で記されている訳ですね・・・。

    (・o・)」☆

     

     

    此方は、同じく兵庫県明石市の朝霧を走行

    する上り列車で手前に見えているのが国道

    2号線です。

    まぁ~!!今回も長々とお話しさせて頂きま

    したが纏めますと使わないなら使える所に

    出したて上げて下さいと言うお話しで御座

    いました・・・。

    此の際、大人の個人的感情や事情は抜きに

    して頂いて・・・。

    人間を始めとする生物でも使わなければ軈

    て退化してしまいますからねぇ~・・・。

    (-_-;)」☆

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM