☆動物園へ行こう!!の巻!!☆

0

    ☆動物園の定義とは。生きた動物を飼育・

    研究し、一般に公開する施設で一般に陸上

    の動物を中心として扱うものを指し水中の

    動物を中心として扱うものは特に水族館と

    され、動物園の特殊な形態としてサファリ

    パークや移動動物園、鳥類園、熊牧場など

    がある。と記されています・・・。(・o・)」☆

     

     

    画像は、1835年当時のロンドン動物園ですが、

    動物園の本来の目的は、地球上ににる人間以外

    の生体の研究施設と言うのものが事の発端であ

    ありZooと言う形では、最初の科学的動物園で

    あるイギリスのロンドン動物園で1828s,(文政

    11年)にロンドン動物学会の研究資料収集施設

    として創設されZooと言う語源は、zoological

    garden(s)(動物学的庭園)と呼ばれこれを縮め

    zooと呼びロンドン動物園から始まりました。

     

     

    ところが近代に文化が進むに連れて段々とメジャ

    ーな動物生体の実体が解明されて来た事で今度は、

    一般の人特に子供を中心としたテーマーパークへ

    と変化しして行く事になった訳です・・・。

    (・o・)」☆

     

     

    学術的な事は、この際に抜きにしましても。

    パンダは、居なくとも象と麒麟は絶対に外

    す事は出来ないのが、現状で特に象が居な

    い動物園は、本当に寂しい感じが隠せない

    何とも切ない園内と化してしまいますので、

    象は、その体の大きさだけでは無く人の心

    の中にも大きな存在と成っている事は間違

    いない事でしょうね・・・。(^_-)-☆

     

     

    併し。1970s,代である昭和40年代後半には、

    国民の趣向の多様化が進み年々動物園の入園

    者は、激減しましたがそれでも。80s,代には、

    海外のサファリパーク!!システムが流行しま

    したが人気は流行りもの典型的な宿命を辿り

    それ等テーマーパークも次々と経営不振に陥

    りますが幸いにして受け皿となる企業が有っ

    た事で現在に至っている事が現状と言えるの

    ではないでしょうか?(-_-;)」☆

     

     

    現在の既存・現存の近畿県内の動物園(水族園

    を含む)は、京都府(6)・大阪府(10)・兵庫県

    (14)・滋賀県(2)・奈良県(1)・和歌山県(6)で

    すがそのうちで象と麒麟が、居る動物園となる

    と京都府(1)・大阪府(1)・兵庫県(2)・和歌山

    県(1)しかない訳で象を見る為には、近畿で5

    ヶ所しかない事を考えて見ればパンダは、兵庫

    県・和歌山県の2ヶ所あるのは多いのかもしれ

    ませんね・・・。(^_-)-☆

     

     

    入場料は、サファリ形式を取っている民営の動物園

    は、¥2500以上しまうすが動物園と表記をしている

    公営の動物園は、¥500~¥600なのですが場所に

    依っては、小中学生無料の所や姫路動物園では、大人

    の入場無料が。¥200で小人¥30なので是非!!

    足を運んで上げて下さい!!また、世界遺産である姫路

    城の中にある動物園なんて。本当に世界的にもレア!!

    な存在だと思いますよぉ~!!(^O^)/☆

     

     

    人の人生を見ていると・・・。年を重ね高齢者

    に成れば幼かった家族皆で行った動物園の事を、

    思い出すようです・・・。

    その時に思い出す動物の名は、皆さん。決まっ

    て。"ぞうさん!1”と仰っていますので日本人に

    とっても象は、特別な天からの神の使い的な人

    の心に住んでいる動物の様です・・・。

    (^_-)-☆

     


    ☆現代日本人のトラブル回避法の巻!!☆

    0

      ☆現代社会に於いて事件事故にトラブル等

      は日常茶飯事の事と成り年々増加の負の道

      を辿っていますが、またトラブル未満の様

      なモラル・マナーの事で気分を害する事と

      も成れば数え上げては切が無いお話しです

      よね。今回は、そんなトラブルの回避法に

      尽いて少し考えて行きましょう!!(^O^)/☆

       

       

      日本の社会に於いて一般人の構図を簡単に

      お話し致しますと。明暗の世界の狭間に有

      るのが、一般人の方であり此の場合の明と

      は。警察等の行政機関を示し暗とは。

      極め道を歩まれる任侠人の方を示す訳で古

      来より一般市民は、その両者の空間に位置

      付けられていたはずなのですが、現在では、

      暗の部分は、法律に依り規制されまた明の

      部分は、民事圧力に依り力を抑制されてし

      まい代って現在社会に於いては一般市民の

      方の暗闇の要素が高まった事で一番怖いの

      は、一般社会人と言うのが現状であると言

      えます・・・。(-_-;)」☆

       

       

      今や、犯罪や事故トラブル等は一般市民の方々

      の中で発生しているのが、現代社会に於いての

      特徴の1つでその際の人々のモラルマナーの低下

      の要因の1つにスマートフォン文化は、避けて

      通る事は出来ないでょう!!

      残念乍ら。特にマナーの悪い大阪市内の繁華街

      やオフィス街で意図的にぶつかって来られて嫌

      な思いをされた方々も意外に多いのではないで

      しょうか?

      その中で特に歩行している時にぶつかって来た

      来た人のデーターを整理して見ますと実に面白

      い結果が出ました・・・。(-_-;)」☆

       

       

      繁華街や駅周辺で意図的にぶつかって来る

      人は、略、100%の割合でスマートフォン

      のワイアレス機能を利用して通話音やダウ

      ンロードされた音楽のボリュームを、UP!!

      してタックル!!や足を踏みつけて来ます。

      此の様な方は、家庭内や職場等を初めとし

      た何か?人間関係でのストレス等の問題が、

      あるのだと考えられます。

      中には、タックルをする人に可也前から。

      ロックオン!!してからスマートフォンを準

      備する人も目撃した事があります。

      勿論、繁華街には該当に防犯カメラが設置

      されていまうのでタックルをした人もそれ

      受けた被害者の方も相手の胸倉を掴んだだ

      けでも法的も”Out!!”です!!(-_-;)」☆

       

       

      勿論、上記に有る様な事をしている人に大半は、

      男性ですが中には女性の方もいます。

      特に相手が女性である場合には、我々男性は依

      り気を付けていないと下手をすればぶつけられ

      た上に痴漢等の迷惑条例違反で検挙されてしま

      う最悪なケースも有りますので特に注意が必要

      です・・・。

      私の仕事の関係で日本全国津々浦々な街へ出掛

      けますが特に酷く感じたのが大阪市内の駅周辺

      でした。

      勿論、場所が大阪だからと言って此の様な問題

      の方全てが大阪人と言う訳では有りませんが、

      残念乍ら。現場と成っているのは大阪市内であ

      る事が非常に多いのも事実なのです・・・。

      (-_-;)」☆

       

       

      それでは次に此の様なトラブルを回避する

      方法と致しましては、スマートホンから、

      ワイヤレスイヤホンを耳に付けて歩いてい

      る人見つけた時はにその人のとのPersonal

      Safety!!距離を取る事です。

      他にも自動車(運転)に乗ると性格が変わっ

      たりる人がいますが、人は五感の内の何れ

      かを麻痺せる事で恐怖心等を回避してしま

      う為に中には、悪質なトラブルや事件事故

      も、生んでしまう事が大半なのです・・・。

      それは、また同時に小心者である証明でも

      あるのでがね・・・。(-_-;)」☆

       

       

      結び致しましては、通学通勤にプライベートな

      外出をする際は、今は逆にPC・スマホを利用し

      て余り人込みに出て居行かない事が一番です。

      火のない所に煙は立たぬで有り弾の入っていな

      い銃では暴発事故は起こらない!!

      強いて言うなら自動車も出来る限り自家用車の

      運行を国民の方々皆さんが意識して乗らなけれ

      ば事故や違反ももっと。減らす事が出来ますよ!!

      本当にね・・・。(^_-)-☆

       


      ☆熊の運命は、白黒決まってしまう?の巻!!☆

      0

        ☆一昨年前位から野生の熊の人的危害を含め

        農作物の被害等も併せて地域に依っては深刻

        化されている事がTVのNews,等でも近年報告

        されて降り地元の兵庫県でも昨年依り熊猟が、

        解禁と成りましたが国土面積に対して余りに

        にも人口密度の高い我が国ではもう熊の様な

        大型の野生動物とその近隣に居住する人との

        の共存は、私は余り現実的な話しでは無いと

        思います・・・。(・o・)」☆

         

         

        熊カラーでは、茶色の羆・北極熊等の白(Gray)・

        パンダの白黒・そしてツキノワグマ等の略、黒

        色と言う区分に大きく分かれますがこの中で何

        故か?Black Color!!の熊さんだけが蜂にも人に

        も嫌われているのは少し可哀そうな感じもしま

        す・・・。(-_-;)」☆

         

         

        熊だって・・・。単に一生懸命に生きているだけなの

        だと思いますので悲劇の惨事の事故を防ぐには私は、

        頭数が増えたからと言って一気に猟師さんに駆除させ

        るのは帰って別の事故を巻き起こしてしまいそうな機

        が致します・・・。(-_-;)」☆

         

         

        ですから・・・。熊のお母さん達は大変だと思います。

        本当に・・・。此の画像の様に人に対して”私達は此処に

        いますので脅かさないで・・・。”と言う看板を立てたい

        のでは?と思ってしまう事も・・・。(^_^;)」☆

         

         

        熊は、体の体毛の白色の面積が多ければパンダの

        様に人に愛されますが白い面積が少なければ正に

        ”Black!!”Bear!!と成ってしまい悪の象徴の様に成

        ってしまうのですね・・・。(^_^;)」☆

         

         

        熊は、見ていると本当に母性の強い哺乳類で最近では

        人間が我が子の命を奪うと言う余りにも悲しい事件が、

        起こっているので熊の方が遥かに母性の温かい動物だ

        と思いますよ・・・。(^_^;)」☆

         

         

        熊猟をする時に最も有効な方法としては、先ず巣穴を、

        探し出してから此の様な巣穴に対して数人の猟師さん

        が銃で一斉射撃をするのだそうです。

        此れは、72年前に沖縄や硫黄島等で壕に籠った旧日本

        軍の軍人や民間人に対して燻り出し戦法を実施した米

        軍がしていた事と同じなのです・・・。(^_^;)」☆

         

         

        親を亡くして悲しむのは何も人間に限った事では、

        有りません。勿論、人が安全に生きて共存して行

        く為には、止むを得ない生体の調整は必要ですが、

        事故や悲劇は、人も熊も同じなので最終的には九

        州地区の様な熊牧場の様な所で保護して上げるの

        が両者に取っても一番得策だと思います。

        日本は、島国ですからスペースと人口比率の問題

        から冒頭でも申し上げた様に大型の食肉目の野生

        化の保護は、物理的にも無理ですよ・・・。(^_^;)」☆

         


        | 1/1PAGES |

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>

        categories

        archives

        recent comment

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM