☆買い物をしない日本人?の巻!!☆

0

    ☆近年、各分野にマーケティングは目覚ま

    しく変化している事が目に付いて来る様に

    成りました。

    と言いますのも。現代日本人の買い物文化

    が間違いなく変化して消費が物凄く落ちて

    来ている事です。

    そんなお話しを今回は、致しましょう!!

    (・o・)」☆

     

    最近成って特に感じる事は、関西特に大阪

    に於いての小売業・卸業の企業が店舗閉鎖

    や廃業を余儀なく決断されるケースが目立

    って来ています。

    また、今や実店舗の消費者の利用率とその

    事業所の利益率から考えて見た際の比率が

    全く合わないのが、現状で店舗スペースを、

    潰してそこに海外輸出向けの倉庫兼梱包ス

    ペースにされている処が殆どに成って来ま

    した・・・。(・o・)」☆

     

     

    先日もとある。卸業さんの処へ訪問した際

    にも店舗は既に閉鎖されておりシャッター

    の奥の地下や中二階と言った特殊なスペー

    スで国内では限定された取引先のみ取引を、

    されている等、それはまるで何か?

    闇取引をしているかの様な異様な雰囲気で

    したが、此れ等の大きな理由としては国内

    での新規のユーザー獲得にもう国内企業が、

    期待をする事なく既に見切っている事が、

    最大の理由だと言えます・・・。(・o・)」☆

     

     

    最近の某オークショサイト等見ていても

    気付く事ですが、段々と底値(スタート)

    価格がUP!!して来ている様に感じます。

    此れには、海外の方はプライスには拘ら

    ない事と日本人的神経質なクレーム処理

    をする必要が比較的日本人に比べ無い事

    等が上げられます。

    以上の事からも此れからは増々日本人の

    個人消費者の方のマーケティングは厳し

    いものになって来る事予想されます。

    (・o・)」☆

     

     

    現在の日本企業(個人業を含む)は略、海

    外のマーケティングに頼り切っているの

    が現状でありそれを分かり易く表現する

    と今。プチ・バブリーな国々方々に商品

    を買って頂く事で日本の経済が成り立っ

    ている?!と言って過言ではない様な気が

    致します。

    詰りは、嘗ての日本が歩んで来た道を今

    現在、辿っている様な国・・・。

    それを言い方を変えれば、日本は過去の

    自分達(人)に品物を売って生活をさせて

    頂いている?と言う良い方んも出来るの

    ではないでしょうか?

    勿論、適切表現では有りませんが・・・。

    でも。その国々も日本の軌跡を辿る様な

    国策や国民の生活習慣を持っていれば、

    現在の数字もそう長続きはしないと思う

    事位は、中学生でも分かっている事でし

    ようね・・・。(^_^;)」☆

     

    ☆※注・・・今回参考資料として使用さ

          せて頂いて降ります画像は、

          此のエントリー記事の内容

          とは。略、関連性は御座い

          ませんのでご理解の上、御

          注意下さいませ。☆

     


    ☆修理をして使わないものとモラルロス!!の巻!!☆

    0

      ☆最近、TVのNews.やドキュメント番組の

      中でも頻りに食品ロス等の事が大きな社会

      問題と成っている事を報道されてはいます

      が近年、日本の社会に於いて食べ物や道具

      または、人々に対しても感謝の気持ちを持

      つと言う意識が可也薄らいでいる様に感じ

      るのですが・・・。(-_-;)」☆

       

       

      それを目の当たりにして感じた事は、先日

      自転車がパンクをした時に他の部位も不調

      な場所が有ったので業務時間の関係で近隣

      の自転車屋さんへ修理の依頼をした時に起

      こった出来事でした・・・。(^_^;)」☆

       

       

      自転車のパンクの修理1ヶ所につき¥1080

      で出来るので月に1回以上パンをしなけけ

      れば数千円もするパンク修理道具を態々購

      入して迄、昔の様に自宅でパンク修理をす

      るメリットはないのでそれはそれで良かっ

      たのですが、後輪の車軸も悪いと言われた

      のですが、その際の修理料が何と?

      ¥10000以上も掛かると言うのです。

      別に何処かにぶつけたとか。乗り方が悪か

      ったとか。は無いのにです。

      お店の方が、仰るのには原因は海外製だか

      らだと言われていました。

      外観は、略、日本の工業水準に到達はして

      いるが技術が未々伴ってはいない事が一番

      の原因に上げられるそうです・・・。

      (・o・)」☆

       

       

      今、自転車はお安いものなら。新車でも。

      ¥3000代から販売されていましたので、

      此れでは、普通に考えて見ても¥10000

      と言う高額な修理料金を支払ってでも再び

      愛車に乗ろうと思う人は居ないのではない

      でしょうか?

      特に。物事を合理的に考える女性ではね・

      ・・。(^_^;)」☆

       

       

      此れは何も自転車だけのに限った事では、

      なく今。日本にある殆どの物品が修理代

      がそのものの価格を越えてしまっている

      事で無暗にものを捨てる人が急増してい

      る事が大きな社会問題と成っています。

      (・o・)」☆

       

       

      現代社会に於いて人が必要としなく成っ

      た時点でそれは、全て産業廃棄物と成り

      処分するには、処分料が発生してしまう

      ので不法投棄等が後を絶たないのです。

      また。人や物に対して感謝の気持ちを持

      ち大切に扱うと言う人として大切な”心”

      も子供達に伝える事が出来なく成ってし

      待っています・・・。(・o・)」☆

       

       

      今回の纏めと致しましては、単に小手先

      のコスとダウン・パフォーマンスを見せ

      るのではなく修理メンテナンスを含める

      アフターフォローが出来てこそ消費者や

      社会に対して”真”のサービスが完了した

      と言えるのではないでしょうか?

      (・o・)」☆

       

      ☆※注・・・今回ご使用させて頂い降り

            ますイメージ参考画像は、

            記載のエントリー記事との

            関係は一ございませんので

            ご理解下さいませ。☆

       


      ☆日本の武器の考え方と経営者理念の巻!!☆

      0

        ☆日本と言う国は、世界にも類を見ない

        武器音痴の国だと思います。

        それは、現在の企業に於ける”武器”とさ

        れる攻撃力の営業が弱って来ている事に

        まるで比例するかの様で日本人は、国や

        会社(大企業の場合)から与えられた物事

        に対しては、それを褒め称える事しか致

        しませんが、それは本当は危険な事だと

        思います・・・。(・o・)」☆

         

         

        先ず例えて言いますと。日本の警察官が使用

        される拳銃等ですが、上げられますが本当に

        にリボルバースタイルの形式のもので果たし

        て良いのでしょうか?

        日本の国内では、犯罪者もそれを検挙する警

        察官も基本双方共に、相手(敵方)闘争心が無

        くなった無抵抗な状態でなければ行動しない?

        と言う共通した特徴を持っている様にも思え

        ます。

        だから。無抵抗な女児を誘拐・殺人等の痛ま

        しい事件が起こってしまっているのではない

        のか?と感じる事が多いです。

        実際に、警察署等の防犯指導の中でも安全を

        確保しつつ相手(犯人)に対してある程度の抵

        抗をする事で、犯罪を軽微なものに防いだり

        する事が出来ると言う内容の指導も過去に受

        けた経験があり。

        故に。犯罪者は抵抗しない女児を狙うのだと

        思います。(・o・)」☆

         

         

        併し。それらは国内で日本人が起こして来た

        事件でしたが、昨今の世界の動きを見てすと

        何時に諸外国の武装勢力に日本国内から事件

        が発生しないとも限りません。

        現実に日本の様な狭い国土の中に此れだけの

        外国人の方々が入り込んでいるのでその人々

        全てを管理する等、日本は共産国ではないの

        で出来ないですね。

        だからこそ。有事の際には日本の警察官の方

        にはその時々に適応した武器を携行していて

        頂きたいです。

        日本の犯罪者と海外の武装勢力集団の異なり

        処は、彼等は行動をすれば確実に狙って撃ち

        ますしそれは自らが死亡する迄、引く事は有

        りません。

        ですから、その様な厳しい状況に負い込まれ

        た現場警察官が現行の間々の武器で良いのか?

        は、疑問です・・・。(・o・)」☆

         

         

        次に企業の武器のお話しですが現在官公庁の一部

        の行政機関内や民間でも大企業になると。

        私物(他社の業務用を含む)のPC・タブレット等の

        持ち混みが全面禁止されているArea!!が存在して

        いますのでそんな処へ行く場合は、私も自社のPC

        等は全て置いて行くのですが、此れにも意味不明

        縛りがあり但し。5,5インチ未満の通信機器は持ち

        込みが可能な処でなのです。

        通常の場合、仮に何か情報を取ろうとする場合は、

        依り小型の機材をセレクトするはずなので、此処

        では大型のデジタル機材依りも小型のアイテムを、

        規制すべきなのに実におかしなルールです。

        (・o・)」☆

         

         

         

        我々民間の者に取ってのデジタル通信機器等は、

        警察官に拳銃以上に大切且つ有効な武器なので

        すが、それ等の情報も大半のものがサポートセ

        ンターと称して(Fakeではないですが。)某国へ

        の情報提供をしている事です。

        なので。現在のスパイ機器は日本製の製品依り

        も某国の製品の方が信頼性が高いものも現実に

        存在しています。(・o・)」☆

         

         

        日本の国家及び世間の考え方は一度決めてしまう

        と其れを変更する事を非常に拒むと言う欠点を、

        持っていますがその理由は、物事を若い頭脳で

        考ようとしないからです。

        悲しいお話しですが、衰えて行くのは身体だけ

        では有りません。

        脳も年を取れば段々と衰えて行きます。

        表現は適切では御座いませんが、戦争でも企業

        に於ける商戦でも勝利したければ若い頭脳で考

        へ成ければ必ず敗北致します。

        最近、当社にもよくテレアポのキャッチセール

        スの営業の方から電話が掛かってきますが、

        彼等のトークを聞いていますと。

        共通して感じる事は、正に。老人が考えたテキ

        スト台詞をその間々読み上げていると言った現

        象です。

        此れでは、契約は取る訳がありません。(・o・)」☆

         

         

        今回は、取り留めの無いお話しでしたが要するに

        纏めますと。必要な時に。必要な人材と。

        必要で適切な道具を。事前に準備して置かなけれ

        ば成功へは導けないと言うお話しでした・・・。

        そこには、人の心理が良くも悪くも働く事を管理

        者各位の方々は、お忘れなく・・・。(・o・)」☆

         


        ☆Americaの銃規制問題の巻!!☆

        0

          ☆最近米国等で銃器に依る乱射事件が、

          多発している関係から依り厳しい銃器

          の規制を求める米国の一部の市民の間

          で高まっている事が日本国内でも報道

          等でよく目に付きますので今回はそん

          なお話しを致しましょう。(・o・)」☆

           

           

          先ず銃器が必要か?必要でないか?

          と言う議論の前に銃とは?一体何なのか?

          また、人はそれに何故興味を持つのか?

          を紐解いて考えて行かねばならないでし

          よう!!

          此処で極論的結論を先に申し上げてし

          まいますと。

          銃器とは。ダイナマイトと同じく産業用

          工業機械(有害鳥獣駆除を含む)であり取

          扱いに非常に危険を伴う道具です。

          でうから。日本の様に必要性があると認

          められた一部の人以外は、基本的に所持

          出来ない無い様に世界的する事が健全で

          あり且つそれが、人々を事件・事故から

          守る最良の手段だと思いますので日本の

          国会委員会の厳しい規制は世界に対して

          もお手本になると思います・・・。

          (・o・)」☆

           

           

          併し。それは日本の様な国土に対して人工密度

          の高い国で成立する事であり日本と米国ではそ

          の人口密度が違います。

          例えば、日本と米国の面積を比較して見ると以

          下の通りに成ります。

          日本:377,835km²
          米国:9,626,630km²

          となり米国の面積は日本の約25倍です。

          それに対し人口密度は次の様になり。

          日本:337人/km²
          米国:31人/km²

          日本の人口密度は、米国の約10倍もあり

          日本の方が高いです。

          此れでは、街角毎に交番が有ったり何か

          緊急事態が発生した時に警察官が現場へ

          到着する迄の時間が余りにも掛かってし

          まいますので、市民達は警察官が到着す

          る迄の間は自力で自営しなければならな

          い現実があるのです。

          その為に銃器を使用した凶悪犯罪が起こ

          る度に市民達は、銃を所持していない人

          は新たに購入しまた、既に銃を所持して

          いる人は、依り強力な銃器を求めに銃砲

          店で購入する訳です。

          市民を不安にさせるのも銃器ならその不

          安を取り除いてくれるのも銃器と言う実

          に皮肉なお国柄の事情があるのです。

          (・o・)」☆

           

           

          最近にTVニュース等の報道にあるコメント

          等を見ていると何か?

          米国本土も日本国の一部?!と逆に錯覚して

          しまう様な時があるのですが、上記でも述

          べさせて頂きました様に日本と米国は違い

          ますし。また一旦米国で銃器を使用して犯

          罪を犯した者は、基本現場にて警察官に依

          り射殺でそれは日本以外に国は同じで、或

          る意味。犯人確保と言う別の意味で犯罪者

          に対して保護する日本の国家Styleは甘い

          様な気も致しますがその代わり銃器に対し

          ては敏感で玩具に迄規制が及ぶその厳しい

          管理下の元日本の治安維持が守られている

          のだと思います。(・o・)」☆

           

           

          確かに銃器は恐ろしいものでは有りますが、

          他所の国の事迄我々日本人が踏み入り過ぎ

          るのはどうか?と思います。

          私も銃器は、個人的には嫌いでは有りませ

          んのでよく。各警察署へ出向いたり不明な

          事は、警察庁や警視庁さんの担当者各位の

          方々にお訪ねしたりして法律の改定事項等

          の確認を取られせ頂いたりはしていますの

          でその際に、男の子達がこれ等銃器に対し

          て興味を持つ事は何ら問題はない事です。

          と警察官の方からもコメントが有りました

          ので何もかも見せない様にして蓋をしてし

          まう事も得策とは言えないのですが、矢張

          り性教育と同じでお子様が年頃に成った時

          には、銃器や武器が一体なんであるのか?

          を確りと理解させた方が私は良いと思いま

          す・・・。(・o・)」☆

           

           

          日本では銃器使用した事件等は米国に比べれば、

          勿論少ない訳ですが、併し米国では常に此の様

          な緊急事態も一般市民の方々が想定しないとい

          けない事です。

          先程人口密度のお話しを申し上げさせて頂きま

          した様に仮に。米国で日本の様な厳しい銃規制

          を行い一般市民の人々が銃を所持出来なく成っ

          たとしたらコンビニやガソリンスタンドの従業

          員さん等は間違いなく犯罪犠牲者となってしま

          うでしょうね。(-_-;)」☆

           

           

          日本では、実銃は一般の人は所持出来ませが、

          モデルガンやエアーガン等が存在致しますが、

          それ等の玩具銃の扱いも現在では法律意外に

          も実銃と略同等扱いの社会的モラル・マナー

          を問われる様に成ってきました。

          正直に申し上げますが、私の場合は14歳を

          過ぎてからは、それが例え駄玩具に銀玉ピス

          トルや水鉄砲で有っても人に銃口向けた事は、

          私物的銃では有りませでしたので、サバイバ

          ルゲーム等にも参加もした事が未だに有りま

          ません。

          サバイバルゲーマーを楽しむ方々を勿論、

          否定は致しませが、日本国内でTOYGUN,

          を続けて愛好して行くなら余り人に対し

          射撃する行為は好ましくはないのかも知れ

          ませんよ・・・。(^_^;)」☆

           

           

          あと。纏めと致しまして以上の事からも

          米国の日本国ではそれだけの銃器に対する

          必要性や温度差が現実にあると言う事で、

          米国の場合は、単に銃規制をするだけでは、

          問題は解決されないと言う事ですよね。

          日本人に場合は、ぶつぶつ言い乍らも実は、

          第三者に管理される事を好む民族性が有り

          ますが此れは何か事が起こった時には自分

          意外の人や物に対して責任転嫁が出来るか

          からですが、個人の責任は個人自らで処理

          する欧米人とは此処が異なっているからで

          すよね・・・。(・o・)」☆

           


          ☆趣味を止める健全な時期とは?の巻!!☆

          0

            ☆皆さんは、趣味って何時から始まって

            何時終わるのだろう?と。考えて見た事

            がお有りでしょうか?

            趣味とは。本来人の心の精神的不安を癒

            す言わばシートの様なものですから。

            悪く言えば精神的に不安等で病んでなけ

            れば特に品物コレクションをする等と言

            う行為は殆どの方は致しません。

            ですから。偶に。”私は、無趣味です!!”

            取る仰る方がいらしっゃいますが、

            それは、恰も悪い事の様に言われて来た

            時期も有りましたが、そんな方は精神的

            に心が常にニュートラルの位置に有り企

            業等の営利団体組織であれば、その様な

            方を人事部は、リクルートしなければ利

            益を追求する事が出来ません。

            詰り趣味の特にコレクションとは。

            人の弱みを露呈する行為となる訳ですね。

            (-_-;)」☆

             

             

            まぁ。今回は冒頭から行き成り敵を作って追

            い込まれてしまいそうな内容のコメントと成

            ってしまいましたが、単純に何十年いや。

            その方が半生を掛けて集めて来られたものは、

            今度は、それ等を健全の状態で手放すには、

            入手した時間以上に掛かってしまう事を頭に

            入れて置かなければ成りません・・・。

            (・o・)」☆

             

             

            そこで此れは私の持論なのですが、特に女性

            依りも寿命の短い男性は遅くとも。

            50歳頃迄にコレクションの収集は止めて置い

            た方が良いと思います。

            私の場合は、趣味の私的コレクション品は。

            30代の中半位で止めてしまいましたし。

            自動車の運転等も免許証の返納はしていない

            ものの。必要最小限以外の運転はしない。

            と40歳を機に止めました。

            そのおかげで自らが引き起こす様な事故や違

            反は無く成りましたが、それでも歩行中にご

            高齢者の運転される自動車と接触すると言う

            事故も経験していますのでもう。40歳を過ぎ

            れば公私共にディレクションを若手の方々に

            指導する立場のポジションに居るはずですの

            で考え事をし乍らの自動車運転等は好ましく

            はないのでそれを専門とする業務にある方に

            任せる方が懸命と言えます。(・o・)」☆

             

             

            私が実際に経験した事ですがコレクションと

            言うものは、買う時依りも手放す時に方が体

            力が掛ります・・・。

            それは、離婚は結婚する時に約5倍位のスト

            レスが掛かってしまう事に非常によく似てい

            ますね・・・。

            それは、買った時のプライスの事を男性は脳

            裏に過ってしまう事で決断が鈍って手放すタ

            イミングを失ってしまいその結果何時迄も品

            物が手元に残ってしまいそれが生活を圧迫し

            ストレスと成ってしまうケースが大半ですが、

            その点女性は、一度決めると行動が早いので、

            思い切りが非常に良いですね・・・。

            離婚を決断したら行動結果が早い様にです。

            その辺は、確かに男性の方が決断力の無い方

            も多いとも言えましょう!!(・o・)」☆

             

             

            私の場合は、個人的なコレクションを何時迄も

            抱えていると。

            私が亡く成った時に。処分してして頂く方にご

            迷惑をお掛けしたり。また、亡く成った事を聞

            き付け何処からともなく。

            業者さん達が集まって来られるのも家族に迷惑

            を掛けてしまうので、思い切って海外のバイヤ

            ーの方やコレクターの方々にお譲りしています。

            理由としては、国内の一部のミュージアムの方

            々へは、販売ではなく譲渡も打診致しましたが、

            各学芸員の方々が余り積極的なを返事を頂けな

            かった事です。

            まぁ。それだけ私が収集したものに学術的要素

            が薄かったと言うものが多かったとも言えるの

            かも知れませんがねぇ~・・・。(^_^;)」☆

             

             

            とは言いつつも。当社では物販の部門も未だ

            現実に持ってはい居るので本件の内容に意味

            反する事と成っでしまうのですが、それでも

            当社ではご購入頂いて降りますお客様に尽き

            ましては、ご購入頂きます前に本当に必要な

            ものなのか?

            をお尋ねしたり。スルーする事をご提案させ

            て頂いている事も実際に御座います。

            此れは、販売した後の可能な限りでは御座い

            ますがアフターフォローの為でなのです。

            (・o・)」☆

             

             

            上記でお伝えして来ました事を纏めますと。

            昭和時代のコレクターさんの場合は家族二

            世帯以上である。現在の家族さんに比べれ

            ば大家族でしたから。

            仮にお子様に趣味が引き継がれ無くてもお

            孫さんにそのくじが回って来る事も有りま

            したが、現在では趣味の順送りが出来なく

            成ってしまっている事から日本コレクター

            さんは一代限りで終始を考えなくては成ら

            なく成って来ています・・・。(・o・)」☆

             

             

            自分でも遣って見て気付いた事ですが此れ迄

            に大切に扱って収集して来たコレクションを、

            海外のバイヤーの方に販売したり或は廃棄処

            分する事は、最初の第一歩に物凄い!!

            勇気が要りましたが無く成った事でやっと。

            その責任からも解放された様な気持ちに成り

            肩の何か?気持ちの上でも荷が下りた様な実に

            スッキリ!!とした清々しい健全な気持ちに成る

            事が出来ました。

            知人の業者さんも同じ事を仰っていましたよ。

            今回は、少し重いお話しと成りましたが、

            此れからの男性は、50歳を過ぎれば自らの

            死に行く準備が必要ですよ!!身の回りの整理

            ですね・・・。

            以上の事からも。50歳を越えたら物品収集

            依りもコミュニティを広げる趣味に切り替

            えた方が楽でもっと。楽しいと思いますよ

            ・・・。(^_-)-☆

             

            ※注・・・以上の内容は自殺等を促したり

                 またそれを促進させる様な意味

                 合いの趣旨では御座いませんの 

                 で誤解無き様お願い申し上げま

                 す・・・。

                 また、ご使用させて頂いており

                 ます参考画像も本件の文面の内

                 容一切関係性は御座いませんの

                 で御注意下さいせ。☆

             


            | 1/2PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << July 2018 >>

            categories

            archives

            recent comment

            • ☆略、何一つ実現しなかった未来?!の巻!!☆
              GEKKO (06/28)
            • ☆略、何一つ実現しなかった未来?!の巻!!☆
              昭和70年生まれ (06/28)
            • ☆何だこれぇ〜っ?!カウンタック?!それとも。宇宙の戦車?! の巻!!☆
              GEKKO (06/27)
            • ☆何だこれぇ〜っ?!カウンタック?!それとも。宇宙の戦車?! の巻!!☆
              zenbee (06/23)
            • ☆昭和の婦人自衛官と平成の女性自衛官の巻!!☆(陸自編)☆
              古き良き自衛官 (06/10)
            • ☆みごろ!たべごろ!笑いごろ!!の巻!!☆(vol,2)☆
              GEKKO (04/30)
            • ☆みごろ!たべごろ!笑いごろ!!の巻!!☆(vol,2)☆
              仙台人 (04/30)
            • ☆シリーズ似ている2人の巻!!☆(北原佐和子編)☆
              GEKKO (04/12)
            • ☆シリーズ似ている2人の巻!!☆(北原佐和子編)☆
              大村実穂 (04/12)
            • ☆望みはC62 50号機に!!の巻!!☆
              GEKKO (03/26)

            profile

            search this site.

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM