☆日本人の選択した未来像の巻!!☆

0

    ☆日本の敗戦から今年で73年が経過致し

    ましたが戦後の日本の政治等を子供の頃

    から現在に至る迄私は見て来ましたが、

    未だに国家の方向性も定まらず。

    また、国民も無関心な方々が正直多い様

    に感じる日本は世界的な視線で見れば或

    る意味特異な条件である国だと思います。

    最近の国会の論争を見ていて正直感じる

    事は、ハッキリ!!申し上げてしまうと小

    学生の学級会以下の論争を高額な費用と

    時間を掛けたパホーマンスに国民はその

    怒りを公式な場で訴える国民の姿が見え

    て来ない事も悲しい事実だと思います・

    ・・。(-_-;)」☆

     

     

    私は日頃様々な人と会いまたその問題を解決に

    結びつくお手伝いを業務とする職業にある者で

    もあるので今迄にお会いした方々のお話しを総

    まとめにするとどうも。国家や個人の生活をも

    権利と言う名の元にTechnological Singularity!!

    化を図って貰い苦悩を回避する事を優先する?!

    と言った詰り分かり易くい言えば、マトリクス

    化する?って事ですね・・・。

    そんなお話しをすると。勿論、皆さん。”違う!!”

    とはおっしゃいますが、何事に於いても旗揚げ

    をするリーダーを自らが求めない方が多いのも

    最近の傾向の様に感じます。(・o・)」☆

     

     

    今の日本人にとって一番大切なものは、データ

    でありそのデータに依り人々は管理されて来て

    います。

    唯、法務省を始めとする行政では未だに要と成

    る肝心にデーターはペーパーに頼っていますが、

    此れ等がデーター化されないのには、関係者各

    位の保守的な意味合いも大きく影響されている

    と思いますね。(・o・)」☆

     

     

    さて。此処から先は私個人的一人事な考えなの

    ですが、此の間々で行けば日本は後数十年後に

    は消滅しデータの中のみに存在するマトリクス

    の様なプログラミング社会と成っているかも知

    れませんね。

    今、こんな話題を居酒屋さんなんかで話してい

    ると。知らないおじさんやおばさんが急に立ち

    上がって怒りをぶつけて来る方もいらっしゃい

    ますが若者達は、Middle世代の人達依りも意外

    と冷静に判断しています。(^_^;)」☆

     

     

    日本と言う国は凄い!!国だと言われ教育を受けて

    来た私も世代では有りますが、それはピンポイン

    トに絞り込んで過剰な表現をして来ただけであり

    現実には、常に他国の差し伸べてくれる手を掴ん

    出来たのですが、今その手を差し伸べてくれた某

    国が間接的に放そうとしているので関係者の方々

    は躍起に成っいるのですよね。(-_-;)」☆

     

     

    更にもっと。未来に奨めば人は生物の定義を

    見直し人も国もデーター化されるて行くのか

    も知れません。

    日本と言う国家は古来から、国民にまるで馬

    車馬に目隠しや耳栓をして国民全体の5%の

    権威のある人の為に働かされ来ましたが、今

    やデジタル化が一般国民にも広がりその目隠

    しと耳栓が外された事に依り過去2000年間

    行って来た様なスタイルの政治・経済が成り

    立たなくなり。此れは映画マトリクスで人々

    に取り付けられたプラグが外れて行っている

    事を裏付けかのようですね。

    まぁ。シンギラリティー化を図るのかアナロ

    グ体制を維持し続けるのは、此れからの未来

    の人が決める事でしょう。

    逃げる訳では、有りませんがその議論の頃に

    は私は素手に故人と成っている時代のお話し

    だとは思いますが・・・。

    すみません・・・。☆<m(__)m>☆

     


    ☆沈み行く神戸市・・・?の巻!!☆(洋菓子編)☆

    0

      ☆地元で兵庫県庁の位置する神戸市ですが、

      最近では、悲しいニュースばかりが聞こえ

      て来る様な気が致しますがそんな関係の位

      置付けは別と致しましても現役の神戸市職

      員の方々の中にも居住区を神戸市外へと移

      されている方の年々増えている様な気が致

      します・・・。(゜o゜)」☆

       

       

      そんな訳で今回は、神戸の洋菓子文化の現状

      を少しお話して参りましょう!!

      洋菓子に限らず今の神戸の現状で言えば食品

      を限らずその他の職人芸詰りは、”マインスタ

      ー”的マスターの技を売りにされている職業の

      方々は、本当にそして極端に減少してしまい

      ました。

      今回のテーマにさせて頂いて降ります洋菓子

      も安定した価格での素材の供給や2代目以降

      の後継者不足や育たない事で止む無く閉店さ

      れて行くお店が多いのも現状と言えます・・

      ・。(・o・)」☆

       

       

      どんな業界でも言える事なのですが事業や技術を、

      継承するKeyman!!と成るのは、全て2代目が握っ

      ています・・・。

      2代目を上手く繋いでおけば、3代目以降は比較的

      容易且つ安全に継承して行くのですが他社様を見

      ていて気がつく事は、大概2代目が継承出来ず初代

      の財産・技術を食い潰してしまい初代は、自らが

      築いて来たものを自らの実子が怖しそれ等の後始末

      をしてから他界されると言う誰が見ても悲し運命を、

      辿られています此れ等の共通した一番の原因とされ

      る根源としては、初代が2代目を悪い意味で甘やか

      し物事を描く事が出来ないサラリーマン出来指示待

      ち人間と化してしまう事が大きな要因ですので各、

      事業主のオーナーは、2代目は外部から来て貰うと

      言うのも有力な方法で事実私の知っている企業の社

      長さんは、社員をリストラする位なら自分の息子を、

      切る!!と言われて妻子持ちの実子であるご長男さん

      を解雇し敵機を乗り切られた会社も私は、3社知っ

      ています・・・。

      実際の処、苦労を知らない。長男・長女さん達では、

      一番継承の難しい2代目を引き継ぐ事が非常に困難

      だと思います・・・。(^_^;)」☆

       

       

      なので・・・。今神戸では2代目を迎えるあらゆ

      るジャンルの個人に近い企業の方々が廃業されて

      行っていますので百貨店等のスイーツコーナーを、

      担当されるマネージャーの方々は、今大変な時期

      を迎えられいる様ですね・・・。

      また、百貨店に一旦進出してしまへば百貨店は、

      月売り週売りのGloss!!の数字を日々追及されてし

      まうので初代が未だ現役を引退されていなくとも

      70歳の前後の年齢に成っていた場合身体的に百貨

      店舗の要求に堪える生産数が上げられなく成って

      しまう為に、矢張り閉店へと精神的にも追い込ま

      れてしまう様ですね・・・。

      そうなると・・・。間違いなく素材も味も落ちる

      てしまうのでお客様が離れて行ってしまい急速に

      失速してしまうのす・・・。

      今の神戸市も正にこの状態の様に私は、感じます。

      (・o・)」☆

       

       

      言いたくは無いですが今の神戸は、まるで沈み行く

      ”タイタニック号”そのもので僅かな救命ボートで他

      の市に移住する?って感じの人を止める事って出来

      ないのでしょうかねぇ~?!

      でも現実に現職の神戸職員が明石市の方が福祉等色

      々充実しているからと言って移住されるのは問題有

      りでしょ・・・。(-_-;)」☆

       


      ☆退化する男性領域の巻!!☆

      0

        ☆以前にも男性と女性詰りは男と女の

        話題に尽きましてはお話して行きした

        が此処では近未来に於ける男性の社会

        的進化予想をして見たいと思います。

        勿論、各大学等理論データーに基づく

        数式のお話しでは無いので予めご了承

        下さい。(・o・)」☆

         

         

        近年世界的にも不況の問題が慢性的に生じ

        テロ等の過激な事件とは別に経済的ビジネス

        そして人々の生活にも余り明るいニュース

        を聞く事は有りませんよね・・・。

        その要因の1つに上げられるもの1つに私は、

        男性の決断力の低下であると考えます。

        現在の社会に於いても。”YES!!NO!!”が4ハッ

        キリと言えのは男性依りも女性の方が圧倒的

        に多いでのです。

        此の事が引き金となり政治経済は元依り日々

        の生活に必要なものを提供するサービスも女

        性中心のものへと変化して来ていいるのです。

        (・o・)」☆

         

         

        以上の事からも男性と女性の関係は此方の

        イラストでも見られる様な位置関係で最悪

        な結果を引き起こす第2STAGE!!にもう既に

        入っていると思います。

        今や女性からの目線では決断力が無いコミ

        ュニケーションを上手く取れない財力が無い

        頼れない!!等女性から見た異性としても魅力

        が本当に欠如している?と言う位い低下して

        いるのも事実であり。

        もっと。踏み込んで言うならば男性は女性に

        とってのお荷物と成って来る?その今、正に

        入り口に到達していると思います・・・。

        (-_-;)」☆

         

         

        ですから身近なサービスを例に取って見ても。

        電車等の女性専用車両に女性向けランチサービス

        にスイーツ等々街を歩けば常にどこを見渡しても

        女性上位のサービスばかりになって来ていますが、

        此の事は単なる男女差別では無く世の現代人男性

        に決断力が低下した事に各企業は元依り個人商店

        に至る迄、言葉は適切では有りませが、”男性は

        お金に成らない?!”と見斬られている節があるから

        なのです・・・。

        この様な事は勿論、何処の企業様や個人様も口に

        は出しませんが現実のものとして受け止められて

        いるのは事実だと思います。

        各、企業様方はビジネス最優先ですから何も女性

        上位のサービスを敢えて行おうとしては思っては、

        いないと思いますが・・・。

        併し。此れでは性転換を考える男性も増加するの

        も無理はないのかも知れませんね・・・。

        (-_-;)」☆

         

         

        以上の事からも以前のエントリーでもお伝え致し

        ました通り人間の男性詰りは雄社会は此のアンコ

        ウの様に雌に相当する女性に選ばれた一部の男性

        のみが子孫を残す事を許される?

        現実がもう目の前に来ている様な気がして成りま

        せん・・。(-_-;)」☆

         

         

        子供を見ていても感じる事ですが確かに女性は、

        時より暴走する事があるのでビジネス等公私共

        に恐ろしい面もあるのでが様々な未知へのチャ

        レンジャーで有り常に夢へのアドベンチャーで

        もありますがそれに対して男性は言われた事し

        か出来ない。しない。と言うのが私も同じ男性

        として今の若い男性達を見ていると悲しい思い

        が込み上げて来てしまいます。(-_-;)」☆

         

         

        此処で少し種証しを致しますと・・・。

        ちょっと・・・。Hでエロチック!!なSexy!!系

        商品企画等を手掛けているのは、実は当社の

        女性スタッフだったりしていたですぅ・・・。

        彼女達は、既に男性の目線を略把握しているの

        で恐ろしい・・・。と日々思う事も・・・。

        皆、ごめんなさい!!☆<m(__)m>☆

         


        | 1/1PAGES |

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << November 2018 >>

        categories

        archives

        recent comment

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM