☆博多人女性と外国人女性の見分け方の巻!!☆

0

    ☆今年も愈々。クリスマスの季節が、

    近付いて来ました。

    今年の年末もどうやら。福岡県に残

    留の可能性が高まって参りましたが、

    先日、JR博多駅北側の広場にある樹

    木には、イルミネーションの光が灯

    って降り併せて、2018s,Xmas Mar

    ket,が、11月13日(火曜日)17:00~

    12月25日(火曜日)の間びJR博多駅の

    駅前広場で現在は既に開催されてい

    ます・・・。(・o・)」☆

     

     

    JR博多駅周辺では、関西・中部地区

    から九州へ来た時や或は関西へ帰る

    時位しか居ないので余り正直。天神

    や中州に比べると馴染のないArea?!

    と。私的には言える場所とも言えま

    すね・・・。

    博多の街を、私の様な関西人から見

    た時の正直な印象としては。

    ”此処は、韓国か・・・。?”

    と思う位に在日ではない韓国人の方

    々が多い事ですね・・・。

    先日も、地元の方かな?

    と思い。お若い女性に道を尋ねると。

    ”Excuse me!”とか。”I am sorry”等

    の英語が帰って来て、韓国から来た

    ので九州の事は分からないと非常に

    綺麗な英語で答えられてしまいます。

    (・o・)」☆

     

     

    博多で女性を見分ける時には、口元の

    Lip💄Color!!を、見ればある程度の国

    籍を見れば分かります・・・。

    先ず博多で一番多く散見される韓国人

    女性は、バーミリオン系の独特なカラ

    ーを好み、中国系の女性は明るいカー

    マイン系カラーのリップを口元に引き

    そして地元の九州人女性の方は関西人

    女性に比べると。”No,Make?!”って言

    うイメージの何方かと言うとNatural!!

    な薄化粧な方々が多いと言う特徴を持

    っています。

    そこで。口元にLip💄を引いていない

    若い女性2人組がいらっしゃったので、

    福岡県人の方だと思い道を聞こうと

    て、お声を描けたら韓国人の方だった

    ので。ちょっと。失敗してしまいまし

    た・・・。

    でも。彼女等と少し話したところ。

    HOTELで、お風呂に入り。

    すっぴん。状態で中州に屋台へ食事

    を、食べに来られた様なので。

    私の理論から言えば、彼女達は反則

    行為?て感じ・・・。(-_-;)」☆

     

     

    私は、若い頃から日本人女性には、

    自身を持って全く。”モテナイくん。”

    でしたが、昔から外国人女性に何故

    か?Friendly!!だったのですが、それ

    は歳老いた現在でも変わらず。

    外国人の方に言わせると。"Mr,GEK

    KOは、日本人には見えない!!”と言

    われるので、”では。何人に見えるの?”

    と尋ねると。”無国籍人?!"って。

    International!!な方々皆さんに言わ

    れてしまうので、”では。私はマイト

    ガイか?!”と。言っても外国人の方々

    には分からない様でしたね・・・。

    まぁ。お若い方々では。日本人の方々

    でも分かりませんよね・・・。

    失礼致しました・・・。☆m(__)m☆

     

    ☆※注・・・個人様を特定する様な

          お顔の画像は、UP出来

          ない為。参考画像をご

          使用させて頂いて降り

          ますので本記事の内容

          と一部の画像は、一切

          関係は御座いませんの

          でご了承の上、ご理解

          下さいませ。☆

     


    ☆世界平和の鍵を持つ女性達の巻!!☆

    0

      JUGEMテーマ:つぶやき。

      ☆戦後に生まれ教育を受けて来た私の

      様な世代の方々は、小学生の時。

      学級討論会等のテーマとして、どうし

      て人は、戦争等の争い事を起こすのか?

      と言う論争を自らが戦争経験者で有っ

      た当時の教諭によく論じられたもので

      したが、半世紀以上生きて来てその結

      論が、分かって来た様な気が致します。

      (・o・)」☆

       

       

      人は。生物は。何故故に。争うのか?

      それは、自らのDNAを後世に残そう

      とする生物が有する防衛本能なのだと

      と考えられます。

      そこで、生命を維持する為に絶対不可

      欠となるものが食物と言う事になりま

      す。

      此の食物を正常に取る事が出来なけれ

      ば、人間の様な高等な知能を持った生

      物の場合は、身体的な問題意外に異常

      を来たす事となります。

      その要となるのが、人間の場合は女性

      と言う訳なのです・・・。(・o・)」☆

       

       

      職業柄様々な問題をお抱えのご家庭を、

      見て来ましたが、家庭もビジネスも上

      手く行っていない人達に共通している

      事は、全て食生活にあり。

      此れが悪化して行くと。最悪な状態に

      陥り殺人等えを始めとする各種事件や

      事故に結びついて行く事が分かりまし

      た。

      優秀な弁護士程この部分を裁判員に納

      得の行く文章に起こし被疑者の罪の軽

      減を求めて来るので人の心を形成する

      メカニズムを、日本の法務省も理解し

      ているのだと私は、思います。

      (・o・)」☆

       

       

      さて。此れ等の問題に対して前向きに

      直して行く為には、現代日本人の食生

      活を国家規模で見直なければ、何時迄

      経っても。事件・事故を減らす事は困

      難だと私は、考えます・・・。

      人の人格を形成して行くものは、その

      食物を与えてくれる母親である女性が、

      全ての鍵を握っているのです。

      それを、証拠に今迄に今迄にご経験さ

      れて来た全ての出来事を、頭の中でバ

      ラバラに分解して行くと必ず行き着く

      ところが、食べ物と母親の事なのです。

      此の事には、性別を問いません。

      (・o・)」☆

       

       

      以上の事からも。幾ら政治家の方々が、

      国力を上げようとしても子供達を始め

      とする国民の正しい食生活を保障して

      あげなけれ、人の心は病んで行くばか

      りです。

      此れは、幾ら高等な教育を受けキャリ

      ア組に入っても晩年辛い思いをする事

      は目に見えています。

      そこで、具体的に何を申し上げたいの

      かと言うとそれは、現代人女性の価値

      観を生み出す教育に問題が有ると私は、

      考えます。

      ハッキリ!!言ってしまうと。

      人は、男親であるお父さんが居なくて

      もお子様は、育ちますが子供達女親か

      ら受ける母性がなければ人格が歪んで

      しまうケースが非常に多いのです!!

      (・o・)」☆

       

       

      昔は、女性の生き方は同じ女性である

      祖母から孫へと伝えて行っていました

      が、現在ではその伝達作業が途絶えて

      しまっている様に感じます。

      昭和の時代は、男は男。女は女。と言

      た感じでご近所さんどうしの中でも。

      性別にグループが自然と形成され。

      それは、まるで象の後家社会の掟を形

      成しているかの様であり私達昭和の子

      供達は、その女親の群れの中で育てら

      れたと言っても過言ではないでしょう!!

      (・o・)」☆

       

       

      纏めますと。少しでも良い世の中を、

      作り出したいのであれば、一に食事

      であり更に子供を産み育てる女性に

      は十分な睡眠が必要です。

      此れが無ければ、子供も心は少しずつ

      歪んでいきます。

      全てでは、無い事は十分承知していま

      すが、私は九州に来てもう6年ですが、

      地元関西人との大きな違いは、食生活

      にあり。と感じた次第で御座います。

      (・o・)」☆

       

       

      まぁ。要するに。何時も美味しいもの

      を食べて十分な睡眠を、特に女性には、

      必要だと言う事です。

      それが、直接的に明日の社会を担う子

      供達に対して良くも。悪くも。直ぐに

      反映されてしまうと言う事で御座いま

      ます・・・。(^_-)-☆

       

      ☆※注・・・ご使用させて頂いて降り

            ます参考画像と本記事と

            の関連性は、一切御座い

            ませんので誤解無きお願

            い申し上げます。

            ☆m(__)m☆

       


      ☆女達の戦争の記憶の巻!!☆(関西編)☆

      0

        ☆私の知ってい入る戦争の記憶の中で

        此処では銃後を守って来た当時の女性

        達のお話しをしたいと思います。

        そこで、私が子供の頃依り何か?

        悪い事をした際には、お約束の如く。

        説教部屋に連れて行かれてトラウマに

        成ってしまう程に聞かされて来た女の

        目で見て来た戦争のお話し出来事を着

        色せずにストレートに書き残して置き

        いと思います・・・。(・o・)」☆

         

         

        そこで私の家と火垂るの墓のと私個人

        的な家庭を比較して見ると・・・。

        1945s,(昭和20年)に私の父親達が住ん

        でいたのは、此の作品の原作者でもあ

        る野坂昭如さんと同じ兵庫県の神戸市

        でした。

        主人公の清太や節子の住んでいたのは、

        現在の神戸市の東灘区ですが、私の父

        達が住んでいたのは、現在の兵庫区で

        あった関係から思い返して見れば大正

        生まれの伯母がよく生前、野坂昭如さ

        んの事をよく話していた様な記憶が残

        っています・・・。(・o・)」☆

         

         

        主人公の清太と節子のお父さんは、海

        軍大佐なのですが、私の家系は代々陸

        軍筋で海軍に行った人は後にも先にも

        未だ1人しかいませんし。また清太や

        節子のお父さんの様に高い階級の軍人

        では有りませんでした・・・。(・o・)」☆

         

         

        余談ですが、その昔私は御影公会堂や

        御影小学校や成徳小学校の辺りを、

        担当する酒屋さんの配送のアルバイト

        をしていた事が有るので路地裏や地域

        住民の方々の戦前・戦中のお話しも直

        接お聞きしているのですが、此処で問

        題が1つ。それは清太と節子の住んで

        いた自宅の所在地です。

        それは、当時としては社会的権威の

        高い地位にあった清太の父親は、海軍

        大佐ですから。上西、上中、一里塚

        と設定されている庶民Areaに住んでい

        る訳がないのです。

        此の事は当時の地元の方からも突込み

        が有りました。

        当時実際に海軍に高級将校さんの自宅

        が有ったのは、神戸依りも寧ろ西宮で

        あったので、清太達の疎開した親戚の

        家のある阪急電車の苦楽園付近に自宅

        を持っていたと設定していた方が自然

        です・・・。

        確かに神戸の三菱重工や川崎重工業で

        は、戦前から潜水艦の開発実験製造を、

        されていた関係からも御影地区には以

        外と元旧海軍潜水艦乗員の水平さんが、

        戦後復員されていました。

        私が酒屋さんの大将に連れられて2人

        で配達に出た時に。大将(店主)から。

        ”此の廃墟あばら家は、昔海軍の偉い

        さんの邸やったんやけど空襲で一家全

        滅して旦那も戦死しとるから戦後にな

        ってもその間々にしとるんやぁ~!!”

        と言うArea!!が有りましたが、それは

        同じ御影でも御影公会堂依りも上の場

        所です。

        それ等も阪神・淡路大震災が起こった

        後に一旦国である行政に吸い上げられ。

        兵庫県・神戸市に譲渡され現在ではそ

        の姿を確認出来る場所は非常に少なく

        なりました・・・。(・o・)」☆

         

         

        次に清太と節子の年齢的なものの設定

        ですが、正に私の父の年齢が清太の年

        齢に近く母は、節子依りも年上の世代

        であり私の伯母に当る人が正に節子と

        同年代に当りますが、此の時代は空襲

        が激しさをましていましたので1944s,

        (昭和19年)から学童疎開が始まり強制

        的に私の父も丹波篠山へ疎開させれて

        おり御影で戦前から酒屋さんを営んで

        おられた、大将(店主)も飴屋さんのご

        主人も疎開させられたと言っていまし

        たのでアニメで学童の姿が有る事は、

        少し違和感があるそうです。(・o・)」☆

         

         

        そして街の男達は兵隊💂に取られてし

        まい子供達は、集団疎開で居なく成り

        残ったのは。主婦や高齢者のみと成っ

        ていました。

        因みに、疎開する学童を引率する教諭

        達も一緒に疎開していました。

        此れには。当時の行政の暗黙の意図で、

        食料難を少しでも回避する為に未来の

        ないとされる人間の口減らし為に高齢

        者は、敢て危険な都市部に放置したと

        一説では意見されていた程でした。

        併し。可哀そうだったのは。

        嫁ぎ先である義理の両親を放って置く

        事が出来ずに子供達と別れてお母さん

        達は、神戸の街に踏み止まっていたそ

        うです。(・o・)」☆

         

         

        子供の頃からそんな危険な神戸の街に

        何故祖母や叔母達は、踏み止まったの

        か?と言う理由を聞いて見た処。”家が

        有ったからや。”と言う答えに対して。

        "それでは、家が焼夷弾で焼けて無く

        成ってたのに何故神戸に居るんや?!”

        と私が祖母に聞くと。

        今度は。”土地が有るからや!!”と答え

        が帰って来たので、子供乍らにも。

        ”明治の女は、何て。屁理屈言うんや!!

        だから日本戦争に負けるんや!!”と戦後

        に生まれた私に言われて・・・。

        ”子供らしくない!!”って怒っていた事

        も記憶しています・・・。(-_-;)」☆

         

        長く成りますので続きは、Vol,2で、

        またお会い致しましょう・・・。

        (戦前の手持ちの資料が戦災に依り

        殆どのものが焼失していますので

        一部で参考画像等を使用させて頂

        いて降ります。)

         

        つづく・・・。

         


        ☆明治女性達の言い残して行った事とは?の巻!!☆

        0

          ☆私が此の世に生を受けて生前の最も古い

          時代の人と言えば、明治中期生まれの方々

          でありそれは、私の祖父母に当る人達です

          ので残念乍ら。それ以前の江戸時代に当る

          慶応生まれの曽祖父等は、1947s,(昭和22年)

          に他界してしまいましたので、私は実際に

          は会った事がないのですが、併し江戸時代

          の話しは、祖母を通じて幼い頃からよく聞い

          て耳にして降りました。

          今回は、そんな祖母達が自分達が居なく成

          ってしまった後の世界の人々に残したメッセ

          ージを、数回に分けてご紹介して行きたい

          と思います。(・o・)」☆

           

           

          そこで、私も男性で有るのにも拘わらず同

          性である男性ではなく何故故に。女性のお

          話しばかりするのか?

          と疑問を持たれる方も居られるのではない

          か?とは思いますが、その理由に尽いては

          単純明快で、女性の場合はその時々に感じ

          た事や見たものを、比較的ストレートにメ

          モリーしそれを語られますが、それに対し

          て多くの男性の場合は、実際に起こった事

          実以外に御自分の都合の良い様にお話しを、

          少しアレンジされてしまう方々がいらっし

          ゃるからです。

          ですから。男性が真実を語る時は此の世の

          お別れである息を引き取られる時に位しか

          昔から一般男性には無いと言う事ですね。

          なので、おじいちゃん。やお父さん達が、

          ご自身に対して都合良い話しでなく過去に

          起こった真実を語り始めたらお迎えが来る

          事が近付いていると。家族の方々は気付い

          て上げて惜しいとお思います・・・。

          ☆m(__)m☆

           

           

          と言う以上の理由から私の知っている明治

          時代の女性が、未来の人に何が言いたかっ

          たのか?を、私自身も高齢者になってしまう

          前に少し書き残して置きたいと思います。

          その前に明治時代の人が現在どの位日本で

          健在なのか?と言うと全国で未だ約8000人

          を越える方々がご健在だった事には、非常

          に驚いてしまいました。(・o・)」☆

           

           

          明治生まれの女性を、一言で言えば真面目

          で確りしていると言うイメージが有り。

          幼い頃から基本的な家事を厳しく教え込ま

          れているので、現代の男性がもし奥さん候

          補として同じ年齢の明治・大正・昭和・平

          成時代の女性を選べるとするながばそれは

          間違いなく明治女性がベスト言えるしょう。

          その最大の理由は、明治時代の女性達は、

          嫁ぎ先の男性(主人)に取って一番都合の良

          い”女”に成る様徹底した教育を受けている

          らでまた、結婚する年齢も16歳~18歳迄に

          結婚しますが、その最大の理由は昔は薬

          や医療制度が整備されていなかった事で、

          単なる風邪等の肺炎から命を落とす子供達

          が沢山居た為に、女性の体が良いコンディ

          ションの時に早期に嫁ぎその家を繁栄させ

          る為の子供特に男子を沢山産む必要があっ

          たからです。

          ドラマ。”この世界の片隅に”の北條すずさ

          んも18歳で北条家に嫁に出されています。

          (・o・)」☆

           

           

          私の祖母も明治中期生まれの人間でしたが、

          何時も言っていた事は、”男は男らしく。

          女は女らしく。”と言う事を日々話してい

          ました此れに尽いては、人には其々の役目

          が有り決して1人では生きられないし。

          また、生きても行けない。と言う内容のも

          ので、晩年ではTV等で芸能人の方が、男女

          の区別が付かない様な服装をしていると。

          何時もTV越しに起こっていました。

          (・o・)」☆

           

           

          そして彼女達が言っていた事は、戦争等は

          もう二度と嫌だ!!とは言いつつも。

          私達孫の世代に言っていた事は、必ずまた

          戦争は起こる。

          過去の歴史を振り返って見ても。

          日本人は、欧米人と比べると。矢張り野蛮

          人だから避けて通る事が出来ない事である。

          と話していました。

          その根源となるるものは、日本人の男性達

          が、精神的に子供である事から感情詰り心

          のコントロールが出来ないのでその時その

          場の感情的心情に依り暴走してしまうから

          でありそれは、悲劇を繰り返すと自分達が、

          亡く成ってしまった後の世界の事を、予想

          して話していましたが、その男性を生み育

          てて来たのは、自分達”女”であるから自分

          達女性にも責任は有る。

          と言っていました・・・。(-_-;)」☆

           

           

          そして明治の女性達が口を揃えて言ってい

          た事は、”男は皆。女依りも弱い!!”

          と言っていました・・・。

          だから男性を、女性が裏で支えて遣らなけ

          ければ此の国は死滅する?!

          従って裏方の者(女性)が、表へ出て行く事

          は、行ってはいけない。

          とも言ってはいましたが、それを現代の平

          成社会で言えば、パワハラ・セクハラ処か?

          人権蹂躙問題に成ってしまいますからねぇ~!!

          (-_-;)」☆

           

           

           

          纏めますと。明治時代の女性達に取っての

          女性としての最大の喜びと幸せそして宝と

          は?それは、沢山の子供達を生む事である。

          と言う事でどんなに学位や名声・権威・お

          金があっても。子供を産み育てる事は男性

          には出来ない事であると言っていました。

          今回のエントリー記事の文体は、私が記し

          た表現には成っていますが、内容に尽きま

          しては、祖母達が生前話していた事を忠実

          に書かせて頂きました。

          要するに。”女は女らしく。男は男らしく。”

          していれば、家庭は円満と成りそれが世界

          平和に繋がっている事を、彼女達は知って

          いたと言う事ですね・・・。(^_^;)」☆

           

          ☆※注・・・画像は参考イメージ画像を、

                使用させて頂いて降ります。☆

           


          ☆進撃の博多の女性の巻!!☆

          0

            ☆”進撃の博多女性!!”何故故に。今回は、

            此の様なタイトルを題したのか?

            と言うとそれは、先日迄京都市内での勤

            務を終えた私は、一気に移動距離陸路で

            西へ車642匳衢彁間7時間53分を、新

            幹線で約550劼3時間3分で西へ移動し

            当社の九州地区での拠点を置く博多天神

            の事務所に荷物取り敢えず置いて食事に

            博多天神に街に出て見ると・・・。

            今更乍らなのですが・・・。

            女の人が・・・。”わぁ。デカぁ!!”

            て感じて思わず圧倒されてしまいました

            其れ迄は、2週間京都市内に居て。

            ”京女。”の方ばかり見ているとそのギャ

            ップには、本当に驚かされてしまいます。

            (^_^;)」☆

             

             

            ☆此処で思わず街の様子を撮影し関西の

            要る女性スタッフ達に写メを送ったとこ

            ろ帰って来た答えは皆。”わぁ。女でかい。”

            って言う程で京都に比べると。

            それは正に。”進撃の博多美人?!”と言った

            感じなので。余りにも女性の平均身長が、

            高いのでモデルさんには、向いていますが、

            京都の舞妓さんた宝ジェンヌの娘役には少

            し失礼乍らも不適とも思える様な女性達が、

            博多では、沢山散見されます。(・o・)」☆

             

             

            それでも毎回同じ様な事を申し上げている

            ので本当に恐縮は御座いますが、博多の女

            性は、本当に美人揃いだと思います。

            申し遅れましたが当然美人な女性を輩出す

            るには、男性も平均して美男子達が揃って

            いる事ですね・・・。

            私は、未だ言った事はないのですがクライ

            アント先の各取締役方からも誘われている

            のが、”ニューハーフ”のBARで確かに。

            写メを見せて頂くと。

            本物の女性依りも美しい方がそこには、

            写っていましたので。

            下手に出向い此の歳から嵌ったら怖いの

            で止めて置きますと。

            冗談で丁重にお断りをさせて頂いている

            次第です。(・o・)」☆

             

             

            九州地区では、福岡・大分・熊本・長崎

            ・佐賀・宮崎・鹿児島と7県ある中でどの

            県に一番美人が居るのか・・・?

            とそれぞれの県下出身の方々にお伺いし

            て見た事を纏めますと・・・。

            矢張り皆さん。福岡県博多って・・・。

            答えが返って来ます。

            言い方としては、”博多の子(女)は綺麗

            けど。”とか博多の女性は細くて背が高

            いけど・・。

            私達O△県の女性の此処が良いです!!”

            と博多女性の悪いでは無く好い処をアピ

            ールした上で各地元の女性の良い処を強

            調されているのが非常に特徴的とも言え

            ます。(・o・)」☆

             

             

            また。博多の人は男女共に他府県から来

            た様な人に対しても気さくに話しかけて

            くれますが、その他の九州の地域に行け

            ば最初は構えられてしまうので。

            例えば道の駅や各飲食店等の瞬時の人と

            の出会いに対しては、厳しいものが有り

            ますが、博多では屋台や居酒屋は勿論の

            事。一般的な飲食店等で食事をしていて

            も名物的なおじさんや若いお姉さん達も

            話し掛けてくれますね・・・。

            此れは大阪でも。現在では見る事が殆ど

            無くなってしまっています。

            だからこそ。博多と言う街にはリピータ

            ーが、付くのだと思います。

            特に博多福岡県に肩入れををしている訳

            ではないのですが、新幹線や飛行機待ち

            の僅かな時間にでも。ドラマが起こる。

            博多は、不思議でミラクルな街なので、

            私も20代の時に来ていれば間違いなく

            人生は変わっていたと思います・・・。

            (^_-)-☆

             


            | 1/5PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << November 2018 >>

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            search this site.

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM