☆変てこなな日本のSMGの巻!!☆(戦後偏)☆

0

    ☆御存知に様に日本では古来依り銃社会とし

    ての文化が無い為に見に回りに銃は存在致し

    ませんし、増してや。SMG等の特殊なアイテ

    ムと成ると銃を職務として使用している警察

    官・自衛官・海上保安官の方々の中でも更に

    特殊な任務に就かれている一部方しか使用さ

    れていはいないので我々一般人にその情報は、

    殆ど知らされていない事が現状といえます。

    (・o・)」☆

     

     

    此処では、そんな日本の知られざる戦後のSMG

    の開発と戦後国産第一号と成ったニューナンブ

    M66SMGをご紹介して参りましょう!!

    その前に少しお詫び申しげて置きたいのですが、

    一応は、頑張って此のモデルの画像資料等を調

    べては見たのですが結論から先に申し上げます

    とプロトタイプのみで開発自体が終了してしま

    っていますので現存する写真も中々見つけられ

    ずまた、現物も残っているとすれば陸上自衛隊

    土浦にある武器学校位しから考えられませんが、

    そちらも未確認ですが、他の方のブログ等でも

    画像が上がって来ていない様子を見ると現物は、

    もう残っては居ないのかも知れませんね・・・。

    (・o・)」☆

     

     

    此方が、そのニューナンブM66SMGで開発に当た

    っては、中央工業株式会社(現:ミネベア社大森製作所)

    で1960s,代に入り米軍から供与を受けていた中古

    の銃器が製造から20年以上を経過して老朽化が進

    でいる事を当時の防衛庁が、新規の銃の銃国産化

    を図る為にM1ガーランドは、64式小銃に移行され

    CALIBER30,が62式機関銃にそしてM3グリースガ

    ンの後継機として開発が進められ当初のプロトタ

    イプとしては、M65SMGが開発されそれを改良し

    量産型となったものが。M66SMGでした・・・。

    因みに、M1カービン等の指揮官使用タイプのショ

    ートタイプの小銃は、全廃され現在も防衛白書の

    装備年間からも外されていますが、1970s,(昭和

    45年)頃迄の陸上自衛隊では、戦闘職種の幹部自衛

    官の個人装備は、米軍Style!!を取っていましたの

    でM1カービンとサイドアームとしてのColt Gover

    nment!!の2丁を携帯装備していました・・・。

    (・o・)」☆

     

     

    尚、新中央工業株式会社に開発を委託した理由と

    して旧日本軍時代の100式機関短銃の開発・製造

    等の経験を持っていた事にありこの際開発に基づ

    く参考SMGとして1957s,(昭和32年)にドイツの

    シュマイザーMP40/機Z-45・カールグスタフ

    m/45・S&W M76等を買い入れています。

    この時を知る当時の関係者の方のお話しに依る

    と下手なものを猿まねをして後で不具合を起こす

    依りも此の時代でも未だ命中精度を群を抜いてい

    たドイツのシュマイザーを素直に買って貰いたか

    たと漏らしておられた事を記憶にしています。

    (・o・)」☆

     

     

    日本では戦前から、拳銃・カービン銃・機関短銃

    等の他国が重視する兵器についてはアレルギーと

    も言えるものを上層部が持って居り此れはは全て

    アクセサリーにしか過ぎず兵器としても有用性は、

    小銃に有り!!と考え全ての兵科職種の兵士(自衛官)

    に小銃を強要するStyle!!は、戦後になっても拭い

    捨てる事は出来ず1960s,代に入ると戦車無用論が、

    唱えられ防衛庁でのSMG開発も一旦中止となり頓

    挫しますが、70s,代を迎えベトナム戦争での米軍

    のゲリラ奇襲に対応する新型SMGを開発した事に

    影響を受け防衛庁でも再びSMG開発が息を吹き返

    えしたと言う訳です・・・。(・o・)」☆

     

     

    次に構造ですが口径は、9,で装弾数は30発のOpen

    Bolt方式で、セレクターに依りフル・セミの切り替え

    が可能に成って降りプロトタイプの複数のバリエーシ

    ョンが有り中にはGPセフティーを有する構造の依り

    複雑なものも存在しました・・・。(・o・)」☆

     

     

    私の朧げな記憶では、その昔自衛隊の駐屯地祭に於い

    て此の銃が新型の後継機と言う事で紹介されていた時

    が有りその時の展示係だった自衛官の方から説明を受

    た時にM3グリースガンは、もうすぐ無くなって此の銃

    に全部変わるんですよ!!

    と聞かされた途に正直。”わぁ!!かっこ悪い!!変えない

    方が良いのでは?!”と申し上げたところ・・・。

    ”でも。性能は此方に方が遥かに良いのですよ!!”

    と自身を持って言われていましたが、後から思えば、

    そんなに良いものなら何故正式採用されなかったは、

    何故なのでしょうかね・・・?(-_-;)」☆

     


    ☆悲し事だけど。子供達に伝える必要があるの巻!!(サーカスの象ケニー)☆

    0

      ☆昔から動物が主人公として登場する物語の

      中で一番悲しい動物の代名詞と成ってしまっ

      たのが、そのタイトルにも”可哀そうな象”

      と言う非常にダイレクトなタイトルの作品迄

      登場してしまった象と言えるのではないでし

      ょうか?

      象は、世界中の子供達にも愛されその大きな

      体に優しい気性・心を持った動物が突如居な

      く成ってしまった後に人の心に残る悲しみは、

      性別・年齢・国籍を問わずそのその悲しみは、

      図り知れなものがあると思います・・・。

      (・o・)」☆

       

       

      先日から象のデザイン画を製作していた時に見

      つけたものですがその内容が余にも衝撃的で更

      に悲しい内容なのですがそれでも今の子供達に

      読み聞かせ彼らに考えさせる事が大切だと思い

      人の作品なのですが今回取り上げさせて頂きま

      した・・・。

      そのタイトルは、”サーカスの象ケニー”の悲し

      い、物語です・・・。

      実は、出版されて居れば購入をしようと思って

      いたのですが、個人の方の製作されたもの様で

      書籍としては、販売をされていない様なので今

      回ご紹介させて頂きました。(・o・)」☆

       

       

      その内容に尽きましては余りにも悲し内容です

      ので動画の閲覧は非常に辛いかも知れませんが、

      少しご紹介して行きましょう!!

      それは2017s,アメリカの大手動物サーカス

      「リングリング・ブラザーズ」が閉鎖されたのは、

      人々の『サーカスに動物を使わないでほしい』と

      いう声の高まりによるものでした。

      そして、そうした市民活動に火をつけたのが、

      このケニー君の存在だったと言われています。

      (作者のブログより内容の一部は転記させて頂き

      ました。)

      私の作品でもなく一般書籍からのご紹介も無い

      ので余り公には詳細をお伝え出来ないのですが、

      内容としましては、象の親子がある日サーカス

      に入団する為に雄の赤ちゃん象がおかあさん象

      から引き離され厳しい虐待的な芸を覚える為の

      訓練を強要され最後は、病気に掛かっても休ま

      せも貰えず僅か3歳の年齢寒い冬の夜に冷たい

      床の上で最後にお母さんに会いたい・・・。

      と薄れゆく意識の中で1人(1象)寂しく孤独死を、

      迎えてしまうと言うものでした・・・。(ToT)/☆

       

       

      余りにも悲し過ぎる挿絵の部分は差し控えさせて

      頂きますが象は、非常に知能が発達した動物です

      ので小象のケニーが息を引き取る時に像とは言え

      どれだけ1人(1象)で不安だったか。お腹が痛いか

      ったか。寒かったか。またどれだけ母親の愛情を、

      受けたかったか・・・。ともうと何とも胸が締め

      付けられてしまう作品で或る意味男性でも心の目

      を背けてしまいそうに成ってしまう作品のですが、

      だからそこ今、子供達に読み聞かせ彼等成りに考

      えさせる事が正しい人格を形成させる教育になる

      と私は思います・・・。(・o・)」☆

       

       

      昨今では、自らの子供も手に掛けて殺してしまう

      象のケニー依りも悲劇の事件も人間社会の中でも

      多発している事が現状ですが、私は此の作品を通

      して今一度、人としての心を取り戻す或は子供達

      の心の人格を養う教育として現代社会に於いて大

      切なものを考えて頂ける切っ掛けに成るのではな

      いのかと思って降ります・・・。(・o・)」☆

       

       

      人の動物もそして物品もですが其々を敬愛して

      行く事が高度な知能を持った我々人類の本当の

      意味での使命ではないのか・・・?

      と私も此の作品を通して改めて考えさせらまし

      た・・・。☆m(__)m☆

       

      此方の作品の動画のURLは、

      https://www.youtube.com/watch?v=NoeCimkTipQ

      で作者の方のブログは、

      https://ameblo.jp/paronoharappa/entry-12290818534.html

      以上ですので是非!!

      見て感じとって頂けたらと思います・・・。

       

      追伸、作者の方へ、

      作者の方への一般の人からのコメントが出来なく

      成っていましたので事前のお知らせが出来ません

      でしたのでこのエントリー記事で不都合な点が御

      座いましたらご遠慮なく御一報下さいませ。

      宜しくお願い致します。☆m(__)m☆

       

      GEKKOのあとがき・・・。

      今迄の自分自身の人生を振り返る考えると・・・。

      此れ迄にも様々な事を公私共に行って来ましたが、

      未だに出来ない。希望も叶わない!!事の1つに絵本

      を書く事が有りイラストや漫画等は過去にも素人

      時代から製作した事は、有ってもい子供向けの絵

      本だけは、どうしても描けないのです・・・。

      ですから。絵本の描ける方はプロアマを問わず尊

      敬してしまいます・・・。

      そんな訳で時間が有る時には今でも児童書のコー

      ナー等へ赴き未だに勉強させて頂いて降りますが、

      中々進まないんですよねぇ~・・・。(ToT)/☆

       

       


      ☆男のロマンと任地!!の巻!!☆(鶉野飛行場編)☆

      0

        ☆古来から。二兎を追う者は一兎をも得ず

        と言う事を言われて来ました・・・。

        此れは人の人生に於いても正に当てはまり

        ロマンや夢を追い求めるとそこに到達する

        迄の数々のリスクを同時に背負はなくては

        成りませんが、一般世論が認める目先の安

        定感である堅実性をを取れば逆に諦めなけ

        れば成りません。

        それが軍隊の中で戦前そして現代に於いて

        も引き継がれている様子を少しご案内致し

        ましょう!!(^O^)/☆

         

         

        此方は、兵庫県加西市にある姫路海軍航空隊

        鶉野飛行場の終戦時の航空写真ですが此処に

        旧海軍航空隊と旧陸軍の第15戦車連隊が駐屯

        し更に隣町の三木市に旧陸軍航空隊の飛行場

        が有った事はマニアの間では有名なお話しな

        ので此の事に尽いて特に私からは割愛させて

        頂きますがそもそも・・・。

        軍の人気の兵科(職種)は、どうして田舎に駐

        屯させるのか?

        また。その時代の若者達は兵科/職種について

        どう考えていたのか・・・?

        今回は、その辺りを考察して行きたいと思い

        ます・・・。(・o・)」☆

         

         

        此方は、旧海軍鶉野航空隊の兵舎ですが資料

        としても当時の建物が写っている写真は非常

        に珍しいのですが今も昔も一般男子が子供の

        頃から興味を持つのは、動物でも未だに象や

        麒麟が根強い人気を誇っている様に軍隊では、

        比較的大きな兵器である。戦車・戦艦/潜水艦

        ・戦闘機がます筆頭に上げられるでしよう!!

        それを証拠に。在日米軍反対運動を指導して

        いる某党の某団体幹部の方々でも空母の一般

        見学の時はに少年の様に目をウルウル。させ

        て楽しんでいますからねぇ~!!

        反対に。自分は軍に入って工兵(土木)や衛生

        に主計部へ行きたい!!と子供の頃から主張し

        ている子がもしいたとすればその方が怖いで

        す・・・。(-_-;)」☆

         

         

        此方は当時の営門と防火用水の溜池ですが、

        周辺の様子からも陸の孤島的な場所だった

        事が窺えますし現在でも夜になると此の辺

        りは暗い地域ですね・・・。

        そこで今も昔も男の子達が憧れた。戦車・

        戦艦/潜水艦・戦闘機等の基地や駐屯地は、

        全て街中にには存在せず人里離れた山や

        ローカルな港にしか存在しません。

        第一次産業の方には大変申し訳ないのです

        がいざ。と言う時に畑や田園依り矢張り産

        業圏で重要な施設と沢山の人口が居る都市

        部を防衛する事だともうのですが当時とし

        ても海軍がこんなに陸地深くに丘に上がる

        事はおかしいですし。当時は道も整備され

        ては居らずまた航続距離も短いチハ式戦車

        をこんな所に置いていても効率よく運用は、

        出来ず当時の陸軍も戦争を初めても未だ演

        習場に拘っていた所も軍幹部の疎かなとこ

        ろでは無いでしょうか・・・?(^_^;)」☆

         

         

        ですから。当時の若者達も現在の若人ももし

        入営・入隊した時に職種を選ぶのか?

        任地を優先するのか?で後々の人生が大きく

        左右されるのです・・・。

        もし。戦車や戦闘機の乗員の鞘腫を選べば

        陸の孤島へ送られしてしまい命に危険性の

        他にもう1つのリスクを背負わなければなり

        ません・・・。

        それは、異性である女性が超田舎には極めて

        少ない事でいても若い時に地元の女性達は街

        に就職して出て行きます。

        ですから。出会いがない!!故に。結婚出来な

        い!!だから家族も持てない!!と言った方も実際

        には居た様です・・・。(-_-;)」☆

         

         

        此方は、終戦時に此の場所に残っていた戦闘機

        の紫電ですが飛行可能な航空機は全て神奈川へ

        回航され戦車は、姫路から四国へ送られ土佐湾

        に自走で海没処分されています。

        まぁ~!!それでも日本男子たるもの夢をロマン

        を追い求めなければ結果的には悔いが残って

        しまうでしょうね!!

        それは、結婚や小火器を扱うライフルマンなら

        努力すれば個人の力らで何とかなると思います

        が特に日本国内では幾ら億万長者に成ったとし

        ても個人の力では、戦車も戦艦/潜水艦も戦闘機

        も絶対に可動するものは持てないですか

        らねぇ~・・・。

        エピローグとしましては、好きな事を最後迄遣

        り抜いた方が人生に於ける真の勝者!!と言える

        のかも知れません・・・。(^_^;)」☆

         


        ☆毒ガス仮面にしか見えないパーマン3号!!の巻!!☆

        0

          ☆パーマンと言えば今や誰でも知っている

          藤子不二雄先生の代表アニメ作品の1つで

          もあるの訳ですが先日資料等を整理してい

          ると秘密戦隊ゴレンジャーの敵方として登

          場する”毒ガス仮面・・・?!”と思える様な

          キャラクターを、発見してしまったので有

          りますぅ・・・。(・o・)」☆

           

           

          その毒ガス仮面はとは・・・。此方の方の

          事で我らがイーグル神奈川県川崎市に位置

          する関西支部を、毒ガスに依り全滅させた

          張本人でありまた此のマスクの状態では食

          べられもしない。カレーライスをスナック

          ゴンで注文だけして食べずに帰ってしまい

          ましたねぇ~!!(-_-;)」☆

           

           

          現在、明石の歴史サークル資料本の制作及びその

          準備で各、行政各所を廻っていたらこんな写真資

          料を見つけてしまったのですが失礼ながら。

          此の写真を最初に見た時には思わず笑ってしまい

          ました・・・。(^_^;)」☆

           

           

          此の写真が撮影されたのは1967s,(昭和42年)の

          事で此の方の当時に年齢を推定し此の時仮に5歳

          としても現在の実年齢はもう55歳位と言う事と

          成り軽く半世紀は、経過してしまっていますよ

          ねぇ~!!でも。ご本人は。パーマン3号のパー子

          のつもりなのだととは思うのですがどう見ても

          毒ガス仮面に見えてしまうのは私に限った事な

          のでしょうかねぇ~・・・。(^_^;)」☆

           

           

          此の時代は、パーマンの他にも東京ぼん太さん

          にスーパーマン等々を始め風呂敷マントが子供

          達に大流行した時代でしたのでお懐かしく思わ

          れた方は、お仲間ですよぉ~!!(^_-)-☆

          また。現在、地元も小冊子の作成為に仮称明石

          東播の歴史を探る会的なるものを準備中ですの

          でご興味がある方やご賛同頂けます方は、一度

          覗いて見て下さいませ・・・。☆<m(__)m>☆

           


          ☆謎のお蕎麦屋さんを発見致しましたぁ~!!の巻!!☆

          0

            ☆夏バテ気味の老体に鞭打って相変わらず

            外回りばかりの業務が立て続く中でどうし

            ても夏場は、食が進まないので毎年急激に

            やせ細り天体戦士サンレッドに登場するミ

            イラのカーメンマンの様に干乾びてしまい

            ますので高額なお金を払って迄ダイエット

            する人の気が知れません・・・。

            直ぐに痩せたいのなら・・・。今すぐサラ

            リーマンを止めて自営業等の事業を企業さ

            れれば・・・。あぁ!!と言う間に痩せられ

            ますよぉ~!!(^_^;)」☆

             

             

            間ぁ~!!本気!!半分の一様のジョークは置いて

            置きまして喉越しの良い麺類が一番と定番を、

            踏んでいた私だったのですが気そこで以前か

            らに成るお蕎麦屋さんが神戸市の須磨区に有

            ったのです・・・。

            此の様な店構えでお店のお名前の等も何も記

            されては居らず・・・。(・o・)」☆

             

             

            辛うじて・・・。此の様に平仮名で"そばや”

            と記されてあるだけなのです・・・。

            此の須磨区は、私に取っても思いれの場所で

            もあり今から約25年前にその頃は未だ私が大

            手製薬会社のMR(プロパー営業)だった頃に競

            合各製薬会社の若手営業達がお昼の休憩時間

            に屯していたお蕎麦屋さんがそこには有った

            のですが勿論、阪神・淡路大震災が起こる以

            前のお話しで我々製薬会社の営業の昼食時間

            帯と言えば、14:30~15:30位と成るので此

            の時間帯はお蕎麦屋さん等は支度中の時間と

            なる訳ですがその蕎麦屋さんのご主人と奥さ

            んは、そんは私達の為にお店を開けて下さっ

            て風邪を引いた時等は、栄養価の高い特別の

            裏メニュー等を作って下さっていたので色々

            と当時は、個人的にもお世話に成っていたの

            ですが私が製薬会社を退社した事に加えて阪

            神・淡路大震災が起こったりとして須磨区は、

            本当に縁遠く成ってしまっていたのですが、

            その様な経緯から以前から気に成っていたの

            です・・・。(・o・)」☆

             

             

            そこでこの辺りだと思う記憶を辿り向かったの

            が此方のお見せだったと言う訳なのです・・・。

            お店を覗いて見ると・・・。

            満員御礼で入店する事が出来ずお店の方の指示

            で外で暫らく待たせて貰う事にしたのです。

            (・o・)」☆

             

             

            暫らく待って漸く入店出来たのでお蕎麦注文させ

            て頂ました頂いたのですがお店には、私の知って

            いる店主のおじさんやおばさんの姿は無く厨房も

            含めて美人姉妹の様な美しいお姉さんがされてい

            ましたので上記に有った事をお店のその綺麗なお

            姉さんにお話して見たのですが此方のお店は開業

            から未だ10程で25年前の事は、分かりません。

            と言われてしまいました・・・。

            阪神・淡路大震災直後では、そのお蕎麦屋さんの

            家屋は倒壊や火災等はしていなく直ぐに営業を開

            始されたいたのですが・・・。

            まぁ~!!本日は、お初と言う事で此れ以上の聞き取

            りは止める事にしてお蕎麦が出て来るのを待ちま

            した・・・。(・o・)」☆

             

             

            此方では、夏季の間は温かいお蕎麦はされていない

            ので一番スタンダードなお蕎麦を頼みました薬味と

            秘伝のお塩を付けて頂くお蕎麦は何とも美味でした!!

            此れで¥950ですか少しお高いのかな・・・?

            とも思いましたが純国産の拘り材料を手間暇を掛け

            て作れている事を考えれば寧ろリーズナブルと言える

            のかも知れません・・・。(・o・)」☆

             

             

            〆には、程よいタイミングで蕎麦湯を出して頂け

            るのでエアコンえ冷やされた体が体内から程よく

            温まりますのでそれがとっても。好い感じなので

            す・・・。(^_-)-☆

            勿論、蕎麦汁と蕎麦湯のブレンドも絶妙で好い感

            じです・・・。

            お店は、衣掛庵昌さんでから気に成られたた方は、

            是非!!食べに行って見て下さいね・・・。(^_-)-☆

             


            | 1/18PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << December 2017 >>

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            search this site.

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM