☆男のロマンと任地!!の巻!!☆(鶉野飛行場編)☆

0

    ☆古来から。二兎を追う者は一兎をも得ず

    と言う事を言われて来ました・・・。

    此れは人の人生に於いても正に当てはまり

    ロマンや夢を追い求めるとそこに到達する

    迄の数々のリスクを同時に背負はなくては

    成りませんが、一般世論が認める目先の安

    定感である堅実性をを取れば逆に諦めなけ

    れば成りません。

    それが軍隊の中で戦前そして現代に於いて

    も引き継がれている様子を少しご案内致し

    ましょう!!(^O^)/☆

     

     

    此方は、兵庫県加西市にある姫路海軍航空隊

    鶉野飛行場の終戦時の航空写真ですが此処に

    旧海軍航空隊と旧陸軍の第15戦車連隊が駐屯

    し更に隣町の三木市に旧陸軍航空隊の飛行場

    が有った事はマニアの間では有名なお話しな

    ので此の事に尽いて特に私からは割愛させて

    頂きますがそもそも・・・。

    軍の人気の兵科(職種)は、どうして田舎に駐

    屯させるのか?

    また。その時代の若者達は兵科/職種について

    どう考えていたのか・・・?

    今回は、その辺りを考察して行きたいと思い

    ます・・・。(・o・)」☆

     

     

    此方は、旧海軍鶉野航空隊の兵舎ですが資料

    としても当時の建物が写っている写真は非常

    に珍しいのですが今も昔も一般男子が子供の

    頃から興味を持つのは、動物でも未だに象や

    麒麟が根強い人気を誇っている様に軍隊では、

    比較的大きな兵器である。戦車・戦艦/潜水艦

    ・戦闘機がます筆頭に上げられるでしよう!!

    それを証拠に。在日米軍反対運動を指導して

    いる某党の某団体幹部の方々でも空母の一般

    見学の時はに少年の様に目をウルウル。させ

    て楽しんでいますからねぇ~!!

    反対に。自分は軍に入って工兵(土木)や衛生

    に主計部へ行きたい!!と子供の頃から主張し

    ている子がもしいたとすればその方が怖いで

    す・・・。(-_-;)」☆

     

     

    此方は当時の営門と防火用水の溜池ですが、

    周辺の様子からも陸の孤島的な場所だった

    事が窺えますし現在でも夜になると此の辺

    りは暗い地域ですね・・・。

    そこで今も昔も男の子達が憧れた。戦車・

    戦艦/潜水艦・戦闘機等の基地や駐屯地は、

    全て街中にには存在せず人里離れた山や

    ローカルな港にしか存在しません。

    第一次産業の方には大変申し訳ないのです

    がいざ。と言う時に畑や田園依り矢張り産

    業圏で重要な施設と沢山の人口が居る都市

    部を防衛する事だともうのですが当時とし

    ても海軍がこんなに陸地深くに丘に上がる

    事はおかしいですし。当時は道も整備され

    ては居らずまた航続距離も短いチハ式戦車

    をこんな所に置いていても効率よく運用は、

    出来ず当時の陸軍も戦争を初めても未だ演

    習場に拘っていた所も軍幹部の疎かなとこ

    ろでは無いでしょうか・・・?(^_^;)」☆

     

     

    ですから。当時の若者達も現在の若人ももし

    入営・入隊した時に職種を選ぶのか?

    任地を優先するのか?で後々の人生が大きく

    左右されるのです・・・。

    もし。戦車や戦闘機の乗員の鞘腫を選べば

    陸の孤島へ送られしてしまい命に危険性の

    他にもう1つのリスクを背負わなければなり

    ません・・・。

    それは、異性である女性が超田舎には極めて

    少ない事でいても若い時に地元の女性達は街

    に就職して出て行きます。

    ですから。出会いがない!!故に。結婚出来な

    い!!だから家族も持てない!!と言った方も実際

    には居た様です・・・。(-_-;)」☆

     

     

    此方は、終戦時に此の場所に残っていた戦闘機

    の紫電ですが飛行可能な航空機は全て神奈川へ

    回航され戦車は、姫路から四国へ送られ土佐湾

    に自走で海没処分されています。

    まぁ~!!それでも日本男子たるもの夢をロマン

    を追い求めなければ結果的には悔いが残って

    しまうでしょうね!!

    それは、結婚や小火器を扱うライフルマンなら

    努力すれば個人の力らで何とかなると思います

    が特に日本国内では幾ら億万長者に成ったとし

    ても個人の力では、戦車も戦艦/潜水艦も戦闘機

    も絶対に可動するものは持てないですか

    らねぇ~・・・。

    エピローグとしましては、好きな事を最後迄遣

    り抜いた方が人生に於ける真の勝者!!と言える

    のかも知れません・・・。(^_^;)」☆

     


    ☆毒ガス仮面にしか見えないパーマン3号!!の巻!!☆

    0

      ☆パーマンと言えば今や誰でも知っている

      藤子不二雄先生の代表アニメ作品の1つで

      もあるの訳ですが先日資料等を整理してい

      ると秘密戦隊ゴレンジャーの敵方として登

      場する”毒ガス仮面・・・?!”と思える様な

      キャラクターを、発見してしまったので有

      りますぅ・・・。(・o・)」☆

       

       

      その毒ガス仮面はとは・・・。此方の方の

      事で我らがイーグル神奈川県川崎市に位置

      する関西支部を、毒ガスに依り全滅させた

      張本人でありまた此のマスクの状態では食

      べられもしない。カレーライスをスナック

      ゴンで注文だけして食べずに帰ってしまい

      ましたねぇ~!!(-_-;)」☆

       

       

      現在、明石の歴史サークル資料本の制作及びその

      準備で各、行政各所を廻っていたらこんな写真資

      料を見つけてしまったのですが失礼ながら。

      此の写真を最初に見た時には思わず笑ってしまい

      ました・・・。(^_^;)」☆

       

       

      此の写真が撮影されたのは1967s,(昭和42年)の

      事で此の方の当時に年齢を推定し此の時仮に5歳

      としても現在の実年齢はもう55歳位と言う事と

      成り軽く半世紀は、経過してしまっていますよ

      ねぇ~!!でも。ご本人は。パーマン3号のパー子

      のつもりなのだととは思うのですがどう見ても

      毒ガス仮面に見えてしまうのは私に限った事な

      のでしょうかねぇ~・・・。(^_^;)」☆

       

       

      此の時代は、パーマンの他にも東京ぼん太さん

      にスーパーマン等々を始め風呂敷マントが子供

      達に大流行した時代でしたのでお懐かしく思わ

      れた方は、お仲間ですよぉ~!!(^_-)-☆

      また。現在、地元も小冊子の作成為に仮称明石

      東播の歴史を探る会的なるものを準備中ですの

      でご興味がある方やご賛同頂けます方は、一度

      覗いて見て下さいませ・・・。☆<m(__)m>☆

       


      ☆謎のお蕎麦屋さんを発見致しましたぁ~!!の巻!!☆

      0

        ☆夏バテ気味の老体に鞭打って相変わらず

        外回りばかりの業務が立て続く中でどうし

        ても夏場は、食が進まないので毎年急激に

        やせ細り天体戦士サンレッドに登場するミ

        イラのカーメンマンの様に干乾びてしまい

        ますので高額なお金を払って迄ダイエット

        する人の気が知れません・・・。

        直ぐに痩せたいのなら・・・。今すぐサラ

        リーマンを止めて自営業等の事業を企業さ

        れれば・・・。あぁ!!と言う間に痩せられ

        ますよぉ~!!(^_^;)」☆

         

         

        間ぁ~!!本気!!半分の一様のジョークは置いて

        置きまして喉越しの良い麺類が一番と定番を、

        踏んでいた私だったのですが気そこで以前か

        らに成るお蕎麦屋さんが神戸市の須磨区に有

        ったのです・・・。

        此の様な店構えでお店のお名前の等も何も記

        されては居らず・・・。(・o・)」☆

         

         

        辛うじて・・・。此の様に平仮名で"そばや”

        と記されてあるだけなのです・・・。

        此の須磨区は、私に取っても思いれの場所で

        もあり今から約25年前にその頃は未だ私が大

        手製薬会社のMR(プロパー営業)だった頃に競

        合各製薬会社の若手営業達がお昼の休憩時間

        に屯していたお蕎麦屋さんがそこには有った

        のですが勿論、阪神・淡路大震災が起こる以

        前のお話しで我々製薬会社の営業の昼食時間

        帯と言えば、14:30~15:30位と成るので此

        の時間帯はお蕎麦屋さん等は支度中の時間と

        なる訳ですがその蕎麦屋さんのご主人と奥さ

        んは、そんは私達の為にお店を開けて下さっ

        て風邪を引いた時等は、栄養価の高い特別の

        裏メニュー等を作って下さっていたので色々

        と当時は、個人的にもお世話に成っていたの

        ですが私が製薬会社を退社した事に加えて阪

        神・淡路大震災が起こったりとして須磨区は、

        本当に縁遠く成ってしまっていたのですが、

        その様な経緯から以前から気に成っていたの

        です・・・。(・o・)」☆

         

         

        そこでこの辺りだと思う記憶を辿り向かったの

        が此方のお見せだったと言う訳なのです・・・。

        お店を覗いて見ると・・・。

        満員御礼で入店する事が出来ずお店の方の指示

        で外で暫らく待たせて貰う事にしたのです。

        (・o・)」☆

         

         

        暫らく待って漸く入店出来たのでお蕎麦注文させ

        て頂ました頂いたのですがお店には、私の知って

        いる店主のおじさんやおばさんの姿は無く厨房も

        含めて美人姉妹の様な美しいお姉さんがされてい

        ましたので上記に有った事をお店のその綺麗なお

        姉さんにお話して見たのですが此方のお店は開業

        から未だ10程で25年前の事は、分かりません。

        と言われてしまいました・・・。

        阪神・淡路大震災直後では、そのお蕎麦屋さんの

        家屋は倒壊や火災等はしていなく直ぐに営業を開

        始されたいたのですが・・・。

        まぁ~!!本日は、お初と言う事で此れ以上の聞き取

        りは止める事にしてお蕎麦が出て来るのを待ちま

        した・・・。(・o・)」☆

         

         

        此方では、夏季の間は温かいお蕎麦はされていない

        ので一番スタンダードなお蕎麦を頼みました薬味と

        秘伝のお塩を付けて頂くお蕎麦は何とも美味でした!!

        此れで¥950ですか少しお高いのかな・・・?

        とも思いましたが純国産の拘り材料を手間暇を掛け

        て作れている事を考えれば寧ろリーズナブルと言える

        のかも知れません・・・。(・o・)」☆

         

         

        〆には、程よいタイミングで蕎麦湯を出して頂け

        るのでエアコンえ冷やされた体が体内から程よく

        温まりますのでそれがとっても。好い感じなので

        す・・・。(^_-)-☆

        勿論、蕎麦汁と蕎麦湯のブレンドも絶妙で好い感

        じです・・・。

        お店は、衣掛庵昌さんでから気に成られたた方は、

        是非!!食べに行って見て下さいね・・・。(^_-)-☆

         


        ☆未だ!!現役を続けるファミリアの食器達の巻!!☆

        0

          ☆今更乍らなのですが・・・。

          ちょっと・・・。

          懐かしいかな・・・。

          と思うアイテムを今回は、発見し

          てしまいましたのでご紹介致しま

          すぅ!!(^_-)-☆

           

           

          それは、今年の4月迄NHKの朝ドラで放映

          もされていた。”べっぴんさん”で登場する

          キアリスの子供食器の当時もののオリジナ

          ルを発見致しました・・・。(・o・)」☆

           

           

          それが此方のお皿等ですが、此方は1960s,代後半

          の昭和42年に現在のオーナー様がご自身の娘さん

          の為にファミリアの神戸元町本店で買い求めたも

          のなのだそうですが、実に嫌味の無い素朴なかわ

          いらしさが表現されていると思います・・・。

          (^_-)-☆

           

           

          使用され続けてもう半世紀である50年以上も

          経過しているのに罅割れや色褪せ等も全くと

          言っても良い程の本物だけが許される非常に

          高いクオリティーが確認出来ます。(・o・)」☆

           

           

          背面にもこの様なカラフルで可愛いファミリア

          のロゴが入って降り製造元は、ノリタケなので
          当時から高いのは当たり前の話ですがこうして

          半世紀以上も使用し続ける事が出来るのは本物

          だけに許される王位の座ともいえましょう!!

          (・o・)」☆

           

           

          此方は、お茶碗ですが此方も非常に可愛い。

          デザインで此処迄綺麗に残ってくれていれ

          ば、親子共々嬉しいものですよね!!

          だから。こそ別に意味で此方のアイテムは、

          骨董屋泣かせなのですよ・・・。

          その理由は、女性は可愛いものと実用性の

          あるものがお好きなのでそこが直接生活感

          とは結びつかないものを好む男性は異なる

          点で従いまして現在も使い続けているもの

          は手放してくれない!!

          と言う事になり此方の食器もワンオーナー

          で70歳代のお母様と50歳代の娘さんとそ

          のお孫さんが今もご使用されているので幾

          ら高い見積もり額を提示させて頂いてもそ

          れはご自身の思い出を売る様なものですか

          ら到底無理なお話となってしまう訳ですよ

          ね・・・。(^_^;)」☆

           

           

          でも。此のシリーズ本当に可愛いでしょ・・・。

          繰り返し申し上げますが・・・。

          此れぇ~・・・。デットストック品ではないん

          ですよぉ~!!毎日、51年間使い続けても此の光沢

          をKeep!!し又、小傷や掛け等も全く見当たりま

          せん!!(゜o゜)」☆

           

           

          此の事で今回私も感じ取った事致しましては、

          若いお母様方を始め此れからご結婚されまた

          お子様も設けられる未来のお母さんになられ

          る方に少し申し上げたいのですがお子様には、

          食器等生活に密着しているアイテム等は、¥

          100均Shopさん等のものでは無く末代迄残る

          ものをセレクトして上げて下さい。

          人は、人生を全うする迄の間に様々な困難が、

          待ち受けているものですがそんな時に子供の

          頃、ご自分とそのお母様の思い出が心のより

          所となりまた人を思いやる気持ちのもてる人

          物・人格を健全に形成して行く一つの方法で

          もあると私は、経験や他の実績から確信をも

          っています・・・。

          事実。どんな人でも食事を取らな人はいない

          訳ですからその生命の源である食べ物を入れ

          る食器は、基本中に基本で補足的に申し上げ

          ますと・・・。

          お子様の食器をブランド品をご使用された。

          お母さんは、お子様が有名校へ進学し社会人

          として成功されたりまた、お母様ご自身も事

          業に成功されている等々の実際のデーターも

          揃っている位なので有りますよ・・・。

          (・o・)」☆

           


          ☆実は・・・。神戸にも遣って来ていたムスカ大佐!!の巻!!☆

          0

            ☆一般の探偵業者さんでは、浮気調査が、

            柱を構成する主な依頼業務と成っている

            処がスタンダードなのですが当社は少し

            特殊で特定某所からの救出の為の調査や

            文化庁や教育員会等からの遺跡の発掘調

            査なので出土品な等の調査もしている関

            係から色々探っていると面白い写真資料

            を発見したのです・・・。(・o・)」☆

             

             

            それは戦前に来日した外国人を検疫及び調査し

            た憲兵隊のリストでした・・・。

            リストの中には、外国の外交官や文官等の検挙

            の行い方等が鮮明に記されて降り、1941s,

            (昭和16年)にアーネスト・ウィリアム・ジェー

            ムス氏をスパイ容疑で大倉山分遣隊と第四管区

            大阪憲兵隊が取り調べをした事も記されてあり

            ましたが矢張り外国人に対しては可也の暴力で

            スパイ容疑を強要したのも事実であつたのかも

            知れない・・・。

            とだけ申し上げて置きましょう・・・。

            余り細かく詳細を書くと国際問題にも発展し兼

            ねないので止めておきます・・・。(-_-;)」☆

             

             

            併し。神戸は早く明治時代から欧米のスパイは、

            潜入して降り特に米国の諜報部員は日本が未だ

            造船技術も無い明治時代初期から潜り込まれて

            いましたが此れ等一番肝心要の諜報部員は当時

            の日本に憲兵隊や特攻警察は挙げられなかった

            為に直接関係のない外国人貿易商社の人達が犠

            牲と成っていました・・・。(-_-;)」☆

             

             

            当時のスパイ達が隠れ蓑にしていたのが教会で、

            いざと成った時に信者の方々が弾除けに成って

            くれ時間が稼げると言う考えと脱出の為と長距

            離通信が可能な障害物の無い海に面した場所に

            住居を持つ事が当時の各国スパイ達に取っての

            最もスタンダードなStyle!!でした・・・。

            (・o・)」☆

             

             

            某国特務のスパイと言えば、此方のムスカ大佐

            先ず念頭に浮かぶ処では無いでしょうか?

            日本の諜報機関で大物スパイを逮捕・死刑に処

            したのは、旧ソビエトのスパイであつたRichard

            Sorge,位であとは、見当違いの捜査の下各国の

            大物スパイに悉く逃げられてしまっています。

            此の時点でもう。戦争をする土俵には日本は上が

            れてもいなかったのです・・・。(-_-;)」☆

             

             

            お待たせ致しましたそれでは、お見せ致しま

            しょう!!此方が在りし日のムスカ大佐殿で有り

            ます・・・。

            ”ハァ~ハァハァハァ!!”馬鹿には丁度良い目眩

            ましだ!!見ろ!!人がゴミの様だぁ〜!!そうは思

            わんかね・・・。3分間だけ待ってやる!!”

            此の名セリフと言うのか・・・?

            よく似ていると思いませんかぁ~?!

            結論から言えば、勿論別人なのですが此の時代

            に黒のスーツのサングラスと言えばもう秘密工

            作員としか思えないStyle!!ですよねぇ~?!

            此処では、此れ以上は余り詳しくは記しません

            が実は、情報って意外な処から漏れているもの

            だったんですよね・・・。(^_^;)」☆

             

            つづく・・・。かも・・・。

             


            | 1/17PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << September 2017 >>

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            search this site.

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM