☆日曜日気分癒しのお姉さんアニーの正体とは?の巻!!☆

0

    ☆75s,(昭和50年)には子供番組である特撮界

    にも当時家庭でのチャンネル権を持つお父さん

    を引き込む為に”パンチラ!!💛”等のお色気シー

    ンがスタンダード化し始めますがその集大成と

    言うのか定着型完成系と言えば1984s,(昭和59

    年)にテレビ放映された宇宙刑事シャイダーを

    外す事は出来ないでしょう!!(^_-)-☆

     

     

    その火付け役と成ったのがシャイダーのパートナー

    宇宙刑事で有りフーマに滅ぼされた惑星・マウント

    星出身の女性を演じられた森永奈緒美さんですよね!!

    (^_-)-☆

     

     

    コスチュームはウエスタンが基本で織り込み済み

    のパンチラ演出が上手く出来る様にミニスカート

    が仕込まれていました・・・。(^_^;)」☆

     

     

    従いまして此の時期を持ってヒーロー目当てなのか?

    ヒロイン目当てなのか?世代に依って二分化して行き

    ましたが強くて可愛いと言う新しい分野が開かれて

    行った事に間違いは有りませんでした。(・o・)」☆

     

     

    ついつい見逃してしまいそうなところですがDetail

    を改めてよく確認して見ると・・・。

    HardなAction!!を行う時には足下のシューズが変更

    されWestern Boots!!等からSports Shoes!!に変更

    されている事が確認出来ますね・・・。(・o・)」☆

     

     

    この様に当時は毎回、回を追う事に激しいAction!!

    と共にEros!!的要素のSexy!!💛Shot!!Scene!!が、

    増加して行き当時のNHK児童向け情報バラエティー

    番組だった”600 こちら情報部”でも紹介されまし

    たが流石に此方のパンチラシーンは上手く編集さ

    れてCut!!されてはいたものの当時のNHK等が民放

    他局の特撮ヒロインの映像を流す事は極めて異例

    の事でした・・・。(・o・)」☆

     

     

    長くなるので次回アニーVol,2からお色気Sexy!!

    Zone!!💛💛💛!!への御子様にはお見せ出来ない

    大人の事情のアニー事。森永奈緒美さんをご紹

    介して参りますのでお楽しみに!!と言う事で・

    ・・。☆m(__)m☆

     


    ☆昭和Eros!!の象徴。回転ベットの軌跡!!の巻!!☆

    0

      ☆平成生まれのお若い方なら。回転ベット

      って・・・。聞いてもそれが何なのか?

      もまたそれが性的なSituation!!を生み出

      していたのものとは。理解出来ない事で

      しょう!!今回はそんな昭和の大人のお話し

      で有ります。(^_^;)」☆

       

       

      そもそも回転ベットと言うものは、日本の

      店舗型性風俗特殊営業を行う施設詰りは、

      ラブホテルに設置された集客力を上げる為

      の1つのアイテムであり1960s,代後半に登

      場し全盛期は1974s,(昭和49年)の現在も営

      業を継続されている目黒エンペラーさんが、

      導入した事で全国に広まったとされていま

      す・・・。(・o・)」☆

       

       

      当時のTVドラマや映画等ではよく撮影現場

      としても使用され小中学生でもその存在は

      知っている位有名且つ話題性は高まり情報

      番組で有ったテレビ三面記事WEEKENDER!!

      の事件の再現ドラマでは略、お約束の💛ラブ

      ・アイテム的存在でした・・・。(^_^;)」☆

       

       

      回転ベットの本来のコンセプトしては側面や

      天井部に貼り巡らされた巨大なミラー群との

      組み合わせが不可欠でしたが法規制に依る3年

      に一度の改修の際等に先ずミラーから撤去さ

      れ回転ベットのみ無可動状態で設置されてい

      るところが大半でした・・・。(^_^;)」☆

       

       

      最も人気が高まったのは。1980s.(昭和55年)頃

      と記憶していますが、1984s,(昭和59年)の風営

      法改正で、回転ベッドや1平方メートル以上の鏡

      などがある施設は「ラブホテル」(店舗型性風俗

      特殊営業)と定義され18歳未満の利用や学校や公

      園病院周辺での営業が禁止された事に受け風営法

      を管轄する警察の監督下に入ることを嫌った経営

      者の大半は回転ベッドや鏡を撤去し旅館業法(厚

      労省管轄)上の「旅館」として届け出でた事が記

      されています。(・o・)」☆

       

       

      S/Wはこの様な感じで右回転。左回転。停止。

      のボタンは付いていて操作は至って簡単でし

      したね・・・。(^_-)-☆

       

       

      まぁ~!!法的な小難しい事は抜きと致しまして。

      回転ベットが昭和の歴史と共に消えて行った理由

      は矢張り。User Nies!!が合わなく成って来た為、

      であり。逆に言えば何の為に此の回転ベットは、

      誕生したのか?のコンセプトを考えれば簡単です。

      (・o・)」☆

       

       

      普通に考えて見れば、そういうマニア癖の有る

      方以外は自分達の姿を見たい訳が有りません。

      アダルトビデオ等が見れるのは知らない人が

      出演していてこそでしょう!!

      それが知っている人が映っていればドン引き

      でしょう?!(-_-;)」☆

      従いまして此れは、今ではセクハラ発言と成っ

      てしまうのですが男性為のアイテムだったの

      ですと言うのも昭和の一般女性達(当時の若い

      女性)は、顔を見られるだけでも照れてしまっ

      ていましたのでそれが全部写るとなると・・・。

      まぁ~!!大人のお花しですがそう言う事なのです。

      (#^.^#)」☆

       

       

      それが平成の時代に成れば女性の生活環境や

      考え方等もガラッと。変わってしまいこの様

      なものが受け入れられなく成ってしまった事

      にはお分り頂けるのではないでしょうか?

      (・o・)」☆

       

      それに此の時代で有る80s,代は、ラブホテル

      ・回転ベット・そして何故か?セーラー服が、

      風俗業の象徴の様に位置付けていました。

      (・o・)」☆

       

       

      リビアの指導者だったカダフィー大佐も、日本

      から輸入した回転ベッドの愛好家だったことが、

      知られていますがそんな回転ベットも1985s,

      (昭和60年)に更なる法改正により新たに設置

      する事が出来なく成り今ではアニメの世界の中

      でのお話しと成りつつある様です・・・。

      でも。1985s.(昭和60年)以前に設置されたもの

      であれば現在も若干数存在する様で大学生等も

      学術的意味合いのもと。論文作成の取材に行っ

      たりもされていますので残っている今のうちに

      一度確認されて見るのも歴史社会勉強の一環と

      成るかも知れませんよ・・・。(^_-)-☆

       


      ☆女のEros!!と武器?!の巻!!☆

      0
        ☆女のEros!!と言っても結論から先に
        申し上げれば1980s,代位迄のそれら、
        多くの画像や動画等は事実とは異なっ
        た昭和男性の理想論や男性から見た一
        方的な空想の世界を当時のモデルさん
        や女優さんに演技させていた言わば偽
        りの世界だった訳ですね・・・。
        (^_^;)」☆



        日本の近代アートEros!!の原点は古来から
        存在する春画的要素のものでは無く飽く迄
        も西洋アートとして戦後の進駐軍(米軍)と
        共に入って来たものですから昭和一桁生ま
        れの男性の方々も公の場で最初に見た女性
        の裸体写真は此れ等米兵に依って持ち込ま
        れた写真等からですからそれ等は当初全て
        白人女性のものばかりでした。(^_^;)」☆



        又、1960s,~1970s,代に掛けてはマカロニ
        ウエスタン映画等が世界的に大ブームと成り
        裸体の白人女性のモデルさんにウエスタンな
        2丁拳銃とガンベルトを見に着けたアート的
        ヌードパネルが日本国内でも流行し喫茶店や
        BARにゲームセンター等々の主に男性の出入
        りする公衆の場に設置して有りました。
        (・o・)」☆



        寺沢武一先生の描く、漫画・コブラ等に登場
        する美しい白人女性等の各キャラクター等は、
        此の時代のEros!!art!!の影響を強く感じます。
        (・o・)」☆



        昭和のEros!!とは?基本見えない事が、
        Standard!!とされていましたから、
        此の時代の男性達が女性の性を感じ取
        っていたのは背中でした。
        私も子供の頃、当時の大人達がよく話
        していた事を記憶していますが此れは、
        成人男性も女性も同じ意見を持ってい
        ましたが、”あの子(女性)は、背中が綺
        麗ので美人!だとか、反対に背中が汚い
        のでダメだ!”とか今から考えて見れば特
        に根拠の無い様な議題を真剣に議論し合
        っていました・・・。(-_-;)」☆



        今回の画像は、米国で撮影されたものでは、
        なく仏蘭西の出版社が1960s,代に同国のス
        タジオで撮影されたものですからガンベル
        トもオリジナルではなく又、手にしている
        銃自体もS&W系を模した銃を使用していま
        すので時代背景がちぐはぐな所も如何にに
        もフランス人らしいとも言えますね・・・。
        (-_-;)」☆



        60s,~70s,代の”誘う女の視線とは?”
        大体こんな感じで当時のサントリー
        等のお酒の景品ポスターパネルやコ
        ースターや何故か?男性化粧品のPOP
        等々にも此れ等が使用されていました。
        又、日本人のセミヌードモデルさん達
        が本格的に登場するのは白人女性体型
        に近付いて来る1980s,以降の事ですが、
        日本人女性が色目目線を使うとアート
        性は損なわれてしまうのでそれは現在
        でも白人女性を起用されています。
        (・o・)」☆

        ☆Eros français pour inviter!!の巻!!☆

        0
          ☆誘うFranceのEros!!とは?
          淡いColor&SharpなBodylineを、
          有する女性の姿がヨーロッパで
          流行していたのは1950s~1980s,
          の事で有りました。(・o・)」☆



          此方は、Franceの”エロ本”に相当する男性誌
          出は有りますが第二次世界大戦後も朝鮮戦争
          やベトナム戦争の数々の戦争や紛争に参加を、
          自らの自国が繰り返して来た米国では戦地の
          若い男性兵士を慰める目的でスタートされた
          ”PLAYBOY誌”ではエロネタが勿論の事スタン
          ダードとされていましたが名目上、一旦戦い
          には終止符が付いたヨーロッパに於いては、
          男性の性処理的な内容のものは極力抑え女性
          でも見る事の出来るファション性を高めたも
          のがヨーロッパ各国では発刊されていました。
          因みに、米国の”PLAYBOY誌”が政治やScience
          記事等の一般記事が本格的に記載される様に
          成るのはベトナム戦争終結後の80s,代に入って
          からの事でした・・・。(・_・;)」☆



          此方の画像は、そんなFrance!!のエロ本的存在の
          ”LE MAGAZINE DE L'HOMME MODERNE lui”
          で1966s,(昭和41年)に発刊されたものですが、
          Fashion!!的感性からもPLAYBOY誌とは内容の
          大きく引き離されていました・・・。(-_-;)」☆
          併し、当時の日本ではヨーロッパからの荷物を、
          引く事は高いレートと言う壁に狭間れ80s,代後半
          位迄の間は、鎖国状態と化していましたので此方
          の雑誌を知っていた当時の日本人の方は本当に極
          少数に過ぎませんでした。(^_^;)」☆



          60s,~80s,に掛けて欧米で流行した女性達のHair
          Colorは、”BLACK Color!!”だったので当時は日本
          人の憧れでも有ったBlond Hair!!を欧米では隠すべ
          く?BLACK HAIR!!のウエッグが流行したものでし
          たね・・・。(^_^;)」☆



          単なるエロ本をアートに変えてしまうFrance!!
          の技術は本当に凄いなぁ~!!と感じますよね!!
          当時は、全て水銀フィルムでの撮影だったので
          影と成るBLAC KTONEが重要視され光の強弱を、
          利用して立体化演出されていました。(・o・)」☆



          この頃の欧米の女性の下着であるランジェリー
          Color!!やデザインは多種多様のバリエーション
          が有り勿論Fashion!!化が充実していたに対して
          我が国日本に於いては、未だ明治人女性達が若い
          女性達にも鋭い眼を光らせていたので身に着ける
          下着は全て年齢に拘わらず”純白の白!!である!!”
          とされていたので国内需要も殆ど無く此の時代は、
          少しでも色ものの下着を身に着けていると世間か
          ら不純異性行為を常習している?”娼婦?!”と言う
          烙印を貼られてしまいましたから大手女性下着
          メーカーであるワコールさんのラインナップも
          白と言うものStandard!!なお話しでしたが、
          因みに、此の時代にテスト用サンプルのImport
          物のランジェリーも極少量入って来ていましたが、
          何れも日本人女性達の体形には適合せず需要は、
          殆ど有りませでした。(・o・)」☆



          私は女性に成りたかった訳でもないのにどうして。
          女性の特有のディープな部分を知っているのか?
          と言う疑問が記事をお読み頂いた方には沸いて
          来たかも知れませんね!!
          それは、未だ私が幼い頃には未だ米軍基地や施設
          等が本土の至る処に多数点在して降り私は父仕事
          の関係で良く米兵の出はいりするBAR等で行われる
          ポールダンサーの当時のお姉さんの楽屋でお菓子や
          ジュースを貰っていましたので大人の欧米人女性の
          の裸と日本人女性の裸や下着等の違いを目の前にし
          て見てまたダンサーのお姉さんから色々お話しを聞
          いてましたので普通で有れば自分も何時の間にか?
          女性化してしまいそうなものなのかも知れませんが、
          当時の私は、子供心に”女はこんなも面倒くさいもの
          を身に付けなければならいのか!?女には絶対成りた
          くない!!”とダンサーのお姉さん達に叫んで逃げて
          降りました。今に成って思い返せば、ポールダンサー
          のお姉さんに”僕可愛いから女の子になったら?”
          と言われていなければ別の人生を歩んでいたのかも・
          知れませんね・・・。ぞぉ~!!(-_-;)」☆

          第二章へと。つづく・・・。

          ☆梶芽衣子のお腰を蒸着?!の巻!!☆

          0
            ☆梶芽衣子さんの記事については以前にも
            ご紹介していますが今回は新たな新事実が、
            又もや発見致しましたのでご紹介して参り
            ましょう!!(^O^)/☆



            時代劇にご主演される女優さん方は着物
            の着付けをする際に自然なシルエットを、
            見せる為にノーブラで有る事は以前にも
            ご紹介致しましたよね。(^_-)-☆
            只、例外的だったのは昭和時代後期の10代
            の女性アイドルだけは見えない処で有っても。
            イメージの問題で事務所サイドから支持を、
            受け和装ブラジャーを着用していました。
            後、胸の大きい方は現在の様に巨乳ブーム
            は殆ど無く昭和中期頃迄にお生まれの日本人
            女性は現在依りも出産も早く皆さん巨乳
            だった為に胸が大きいと老けて見える為に、
            晒等でバストを潰したりしていましたよ。
            (・o・)」☆



            時代劇でも現代劇でも過去も現在もこの方程、
            武器の似会う日本人女性い無いのではないか?
            と思うほど・・・。
            Violence!!がお似合いでドラマや映画等の劇中
            でこの方の手に掛かってあの世に送られた俳優
            さんは数知れず?と思いますが桃太郎侍や必殺
            仕事人さん依りは殺しを請負いはしていないの
            でイメージとは怖いものです。(-_-;)」☆



            お若い時も勿論お綺麗な方でしたが現在も、
            大変魅力的な女優さんなのですが1965s,
            (昭和40年)のデビュー以来確か?
            一度もご結婚をされていないのでお子様も
            無く謎が謎呼ぶキャラクターの方です。(^_^;)」☆



            さて、此処からは折角なので日本の和装下着
            についてご説明致しましょう!!☆\(^o^)/☆
            先ず我々日本人の原点である倭の国では、
            下着を穿いて身に着けると言う様な習慣は、
            ありませんでした。(・o・)」☆
            併しながら、後に日常生活する上で作業等の
            効率を上げる為に男性の褌や女性のお腰が、
            開発されて行きます。
            日本人は元々農耕民族なので田畑を開拓しな
            ければ成らない為、力仕事をする男性にとっ
            は男性器を固定する為に考えだ出されたもの
            で反対に女性の場合は外に露出をしない内性
            器を持って要る為に固定すると言うコンセプ
            トが必要ない為代りに来ている着物を汚さな
            様に腰巻が開発され赤紅で染められているの
            は後々の”色物”とは関係は無く赤く染める事
            で洗剤の無い時代に繰り返し使用しても汚れ
            を目立ち難くする為でした。(・o・)」☆



            Wikipedia,等で検索してもお腰の分かり易い
            説明は無いのにも拘わらずアクションフィギ
            ュアにて具現化し更にその取り付け方迄細部
            を詳しく説明されているものが過去に発売さ
            れていた事には驚かされます。(・o・)」☆
            それが此方なの梶芽衣子さんのフィギュアだ
            ったんですね。ですからこのフィギュアは、
            パンティーを穿いていないですよぉ~っ!!
            (^_-)-☆



            お顔の表情もゴルゴ13も唸らせる様な実にクール
            で鋭い眼光でがよく再現されていますね!!
            付属しているお着物も当時梶さんが着用されてい
            たものを上手くコディネートされ本物と同じ様に
            着せて"蒸着!!”が楽しめますがその時のタイムは、
            幾ら急いでも。,0,05秒では不可能でした。
            (^_^;)」☆



            更にこのフィギュアの凄い処は量産品である
            ある事にも拘わらず呼吸さえしているかの様
            な表情に有りHit Woman!!の息遣いが伝わっ
            て来るかの様ですね・・・。(^_^;)」☆



            此方が、”お腰”である腰巻の解説マニアルの一部
            でありますがこの様に相当詳しく分かり易く解説
            されて降りFashion Design,等を選択された学生
            さんや講師の方々には教材としても十分役割を果
            してくれるのではないでしょうか?
            お腰の話は、私も子供の頃によく明治生まれの祖
            母から慶応生まれの曽祖母達の話もよく聞いてい
            ましたので実際に日本人が下着を穿くと言う行為
            が一般化されて来るのは敗戦を迎えた1945s,
            (昭和20年)以降の事で男女を問わず現在の様な
            西洋下着は進駐軍であるAmerica,の物資から日本
            に入って来ましたので戦前生まれの日本人は下着
            を穿くと言う習慣が無かった事でパンツ・パンティー
            は矢張り男女共に当初は敬遠されててしまう存在
            でありました。(-_-;)」☆



            此方は、付属にあるリーフレットでも紹介され
            ているショットで勿論、梶芽衣子さんも御公認
            のアクションフィギュアでしたが残念ながら、
            現在で絶版品と成ってしまい再版予定も無い品
            で更にFrance!!等を中心とした熱い日本の時代
            劇ファンの方やコレクターの方々が日本人の方
            依りも躍起に成って探されいますので見掛けら
            た際には必ずチェックを必要とするアイテムか
            も。知れませんよ。(^_-)-☆


            | 1/2PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << June 2017 >>

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            search this site.

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM