☆女性と鋏の使い方について・・・。の巻!!☆

0

    ☆最近のエントリー記事の中で女性の方々

    から誤解を受けて敵に回してしまいそうな

    内容のものが増えている様に思われる方も

    あるのでは・・・?

    と思いますがそれだけ今は男性の方々が女

    性の事でお困りの方も多く今や女性は法的

    には弱者ではなく寧ろ男性の方が性的な保

    護制度も略、一切なく弱者と成ってしまっ

    ているのは男性の方だど言えるのです。

    その為家庭裁判所等で裁判所が下す結論と

    しては比較的女性に軍配が上がる可能性が、

    高い為、大変申し上げ難い事ではあります

    が我々調査業者も弁護士も男性の依頼者依

    りも女性の依頼者との契約を受けた方が、

    成功報酬の関係上、ビジネス的には女性の

    方が有利と思われている方も居られるのが

    現状と言えるのかも知れません・・・。

    (・o・)」☆

     

     

    と言うのも昨日も業務の関係でと或る場所に

    赴いた時にそこで初対面の男性から自分には、

    離婚歴が有りそれで全てを失ってしまった。

    と言う内容の話のカミングアウトを受けまし

    たが此れは、自身の悲しみや苦しみを誰かに

    共有し精神的ストレスを分散したいと言う男

    性特有の弱さが此の行動に出て来ています。

    反対に女性の場合は、離婚等自ら新しい出会

    いを本能的に常に求める為、次の行動に対し

    て不利益となる様な事は他人に対し口に致し

    ません。

    自らの汚点や失敗談を話す事をするのは、無

    意識ではあるものの。それは同じ同性の女性

    でも自分依りも劣っていると心のどこかで思

    っている女性ですのでもし。”私離婚したとか

    彼氏と分かれた!!”何て内容の事をカミングア

    ウトされたとすれば、それは貴方がそ方には

    見下げられている可能性が非常に高いとも言

    えます。

    事実。女性の心境としては不安要素のあるも

    のを自分よりも力のある女性や自分と略同等

    の力関係にある同性である女性には、自身の

    不利になる様な事を絶対にカミングアウトは

    致しません・・・。

    万が一不具合が発生した時にも抑え込みの効

    く人にしか話しません・・・。(・o・)」☆

     

     

    そこで私が半世紀以上も国内外の女性達を見て

    来て感じた事は、女性とは”人生に於ける刃物!!”

    と言う言い方も出来るのではないかと思います

    表現は、適切では有りませんが上手く使えば様

    々なものを作り出しまた生み出し。

    そして社会や生活を豊かにしてくれる便利なツ

    ール鋏等を始めとする刃物と言えますが併し。

    一度使い方を誤ってしまうと他人だけでは無く

    自らも破滅してしまうと言うのが女性とも言え

    ます。

    私は、公職管理職の方でも事件性はないものの

    此れで精神的失脚されてしまった方々を数多く

    公民共に見て来ました・・・。(^_^;)」☆

     

     

    今此処で此れを申し上げてしまう事は問題なのか?

    も知れませんが健全な男女の関係であるご夫婦の

    関係を構築維持するには矢張り心身の成長過程の

    ある時期に恋愛をし結婚出産をされていないとそ

    の後には必ず何等かの障害を齎しているのも事実

    です・・・。

    ですから女性の方には失礼かとは思いますが私の

    経験した案件を分かり易く表現すると結婚とは、

    今の男性に取っては、鞘のない出刃包丁を裸で懐

    に入れて足元の悪く何が起こるのか?が分からない

    暗闇の”人生街道を駆け足で走り抜く?!”様なもの

    とも言えるのかも知れませんね・・・。(-_-;)」☆

    また、女性もそれだけ男性を必要としなく成って

    来ているのでしょうね・・・。(-_-;)」☆

     

     

    よくご依頼主様から。”法的にはそうであっても

    人間的にはどうなんですか?!”と人としての倫理

    観を問われ主張される方がいらっしゃますが、

    私も一男性なので個人的には男性に味方をして

    あげたいな?と思う事も有りますがどんなに腕利

    きの弁護士の先生をご紹介させて頂いても法律を、

    曲げる事は出来ないのです・・・。(-_-;)」☆

     

     

    昔から。美しいものには刺がある。触らぬ神に

    祟り無し!!と言う諺こそ女性の扱いに注意せよ!!

    と言う戒めの様に思います。

    それと。此処でアドバイスさせて頂きます重要

    な綱目として離婚をされた男性の殆どの方が、

    転職や更には、趣味や生活感もやけになって。

    一旦リセットされる方が多くその後生活や精神

    面が落ち着いた時に。皆さん仰る事は、”どうせ

    離婚するなら。辞めなければよかった。捨てな

    ければよかった。”等と後々悔やまれている方も

    多いのでそこは、法律と同等に考えて頂き本件

    に直接的に関係の無い物は焼けお起こさず持っ

    て置いて下さい。転職したりものを捨てたり辞

    めたりする事は何時でも出来ます。

    早まった事をして見ても分かれる事を決意した

    女性にとっては、幾ら何十年連れ添っていたと

    しても情け容赦は有りませんから泣き落としも

    効果は望めません。

    情けが未だ残っている様なら分かれる様な行動

    は取らない訳ですから分かり易いですよね・・・。

    それでも。問題が解決出来ない時には一人で悩

    まずお気軽にご連絡を・・・。

    当、GEKKO!!は、そんな駆け込み寺的存在な

    のです・・・☆<m(__)m>☆

     


    ☆人の復縁は基本的に成立しない!!の巻!!☆

    0

      ☆男女関係の復縁のお話しは此れ迄にも

      何度かご紹介して参りましたが最近では、

      男性の方が元奥様との復縁の事に関する

      お問い合わせアドバイスを多く求められ

      る事が有りますので此処で再度ご説明さ

      さて頂きます。(・o・)」☆

       

       

      その前に先ず冒頭でご案内させて頂きます

      事項としまして探偵・興信・調査業の中に

      人間関係に於ける別れさせ業やその反対の

      復縁等の業務は無くまた、此れ等の行為を、

      行う事は探偵業法で禁止されて降りますの

      で従いまして調査業者が請け負う事は出来

      ません・・・。(・o・)」☆

      それに・・・。抑々男性依りも愛情が一度

      無くなってしまった女性の気持ちを再び復

      活させる事は先ず不可能でまた、男性の方

      でも分かれると言う事は悪い言い方で言え

      ば相手に対する裏切りとなりますので人は、

      男女に関わらず一度裏切った人間の事はも

      う二度と信用は致しませんので、極論から

      先に申しますと。

      復縁を考える依り双方共に新しいパートナ

      ーを見つける事が賢明な措置といえるので

      す・・・。(^_^;)」☆

       

       

      そんな中、復縁を求められる方の大半は、矢張

      り圧倒的男性が多く女性が復縁を求める時は、

      その殆どのケースが生活費のカバーに依る金銭

      面である事が多く見られますので仮に復縁が成

      功したとしても悪く言えばそれはお金と復縁し

      ただけの事でありまた、お金の切れ目が縁の切

      れ目と成ってしまいます。

      男性の場合は、気持が薄れていってもパートナ

      ーに対して良い処を探しそれを精神的に拡張さ

      せポジティブに持って行こうとしまうが、女性

      は違います。(-_-;)」☆

       

       

      女性の愛情を分かり易く表現するならば・・・。

      言わば食事ですね・・・。

      女性の愛情を食べ物で表現すれば例えば、

      ”此れ美味しい!!”と思ったらそれが例え腐り掛け

      の食べ物で有ったとしても飽きる迄食べ続けそれ

      がある日突然飽きて嫌いになる!!

      それが別れ際と言う事になる訳です。(・o・)」☆

       

       

      ですから。一度女性がパートナーである男性に

      対して愛情が無くなってしまうと幾ら人生経験

      が豊富で悟りを開かれた僧侶や牧師さんの説得

      にも心の耳は仮想とは致しません。

      それが良く分かるの大震災等の時によく分かり

      ますそれは、阪神淡路大震災の時には離婚して

      既に10数年を経過している方でも元奥様を探し

      飲料水や食料をバイクに積載し届けたと言う事

      例が多々ありました。

      それもその届ける男性には、再婚し新しい奥様

      との間にまた新しお子様を儲けられているのに

      も関わらずです。

      併し。女性が同じ事をしたと言う実例勿論話し

      ですら私は聞いた事が有りません。

      此の事を持ってしても女性の愛情とは一度消え

      てしまうと復元する事は出来ない事を物語って

      いるのです・・・。(・_・;)」☆

       

       

      では、女性のパートナーの方の愛情が無くなっ

      てしまった時にはどの様に対応すれば良いか?

      と言えば中々気持ちの整理が付かないとは思い

      まうすがそれは双方ともに新たに新しいパート

      ナーを探す事が極論と成ります。

      此の動作を早めに行わなければ男性の場合は、

      仕事や趣味等の他のArea!!にも支障が出て此れ

      等の一部もパートナーと共に失うケースも多く

      最悪の事態とも成ればそれ等が憎しみえと変化

      して軈ては憎しみと変化し事件・事故へ発展し

      て行く事も少なくは有りません。(・o・)」☆

       

       

      ですから。長く夫婦生活が続けられる事とは。

      恋愛している時代を含め双方共に・・・。

      ”そんなには、好きではないが嫌いでもない。”

      と言う方が一番人としての成功と幸せを掴まれ

      ている様ですよ・・・。(^_^;)」☆

       


      ☆女性から一生涯愛し続ける方法とは?の巻!!☆

      0

        ☆極論から先に申し上げますと・・・・

        一生涯男性が女性に愛し続けられる事何て

        有りはしません!!

        もし。それがある!!と言われる方はストーカー

        に非常に近い状態と考えられそれは精神的疾患

        として家庭内で他の家族に悪影響が及んでいる

        ケースも少なくは有りません。(-_-;)」☆

         

         

        ご主人に対して余りにも愛情が有り過ぎると。

        それは今度は、不安に変化し心が段々と病んで

        来る為にそれが実際には有り得ない事が現実に

        起きているかの様な心の幻覚として表れて来ま

        すが此処迄は、男女共通の事であります。

        此れだけの内容でもし浮気調査等を確りとした

        カウンセリング無しで浮気調査を引き受ける

        業者は単に儲け主義の業者とも言えるでしょう?

        確かに。依頼者が調査項目として依頼した報告

        書を提出すれば商談契約義務は果たすので問題

        はない?と言う話しですが調査とも成れば、1~

        2万円で出来るものは無いので多額の出費は、

        依頼者の家庭や生活の別のストレスと成ってし

        まいます。

        此処で少し探偵業者の裏話を致しますと依頼者

        様が事務所等で調査業者に相談に行った時点で

        もう経験のあるプロの調査会社の担当者はもう

        結論が出ています。

        その理由として挙げられのは、全ての業者では、

        有りませんが自らもその経験者であるからです。

        相談に行ってじゃ〜一度調べて見ましょうか?

        と言われたらもう。実はもう結果は出ているの

        です。業者としては結果がどちらで有っても調

        査費用は、依頼者様から頂く訳ですからね。

        (-_-;)」☆

         

         

        家庭のトラブルの決定的なものとしては、奥様

        詰りは女性がご主人である男性に愛情を持てなく

        なる事と更にその逆である過剰な愛情が各トラブ

        ルを引き起こしています。

        冒頭でもご説明致しました様に一般女性が一生涯

        愛し続ける事が出来るのは、自らの細胞から分裂

        した詰りお子様だけで更に言えばそのお子様の中

        でも異性に当たる男の子なのです。

        ですから。女性が此の世で一番愛している異性の

        男性は自らが生んだ男子のお子様と言う事なので

        元々自らの身体とは別の細胞から成り立つ彼氏や

        ご主人様は或る意味母性本能を成立する為のツー

        ルに過ぎないのかも知れません。

        少し問題発言とは成ってしまうのかも知れません

        が女性の中で男の子をご出産しておられない方は、

        本当の意味での愛する異性である男性に会えては、

        いないのかも知れません・・・。(-_-;)」☆

         

         

        対する男性は、自分の娘に愛情を求めるのではなく

        常に母の愛を求めます。

        ですから此処で心の歪が生じるのです上記で述べた様

        に女性は飽く迄も自らの方だから生まれ落ちた男性を

        愛しますからご主人は、自らの分身ではないのです。

        男性は、老いて行く実母の替わりを本能的に求めて行

        くので此の双方の心の歪みが浮気へと発展して行くの

        です・・・。(・o・)」☆

         

         

        以上の事が女性の本能的根源があるので女性は、

        言葉でのDVでご主人や親族の方等にも滅多刺し

        するのですよ・・・。

        男性は、費用面的には女性依りも大人でうがそ

        の核となる心の内部は年齢に拘わらず母性愛を、

        受けて居なければパニックになってしまいます。

        その時にDVと成って噴火するのです。(・o・)」☆

         

         

        大學等で難し心理学・医学・人類学・統計学等と数学

        的な根拠を求めなくとも私達の様な場数を踏んだプロ

        の業者に成れば皆分かっている最もスタンダードな事

        の1つでもあるのです・・・。(・o・)」☆

         

         

        纏めますと・・・。冒頭から繰り返し申し上げて

        降ります様に基本的には男性が女性に愛し続けて

        貰う事は、人間と言う依りは生命体として不成立

        なものですので諦めましょう!!

        ご主人とは。奥様から本能的に見れば所詮は他の

        女性から生まれた他人に過ぎないので男性はその

        事を確り噛締めて置かなければトラブルは尽きな

        いのです・・・。

        でも。自分は誰からも愛されて居ない!!と思われ

        ている男性も一度は、母親と言う女性に皆さん愛

        されてはいる訳ですから同世代の方前向きに残り

        の人生歩いて行きましょう!!(^O^)/☆

         


        ☆電話の無い家の巻!!☆

        0

          ☆現在、放映さている朝ドラひょっこを、

          見ていると主人公の谷田部みね子の実家

          は少しローカルな事から自宅に電話が無

          いのかな・・・?

          と思い見ていましたがそれを私の子供の

          頃に置き換えて考え思い出して見たら確

          かに居ましたよ・・・。

          自宅に電話のない同級生等のお宅が・・

          ・・。(^_^;)」☆

           

           

          私が育った地域は、海際の神戸市内や明石市

          や大阪地域でしたので日本国内では第2番目

          の都市でしたから戦前から自宅の固定電話が、

          あったお宅は多かったのですが1970s,代で

          ある昭和40年代に入っても自宅に電話が引

          けないお宅が有りました・・・。

          (-_-;)」☆

           

           

          勝手な思い込みですが、谷田部みね子の

          実家に固定電話が引けないのは単に少し

          集落から一軒だけ飛び地の様に離れてい

          るので高額な工事費の問題が考えあれま

          すが失礼乍ら。神戸市内の街中等で電話

          が引けないご家庭の理由は母子家庭で子

          沢山のご家庭でした。

          なのでその子の家に学校から連絡する時

          には、同じクラスの一番近い家の子の自

          宅の電話番号が記されていました。

          当時は、現在依りも母子家庭の福祉等の

          保護制度が未だ整備されていませでした

          ので長女・長男等の順番から中学を卒業

          すると進学も出来ず家計を助ける為に即

          働きに出ていました・・・。(^_^;)」☆

           

           

          比較的貧しいご家庭の方がお子様が多かった

          理由としては、表現は適切では有りませんが、

          昔から貧乏人の子沢山と呼ばれるその理由に

          は大きく訳て2つ理由がありそのうちの1つ

          として挙げられるのは、ご夫婦共に働き詰め

          て日々を草臥れてしまいそのストレスを解消

          する為のお酒等も買えない事でその身代わり

          的な感覚で夜の営みをされていた様ですので

          勿論、食する事も出来ない避妊具等を購入す

          る余裕も無かった為に奥様の妊娠率が上がっ

          ていたと言う訳ですね。

          そして2つ目には、矢張り生命の危機的防衛

          本能からだと思います。

          人も生命体ですから死亡率が上がると当然防

          衛保護本能が働き子孫を増やし死亡して消る

          命を補おうとするからですね。

          尚、お父さんの晩酌の酒代や避妊具も購入も

          厳しいご家庭では、当然子供達が怪我や病気

          をした際の通院のタイミングが遅れ最悪の場

          合は肺炎を拗らせ最悪の状態では死亡に繋が

          る実例もあり当時、私の家も貧しかったので

          すが、学校で寄付金を募りその子のお宅を支

          援した事も記憶しています。(・o・)」☆

          因みに此の時代の離婚の原因のワースト1は、

          浮気等では無く。ご主人の酒癖の悪さに依る

          DVがそのメインで又法律も未だ整備されて居

          なかった状態で父親の家庭内暴力位で110番

          通報すれば逆に警察官の方の怒られてしまう

          のでご主人の暴力から逃げる為に止むを得ず

          別居・離婚を選ぶご家庭が殆どでした・・・。

          (・o・)」☆

           

           

          私の育った場所は、神戸・明石等で比較的

          街中だったので街の到る処に此の様な電話

          Box!!が設置してあったので電話を掛けると

          言う一方通行な連絡方法は可能でした・・・。

          そして電話が自宅に無くまた携帯電話も持っ

          て居ないと言う人が私の感覚で無く成ったの

          は2000s,頃では無かったのか?と思います。

          その方の矢張り田舎から出て来られた女性で

          したが連絡は下宿の大家さんの固定電話しか

          なく形態電話も持っては居られませんでした。

          現在、固定電話・携帯電話を始めPC等を含む

          各種デジタルメディアを保有せずまるで都会

          に住む仙人の様な方は、男性なのですが私の

          知っている方では、御1人だけです。(・o・)」☆

           

           

          今回は、電話のお話しを中心に致しましたが家庭内

          DV・お子様の学力低下・不倫・事故一般・交通事故

          非行等全てに此れ等の原因に成って紐付いているの

          は全て食事です。

          此れのメカニズムを分かっていな人や業者に相談して

          見ても何の解決策にも成りません。

          害虫駆除で言えば、地上にいるいシロアリを幾ら強力

          な殺虫剤でで小手先の駆除をしても原因の根源である

          女王蟻を駆除しなければ何度でもその問題はエンドレ

          スで繰り替えされ、その度に調査業者や弁護士から

          1粒で2~3度美味しいと思われているだけですよ。

          其々の各位に於いてはビジネスとしての目先の契約

          の責任義務のみを果たせば法的な売買契約は成立終了

          する訳ですがご依頼者の戦いはそこからがスタート地

          点となるだけで結果高く付いてしまい結局後で泣くの

          は依頼者で有ったりする事も多々有るのです。

          今回は、電話のお話しから少し広範囲のお話しを致し

          ましたが私自身の経験を元に話させて頂きました。

          ☆m(__)m☆

           


          ☆ダメ女とお惣菜の巻!!☆

          0

            ☆昭和時代のお惣菜の歴史ついては此れ迄

            のエントリー記事でもご紹介して参りまし

            たが今回は抑々お惣菜と言うものの定義を、

            ご説明致しましょう!!と・・・。

            その前にそれ等をご紹介するに辺り当時の

            言葉や表現でその間々真実通りにダイレク

            トでご紹介致しますので現代社会に於いて

            は不適切な表現も出て来ますが何卒ご理解

            の上、ご了承下さいませ。☆<m(__)m>☆

             

             

            先ず食事と言うものは、人間に止まらず全て

            の此の世に生を受けている生物達に取って無

            くては成らないものです・・・。

            此処で先ず冒頭で申し上げたい事は、世間で

            は、防犯や事故防止等に政府や各行政機関が

            よくキャンペーンを打ち出していますが此れ

            等を防止しる一番の策として私は日々の食事

            にあると考えます・・・。

            職業柄探偵等と言う仕事をしていると他人の

            家庭をよく見ているのですが犯罪・事故・子

            供の飛行・離婚等々・・・。

            これ等の事項が起こっている家庭を調べて見

            ると”する方。される方。”共に1つの共通点

            が浮かび上がって来ます。

            それは。主婦である”お母さんが食事を作れ

            ない!!”と言う事です

            例えば仮に悪い人が悪い事をしようと考えて

            いると仮定して、果たして美味しいものを、

            食べている時に悪意や殺意・怒り・悲しみ等

            を感じるかと言えば答えは、”NO!!”のはずで

            すですから食事とはその人だけでは無くその

            周囲の人々迄に影響を及ぼしてしまう或る意

            味恐ろしいもです。

            ですから本当に防犯活動を進めたいのなら。

            警察関係者の方や公安の方々にはお叱りを受

            けてしまいそうですが各警察署や学校自事体

            等で一人でも多くの御料理の出来るお母さん

            をサポートする料理教室を開催した方が公安

            的にも色々と情報も取れて効率が期待できそ

            うに私は思います。(・o・)」☆

             

             

            それでは、昭和時代に於ける一般家庭での定義

            をご説明致しましょう!!

            昭和時代の主婦達がお惣菜を活用するのはお昼

            ご飯やお父さんや子供達に持たせる助っ人的便

            利アイテムで何方かと言えば昭和のお母様方の

            秘め事的存在で姑の目が光っている晩御飯の食

            卓等に並ぶ事は無く間違っても夕食の食卓に外

            買って来たおかず等が出ていると・・・。

            ”あんたは。母親にどんな教育して育てて貰っ

            たんだ!!”女のくせに料理1つ出来ないのか?”

            と言われ酷い時には、母の儒家へ祖母がクレー

            ムの電話をしているのを、私は何度も目撃して

            いました・・・。

            なので美味しい。お惣菜屋さんの料理はお昼に

            隠れて食べなければ成らなあったのです。

            此れは裕福とか貧しいとは関係なく各家庭の姑

            からすると自分に愛する息子が甲斐性が無かっ

            た為に御料理も満足に出来ない女性しか嫁に貰

            え無かったと世間から笑いものに成る事を恐れ

            たた為で此の時代叔父達がお見合い等をしてい

            る時に同席した事が有りましたが相手の女性に

            対しかなず得意料理のメニューを聞いていまし

            た・・・。(・_・;)」☆

             

             

            それでも。子供心にも。”女ってこんな勝手な生き

            物はわぁ~!!”と思ったのはあれだけ惣菜屋でもの

            を買うな!!何て言っている姑の祖母等でも某有名

            百貨店のお惣菜売り場で勝手来たもの」であれば、

            ”これ。美味しいわぁ~!!”と言って喜んで食べてい

            るのです・・・。(-_-;)」☆

             

             

            祖母達姑の話を纏めると・・・。

            近所にある市場やスーパー等の安価なお惣菜は、

            買うな!!有名百貨店なら。OK!!此れはご近所様

            から家が貧乏と思われたくない?

            明治の女のプライドであった様な気が致します

            がそんなところに意地を張らなくてもご近所さ

            んなのですかた私の家が貧乏なのは皆さんご存

            知のお話しで此の事を何処の家庭でも大なり小

            なりのストレスを抱えていたので井戸端主婦会

            議そんな姑の愚痴が各家庭とも飛び交っていま

            した・・・。(-_-;)☆

             

             

            また、少しお話しは外れてしまいますが主婦の

            話に付随して此処でご紹介すると例えば男性で

            有れば下の具合が悪く成ったとしても恥ずかし

            と言う事から中々家族や他の人には話しません

            が女性は子供がいても押っ広げ生理不順の話や

            トイレのは話しから乳が張って痛いから乳もみ

            に行って来たとか・・・。

            そして止めはその場にいない人の悪口ですから

            私は此の時僅か5歳でもう結婚は止めておこう?!

            と心に誓ったものでした・・・。(-_-;)」☆

             

             

            まぁ~!!人生色んな事は起こるものですがそん

            な女性に対する嫌味や偏見は別と致しまして

            御料理が出来る女性は、本当に魅力的で素敵

            だと素直に思います。

            それをこそが、冒頭でも述べた様に防犯活動

            や健全な社会を構築して行く礎になっている

            様な気が致します。(^_-)-☆

             


            | 1/6PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << October 2017 >>

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            search this site.

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM