☆高齢者ドライバーについて再度考えてみょう!!の巻!!☆

0

    ☆最近では、略、毎日の様に高齢者ドライバーの

    方の自動車における運転操作ミスに依る悲劇の交

    通事故が絶えませんが今回は此の事に尽いて少し

    考えて見たいと思います・・・。(・o・)」☆

     

     

    お恥ずかしいお話しですが私自身が過去数年の間に

    既に数回も高齢者ドライバーに自動車跳ねられると

    言う経験が有る程ですからハッキリ!!申し上げて。

    高齢者の方が運転する自動車は走る凶器?!と化して

    いると言っても過言ではないと私は感じて降ります。

    自動車ばかりでは無く。小型船舶や小型飛行機に猟

    銃等もっと。直接人の命に関わる様な物を有してい

    ライセンス保有者の目立つ実年齢は80歳を越えてい

    る方も多く目に付きます。

    唯、航空機や銃のライセンスは比較的特別な方しか

    持ってない事で国土交通省大臣の許可や医師に依る

    診断書等各行政管理機関で2ヶ所以上のチェックを、

    毎年、クリアーして居なければ免許の保有すら出来

    ませんがそれに対し自動車の運転免許は、ご高齢の

    方や病人方そして極め付けとしては、暴力団構成員

    の人に迄、許可されていますので或る意味無法地帯?!

    的Area!!のライセンスとも言えましょう!!(-_-;)」☆

     

     

    此処で交通事故を減らす一番の得策としては此れは、

    ご高齢も方に拘わらず公私共に勤めて必要以上自動

    車の運転をしない事です・・・。

    私の場合は、中年層に成り小規模乍らも管理職と成

    り今迄若い頃の様に会社に対して体でご奉仕させて

    頂く立場から今迄の経験データー等の頭脳で考える

    立場に成った事を機に自ら運転する自動車に乗る事

    は基本的は、止め移動には電車バスの公共機関若し

    くは当社の若いスタッフに自動車は運転して貰う様

    にしています。

    此れは、常に仕事の事を考え乍ら自動車を運転する

    事は何れ事故や違反に繋がると考えたかなのです。

    (・o・)」☆

     

     

    現場の警察官の方々の立場に立って考えても高齢者の

    方に自動車を運転して欲しくない事は個人的には叫び

    たくなる様な場面も有ろうかとも思いますが法律上、

    高齢者の方の人権を守ると言う事と成ればそうも行か

    ないジレンマは大変なストレスだと私も思います。

    そこでご高齢者の方にも考えて頂きたいのは免許証は、

    末永く保有しておきたいのなら先ずは規制が厳しく

    なる原因と成る事故を如何にして起こさな様にするのか?

    を今一度考えて見て頂きたいと思います。(・o・)」☆

     

     

    自動車は、歩行者扱いと成る電動のシニアカーとは違います。

    国家公安委員会の道路交通法に基づき正しく運行しなくては、

    成りません。ですから必ずしも相手が避けてくれるとは限り

    ませんしドライバーに取っての年功序列を変な意味で誇張さ

    れるのは大変危険です。(・o・)」☆

     

     

    あと。若い世代の方も外出される際はマイカー鍵を手にされ

    時に今一度、本当にその外出に自動車が必要なのか?

    考えて見る余裕を皆さんで少しでも持って頂ければ交通事故

    は減らせる様に私は思います。

    一部では、悪質な事件もありますが殆ど方が交通事故を起こ

    してやろう!!と思っていない事は分かっていますので周りの

    方を気遣い守る事は御自身とそのご家族を守る事にも繋がり

    ますので、此れからもご一緒に交通安全に努めて参りましょ

    う!!(^O^)/☆

    追伸ですが街頭にて配布させて頂いて降ります交通安全や防

    犯協会からのお知らせや自転車の鍵Set,にティッシュ等々は、

    県・市内に於ける各企業様からのご好意に依る寄付金にて購

    入させて頂いたものを無料配布させて頂いている品ですもで

    どうか大切に使って下さいませ。

    私も配っていますので・・・。☆m(__)m☆

     


    ☆健全な生活は、お弁当の中に・・・。の巻!!☆

    0

      ☆仕事でも私生活に於いても人間と言う動物は、

      他の動物とは異なり其れを動物学的に言えば一

      匹の個体では長期に渡る生命維をする事が出来

      ません。ご自分は、”1人で生きている!!”と仰る

      方でも人間は、誰かの力を借りて生かされてい

      いるものなのです。

      そこでパートナー選びには大変で此れが将来的

      なトラブルへと発展するケースが多いのも現状

      と言えます・・・。(・o・)」☆

       

       

      私は、男性なので少し一方的な考えを申し上げてし

      まうのですが男性で有れば一般的なパートナーを、

      選ぶと言えば一般的には異性である女性と言う事と

      成りますが良いパートナーを見つけ出す基準としま

      しては、お弁当が作れるまたは作る事がお好きな方

      をパートナーに選ばれる事を特に生産年齢に当たる

      お若い方々には参考にして頂きたいと思います。

      (・o・)」☆

       

       

      お弁当の位置付けとしては、手軽で短期間で食事を

      取る事が出来るスナック感覚のファーストフード的

      イメージが現代社会に於いては定着してしまってい

      ますがそれには、食材を購入し自宅でお弁当を作る

      依りもコンビニ等でお弁当を買い求めた方が高いコ

      ストパフォーマンス性を望める事から合理性を考え

      お弁当の自宅製作をされない主婦の方々も年々増加

      していますがお弁当本来の目的は単にコストパフォ

      ーマンスを図るファーストフードを位置付けるアイ

      テムではないのです・・・。(・o・)」☆・

       

       

      お弁当とは。人の気持ちそのものを表す非常に

      メッセージ性の高い心の手紙であると私は考え

      ます・・・。

      私の小学校の頃のベテラン層の先生達は、大正

      時代にお生まれの先生が多かったので”お弁当

      はお母さんからの大切なお手紙ですから皆さん

      はそのお返事を伝えなけれ成りません。それは

      お弁当を残さず食べて両親に感謝する事です!!”

      と言われた事を昨日の事の様に記憶して降りま

      す。(・o・)」☆

       

       

      現在に於いては、ご夫婦共稼ぎで奥様も外へお勤め

      にな慣れている方々大半と成って来ましたが家庭ト

      ラブルの多いご家庭を拝見させて頂いていると。

      食生活が乱れているケースが多く又、健全な食事を、

      取っていなければお金も巡って来ない。仕事も上手

      く行かない。対人関係も上手く行かない。と負の要

      因が付いて回っているのも調査業をしていてるとよ

      く分かります・・・。(・o・)」☆

       

       

      それとは反対に、公私共に成功されている方に同行させ

      て頂くと奥様の愛妻弁当をご持参に成られていたり時間

      が無い中でも可能な限りご家族で食事を取られている方

      々多い事に気が付きます。

      経営者の方や営業の方が先ず成績を向上させたいのなら

      それは食生活が鍵を握っていると言っても過言では有り

      ません・・・。(・o・)」☆

       

       

      以上の事からもお弁当とは。人の気持ち心そのもの

      なのです。

      人の心が分からない。又は描けないない方には業務

      も上手く遂行する事は出来ませんのでその結果当然

      お金も入って来ないので対人関係もご家族を含み上

      手くは、行きません。

      当社が何故故に。お弁当箱に拘りアルミのお弁当箱

      1つ探すのに命を掛けているのか?

      と言うとその理由は、何を隠そう私自身もお弁当に

      助けられた者の1人であるからなのです。

      家庭円満。仕事での成功を望まれるなら先ずは、

      毎日、お弁当を自宅から持って外へ出て行けばお弁

      当自体が何かお守りの様にお子様を初めとするご家

      族を守ってくれるものですよ・・・。(^_-)-☆

       

      ※・・・特定事項を避ける為に参考画像を使用させ

          て頂いて降ります。

       


      ☆ご高齢者の介護の問題の巻!!☆

      0

        ☆近年社会問題に迄発展してしまっている

        事の1つにご高齢の方の介護問題が深刻化

        して降りその最悪な結果として事件や事故

        が各種メディアで報道されると言う悲しい

        News!!も飛び込んでくる昨今ですが高齢者

        の問題は正に他人事では無く成っているの

        が実情と言えるのではないでしょうか?

        (-_-;)」☆

         

         

        現在の地方都市のでは、就職難で求人が、

        Stop!!している状況でも介護の仕事は足りない

        くらいに引く手あまった状態になる位ご高齢の

        方々をそのご家族がHelp!!出来なく成っている

        からで私の知人の中でも両親の介護の為に止む

        を得ず仕事を辞めなければならくなり退職を余

        儀なくされ地獄の生活を送っている方も実際に

        いらっしゃいます・・・。(-_-;)」☆

         

         

        昭和の時代迄は、ご高齢者の方はお子様等の

        家族と共に生活をし且つ。老人会等に所属さ

        れ防犯活動や防火活動等も行って下さってい

        ましたので御自身のお体の事だけでは無く逆

        に若い世代の対して助っ人的存在であり此れ

        に尽いては、当時の子供からも認めらていま

        した・・・。(・o・)」☆

         

         

        それがマンション等に籠る事で孤独と成り

        身体依りも先に心が病んでしまう事が不健

        康への負のSpiral!!を生んでいる様に感じま

        すね・・・。

        その為に足にご不自由の無い方で特に女性

        は自宅のお風呂を使用せずに今でも銭湯に

        赴きコミュニケーションを図られている様

        ですね・・・。(^_^;)」☆

         

         

        昭和の時代であれば如何なる事情が有ろう

        とも自分自身の親を他人様に預けるとは!!

        言語道断!!村八分!!的扱いにされてしまっ

        ていましたが時代は大きく変わってしまい

        ましたよね・・・。(-_-;)」☆

         

         

        この世に生を受け肉親と共に育ち結婚をし

        お子様を設け一生懸命に働き育児を行いそ

        してご子息さま達がまた御自身の家庭を持

        てる様にされたその後に残ったものはお金

        の力に依りHelp!!して頂ける介護センター

        の方々と言うのも何とも寂しいお話しだと

        思います・・・。

        個人的な意見と致しましては、以上の様な

        体制が続くのは国家が病んでいる影響も否

        めないと私は考えてしまいますが如何でし

        ょうか・・・?(^_^;)」☆

         


        ☆スーパーのレジ打ちは、同じ関西でも兵庫は遅い!!の巻!!☆

        0

          ☆若い時には、食品等の日々使用する商品等は、

          何も考えずコンビニで購入していましたが職場

          に於いても女性が増えて来るとスーパーで販売

          している同じ商品等をコンビニで購入するのは、

          御法度と成ってしまいました・・・。

          例を挙げて見ますと。例えば缶コーヒー1本

          ¥125の同じ商品がスーパー等では特売をして

          いなくても¥50~¥60代で販売している訳です

          から彼女達が怒るのも無理の無いお話しですよ

          ね・・・。(-_-;)」☆

           

           

          そこでスーパーへ行って見ると。以外にもお仕事中

          なのかな?と思える様なスーツ姿の男性達がその日

          の昼食や夕食を買い求めてにスーパーに遣って来て

          いますね。

          今、言えばセクハラ発言と成ってしまうのだと思い

          ますが私の子供頃には食べ物の好き嫌いが有り食事

          の時に残す様な事をすれば祖母や母の怒られてしま

          い”それが嫌なんだったらあんたの好きな物をばか

          かり作ってくれるお嫁さんを早く貰いなはれ!!”と

          言われたものですが現実に起こっている現状は好き

          嫌いどころか?結婚していても食事自体を奥様から

          与えて貰えないご主人様達が意外にも多い事が事実

          の様です。(-_-;)」☆

           

           

          そこで限られた時間の中でスーパーへ行き短時間に

          間で必要とすだけのお弁当やパンに珈琲にお茶等を

          買いに来て立ちはだかる現代の”関所!!”がレジです!!

          レジには失礼とは思いますが必ずまるで市民病院の

          薬局に様に高齢者の方ががいて。”えぇ~!!そんなに

          食べるの?!”と言う位に食品やお供えのお花等を買い

          込みそれを1円単位で支払うのでレジはもう長蛇の

          列と化してしまい何か?こっちは仕事をしているのに

          病院のみ成らずスーパーでもか?と思ってしまった方

          も少なくは何のではないでしょうか?(-_-;)」☆

           

           

          そう言った問題を緩和して下さる救世主的な存在と

          してはもうレジ打ちの方の対応に全てが掛かって来

          る訳ですが全国的にも”せっかち!!”と思われている

          関西に於いて二府四県有りますがその中でも大阪府

          民の方と兵庫県民の方を除くとその他の関西エリア

          の方々は一般的にも平均的にマイペースですが大阪

          と兵庫の方はレジでもたもたして居れば列柱から野

          次が飛び出し直ぐに。”お前じゃ話にならん店長を

          呼べ!!”と言った状況に陥ってしまうのです・・・。

          (-_-;)」☆

           

           

          そこでその中でもレジ打ちが早い大阪と兵庫のスー

          パーのレジ担当の方の平均時間を図って見ると36秒

          位矢張り大阪のスーパーのレジ打ちの方の方が早い

          です。(・o・)」☆

          レジ打ちと言っても昔の様に数字等のキーを押して

          計算して行くレジ作業は殆ど無く専用のスキャナー

          で商品に付いているバーコードを読み取らせている

          だけの事ですのでそれだけなのにどうして?

          大阪と兵庫ではタイムが異なるのか?正解はCMの後

          で・・・。(^_^;)」☆

           

           

          何て。面倒くさい事を言わず結論から申しますと。

          それは大阪のスーパーのレジ担当の方の方が素早

          い対応して頂けるのでその機転が全ての勝敗を決

          めています。

          異なる点は、兵庫のスーパーのレジ打ちの方は先

          ず先頭の方の籠の商品をレジを打ち行いそれをお

          買い上げ籠に商品を移してから合計金額をお客様

          に伝えお客様が小銭を用意して支払いその後お釣

          りやレシートを手渡す迄の間その後の作業の全て

          が停止して降り更に此の時点でクレームは元依り

          雑談が入れば更に遅れる事となりまたレジ係りは

          女性社会の中で成立していますので何かトラブル

          やお客様から確認を求められた時に他の手の空い

          ているレジ打ちを含む女性スタッフの方々は逃げ

          てしまうので何でも無い事で最悪な結果を導き出

          す事も少なくは有りません・・・。(-_-;)」☆

           

           

          それに対して大阪のスーパーのレジ打ちの人はお客様

          の目を見ません目を見ずにお客様のぼんやりとした全

          体像を掴む事で何かクレームうぃ言ってやろう?

          等と思っているお客様へは隙を与えない様にしていま

          す此れは正に武道の極意でも有ります。

          そして次に先頭のお客様のお勘定をお伝えした時点で

          次のお客様の買い物籠をスライドして商品のスキャン

          が始まっていますのでスピードも違いますしPrice確認

          等の際も手を挙げればスタッフの方がスピーディーに

          に対応していますので流石は大阪は”商人の街”と言っ

          た印象ですね!!(・o・)」☆

           

           

          併し。現在は大阪依りにも兵庫県の方がスーパーの激戦区

          と成っている関係から価格設定は大阪依りも兵庫県の方が

          安いPrice設定と成って降り”大阪は何でも安い?!”と言う伝

          説は最早過去のものと成ってしまっていますので生活する

          には年間に使用する生活日は兵庫県の方が安く上がります。

          今回ご紹介した以外のその他の関西地区では更にローカル

          となり日々使用する生活品の価格設定は高く設定されてい

          ますので地元がそこであるとか?親戚はそこに住んでいると

          か?何等かなサポーターがいなければ単独での生活は交通費

          等を含み高く付いてしまうのです。(・o・)」☆

          太陽系で言えば、火星位迄の内宇宙に住むのか?

          木星以降の外宇宙に位置する惑星に住むのか?見たいなもの

          でしょうか?ご参考魔迄に・・・。(^_^;)」☆

           

          ☆※・・・使用させて頂きました画像は全て参考画像で

               すので実際の現場のものとは異なりますので

               御注意下さい。☆

           


          ☆お勧めしない営業とは?の巻!!☆

          0

            ☆最近では実店舗が各業界共に減少傾向に

            成っている反面ネットオークション等を始

            め一般の方々が小売市場に参入されて来た

            結果業者さん達は、買い取り品等の商品も

            中々以前の様には回って来なく成ってしま

            い苦戦している様です。

            幸い当社に於きましては、調査業等を始め

            とする物販以外の事業部門を有している関

            係でそこからも物販に繋がるお話しを頂い

            て降りますので非常に助かっている次第で

            有ります。☆<m(__)m>☆

             

             

            さて。今回は現在の消費者のニーズ等を少し

            お話しを申し上げましょう!!

            と言いいますのも最近特にクライアント様を、

            始めとする企業様や御同業の方々依り”お仕事

            を回して頂けませんか?(下請け)のご依頼やご

            相談のお話しをよく頂くのですが極論を申し

            上げますとその行為は、間違って降ります。

            (・o・)」☆

             

             

            例えば物販を例に挙げますと。昔から一番

            お買い物をして下さっていたのは女性であ

            り女性の場合は男性と異なる点は超高価な

            物は中々お買い上げ頂けなくても男性に比

            べ継続的なサイクルでショッピングをして

            頂けるので物流の動きが常に耐え無かった

            のですが近年ではデジタル化が進み個人主

            義となってしまった事で先ず実店舗本来の

            意義を果たさなく成った事に加えて女性が、

            購入した品の最大の価値を示していた友人

            や彼氏等にそのアイテムを披露するステー

            ジが現在では略、無く成ってしまっている

            訳ですから仕入れの出来る商品は、基本売

            れなくて当然です。(・o・)」☆

             

             

            少し厳しい事を申し上げますと。ご自分の

            経営する事業が苦しいからと言って他社へ

            働きに出て事業の運転資金に充てる等と言

            う行為は、愚の骨頂です。

            此の様な事をしてしまえば真面目に働けば、

            働く程帰宅した際に疲れが出てしまい益々

            自分の事業にに身が入らなく成ってしまい

            ます。(・o・)」☆

             

             

            此処で偉そうな事を申し上げてしまいま

            したが何故なら?お恥ずかしいお話しです

            が私自身がそうだったからです・・・。

            男の事業とは。人生とは。如何に馬鹿演じ

            耐えるかですよ。

            ボクサーの世界で言うなら打たせるだけ打

            たせて置いて最後に”撃つ!!”人生とは最後

            に勝てば良いのです。

            その為に日々経営者の方々は努力を重ねれ

            て降ります。(・o・)」☆

             

             

             

            IT各社さんでは売れる戦略法等を伝授致します

            的な広告を出されていたりメールや電話を通じ

            あらゆる手段を使い営業をされていますが売り

            上げの上がらない企業様の共通している点は、

            ご自分の方向性であるコンセプトが定まってい

            ない事に加えてマーケティングの調査を怠って

            いる事であり詰りはお客様からの目線で言えば

            事業主自体に魅力を感じられない!!

            此れが全ての原因です。(・o・)」☆

             

             

            それでも。コンセプトだけでも確りと決まって

            いれば売り上げは上がります。

            事実、私の知っている某業者のオーナーの方も

            何十年も昔からお客様を始め同業他社や個人か

            らも嫌われている位個性は強烈に強いですがそ

            の人しか探せない商品コンセプトが有りユーザ

            ーの方々は仕方なくお付き合いをしている?

            って方もいらっしゃいますが法に触れる様な

            悪い事さえしていないならその方の”勝ち!!”

            ですよ。(・o・)」☆

             

             

            結びと致しまして今回のエントリーでもある

            ”お勧めしない営業?”とは。

            此のお話しを致しますと。その反対の人に勧

            めると言う事は悪く言えばそれは押しつけと

            なる可能性が高まりそれが仮にユーザーが本

            当に欲しくない物であればその後悔をお見せ

            の方たや他人に持って来るでしょう。

            その様な方は又同じ失敗を繰り返してしまいす。

            併し。お客様自ら本当に此の商品が必要なん

            だ欲しいんだ。と思って頂けた品で有れば後々

            にも末永く気に入って使って貰えお客様との

            良き人間構築にも成って来るのです。

            此れでは手緩いと大手企業の営業部長等は仰り

            ますがお客様と言えども人と人とのお付き合い

            で数字を求めては成りません。(・o・)」☆

             

             

            このご時勢未々厳しい時代は続くと思いますが、

            諦めず最後迄、頑張って下さい。

            続けていれば必ず道は開けるものです。

            私自身がそうでしたから・・・。(^_-)-☆

             


            | 1/4PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << June 2017 >>

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            search this site.

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM