☆永遠命の巻!!☆(長崎原子爆弾編)☆

0

    JUGEMテーマ:幸福に生きる

    ☆此の世に生を受けたものは全て命に

    限りが有ります。

    此れは生まれた以上。個体としての死

    は避けて通る事が出来ません。

    併し。人の本当の死とは。生きている

    人々の記憶から完全に失われた時に遣

    って来る様な気が致します・・・。

    本日は、そんなお話しです。(・o・)」☆

     

     

    戦災に関わる記事において何時も申し

    上げている事ですが、私は戦災の経験

    はないのですが、阪神・淡路大震災の

    時に人が、生きた間々倒壊した家屋と

    共に焼かれて行く鵜方を目の当たりに

    しましたが、その時は警察署や消防署

    も被災しており人々は、悲鳴の上がる

    中。呆然と立ち尽くすか?

    その場を立ち去る事しか出来ませでし

    た・・・。

    長崎の原爆資料館の展示Set,を見ている

    とその時の事を思い出してしまいました。

    若い時には、悲惨な悲しみが有っても。

    また。例えそれが親兄弟の屍が有っても

    それを乗り越えて。先へ進むみ目的を達

    成する事が、生きて残された者達の責務

    である。と無く成った祖父はよく口にし

    ていましたので。

    若い時には、心の何処か?に。目には見

    えない心の武器?!見たいなものが有った

    のでその場。その場。の込み上げて来る

    感情を押し殺せていたと思うのですが、

    それが、年齢と共に人間が円く成ると。

    同時に心の武器も失ってしまい。

    涙脆く成って来てしまいますねぇ~!!

    そう思い返して見れば亡く成った祖父も

    晩年は、縁側近くで1人軍歌のカセット

    テープを、聞き乍ら泣いていた事を思い

    出しすが、今度は私自身がその様な年齢

    に近付いて来たのだなぁ~。

    と最近しみじみと実感して来ています。

    (・o・)」☆

     

     

    そこで先日ご紹介させて頂きました。

    長崎の原爆資料館の中で私の心中に

    一番響いたのものとは・・・。

    此方の幼児の様の防空頭巾でした。

    此の防空頭巾は、原子爆弾で直接被災

    した資料ではない関係から他の展示物

    とは異なる場所の資料室的スペースに

    ”独りぽつん。”と寂しそうな感じで展示

    されていたのです・・・。

    説明文に記されている文面から此の防空

    頭巾は、当時2歳の男の子が子乍らに空襲

    に脅えて此のお母様に作って貰った防空

    頭巾を、片時も離さなかったと記されて

    いました。

    可愛そうに。此の子は戦時中に無く成った

    様なのですが、此処からが九州女性の精神

    的にも逞しい過ぎる程強いところでした。

    と言いいますのも。

    例えば、私の地元の関西であればお子様が、

    お亡くなりなったら、玩具や普段着等の極

    々身近に身に着けていたものは、可能な限

    り御棺に入れ込み出棺してしまうケースが、

    多く見られます。

    此れは。亡く成ったお子様の身に着けてい

    たものを、余りに身近に於いていると。

    我が子を無くしてしまった母親に対する精

    神的負担を軽減する意味合いもあるのです

    が、此の防空頭巾の持ち主のお母さんは、

    お子様が無く成っても戦後何十年も持ち続

    け来られいます。

    その辛さは、他人は計り知れない悲しみと。

    苦悩が有ったと思いますが、それでも此の

    お母さんが。心の勇気を持って我が子の防

    空頭巾を持ち続けていた御かげで戦後生ま

    れの他人である私の様な人間にも此の様な

    人が間違いなく確実に。”生きようと。”

    していたのだな。

    と強く心のPower!!を、感じました。

    と言うことは、此の子(人)は決して。

    2歳人生が完全に終わってしまったのでなく。

    現在そして未来へと生き続けて行かれるのだ

    な!!と強く感じました・・・。(・o・)」☆

     

     

    人生とは。どう亡くなったではなく。

    大切な事は、どう生きようとしていたのか?

    が、一番重要なのです!!

    こんな年齢になって実にお恥ずかしいですが

    今回は、長崎でそんな事を再度学ばせて頂い

    た様な気が致します・・・。☆m(__)m☆

     


    ☆平和の中でこそ。成立する武装勢力の威厳とは?の巻!!☆

    0

      ☆武装勢力とは何か?と考えて見ると。

      その代名詞と成るものが、私は軍隊

      なのだと思いますが、また。

      その軍集団組織が、健全な組織力を

      維持する為には、平時詰りは”平和”

      の世の中で成ければ成立しない事を、

      過去の幻の都市と共に振り返って行

      ましょう!!(・o・)」☆

       

       

      幻の都と言えば、アトランティス大陸

      やムー大陸等に有ったとされる伝説の

      文明・都等が上げられますが、今回の

      シリーズでは、比較的近過去に実際に

      あった街やそこで生活をしていた人々

      を色々と考察し検証して行きたいと思

      いますが、そこで今回はWW-彊柄

      のドイツ・ベルリンの街を見て行きま

      しょう!!(^O^)/☆

       

       

      In Deutschland im Jahre 1936 dem

      weltweit führenden War es eine

      friedliche Stadt.

      Schöner Park und die Frauen lebten

      dort.

      Ich müde in Japanisch, auch ein we

      nig zu schreiben.(^_^;)」☆

       

       

      Die Deutschen legen Wert auf Verg

      nügungseinrichtungen wie Parks

      und heiße Quellen im Alltag.

      それは、昔から現在に至る迄変わる事

      はないですが街並みの変化と伴い人々

      の気質や価値観は変化して来ています

      ね・・・。(・o・)」☆

       

       

      さて。武装勢力の代名詞として象徴さ

      れるものが、軍隊と言えますが、その

      軍隊の組織とし都合てよく行動する為

      には皮肉にも平和と温和な国家が先ず

      前提に必要であり此れ等はテロリスト

      等の他の武装勢力と共通した定義が求

      められる事になるのです。

      従いまして、動乱等の前には必ず平穏

      な安らいだ社会がそこには存在してい

      ました。

      それは、ドイツだけに限らず日本もイ

      タリアでも同じ事が言えましたが、そ

      れでも唯一、例外と言えるのが共産国

      家でした・・・。(・o・)」☆

       

       

      今の社会は、一見してドイツも日本も

      平和を取り戻し温和な国に成っている

      様にも見えますが此の画像にある温和

      な時代の国と時間の同じものはもう。

      戻っては来ず・・・。

      映像の中にしか存在しない幻の都市と

      成ってしまいました・・・。

      ですから。一度失ってしまった街や人

      々の生活は、幻と化しまうのです。

      それを、後で幾ら真似て戻そうとして

      も繰り返しと成りますが、同じものは、

      もう二度とは戻る事はないのです・・・。

      人の命が戻らない様に・・・。(-_-;)」☆

       


      ☆現代に語り継がれるインデアンの娘達の巻!!☆(Vol,2)☆

      0

        ☆現在イベント等でインデアン等に関係

        するコスプレは勿論の事。そのアイテム

        ですが見掛けなく成って来ていあすが、

        その最大の理由は、矢張り人権問題等の

        影響が高い事は、言う迄も有りません。

        (・o・)」☆

         

         

        日本国内に於いても。70s,代には此の様に

        ウエスタンブームの到来に依りインデアン

        ファッションも流行致しました。

        因みに。前回もお伝え致しました様に私は、

        子供の頃からインデアンに似ていると言わ

        れ騎兵隊やCOWBOY,の役は回って来ず何

        時も悪役インデアン役ばかりでしたが、そ

        れには、もう1つ理由がありそれは当時か

        ら高価だったモデルガンを買う事出来なか

        った事もその理由でありました・・・。

        (・o・)」☆

         

         

        当時高価なモデルガンが持てたのは一部の富

        裕層の方々と言っても過言では、無くSLの鉄

        道模型と同じくモデルガンも此の時代には、

        高級玩具と呼ばれていましたので一般家庭に

        生れた子供達は、お父さんがモデルガンの趣

        味を持っていなければ、モデルガンを購入す

        る事が出来ず嫌でも自家製の遣りに鳩か鶏の

        羽を付けて、悪役インディアンを演じるしか

        有りませんでした・・・。

        それが、当時の子供達の掟だのでそれは、実

        際にアメリカ本土で有った。白人と先住民の

        差別社会と同じものが戦後日本の子供の世界

        では存在していました・・・。(-_-;)」☆

         

         

        さて。本題に戻る事に致しましょう!!

        インディアンの人達は、本当に日本人と

        よく似ていますし。

        娘さん達も皆さん非常に美しい方が多い

        ですよね。

        日本国内に住んで居れば中々接点は有り

        ませんが・・・。(^_^;)」☆

         

         

        時代が現在に移り変わっても本当に日本人

        とよく似たイメージを持たれているもので

        すよね・・・。(^_-)-☆

         

         

        勿論。先祖を辿れば我々日本民族と同じDNA

        を有しているので意外とフレンドリーな関係

        を築けるのかも知れませんね・・・。(^_-)-☆

         

         

        現在、米国本土にいらっしゃる先住民の末裔

        の娘さんのお姿は、この様な感じなので中々

        見つけ難いかもしてませが、お若い方は米国

        本土を訪れる事が有れば一度は、お声掛けさ

        れて見ては如何しょうか?

        因みに。私は過去には先住民の方は、男性し

        かお会いした事がなかったのです。

        本当はね・・・。失礼致しました。

        すみません・・・。☆<m(__)m>☆

         


        ☆インディアンの娘の巻!!☆

        0

          ☆インディアンの話題に尽きましては、

          此れ迄にもご紹介して参りましたが、

          今回は、インディアンの娘のお話しで

          あります・・・。(・o・)」☆

           

           

          インディアンの娘!!と言えば先ず、念頭

          に思い浮かんで来るのは、私の様な世代

          であれば此方の”リンリン・ランラン”の

          御2人でしょうか・・・。

          でも。お名前だけを今の子供達に言えば

          間違いなく。”それは。何処に居るパンダ

          🐼?!”と言われるの間違いないでしょうね!!

          おっと。忘れるところでした。

          リンリン・ランランの御両人は、アメリ

          カ人のお父さんと中国人のお母さんを持つ

          ハーフの方で当時イギリス領だった香港に

          国籍を持たれていましたので直接的には、

          インディアンとは、何の関係もなかったの

          ですが、”恋のインディアン人形”でビュー

          された1974s,(昭和49年)頃迄日本国内で

          はマカロニ・ウエスタンが大流行した時代

          だった事で此の様な営業Style!!となった様

          ですね・・・。(^_^;)」☆

           

           

          インディアンとは。単にアメリカ大陸での

          先住民と言う事ではなく。それは様々な部

          族に枝分かれして降り日本では最も有名な

          のが”アパッチ族”で此方は、1899s,(明治

          32年)に撮影されたアパッチ族の娘です。

          余談ですが、私も子供頃から現在に至る迄

          の間のあだ名は、”インディアン!!”で昔から

          日本人の人達から日本人に見えない!!

          見た目も。生き方も・・・。と言われて来

          したが、本当は私は、生粋の日本人!!なの

          ですが・・・。

          因みに此の写真が撮影された時私の祖父は、

          もう日本で生まれていましたからね・・・。

          (^_^;)」☆

           

           

          此方は、ラコタ族の娘ですが頭髪を三つ編みの

          お下げをしている姿に日本の戦中戦後の女学生

          達も同じヘアースタイルだった事で米兵の眼に

          はインディアン!!に見えた様で此れは1970s,代

          に当たる昭和40年代迄日本の女子高生を見て。

          米海軍の水兵達が、よく神戸元町の商店街等で

          指をさして。”Oh. It is an Indian!!”叫んでいる

          姿を目に致しました・・・。(-_-;)」☆

           

           

          此方は、1900s,(明治33年)ホピ族の娘達

          ですが髪型まるで”STARWARS!!”ですよ

          ねぇ~!!(^_^;)/☆

           

           

          画像は、1894s,(明治27年)カイオワ族の娘

          ですが、70s,代の日本に於いてはこんな感じ

          のイメージを持ったお姉さん達が美人とさた

          時期もあったのですよぉ~!!本当に・・・!!

          (^_-)-☆

           

           

          此方は、1880年代の米陸軍将校の娘と

          記されてありましたが、大変申し訳無

          いですが、白人女性はやっぱり。今も

          昔もお美しのは変わらないものですよ

          ね・・・。

          私もコロイドなのでインデアンの方と

          同じ祖先を有する人種ではありますが、

          単なるコンプレックスとか、人権問題

          とかは関係なく美しい人やものは美し

          いと思う素直な気持ちは大切にしたい

          と思っています・・・。☆m(__)m☆

           


          ☆日本人って一体何だろう?!の巻!!☆

          0

            ☆皆さんは、日本人っ一体何だろう?って。

            考えて見た事がお有でしょうか?

            元々は、日本には人は疎か中型以上の哺乳

            類の生物も存在しては居なかったのすが、

            地球が比較的温暖だった65万年~42万年

            前頃から現在の朝鮮半島から日本列島へ

            先ず大型の乳類が餌を求めて入りました。

            今から約2万年前位は、現在の九州と北海

            道が未だ陸続きであった為に人や動物は、

            大陸から日本列島への行き来は自由に出来

            ていました。(・o・)」☆

             

             

            一番最初に日本列島に渡来した人類は、デニソワ人と

            呼ばれる人達で彼等は元々ロシア・アルタイ地方のデ

            ニソワ(Denisova)洞窟(en)(ロシア、中国、モン

            ゴルの国境に近い地域)に約4万1千年前に住んでい

            たとされるヒト属の個体および同種のヒト属の人類で

            あると記されている事からも日本人もルーツは、現在

            のモンゴルにあると言っても過言ではないと思われま

            す・・・。(・o・)」☆

             

             

            日本列島に渡ったデニソワ人は、邪馬台国や倭国

            等の国を後々に建国していますがその元首は女性

            が納めていました・・・。

            彼等に取って女性は、出産をする事から神の使い

            として崇めていた事にありその遺伝子が現在の日

            本の社会でも繁栄されている様に思います・・・。

            (・o・)」☆

             

             

            ですから。此方が私達日本人の本当の民族衣装

            であり本来の姿なのです。

            江戸時代等に流行した着物や髪型・刀等の武器

            に至迄それ等は、現在の中国から漢字と共に伝

            来した現在欧米から伝わった洋服文化に相当す

            るのです・・・。(・o・)」☆

             

             

            白っぽい着物を多く来ているのはこの頃は、

            染料で布等を染める技術が未だ上手く伝わ

            って居なかったからです・・・。(・o・)」☆

             

             

            日本から出土する鎧なんかもモンゴルの鎧と

            同等のタイプの物が多い事からもそのルーツ

            を裏付ける手掛かりの1つ挙げらています。

            (・o・)」☆

             

             

            此の時代に於いては、照明の殆ど存在しません

            でしたの夜に雲で月が出ない夜等には、漆黒の

            闇となる為に夜這いである子作りを夜間に行う

            為に生産年齢者の女性に色物の着物や目印の髪

            飾りを付けさせたりまた香水等で容易に性別を、

            判断出来る様にしていました。

            医学や薬の充実していなかった時代に於いて民

            族が生き残る為に少しでも多くの子供を設ける

            事でしか存続が出来ないと考えていた事からも

            此の時代は、女性を大切に扱って」いました。

            (・o・)」☆

             

             

            以上の事からも日本人のルーツを研究するには、

            意外にもモンゴルの文化の歴史を紐解いて行く

            と以外と分かって来る事も多いので意外に面白

            いですよ・・・。

            因みに、ご家族で現在日本に在住されているモ

            ンゴル人の方に日本とモンゴルと何方が良いの

            か?と唐突な質問を投げつけたところご夫婦で

            日本の方が良い!!と仰っておられました。

            その最大の理由は、矢張り日本は温かいからだ

            そうでモンゴルの冬は平均−40℃位で非常に寒

            く6月位迄暖房が必要だからだそすですが此の暖

            房に必要な燃料費等は、政府が負担してくれる

            のだそうですよ。

            次回は、原始の日本人の真相に更に踏み込んで

            参りますのでお楽しみに・・・。(^_-)-☆

             


            | 1/5PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << December 2018 >>

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            search this site.

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM