☆こんな人(女性)が、好きでした・・・。の巻!!☆

0

    ☆人は誰しも。好みのタイプの異性人物像

    を一般的な方ならお持ちだと思いますが、

    好みの食事やお仕事等にも中々巡り合う事

    が叶わない方々も意外にも多いと思うので

    すがそれが増してや。

    人生のパートナーとなると本当にお付き合

    いをする迄も行かず出合う事自体が非常に

    難しい事だと思いますが、今回は人の事は、

    機微情報厳守の問題からも書けないので私

    個人的な事で大変恐縮なのですが、少しお

    話し申し上げたいと思います・・・。

    (^_^;)」☆

     

    因みに私の理想とする女性像は、表と裏の

    2パターン存在していました。

    それには、理想として比較的新しい細胞で

    構成される大脳で考える理想象と動物性的

    本能が求めるものとに分かれていたからな

    のです・・・。(^_^;)」☆

     

     

    私の場合は、理想とする女性像の話しを、

    男女関係を持たなかった何十年来の異性の

    友人からもよく言われて来た事なのですが、

    ”あんたは。若い頃からずっと。田舎くさい

    女が好きやもんな!!”と言われ続けて来たの

    ですがそれに止めを刺すかの様に若い女性

    スタッフからも。”所長のお好みの女性は可

    愛くない。”とか。”もう少し美人な人は居

    なかったのですか?”とか凄く否定的な事を、

    言われていたのですが、先日TVを見ていた

    らそんな自分の理想の女性の姿があったの

    でそれで此の記事を書こうと思い立った訳

    であります・・・。(^_^;)」☆

     

     

    それが此方のTVドラマ半分。青いに登場し

    た小倉瞳役を演じておられた佐藤江梨子さ

    んの姿がそこに・・・。

    正に。”ドンピシャリ!!”って感じでありま

    した。

    勿論。佐藤江梨子さんは、お美しい女優さ

    んなので、MakeさんやStylist,さんの手に

    依って作り込まれているキャラなのですが、

    最近映画・ドラマの監督さん達の脚本は可

    也Deep!!なDetail!!に拘った演出で表現さ

    れているので、時々。ドキ!!と驚かされる

    事が有りますね・・・。(^_^;)」☆

     

     

    此の小倉瞳は、1970s,(昭和45年)現在48

    歳ですが、画像の設定では2008s,(平成

    20年)の設定ななので瞳さんも年齢は、此

    の時38歳と言う事になりますね・・・。

    因みに。佐藤江梨子は、1981s.(昭和56年)

    12月19日のお生まれなので、演じておら

    る瞳さん依りも11歳もお若い事が分かりま

    すね・・・。(・o・)」☆

     

     

    でも。こんな人以外と居そうで居ないと

    言うのか?見つけられそうで見つけられ

    無かったですよね・・・。

    非常に懐かしさが込み上がって来るキャラ

    でした・・・。

    此れでまた。1つ秘密を暴露してしまいま

    した・・・。(^_^;)」☆

     


    ☆女性の電車の機関士の巻!!☆

    0

      ☆夏の御盆に近づいて来ると昭和の時代

      から。戦争ドラマに怪談話しと言ったも

      のが、日本の夏の定番の1つであり。

      御盆の夜には、町内の生き字引的老人の

      人が、戦争中の話しとか怪談話しを西瓜

      を食べ乍ら話しを聞き入っている子供達

      をよく怖がらせていました。

      因みに私の年齢の世代で言えば、太平洋

      戦争に従軍参加していたのは、叔父の世

      代でしたから、その時に老人の武勇伝と

      言えば日露戦争の話しや支那事変に二・

      二六事件等の時の話しでした・・・。

      (^_^;)」☆

       

       

      近年では、戦争ものと言えば妙に広島が、

      題材として取り上げられいる様ですが、

      広島の様な原子爆弾は、投下されてはい

      ないものの。

      広島と同じく軍事工場の有った神戸・大

      阪も空襲の被害を受けて一面焼け野原に

      なっていたそうです。

      当時、神戸にあった私の家も昭和19年の

      時の空襲で焼失しまったそうです。

      その時に私の父親や叔父達の子供の頃の

      写真類は、全て消失してしまっています

      ので私は、父親の子供の頃姿を一度も目

      にした事が、ない為におかしな話しと。

      笑われてしまうかも知れませんが、私は、

      自分の父親が本当に子供の頃が有ったの

      か?と感じる実感が未だに持てないのです。

      併し。対する母親の実家は京都市内だった

      為に空襲の被害も無く家も明治時代に建て

      た木造の家が残っていたので母親の幼い頃

      の写真等は、全て残っていて子供の頃から

      その姿を実際に確認していますので。

      ”あぁ。此の人も人間なんだぁ。”と思って

      いましたが、父親はある日突然に現れた。

      インベーダー見たいな感じでした・・・。

      そこに人の歴史が、他の人に伝える手段が、

      無ければ幾ら身内でもそう成ってしまうの

      かも知れませんね・・・。(-_-;)」☆

       

       

      前回から申し上げている様に私は、戦後の

      生れですので太平洋戦争時代の実際の経験

      者では、有りませが今やその戦争を経験し

      ていな人達が語り部となる時代に既に突入

      してしまっていますね・・・。

      此の時代の戦災の事を私なりに考えて見る

      と。震災の時との共通点を感じました。

      それは、阪神・淡路大震災の時も神戸市等

      の中心部の一部は、被災して焼け野原の様

      になってしまった所もあり夜に成ると真っ

      暗と成り被災者の方々は、その不安に怯え

      ていましたほんの数十キロ神戸市依りも東

      の大阪に行けばまるで何事も無かったかの

      様に街には、煌々と灯りが付きまるで何事

      も無かった様な光景が広がっていましたが、

      1945s,(昭和20年)8月15日の京都市内もそ

      れに非常に近い状態だったのだと思います。

      家が焼けてないと言う事は、先ずは家族を

      失っている人も他の地域依りも比較的・劇

      的に限りなく少ないと言う事ですからね。

      (^_^;)」☆

       

       

      さて。電車のお話しに戻りましょう。

      戦時中に市電の運転士をしていた女性は、

      広島だけでは無く。神戸・大阪を始めと

      と全国の主要都市では、行われていまし

      た。因みに私が子供の頃に住んで居た家

      のお迎えに住んでいたおばさんも市電の

      運転手をされていたのですが、子供の頃

      に。”おばちゃん。若い時は電車運転しと

      とってんで。”と言われても当時の子供達

      は誰も信用は、していませんでしたけど

      ・・・。(-_-;)」☆

       

       

      そこで私が大人になってから。今一度当時の

      事を関係者に聞き取り調査をして見たところ。

      戦時下の主要都市で女性運転士を起用してい

      た事は、事実であった事が遅ればせ乍ら確認

      が取れたので。当時の鉄道省(旧国鉄)に人に

      も聞いて見たのですが、在来線を運行する様

      な機関車の運転士や市バス等の運転手には、

      可也の経験技術が当時は、必要とされ無免許

      運行は、不可とされ女性機関士・運転手は居

      なかった様です。

      また、市電の運転士に起用されていたのも。

      女学生の様な若い未婚の女性が中心だった

      のは、機械に対する理解判断力を求められ

      た事に加えて家庭を守る責任の縛りが無かっ

      た事が最大の理由です。

      また。今では考えられませんが彼女等は全

      て無免許で営業運行していたのですよ・・・。

      (-_-;)」☆

       

       

      また。69s,(昭和44年)頃位迄は、私達戦後

      生まれの関西人に取って広島とは、広島県

      の方には大変申し訳ないですが・・・。

      とても。怖いと所であると言う1つの”トラ

      ウマ”的要素が強くその理由として上げられ

      る理由には、矢張り原子爆弾に依る放射能

      が齎した脅威で戦後米軍の核実験に依って

      ビキニ諸島で被爆した第五福竜丸のニュー

      ス等を、TV・ラジオ・新聞で当時から。

      話題になっていたからです。

      またそれに加えて。集団就職に依り広島か

      ら神戸・大阪の街工場等へ就職された方々

      のリアル広島弁が、怖かった事も理由とし

      て有りますが・・・。

      でも。以上の事からプルトニウム系では、

      過去の歴史から見ても何度も苦い経験を

      していますので、極論から申せば日本には、

      矢張り原発は、必要は無いはずなのですが

      、変ですねぇ~・・・。(-_-;)」☆

       

       

      日本と言う国は、地理的にも国土面積も少ない

      島国であり然も南北に細長く戦略的に見ても。

      非常に大陸に位置する国々依りも自己防衛し難

      い特性がありそれに追い打ちを掛ける様に資金

      も乏しい。ともなれば国として生き残るには、

      旧大本営が非常軽視して来た外交しか道は有り

      ません・・・。

      何度も申しあげて降ります様に。私は戦後の生

      まれですが、老人層世代に手の届く年齢に成っ

      てお恥ずかし話しですが、戦火の世の中に生き

      た方々のお気持ちが少し分かって来た様な気が

      致します・・・。

      もう。二度と。女学生を戦争に巻き込む様な世

      の中にしてはいけません・・・。(・o・)」☆

       


      ☆バブル期時代の女性の野心概論の巻!!☆

      0

        ☆此れ迄にもバブル期の女性の事について

        は、お話して参りましたが今回は今だから

        言える昭和女の少しDeep!!な人の性的な要

        素の部分とその野心をご紹介致しましょう!!

        (^O^)/☆

         

         

        さぁ。それではバブルな女の世界にを、

        ご案内致しましょう!!

        その前にバブルの女とは?一体どの

        様な世代に人を指すのかを此処でお浚

        いしておきましすと・・・。

        詰りそれは、日本のバブル期が1986s,

        (昭和61年)12月から1991s,(平成3年)

        2月迄の5年間に当って当時の実年齢が、

        20~25歳未満女性の方がそれに該当し

        当時の未成年の女性は、”小O△□臭い!!”

        等と言われたりまた、26歳以上の女性

        には、”もう。お婆さんで終わってる!!”

        とリアルタイムの此の世代であるバブ

        ル期女性達から呼ばれていました・・・。

        以上の事から。詰りお生まれがピンポイ

        ントで、1966s,(昭和41年)~1971s,

        (昭和46年)にお生まれの女性を差し現在

        の実年齢で言えば、52歳~47歳(2018s,

        現在で換算)の女性が日本国始まって以来

        の一番美味しい思いをした女性とも言え

        るのかも知れませんね・・・。(^_^;)」☆

         

         

        その世代の方、(女性)がボディコンスーツを、

        着用された世代でしたが、キャンギャル等の

        タレントさん達は、1~2歳此の領域の実年齢

        層依りも發った事も特徴の1つでした。

        (^_^;)」☆

         

         

        当時。標準的な美人と言われた女性は正に。

        こんな感じの女性で身長も最低でんも158

        儖幣紊鰐気ては、幾らグラーマーなNice

        Body!!を持っている女性でもボィコンスー

        ツは似合いませんでした・・・。

        身長の低い女性にボディコンスーツを着せ

        るとそれは、まるで女児に無理矢理に大人

        の女の色気を出せ?!と言わんばかりのアン

        バランス差に此の時代の一般男性達は引い

        てしまっていました・・・。(-_-;)」☆

         

         

        ボディコンStyle!!スーツの本来の目的は、

        何か?と問われれば、それはSEXが目的の

        衣装でした。

        事実。当時、男性を呼び込む必要の無か

        った女性は、同じ此の世代の女性でもボ

        ディコンスーツを持っていなかったり。

        話題性の為に、1・2着は一様は購入して

        見て自宅でコッソリ!!と着用しその自分の

        姿を鏡で見てみて外に出て行くのは。

        やっぱり。NG!!と言う事で、その間々ク

        ローゼットの奥にお蔵入りしてしまう。

        と言うのが最も多いパターンでした・・・。

        (-_-;)」☆

         

         

        現在の若い方には理解が出来ないのかも

        知れませんが当時は、街へ出ればこんな

        お姉さんが沢山居ました。

        ディスコやパブへ行けばパンチラ!!何て。

        極々当たり前の様に見えていました。

        それは、一種のHoneytrap!!で意図的に

        見せつけていた女性も多かった事で此の

        時期は同時にイタリア等の輸入高級下着

        が爆発的に売れいたて時期でもあり。

        彼女達の最大の目的は、同性(女性)の友人

        に対して。お金や社会的権威を有した二枚

        目男性をGet!!する事が最大の目的でしたが、

        一部では、単に無料で食事をして性交渉を、

        スポーツとして楽しんでいる人(女性)もい

        ましたが、ボディコンスーツを決まって。

        着熟せている女性の68%の確立(GEKKO調べ)

        で性病を持っている人がいました。

        此の時代には、未だAIDS等は未だ日本国内

        には上陸はしていなかったのいですが、淋病

        梅毒は勿論でしたが、一番多かったのは、

        毛虱とクラミジアで私の知っている男性の中

        で同級生や職場同僚の中にも此れらを頻繁に

        女性から貰い受けて泌尿器科へ受診している

        者もいました。

        以上の事からも言える事ですが偏見で物事を、

        判断はしたくはないのですが、ボディコンス

        ーツを頻繁に着用している女性は性交渉を、

        不特定多数の男性と持っているいケースも

        多く男性達には、或る意味暗黙のリスクバロ

        メーターにも成っていました・・・。

        (-_-;)」☆

         

         

        でも・・・。こんな感じで女のお色気ムンムン💛

        のボディコンスーツの女性に此の様に見詰めれ

        て男性の二の腕を取り自分のバストに押し当て

        るのがパブやディスコでよく散見された光景で

        したが此の時点で男性はもう欲情を抑えられな

        く成っていました・・・。(-_-;)」☆

         

         

        次にパターンBと呼ばれた手法ですが、

        女性をに少し多めのお酒を飲ませて。

        眠らせてその介抱をすると見せかけて

        その間々ラブホ💛(ファッションホテル)

        へと連れ込むと言う手口も此の時期最

        もStandard!!な手法でした。

        此れについては、何故自宅へ連れ込ま

        ないのか?

        と言うと。バブル期の不動産価値は異常

        な迄に高かった為に。高額家賃の問題か

        ら若い人では中々外で独り暮らしが困難

        で有った為に男性も女性も実家暮らしが、

        多かった事が最大の理由です。(-_-;)」☆

         

         

        併し。此処で要注意すべき点として。

        実はアルコールに非常に強い女性が、

        酔ったふりをして寝込んだマネを、

        し更に。事前に穴の開いた避妊具を、

        事前に仕込んで於いてその後。彼女

        が妊娠した事を知らされた結果に自

        殺をしてしまうのではないのか?

        と思う位に迄落ち込んでしまったい

        た、男性を何人も見て来ました。

        ですから。男性が女性に罠を掛けた

        つもりが実は、男性の方がまんまと。

        反対に女性の罠に掛かってしまうと

        言ったケースも少なくは有りません

        でした・・・。

        女性は、自分が好いな。と思った男

        性には如何なる手段を講じても手に

        入れる!!それは、まるで裏柳生烈堂

        の手の者を思わせるかの様でしたね

        ・・・。

        女性は本当に恐ろしいもです・・・。

        (-_-;)」☆

         

         

        今回は少しダークな部分をご紹介して

        しまいましたが、それでもバブルの時

        代は実に華やかで良かったですよぉ~!!

        もう歳も取ってしまったので敢て此の

        時代に、私は戻りたいとも思いません

        が数々の思いは、非常に有り難いと思っ

        ておりますし。それ等思い出が現在の

        若者達に無いのは少し可愛いそうな気

        が致します・・・。(^_^;)」☆

         


        ☆母は、荒野のGun Woman!!だった・・・。の巻!!☆

        0

          ☆突然ではありますが私が初めて銃を手に

          したのは、2歳の時で日本の刀はそれ依り

          も1年半遅い私が3,5歳の時でありました。

          とは言っても勿論、銃は本物ではなくモデ

          ルガンだったのですがそれでも当時は、プ

          ラスチック製のモデルは無く全て金属モデ

          ルだったので真面なGun Play Action!!が、

          出来る様に成るのは小学校の1年生の時で

          此の頃の日本では、一大Western Boom!!

          が巻き起こっていました・・・。(・o・)」☆

           

           

          そんな物心も付かい頃の私に銃を持たせた

          のは何を隠そう私の母でした・・・。

          母は、勿論戦前の生まれだったのですが、

          母の兄である私の叔父に銃の扱いを小学生

          の時から教えて貰い自分が中学3年生になっ

          た頃には既に自身の兄の腕依りも上手く成っ

          ていた様です・・・。

          残念乍ら。私の母は思いっきり。Japanese!!

          なので白人女性が持っている様な美しさは、

          持ち合わせてはいませんでしたがそれでも。

          射的の名手で縁日には、その射的の腕前で、

          私と私の弟に射的で欲しいおもちゃやお菓子

          を取ってくれたもので撃ち終わった後には、

          よくライフルをピストルの様にクルクル!!

          とよく回しているその姿は、自分の母乍ら

          カッコ好いなぁ~!!と思ったものでした・・・。

          (^_^;)」☆

           

           

          銃の分解結合も物凄く適確で素早かったの

          を覚えています・・・。

          我が家のお恥ずかし部分をカミングアウト

          してしまいますが此の様なものは普通は、

          お父さんが趣味に持っていると言うのが、

          一般的なのですが私の父は、天気鋭的な

          亭主関白では有ったもですがこれまた貧乏

          坊ちゃんだったのでこの手の物は点でダメ

          でしたので本当は、興味が有っても余り

          話題には触れない様にしていました・・・。

          此れは、昭和の男のプライドを傷つられ

          たく無かったからなのです・・・。

          (^_^;)」☆

           

           

          また、私が放浪次第にお世話に成ったお宅の

          では、おばあちゃんが銃で創作物を狙う狐等

          に対して発砲していましたが此れは日本国内

          では無くイギリス。ドイツ・旧ソビエト領諸

          国の女性達でした・・・。(・o・)」☆

           

           

          日本国内では、非常に少ないですが海外では、

          こんな感じのお婆さんが意外にいらっしゃい

          ましたよ・・・。(^_-)-☆

           

           

          現在でも。偶に子供達にGun Play!!を見せたり

          教えたり出来ているのは、以上の理由からで人

          は幼少期に覚えてたものは、一生ものであるの

          で将来秀才と凡人に分かれ道と成ってしまいま

          す事実国立大學へ進学し博士課程を終了した方

          等の幼少期の頃を事をお聞きして見ると。

          皆さん共通している事は、一般教養としての学

          習を始められている事で、私の場合は銃が無い

          処か?軍隊も無い国でこんな何の役にも立たない

          ものを何故故に?教えたのかは未だ謎の間々なの

          です・・・。(-_-;)」☆

           

           

          それでも。Gun Woman!!は、かっこ良かった!!

          事だけは、事実だったと思います・・・。

          ですが、そんな母でもマシンガン等のもろ戦争

          で使用しているような軍用銃は、嫌っていまし

          たので当時、幾ら強請ってもTV映画コンバット

          でサインダース軍曹が持っているトミーガンや

          ドイツ軍が持っていたシュマイザー等は買って

          は貰えませんでしたのでこれ等は、母には隠し

          て祖母に買って貰いました・・・。(-_-;)」☆

           

           

          Gun Play!!としては、男性が行う依りもしなやか

          なAction!!が出来る女性の方がカッコ好かったと

          思いまます。

          最近では、モデルガンやエアーガンを練習したり

          すう事が出来る場所も殆どなくこのアイテム業界

          は可也規模が縮小されてしまいましたが今でも。

          若かりし頃の華麗な母のGun Play!!は記憶に今で

          も残っています・・・。(^_-)-☆

           


          ☆戦前昭和の女子学生達の巻!!☆(北九州編)☆

          0

            ☆美人はとはいったい何処に居るのか?

            等と言うお話しは以前にもご紹介させて

            頂きましたが近年ではプライバシー保護

            法の為、美人な方を発見しても中々真面

            な画像がお伝え出来ない事が残念であり

            ますので今回は基本100年近く以前の九

            州人女性をご紹介して参りましょう!!

            (^O^)/☆

             

             

            戦前・戦後に於ける美人な女性のお顔と言えば、

            此方の方の様な奥二重の瞳か大きな一重瞼を、

            持つ女性が美人の魅力を持つ最大の要素と成っ

            て降りましたので寧ろ大きな二重瞼の瞳を持つ

            女性は美人ではない。と言われていた事を記憶

            して降ります。(・o・)」☆

             

             

            それが白人女性の様な大きな二重瞼の瞳を持つ

            女性が好まれたのは意外に遅く外国人女性のグ

            ラビアが流行した後の80s,代に入ってからの事

            で事実70s,代迄は、歌手の山口百恵さんの様な

            キリッと!!した奥二重の瞳の女性が好まれてい

            たのも事実でしたが北九州地区の女性達は戦前

            から現代人風のお顔だちで当時から時代を先取

            りしていた様に思います。(^_-)-☆

             

             

            此方の女性は、北九州の某所で親族の方が新家

            を建築された時に捨てられてしまうところを私

            がお助けした写真でその家の曾祖母さんらしい

            ですが髪型と着用している着物から判断すると。

            大正時代の女学生時代に撮影されたものと推定

            されます。

            此のスタイルで撮影された写真は私の曾祖母も

            女学生時代に撮影された写真も同じスタイルで

            すがそれは大正時代に撮影されたものでは無く

            明治時代撮られたもので勿論、此方の方依りも

            年齢は私の曾祖母の方が上、と言う事に成る訳

            ですが、失礼乍ら。当時の神戸市と北九州地区

            では時代が数十年女性のFashion Style!!として

            は遅れていた事が確認出来ます・・・。

            とは。言うもののご本人がお美しい方である事

            には間違いの無い事実ですよね!!(^_-)-☆

             

             

            此方は、1934s,(昭和9年)に流行した当時の流行歌

            である”九段の母”の寸劇を北九州某所地区での町会

            のタツ子さんが演られた時に撮影された写真ですが、

            九段の母は、戦死して神と成り東京九段に位置する

            靖国神社に祀られている我が息子に会いに杖を突い

            て独りで故郷の田舎から上野駅経由で会いに行くと

            言う歌詞の歌でしたので設定では九段の母とは。

            九州ではなく東北から北のArea!!に住む”母”と言う

            お話しに成ります。

            此処で注目して頂きたいところは彼女の胸元でに

            あり上段の画像の女性とは微妙に胸元の開きが異

            なっていますが此れは当時女性が胸元を開くと言

            う事は、”男を誘っている!!”とされ憲兵や特攻警察

            に一般警察官依り”殴る!!”と言う名の指導を受けて

            しまう事に成りますが流石に昭和時代にも成ると西

            洋文化でもある洋服が一般化し始めるので胸元も少

            しづつ開いて行きますので昭和・大正・明治の段階

            で女性の胸元は閉まって行きます。(・o・)」☆

            でも。此方のタツ子さんも老け役でお婆さんの役を

            演じられたので此の様なStyle!!をされていますが、

            本当にお綺麗な方ですよ!!(^_-)-☆

             

             

            戦中勿論の事、戦後である昭和20年代頃迄は、

            小学生の女ん子のスカートのストラップ部に

            は当時のお母さんのお手製の名札を直に縫い付

            けていましたが本土ではバッチ式の名札に既に

            変更されていました。

            現在でも本土である。神戸・大阪・京都・名古

            屋・横浜・東京と比べても九州人女性のFashion

            性は異なっています。

            相対的に見てベテラン女性世代は本土の女性依り

            も物を大切に扱っている事が分かりますよ。

            現代・九州女性の記事についてはま別の機会にご

            紹介致しますのでお楽しみに!!(^_-)-☆

             


            | 1/2PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << December 2018 >>

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            search this site.

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM