☆Herr Kaleunt!!&Der Praesident!!の共有する危機回避の巻!!☆

0
    ☆U-Stiefel, von der Deutschland Marine sagte, ein Unterseeboot
    von zur Welt stolz, die Angst von waehrend des Zweiten Weltkrieges
    durch Wolf und die Buendnislaender des Meeres hatte, zu sein,
    hetzte wild in den Atlantik.
    Die Figur hatte der wilde Wolf selbst, den welcher auf Spiel
    von einem gemeinsamen Team richtete, recht.



    長く生きていると人の人生や企業の経営等は、大海原を航行する船に共通をする
    事が以外にも多い事に気付かされるものです。(・o・)」☆
    その舵取りを任されるのが海の上で有れば、船長に成り空上では機長として
    陸上で有れば車長と成り海の中で有れば艦長と成る訳ですがこの中でも、
    一番メンタル等を強く持ち合わせて居なければ成らないのが潜水艦の艦長と成ります。
    此れは他の乗り物場合は少なからずともそれぞれ脱出手段が有るのに対し潜水艦は、
    危機的状態に陥っても基本的には脱出不可能!!と言う事に加え最悪な危機的状態から、
    死に至る迄の間が一番短いとされる航空機等に比べ死の恐怖を実際に実感する時間が、
    最も長いとされるからでそれ故に潜水艦の艦長は如何なる状態に陥っても”決して諦めない!!”
    と言う忍耐力を及び冷静な判断力が問われる事と成ります。(・o・)」☆



    その艦内は非常に狭く人間が生活する為の行動も制限されトイレですら中々自由に、
    済ませる事が出来ずその上燃料の軽油・電池の容量・魚雷等の弾薬・食糧・医薬品と、
    それに他では殆ど心配する事のない”酸素!!”至迄制限される等どれを取っても、
    厳しく制限を受けながら艦長はその時々に応じた冷静且つ的確な判断を各クルーに、
    対し指示し操艦しなくては成りません。(・o・)」☆



    狙いを的確に見定めて。上記の様な制限も鑑み沈着冷静な行動を部下に指示する。
    此れは、チームリーダーとして現代日本人が一番欠落している事では無いでしょうか?
    チームリーダーとは、公務員や民間企業の方々の管理職の方の事だけでは無く、
    各家庭の一家の家長を勤めるお父さんにもその責任力を問われて来ると思います。(・o・)」☆



    U-Boot-Bunker,から出向するU-Boot,ですが日本のイ号潜水艦よりも可也小型の
    タイプなのは旧日本海軍の様に無補給で地球を何周も出来る様な長距離を航行する
    目的も無く又、小さい分だけ爆雷投下の攻撃を受けた際に敵の索敵や爆雷照準を、
    困難にする目的も兼ねそろえていました。
    此れも大企業に場合は僅かな日数のタイムラグでも運転資金等が回らなく成ると
    直ちに倒産?!的自体に陥るのに対し運転資金の小規模な中小企業や個人商店等は、
    以外に持ち堪える処等も潜水艦によく似ています。(^_^;)」☆



    このカジキマグロのエンブレムが北大西洋を象徴するかの様なイメージで、
    如何にゲルマン的なデザインですね。(^_-)-☆
    この様に出港の時に拘わらず人が何かを始め様とした時には必ずと言って、
    良い程世界的にもお見送りが有ったものですが個人主義を強く主張する
    現在では余りこの様な光景を港へ行っても見掛け成りましたね。(^_^;)」☆



    帽子のTOPに白い日覆のカバーを取り付けられるのは、”Der Kapitaen,”
    の象徴としてドイツ海軍の伝統として受け継がれいます。(・o・)」☆
    でもヨーロッパの土産物屋さんへ行けば必ずと言っよい程に見かける
    キャプテンウィリー見たいな木彫りの置物が日本の北海道の羆の木彫り
    の置物の様な存在ですがこの画像はそのモデルと成った様にも感じる位に、
    似ているトムゼン艦長です。(^_-)-☆



    此れが前回のブログでもご紹介させて頂いたドイツ海軍の尉官の軍帽ですが、
    私が約35年位以前に東京の某有名SHOPa,で販売されていたオリジナルの士官帽は、
    もっと。綺麗で良好なコンディションで¥4800だったのでアメリカの蚤の市では、
    ¥800位でドイツ前後の旧国家体制の元では、ナチ物は今以上禁止の締め付けが、
    厳しかったので略無料状態でしたのでこの頃必死に略独学でドイツ語を勉強した
    ものでよくLeica,製のカメラを買って帰りました。(^_-)-☆



    まるでゾンビ?!状態と化してしまった状態でも必ず出港時の母港へ帰る
    処等は特攻大好き!!の一方通行主義の日本人には考え難いストーリですね。
    映画ではこの後に悲劇が起こる訳ですが艦を母港へ返したと言う事では、
    もう十二分に艦長としての任務は果たせたものと私は思います。(・o・)」☆



    スタッフ達にも何時も言っている事ですが”GEKKOも皆潜水艦のクルーなんだよ。”
    って話して降りそれは此れから起こる有りと有らゆる困難を克服し未来と言う人生の
    大海原を航行し軈ては皆それぞれの艦を持ちリーダーへと成長して行く訳ですが、
    それを正しく適確に導く義務と責任が我々経営には有ると私は何時も強く感じています。
    (・o・)」☆

    | 1/1PAGES |

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM