☆お洒落な個性Fashionが歴史を動かす!!の巻!!☆

0

    ☆最近、昭和親爺目線のエントリー記事の話題

    が続いてしまい何時もブログを見て下さってい

    る女性人の方々には、本当に申し訳ないと反省

    している次第で御座います・・・。

    何時も。エロとか?武器?見たいなお話しですみ

    ません。この場をお借り致しまして女性人の方

    々には、本当にお詫び申し上げます・・・。

    ☆<m(__)m>☆

     

     

    当、GEKKOでもヨーロッパアンティークファ

    ッションが廃止に成った訳ではないのですが、

    現在、専属の女性スタッフが欠員と成っている

    関係から倉庫から在庫の移動が出来なく成って

    しまっているからなのですが少し余裕が出て来

    ましたら私も逐次ご紹介出来ればなぁ~?!

    と考えていますのでもう暫らくお持ち下さいま

    せ。現在では日本国内でのレトロPOP等を含む

    アンティークファッションアイテムの需要が、

    90s,代に比べ極端に低下してる関係からコンス

    タントに輸入をしている業者さんも少なくまた、

    交流のある同業他社さん等も新規の輸入を絞っ

    ている関係からも既に個人コレクション等も手

    放されたオーナーの方々も多くお手頃なアイテ

    ムを見つけるのには、意外と苦労するのが現状

    と言えます・・・。(-_-;)」☆

     

     

    此方は、1700s,頃のFranceのジャケットとジュ

    ップのSet up!!的Dress!!の裾に施された刺繍で

    すが製作されてから既に300年以上が経過してい

    ますが此の個体は非常に綺麗な状態をKeep!!し

    ていますが日本では、湿度がヨーロッパとは比べ

    ものに成らない程、湿度が高いので個人レベル

    の保存管理は、大変難しいでしょう。(^_^;)」☆

     

     

    ほら。とっても。可愛いでしょう!!

    でも。此れ繰り返して申し上げますが本当に、

    300年以上のものなのですよ・・・。

    ジャケットは、赤と白の縞柄の絹プロケード

    が何とも素敵では有りませんかぁ~?!

    これぞ本物のみが許されるFashion sense!!

    なのですぅ・・・。(^_-)-☆

     

     

    更にシルバーの釦留めと大きな折り返しの

    衿が初夏のFranceによく合いました。

    また、麻布に似た非常に上質な布リノンは、

    細かい絹糸で緻密に薄く織られた平織で軽

    やかさや透明感はこれ以降流行の素材条件

    となりペルカル・モスリン・ゴーズ等と共

    に当時の若い女性に好まれました!!(・o・)」☆

     

     

    勿論、オリジナルでは高価であり更に実用になる

    着用しづらいものと成ってしまいますがこれ等の

    デザインをヒントに現代版もオリジナルを製作し

    て見るのも都のしいと思いますし更に釦やリボン

    ・レース等は当時のオリジナル品を組み合わせる

    事で本物へと変化して行きますよ・・。

    但し。針仕事やミシン操作は必要では有りますが、

    基本の家庭科が出来る方ならOK!!デス!!

    日本の現代人女性の方々は皆さん。体も大きくて

    Style!!もGood!!なのできっと。御似合間違いない

    デス!!ハイ!!是非共、一度製作にもTry!!して見て

    下さいね!!出来る事は、可能な範囲でサポートさ

    せて頂きますよぉ~!!(^_-)-☆

     


    ☆神戸の小さなファッションの巻!!☆

    0
      ☆初夏とも成って来れば街は淡いカラーの
      FashionStyle!!でその昔は溢れていたもの
      ですが昨今の世の中では人々の生活がデジ
      タル化されて来た事に依り昭和人に比べて
      平成人の外出率は非常に少なく成って来て
      います。(・o・)」☆



      此の日も久しぶりに神戸の街へ戻って見ました
      が余りにの人の少なさに驚きを隠せませんでし
      た。バブルの頃にはカジュアルな方々だけでは、
      無くトラック等の商用車等が処狭く並び荷卸し
      や荷積みの為に停車していたものですが現在で
      は人も車も極端に少なく成り正直言って先日迄
      いた被災地の熊本県依りも神戸市は元気がない
      様な印象を強く感じてしまいました・・・。
      (・o・)」☆



      バス亭でも人はまばらでいったい。此の街に何が
      有ったのだろうか・・・?と思う位に人がいません。
      九州では被災していても外国からの観光客の方々
      は来日し続けているのに何とも言えない心境です
      ね・・・。(-_-;)」☆



      三ノ宮の中心地へ行ってもこんな感じですね・・・。
      東京や九州地区の方々に冷え込んだ関西の現状を、
      ご説明するのには何時も苦労してしまうのです
      よね・・・。(-_-;)」☆



      街のファッションセンスのバロメーターと成るのは、
      勿論、女性と成りますが少し誇張した表現をさせて
      頂きますと若い女性達が非常に少なく感じてしまい
      ますので出会う?と言う依りは探す?って・・・。
      イメージに近いのかも知れませんよ・・・。(-_-;)」☆



      現在の平均的な神戸の女性のファツションスタイル
      は此方の女性のスタイルではないでしょうか?
      神戸は、1995s,(平成7年)に阪神淡路大震災で被災
      して以来女性のファッションスタイルは大きく方向
      変換してしまいました。(・o・)」☆



      それは、見せるファッションから実用性を重視
      される様に成って行った事に依り平成生まれ以
      降の女性達もそれを継承しているのが現状と言
      えますので此の影響を受け神戸の老舗を含むフ
      ァショナブルな店舗が次々と閉店されその影響
      は他業界にも大きく影響をしています。(・o・)」☆



      それでも。神戸の街は港街なので白人女性とその
      街並みが良く似合います。(^_-)-☆
      大阪では今、ロシア人女性達が日本人男性との国
      際結婚で急増している様な印象を受けますが神戸
      の白人女性達は、アメリカやカナダの方が未々主
      力でいらっしゃいますね・・・。(^_^;)」☆



      此方は、兵庫県庁等で掲示されている防災ボラ
      ンティアに出陣する時にの指導用パスターの一
      部ですが今迄ご説明して来たファッションの根
      源とは此処に有り此方のスタイルが現在の神戸
      の女性達のFashion!!ベースとして根付いてしま
      っています・・・。(-_-;)」☆



      現在では、1996s,(平成6年)迄の様な華やか差
      は無く成ってしまった背景には矢張り震災の傷
      跡である負の遺産を現在に引きずっている気が、
      致します・・・。(-_-;)」☆




      ☆ParisのCafe'style,の巻!!☆

      0
        ☆Cafe'style!!と言う文化は我が国日本に於いて欧米諸国とは基本的理念が、
         異なっています。(・o・)」☆
         海外では、お茶をすると言う行為は庶民の代表的生活文化である事に対し、
         日本ではお茶とは千利休から始まり高貴な高い身分の選び抜かれた者しか、
         嗜む事が出来ずお酒依りも高価な品としてスタートしていますので喫茶店
         での飲食料が常に欧米諸国とは温度差がついていたのも仕方ない事でると、
         言えます。(・o・)」☆



        基本的に東洋文化の中では野外で飲食をする事は、”野蛮?!”とされて、
        いましたのでこの様な解放的なteatime,には私達世代の物には憧れでも
        有った訳ですね!!(^_-)-☆



        この様に海外では、お一人でteatime,を楽しんでおられる女性に等
        の声をお掛けする事は、OKです!!(^_-)-☆
        併しながら、日本国内で見知らぬ人に声を掛ける事は何かのキャッチ
        セールスか?将又、犯罪系?!の匂いがする?!見たいな印象を受けてし
        まいますので会話が有っても一方的なので喫茶店での解放感は無い
        ですよね!!(^_^;)」☆



        France,のespressoCoffee,って少しHeavy!!ですよね!!(^_^;)」☆
        私は、若い頃は欧米のCafe'やRestaurant,へ行ってはメニューを、
        貰う事がhobby!!的に成っている時期もありましたがそのデザインや
        カラーはどれもお店の個性が表現出来て降り綺麗なものばかりでした。(^_-)-☆



        以前の記事でも少しお伝えしましたがヨーロッパ女性白人女性達に取って、
        黒髪は憧れなんですよぉ〜っ!!(・o・)」☆
        ですから、黒髪に頃の衣装そしてBlackCoffee!!は、ヨーロッパの大人の女性
        の象徴的存在であり寧ろ色の無い事が真のお洒落であるのです!!(^_-)-☆



        ヨーロッパを象徴するカラーの中でBlack,の他にもう一つ代表とされるカラー
        がRosepink!!!なのです!!(^_-)-☆
        シンプルなカラーに洗礼されたデザインは人の心を虜に致しますよね!!(^_-)-☆

        ☆80s,レースクイーン伝説の巻!!☆

        0
          ☆Race queen!!は、1960s,代後半に小川ローザらがサーキット
           でモデルとして活躍したのが起源といわれているいますが、
           今回は、その歴史の中でもピークを迎えたバブル期の80s,
           後半のデザインに尽いて解説して行きたいと思います!!(^O^)/☆



          本来の目的は、勝者をイメージする象徴的存在でありそれは、
          現在は死語と成っている両手に華を表しその意味合いとして
          は強い雄のみが子孫を残す事が許される自然界での動物的本能
          から由来しているものと思われますが、先日もこの事に尽いて、
          当時パイロット&レーサーだった方々とお話しをする機会が有り、
          この昭和期のレースクイーン運用の議題が出た訳ですが今から、
          思えば、物凄いセクハラ行為だったんですよね。
          だって夏の暑い日差しをパイロットが避ける為にレオタードや
          水着姿の略裸の女性にパラソルを持たせ女性は男性の陰に成って
          いた訳ですからね!!(^_^;)」☆
          でもそれが昭和中期位迄の日本女性の正規の姿でも有ったと言える
          のかも、知れませんね!!(^_^;)」☆



          女性のボディーラインが一番出ていたのが80s,代のレースクイーン
          で有りワンピースのレオタードタイプの水着を身に着けているとは、
          言えテーマとしては、”全裸にハイヒール!!”だったので当時の若い
          世代の男性を、釘付に致しましたがこの時代には未だデジタルカメラ
          は無く水銀フィルム使用のカメラしか無かった為に身近に現存している
          写真資料も意外と少ないんですよね!!(^_^;)」☆



          又、この時代はBudweiser !!Heineken!!等の各種輸入ビールの
          キャンペーンガール等や南アフリカ共和国のポールクルーバー
          社のアップルサイダーのロゴ入りのレオタードが懐かしいと処
          でもあります。
          この時代の私は、各種裏方のスタッフのアルバイト等もしていた
          時期であり、各種キャンギャルも裏からの目線で見ていたのですが、
          その中での当時のエピソードを例に挙げますと。70s,代後半〜80s,
          年代の女性の水着にはワンピースタイプであれビキニタイプであれ、
          肩ストラップが無いタイプのものが多く大変申し訳ないお話しですが、
          余りバストの無いモデルさんの場合は、スタイリストさん泣かせ!!
          と成っていました。(^_^;)」☆
          中には、撮影の際にパットやタオル等で応急処理をする等で口論と、
          成りトラブルと成るケースも有りました。(-_-;)」☆



          デザインも80s,代では、シンプルなものが基本的スタンダードであり
          カラーも原色の単色のものが多かった事が特徴的でした。(・o・)」☆
          この時代に人気深夜番組であった11PMでもこんな感じの女性達がよく
          ご出演されていましたもでご記憶に有る方も多いと思います。(^_-)-☆



          レースクイーンの方に撮影を求める際には、サーキットのコース
          上で求める依りもこの様なPit,の裏方での自然なショットの写真
          の方が女性の美しさが依り引き立った作品が上がっていました。(^_^)v☆
          つづく・・・。

          ☆制服とは。女性の心の鎧?!の巻!!☆

          0
            ☆西洋人女性文化と東洋人女性の価値観の異なる物にファッションスタイル
             が挙げられますがその中でも特に”uniform!!”に対する思入れは日本人
             女性には特特別なものが有る様ですね!!(^_^;)」☆



            個人の個性を大切にする西洋文化とは、日本の文化は個性のアピール
            の表現が、異なり日本人女性はファッション一つを取り上げて見ても、
            組織的な表現を女児の頃から求めて来ました。
            此れは昭和人女性も平成人女性も共通する点であると思われます!!(・o・)」☆
            その具体例として挙げられるものが、”各種制服”です!!(・o・)」☆
            世の女性の方々のその殆どの方は、”自分自身が特別な存在で有りたい!!”
            と言う願望が各種アクサリーに化粧品そして洋服等のファッションブランド
            が、確立されているのだと思います。
            本当は、自分1人が輝きたいと言う願望は、持っていても万が一にもマイナス
            の面で他の人に評価をされた場合の恐怖心から誰もが既に認めている制服へ
            走る傾向が有り此れは、現代人女性にとって現代の”鎧”的な保険とも、
            言えるのでは無いでしょうか?(^_^;)」☆



            私の知人や友人の女性達のを例に挙げて見ますと人から何を言われ様とも、
            取り敢えず自分の個性をアピール出来た女性達は、皆さん現在は”社長”
            に成られています。面白い事に彼女らは皆さん制服が嫌い!!と言う事で、
            人の人生を世間の視線と言うレールの上に乗せられて走る事が嫌だった
            からですね。(^_^;)」☆
            反対に制服の好きな方は、失礼ながらご自分に保険をお掛けに成っている
            方が多い様な気が致しますね。
            併しながら、皆一緒?!と言ったこれ等は我々日本人文化のスタンダードで有り、
            此れについての考え方は、男女の性別は無い事でも有りますね。(^_^;)」☆



            制服とは、ベースであり与えられた物を如何に美しく見せるかのか?
            この事については日本人の感性は、世界に誇れるものであり素晴らしい事、
            で有りますが欧米人の様に0やマイナスから物事をスタートをさせる事が、
            日本人には、古来から苦手とするDNAを持っているからなのでしょうね。(-_-;)」☆



            制服の強みは、仮に単品に於いては他の方々依り認められない様なデザイン
            で有っても。”皆揃える?!”と言う事で美しく見栄えする特色があり此れは、
            海外の方から見れば”軍隊”をイメージして怖い?!と言う意見もありましたね。
            次に、コスプレの分野は制服文化の様な政治的pressure!!とは切り離されて
            居ますので此方は趣旨が異なります。(・o・)」☆



            それでも制服は、どの様な業界のuniform,でもキリッとしたイメージを与え、
            男性依りも小さな体を持つ女性の体だけでなく心身共に大きく見せる事が出来、
            例としてお客様がデパート等で迷って困っている様な不安な気持ちを緩和して、
            頂ける魔法の鎧と言った表現も出来るのかもしれませんね!!(^_-)-☆

            | 1/2PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << July 2017 >>

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            search this site.

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM