☆カッコ良かったギャリソン中尉の巻!!☆

0

    ☆ギャリソン・ゴリラのエントリー記事は、

    以前にも一度ご紹介してはいるのですが、

    先日、倉庫を整理していると懐かし資料が、

    又々・・・。発見されましたのでご紹介致

    しましょう!!(^O^)/☆

     

     

    此の作品が放映されたのは、1967s,(昭和42年)

    9月~1968s,(昭和43年)3月で日本で放映された

    のはその遅れる事約1年の1968s,(昭和43年)1月

    ~の事で此の時期はTV映画コンバットの人気が、

    既に国内で定着していましたので此の頃から少し

    づつ戦場スペクタクル作から品スパイものに移行

    する丁度初期に過渡期作品と言えるでしょう!!

    (・o・)」☆

     

     

    隊長のギャリソン中尉を演じたのは、ロン・ハーバー

    はで実に冷静でニヒルな隊長を演じられていました。

    彼の日本語吹き替えを担当されたのは俳優の田口計氏

    で田口さんは声優では二枚目役をされて降りましたが、

    俳優業では、悪行代官や犯罪組織の幹部等々数々の悪

    役を熟されて降りましたが当時はまさかそれがあの。

    ギャリソン中尉だった事は意外に気付かれず知られて

    は降りませんでした・・・。(^_^;)」☆

     

     

    此方は、クールな殺し屋・ナイフ投げのアパッチ

    を演じたブレンダン・ブーンで日本語吹き替えを、

    担当されたのは此れまた日本の名悪役を務めされ

    ている俳優の田中浩二氏で後にアニメではあのエ

    ースをねらえ!の宗方仁・西高コーチも演じられて

    居られましたよね・・・。(^_-)-☆

     

     

    そして。スリと忍びの天才イタチを演じていたの

    はが、クリストファー・ケリーで日本語の吹き替

    えは、則巻千兵衛さんやブライキング・ボス等々

    でお馴染みのあの内海賢ニさんが担当されていま

    したが唯一のお姉キャラ!!のギャップがとても印

    象的で記憶に深く残っています・・・。(^_^;)」☆

     

     

    更に此方は、”俺に鍵は無用だぜ!!”でお馴染みだ

    った金庫破りのカジノを演じられたルディー・ソ

    ラーリ氏で日本語吹き替えを担当されたのは渡辺

    猛氏でみなしごハッチの宿敵カマキリの声やキカ

    イダー01のワワルダーの声等も担当されていまし

    たよねぇ~!!(^_-)-☆

     

     

    お待たせ致しました。此方が或る意味此の作品

    の本当の意味でのキーマン?!とも言うべき重要

    な存在さった。ペテン師のアクターで”口八丁

    変装に掛けては役者依り上だぜ!!”と言う名セリ

    フが妙にギャリソン中尉依りもカッコ良かった

    ですぅ!!日本語吹き替えを担当されたのは、

    森山 周一郎さんで他には、刑事コジャックの

    テリー・サバラス等のお声も担当されています

    が此のテリー・サバラスについては、ご本人の

    正式な公認を得ている本当に凄い!!方ですよね!!

     

    残念な事にに此の作品を演じられていた俳優さん

    も日本語吹き替えに声優さんも既にお亡くなりに

    なられた方もいらっしゃますので非常に寂しく感

    じてしまうのすが作品自体は今見ても古さを感じ

    させない本当に楽しい作品なので特に平成のお生

    れのお若い方にも是非とも見て頂きたいです。

    (^_^)v☆

     


    ☆"MONK,の文句の巻!!☆

    0
      ☆”MONK”とは。2002s,7月12日〜2009s,12月4日に、
        掛けてUSAネットワークで各シーズンが放送されて日本では。
        NHK-BS2で2004年3月30日からレギュラー放送が開始された
        ミステリータッチのコメディドラマで日本では、”名探偵モンク”
        と言うタイトルで放送されました。(^_-)-☆



      あらすじとしては、サンフランシスコ市警の伝説的刑事エイドリアン・モンクは、
      妻のトゥルーディーを自動車爆弾によって何者かに殺されその犯人を、
      検挙することができなかったモンクは次第に強迫性障害がひどくなり、
      刑事を休職し、自宅に三年間閉じこもる事にその後、看護師である
      シャローナ・フレミングを、アシスタントとして採用し、
      警察の犯罪コンサルタントとして犯罪、そして様々な恐怖症と戦いながら、
      復職とトゥルーディー事件の解決を目指して行きます。
      日本語吹替え版では、主人公のエイドリアン・モンクを担当されていたのが、
      俳優の角野卓造さんで個性的な演技が見所の一つでもありました。(・o・)」☆



      エイドリアン・モンクを取り巻く警察の元上司やズッコケの元同僚等、
      個性のあるキャラクター達がモンクをサポートしながら問題を解決して、
      行く訳です。(・o・)」☆



      画像(右側)は、モンクのコンサルタント&カウンセラーのシャローナ・
      フレミングで元看護士と言う設定でこのドラマは元、何々⁈と言った。
      過去の経歴保持者が大活躍をすると言った異色的なストーリーです。(・o・)」



      強迫性障害と言う依りは極度の潔癖症&鬱病で何と。38もの恐怖症を、
      抱えている病人である彼が警察の凶悪犯罪や難題に対してコンサルタントを、
      していると言う実に滑稽なストーリーがこの作品の魅力だと思いますよ。(^_-)-☆
      見所は、コンサルタントを必要している病人がコンサルタントを、
      しているところに有りますよ。(^O^)/☆



      未だご覧になられていない方は是非一度ご覧頂きたい作品で現代の日本人の
      持つ悩みや様々なハンディーを仲間達を通じて明るくそれぞれの障害に、
      立ち向かい問題を解決して行くその様は暗いニュースの続いているシビアな
      時代に少し心の光を感じる事の出来る作品だと私は思います。(^_-)-☆

      ☆懐かしい。海外TVドラマシリーズの巻!!☆(ギャリソン・ゴリラ編)☆

      0
        ☆今回は、懐かしい。海外TVドラマシリーズの中から隠れファンの多い、
         ”特攻ギァリソン・ゴリラ”を御紹介致しましょう!!☆\(^o^)/☆



        特攻ギャリソン・ゴリラは、1967s,(昭和42年)〜1968s,
        (昭和43年)にかけて放映されたアメリカの戦争スペクタクル・スパイ
        ドラマでした。(・o・)」☆
        簡単にストーリを、御紹介致しますと。
        第二次世界大戦のヨーロッパのドイツへ破壊工作&スパイ工作の特殊任務を、
        遂行する為にギャリソン中尉率いる正規の軍人では無いならず者・囚人達が繰り広げる
        ”ハラハラ・ドキドキ!!”感のある冒険ドラマでした。
        更に詳しい情報は、当時大学生以上だった方が詳しくサイトでUPされて
        いますので其方をご参考下さい。(^-^)g"☆



        そんな訳で私は当時の子供の目線からこのドラマのお話しを、
        させて頂こうと思います。(^-^)/☆
        ギャリソン・ゴリラは、当初”コンバットとドラマ上でリンクさせ様と、
        する計画があっただけにスタジオやSET・BGMも略同じ物を使用して
        いましたので日本の子供達のヒーローでもあったサンダース軍曹の出てこない
        この作品は、”何時まで待っても軍曹出てこないやん!!”といって、
        父親によく愚痴っていました。(-_-;)☆

        話は少し外れますが後に大人に成ってからドイツ人の友人から、
        ”原爆迄投下されたリアルタイムのアメリカ兵の姿を何故?
        ヒーロー視する日本人が理解出来ないと言われてしまいました。(-_-;)☆”



        此方は、ドイツの警察官に化けたギャリソン中尉(右側)とイタチですが、
        中々ユニフォームが極まっていますよね。(^_-)-☆
        1960s,〜1970s,代にかけて映画等に出て来る旧のドイツ軍の
        ユニフォームは、アメリカの映画会社で製作されたレプリカ品で詳細についての
        ディティールは、悪く不自然なものが多かった訳ですが当時子供だった
        私は、全て本物であると思っていましよ。(^_^;)☆

        因みに、この時代のオリジナルの軍服で撮影された作品は以前にも、
        御紹介させて頂いた大脱走が有名で収容所の看守兵や、ルガー所長が、
        着用している物は、第二次大戦当時のオリジナル品なので時間のお有りの
        方はご参考にして下さい。(^_-)-☆



        ドイツの野戦服の渋いフィールドグレーがとてもカッコ良かったですが、
        此方も全て本物では無く特に武装親衛隊の左袖につけるアドラー等は、
        親衛隊の物ではなく国防軍の胸章を無理やり袖に取り付けられていましたが
        それも時間が無かったのか?
        糸で要所要所のピンポイント止めをしていましたのでよく外れかかって、
        いましたよね。(^_^;)☆



        ペテン師のアクター(右端)は、フランス語・ドイツ語・スペイン語・
        ロシア語・英語そして母国語のイタリア語を自由自在に操ると言う
        設定と成っていた為、ドイツ軍に化ける時は略常にリーダー、
        のギァリソン中尉よりも上の階級で軍医等の高級将校に化ける為に、
        仲間から”偉そうな口を俺に叩くな!!”とトラブルになる事も・・(^_^;)

        又1980s,代に成るとようやく第二次世界大戦ものストーリーにも、
        一旦ブームが去り日本にもえ60s,〜70s,に映画の撮影で使用された
        小道具の払い下げ品が入って来ました。(・o・)」☆
        でも状態やクオリティーは非常に低く画像でも見られるモーゼル98Kカービン用
        のMGポーチ等は、木製のデコイでタダの木の固まりでしたが、
        やっぱり。実銃の空砲を使用していた大迫力は当時の子供達や男性達の
        心を釘付けにしましたね。(^_-)-☆

        | 1/1PAGES |

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>

        categories

        archives

        recent comment

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM