☆昭和な女の子のFancy!!の巻!!☆

0
    ☆女の子の好みと言うものは。
    過去も未来も余り変わりは無く古くは、
    ハッキリ!!とした記録の残っている江戸期
    から現代に平成時代迄そんなにには変化
    していない事が分かります。(・o・)」☆



    GEKKOに来る小学生の女の子も基本的に可愛い
    ものか大好きで。”此れめっちゃ!!可愛いぃ~っ!!”
    と言って喜んでいる絵柄は大体こんな感じの物が、
    多いですから基本的に昭和も平成も余り変わって
    いない事が改めて確認する事が出来ますよ!!(・o・)」☆



    特に此処では昭和時代後期の女の子のステーショナリー
    のデザインに付いてご紹介して参りましょう!!(^O^)/☆
    その前にお話しして置きたい事は昭和の男の子と
    女の子は常に未知へのものに興味を持って降り、
    男の子達は、科学や宇宙そして異性である女性
    に対しては、”エロ的な?!”な身体の神秘を探求
    し反対に女の子は、”CareerWoman!!”や異性に
    対しては恋愛をテーマに夢見ていましたので少女
    漫画は昭和の女性誌の中でも大ヒットした分野で
    も有りましたね!!(^_-)-☆



    此方のサンスターのパスケースシリーズのメモは、
    当時、ヒットしたスパイメモの流れを組んだアイテム
    で有り”ビニパス!!”としてその人気を博しました。(・o・)」☆
    現在では、年々数が減って来ている事に加えて特に、
    コンディションの良いものからコレクターの方々の
    手に納まってしまっている関係で特に可愛いデザイン
    の品は昨今、本当に市場では見掛けなく成ってしまい
    ましたね!!(^_^;)」☆



    昭和の女の子達が集まる場所は、第1に駄菓子屋さん
    第2に文房具屋さん第3に本屋さんと言った順番に成
    っていました。(・o・)」☆
    その中でNo,2を占めていた文具店のファンシーコー
    ナーの中でも特に人気を博していたのが此方の消し
    ゴムシリーズで特に後半に登場した香り付き消しゴム
    は大人気と成り休み時間等に女の子同士で集まり下敷
    き等に消しゴムを擦り付け誰の持って居る消しゴムが、
    一番良い香りがするのか?
    を競っているその姿には、正に成人女性達が百貨店等
    に於いて化粧品を選んでいるお姿そのものでした。
    (^_^;)」☆



    又、鉛筆削りも可愛いものが勿論好まれましたが、
    此方はシャープペンシルの出現と一般化が進むに
    連れて次第に廃れて行くと言う悲し運命を辿る
    アイテムでした。(-_-;)」☆



    昭和50年以降に入ると消しゴムは現代人女性の
    最も好むパステルカラーにのものが支流と成り
    文具店等のコーナーを更に色鮮やかにそして、
    華やかに彩られて行きましたので子供達の思い
    出の中に先ずは、駄菓子屋さんの匂いそして、
    文具店の匂いは忘れられないものと成っている
    様ですね。(^_-)-☆



    女の子をターゲットに置いている文具店や本屋さんでは、
    よくこの様な少女漫画のキャラクターコーナーが設けら
    れていました。(・o・)」☆
    でも。此方のアイテム等は子供向けと言う依りは当時、
    お店のお姉さん等の大人の趣味で特設コーナーが出来
    ていたと言う事が多かった様に記憶しています。(^_^;)」☆

    ☆煙草一本のStory!!の巻!!☆

    0
      ☆その昔TV・ラジオに於いてお洒落な煙草のCMが数多く放送されて降り。
      週末等の放映されていた映画のTVロードショー番組等の際にこれ等CMが、
      定番的に放送され或る意味若者達に喫煙を国家である専売公社が煽って、
      いたとも言えると思いまいます。(-_-;)」☆



      ともあれ、時代はバブル期へと突入しF1スポーツが人気を博す事と成り、
      よくヨーロッパや南米でのレースをTVで衛星生中継をしていましたが、
      日本時間にすると何時も深夜から早朝に掛けてだったので皆、ビデオ録画
      をして学校や会社から夜に帰宅してから見ると言うのが定番でしたが、
      ビデオ操作を誤ってよくレース結果を先に見てしまい。”しまったぁ〜っ!!”
      と嘆いている人も多くいましたよね!!(-_-;)」☆
      そんなF1パイロットがレース後に一服煙草を吸っているその姿は誰が、
      見てもカッコ良かったですね!!(^_-)-☆



      映像だけでは無く音楽も非常にお洒落な音楽が流れておりナレーション
      等にはよく長塚京三さん等が起用され煙草のなのに何故か?
      爽快な気分に成るそのCM構成に驚かさせたものでした。(・o・)」☆



      この頃の三浦友和さんは、西部警察にご出演されていた関係で、
      短髪で少しWild!!な雰囲気作りをされていまし旧MGC製のPython
      PPC CUSTOM,も実に印象的でした。(・o・)」☆



      Back music!!もPhilip David Charles Collins,やTOTO,BABY FACE,
      等々の大人のMood music!!が採用されていました。(・o・)」☆



      パーラメントでは大人の夜をImage,をする為にBobby Caldwell
      What You Won't Do for Love (1978)が繰り返し起用されシック
      なAOR,が絶妙にマッチしていました。(^_-)-☆



      そして、絶対に外す事が出来ないのがわたせせぞう先生のハートカクテル
      ですよね。今回のタイトルにも成っている”煙草一本のストーリー”と言う
      のはこのアニメーションが始まる直前に語らていたセリフからでした。(^_-)-☆



      煙草の記事は以前にも少し書かせて頂きましたが煙草の煙等が人体の健康を、
      著しく阻害すると言う事から世界的にも禁煙が急速に加速し日本国内でも、
      1998s,(平成10年)を最後にTV等を始めとする放送媒体でのCMが全面禁止
      と成りましたでもそんな人体に悪影響を及ぼすものと知りながら日本政府
      が未だに売り続けているのも何とも妙なお話しで有り今日日は裏社会の方々
      ですら煙草を吸ってはいない様ですよ!!(^_^;)」☆
      因みに私はこの世に生を受けてから一度も煙草を加えた事ですら無いので、
      私は煙草の味はこの間々知らずに墓の下へ入ろうと思って降ります。(^_-)-☆

      ☆西と東の朝の耳?!の巻!!☆

      0
        ☆スマートフォンの普及率に高まり最近ではお若い方々もAMラジオを聞かれる
        方が増えて参りました。そんな事からも今回は関東と関西の中高年者を中心
        に人気を博しているラジヲ番組をご紹介致しましょう☆\(^o^)/☆



        先ず最初にご紹介するのは、「大沢悠里のゆうゆうワイド」でこの番組は、
        1986s,(昭和61年)4月7日からスタートして降り平日の8:30~13:00迄、
        続いて降り毎日270分の長丁場の番組は、関西人としてもビックリ!!
        でありますね!!(^_^;)」☆
        私は関西人ですから、この番組を聞くのは東京に仕事等で上京した際に、
        タクシーの車内や各クライアントのプラントの職場等で流されているのを、
        耳にしたりしていますが大沢悠里氏の声がラジオから流れて来ると。
        ”あぁ〜っ!!此処東京やぁ〜っ!!”て気が致しましたね!!(^_-)-☆



        大沢悠里さんのトークは我々関西人にとって見れば貴賓も高く大人の
        トーク番組だなぁ〜っ!!lって。感じは受ける一方でトークには常に、
        ギャグの落ちで締める?!と言う関西文化と関東文化には異なりが、
        有る為、常に笑処を求める関西人には失礼ながらといても聞き辛い
        と言う事も本音だと思いますが・・・。(-_-;)」☆



        流石!!東京だなぁ〜っ!!と思うのも失礼ながら朝のローカル的ラジヲ番組にも、
        拘わらずこの様な”ビックスター!!”の方々が毎回ゲストでご出演されている
        処も凄い!!ところですね!!(・o・)」☆



        番組の内容もゲストの方々も東京の下町情緒的なお人柄が出て降りアットホーム
        な感じがとても心地良いのだと思いますが、関西人の基本的コンセプトは、
        人としてダークな毒舌の面が有る事が人であるその嫌な部分をある程度他人に、
        見せる事により人の警戒心を解くと言う文化が根付いている為に反対に綺麗な
        部分しか見せない東京人トークは関西人にとっては反って警戒心を煽ってしまう
        訳でありますね!!(-_-;)」☆



        お待たせしました!!此処からは関西ラジヲの朝の顔?!的存在の長寿番組、
        「あるがとう浜村淳です。」をご紹介致しましょう☆\(^o^)/☆
        此の番組は、1974s,(昭和49年)4月8日から放送が続いており毎週平日の
        朝、8:00~10:30分の間に放送されています!!(^_-)-☆



        女性のパーソナリティの方は、数回変わってはいるものの放送開始から、
        既に41年を経過しているのはもの凄い事だと思います。
        漫才コンビ、中川家のネタにも有りますが浜村淳さんは朝から毎日、
        ”ありがとう。ありがとう。って。朝から一体ありがたいねん!!"
        と言う突込みがある位ですからか東京の方が反対に大阪へ来られて、
        ラジヲのスイッチを入れたら、”うざい!!”と思われるかも知れませんね。(^_^;)」☆



        御覧ください!!絶対に東京人の関係者各位の方々には真似出来ない
        パフォーマンスでしょう?!(^_^;)」☆
        このコスプレの間々この乗りの勢いで番組進行して行きますので、
        東京人ゲストの方々には辛いのかも知れませんね!!(^_^;)」☆



        東京人の方々には、”こんなもの貰ってどうするんだろう?!”
        と思われるかも知れませんが関西人にとっては、この様な
        ”しょ〜ぉもない!!”家庭ゴミに成りそうなものこそが一番、
        重要なのです!!(^_^;)」☆
        浜村淳さん。すみません。☆m(__)m☆



        浜村淳さんは、関西人から見ても昔から、”謎の宇宙人?!”
        と言ったイメージが有りましたので本当に誰もが知っていて、
        誰もが知らない?!正に”月光仮面!!”存在の方ですので機会が、
        御座いましたら是非!!一度聞いてみて下さいませ。(^_-)-☆

        ☆昭和40年代男の国道2号線☆(塩谷海岸編)☆

        0
          ☆昭和40年代男達の今回は関西ローカル版の伝説を、
          ご紹介致しましょう!!☆\(^o^)/☆
          関西は東京から大阪迄の国道1号線(東海道)と大阪から、
          下関迄の国道2号線(山陽道)がありますが関西の40年男達が、
          デートスポットとして夕暮れ時にセレクトしていた
          ルートが神戸を経由したR2線で有りました。(・o・)」☆



          画像のアグネス・ラムさんが初代クラリオンガールに、
          選ばれたのは1975s,(昭和50年)6月の事だった事から、
          彼女のファンの方は当時で言えば昭和30年男達と成り、
          40年代男達には未だ性的なものを感じとる年齢には、
          達していませんでした。
          併しながら、女性の本格的なグラビアアイドルの登場
          で女体の衝撃的なインパクトは当時の子供達にも衝撃的
          なインパクトを与えた事も事実と言えます。(・o・)」☆
          従いまして我が国の最初のグラビアアイドルは日本人では、
          無かった。と言う事がお分かり頂けると思います。(^_^;)」☆



          さて、此処からが本題の塩谷海岸のお話しと成りますがこの地域に、
          於いては現在ので謎めいたスポットが未々多くの残って降り現在JR
          の線路が走る線路上にも元、洋館の屋敷跡らしきものが残されており
          未だに謎めいたミステリースポットとも言えるのです。(・o・)」☆



          画像は以前にも記事で少し触れた事の有る塩谷異人館ですが洋風が、
          Britishna!!な料理が有名でしたがバブル期を中心に連日結婚式等の
          予約が入って降り一見客では中々敷居の高いお店だった為に現存して
          居る写真も少なく又、バブル期に結婚された方々の離婚率もお店とは、
          関係なくも高く現存している店内の貴重な写真も広く一般公開が出来ない
          ものが多い事から幻状態に成ってしまっています。(^_^;)」☆



          神戸市には当時未々この様な洋館が所々点在して降りバブル期には、
          Café&Restaurant!!に改装され当時の女子大生を中心に人気を博して
          いましたので何か商売をして独立したいと思いついたら、取り敢えず
          女子大生受けするお洒落なCafé!!をopen!!すれば2000万円位の借金は、
          数か月で返せてた時代でも有りました。(・o・)」☆



          現在は更地の成りマンションが建っていますのので当時の面影は全くない
          のでこの時期に青春期を迎えられた方の思い出を辿る事は出来なく成って
          いる事は非常に残念な事で有りますね!!(^_^;)」☆



          大阪から西神戸に掛けて現存しているこれ等のスポットは、2000s,位を、
          境に今現在も現存している企業も含めR2号線沿いでは略、消滅状態で、
          残念な事に40年男の方々に思い出にふけるスポットは中々厳しい状況
          ではあるものの現在では、お若いオーナーの方達が10坪位の小さなお店で、
          当時を思わせる雰囲気のあるクオリティーの高いお店をされていますので、
          此方は、次回御紹介いたします。(^_-)-☆



          梅雨が明ければ瀬戸内海から望む大阪湾&播磨灘はとても☆キラキラ☆として、
          とっても。美しいので嫌な事が有り気持ちが、”モヤモヤ!!"されている方には、
          大阪駅から海岸を走る西行き列車にご乗車頂く事で少しは気持ちが晴れるかも、
          知れませんよ!!(^_-)-☆



           

          ☆絶滅した昭和の電話BOXの巻!!☆

          0
            ☆日本の公衆電話の歴史は意外と古く1900s,(明治33年)に、
             新橋・上野の停車場内で設置された事に始まりますが歴史的な事項に
             尽いては別の様々な方々が調べられていますので此処では私が実際に
             見たり体験した事をお話し致しましよう!!(^-^)/☆



            公衆電話は、煙草屋さん等に設置してある単体ものと電話ボックスとの
            大きく区別すると2種類に分かれます。(・o・)」
            ボックスには、明治33年から現在に到る迄に大きく分類しても、
            8バリエーション存在しますが画像は、初めての鋼鉄製のもので
            1954s、(昭和29年)〜1969s,(昭和44年)迄、
            使用された電話ボックスで明治33年の初期モデルから数えると、
            5番目と成るモデルです。(・o・)」☆



            現在では現存する実物は殆ど存在せず画像の様なミュージアムの物や
            当時の雑誌等の参考資料を見る事位しか出来ません。(・o・)」☆
            さて、此処からが本文と成る訳ですが昭和の時代は先ず着替える事に、
            食べる事に人と話す事等人に見られる事を恥ずかしいと言う感覚が非常に
            強くその中でも典型的な物が”トイレ”ですよね。(^_^;)
            欧米では大事な部位のみ隠れていれば人として当たり前だろぉ〜っ?!
            と言う感性は日本人には通用しません。(・o・)」



            それが故に、電話で話す姿を余り見られたくない?!
            と言う感性が働いていました。(・o・)
            その名残が現在でも中年層以上の世代の方が余り聞かれたくない話の場合
            携帯電話やスマートフォンのマイク部を手で隠して小声で話すのは、
            この時代を経験しているからですよ。(^_-)-☆
            現在では、余り意味の無い行為ですよねぇ〜っ!!((((((^-^;)☆



            故に当時の社会問題と成っていたのは公衆電話ボックスを、
            公衆トイレとして使用する例が全国的に多く特に立った間々用を、
            足せない成人女性が多かった事です。
            確かに現在の用にコンビンニ等も無い時代なので止むを得ない
            事情の場合も有ったとは思いますが当時未だ子供だった私は、
            現在より寒かった冬には友達と電話ボックスでよく暖を取って、
            漫画を読んだり雨宿りをしたりしていました。(^_-)-☆

            そんな時、何時もの様に友達と何も気づかずに電話ボックスを開けると。
            そこには。当時のお姉さんが用を足すされているところで・・・((((((^-^;)
            後でそのお姉さんに物凄い剣幕で怒られました。(-_-;)
            その後、”ぼくらは、何にも悪い事してないのに!! あのお姉ちゃんの
            方が悪やん!!”と悔しい思いを子供ながらにしましたが大人に成って
            聞いてみると意外と似た様な体験をされた方がいた事が驚きでした。(・o・)

            画像で御確認頂けます様に成人女性が立ってもハイウエストの位置から
            下は隠れてしまうからで隠れる?!と言うコンセプト自体がジャパニーズ・
            トイレ?!を自然とイメージされてしまい電話ボックスを見ただけで、
            模様して来ると言った生理現象を引き起こしていた原因では、
            無いでしょうか?(・o・)」

            似た様な空間では、電車の連結幌部で此処も同じ状況の空間でしたので、
            お酒を飲んだサラリーマンの方等は、当時何の躊躇も無く用を、
            足していましたし、平気で”大の方”をする人もいた位で、
            当時の特に国鉄職員の方は後始末が大変だったと思いますよ。(-_-;)☆

            現在は、どちらもガラス面が広く取られていてそんな事は、
            出来なく成っていますよね。(^_-)-☆



            最近では画像の様な物置として使用されている処も少なく参考資料も
            少なく成って来ています。(・o・)」
            昭和40年代末期から50年代初期に掛けては鉄屑でスクラップ置き場に
            集積されたり土管等を積み上げている建築資材置き場の方の休憩所と、
            成っていたりハタマタ田んぼの真ん中で農耕具置き場に成ったりもして
            いましたが現在では皆無の状態に成ってしまい。
            チョッピリ!!寂しい限りですねぇ〜っ!!(^_^;)☆

            | 1/1PAGES |

            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << December 2017 >>

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            search this site.

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM