☆増殖するKnight,2000?!の巻!!☆

0
    ☆”Knight Rider,”と言えばアメリカで1982s,(昭和57年)9月26日から1986s,  
     (昭和61年)8月8日まで全84話(1シーズン毎に21話×4シーズン=全84話)
     が放送され日本ではテレビ朝日系列で、その中から74話が放送されましたが、
     放送されなかったNGの10タイトルは、日本ではお約束のその時代の時事を、
     取り上げた作品でスポンサーに対するリスク回避を図ったものです。(・o・)」☆



    此方がシーズンを通して略同じOPタイトルで画像を見ているだけでも。
    あの独特のシンセサイザーの♪メロディー♪と小林清志さんのOPナレーション
    が脳裏を巡る方も多いのでは無いでしょうか?(・o・)」☆



    此方が主人公の1人とも言うべき、ナイト2000(Knight Industries Two Thousand、KITT)
    で当時はこれでもか?!と思う位に仮想ギミックの設定が施されていました。
    因みにこの時期が国内でのゴールデンタイムの海外ドラマは終盤を迎える結果
    と成っていました。(^_^;)☆



    主人公のマイケル・ナイト -Michael Knight-は。デビッド・ハッセルホフ
    David Hasselhoff、が演じ日本での吹替を、ささきいさお氏が担当していました。(^_-)-☆



    人口知能を持つ通称、K.I.T.T.(キット)-Knight Industries Two Thousand-声は、
    ウィリアム・ダニエルズ William Daniels、が担当し国内の吹替を、
    野島昭生さんが担当されていました。(・o・)」☆



    此方が、Knight,2000のCockpit,ですが何か?高級クラブのミラーボールの下か?
    ラウンドワン等のゲームセンター見たいな感じですよね。(^_-)-☆



    パワーブースター搭載で、完全に静止した状態から0.2秒で時速100km/hに達し、
    ゼロヨン加速は時速480km/hで4.286秒。時速110km/hからの制動距離は、
    僅か4.2mで又車体をジャンプさせる機能は水平距離で15m以上のジャンプが可能。
    ジャンプの角度は[軌道ガイド]を併用することで任意に設定可能であり、
    最大角は60度。ジャンプシーンがとても印象的なのでジャンプ機能だけと、
    思われる事が多いですが、この他にも走行中の急加速にも使用します。
    リバース(バック)および停車している状態でも使用可能。
    起動には酸素が必要であり。パイロット版日本語吹き替えでのみ[ジェットブースト]
    と呼ばれ、同様に日本語吹き替えでは[ターボジャンプ]と呼ぶ場面が非常に多く使用時は、
    オプションボタン[TURBO BOOST]で発動します。(・o・)」☆



    そんな設定だけでも。物凄い。”G”の圧力が加わるはずなのにステアリンググリップ
    であるハンドルは、こんなにも小さくだいち狭い処や縦列駐車する際等、
    如何するつもりなのでしょうか?
    それは?”あぁ〜K・I・T・Tがhelp,”してくれるんですよね。(^_-)-☆



    国内でもこんなナビゲーションシステムが販売されていました。(^_^)/☆
    此れにCDかMDに依り車内でテーマ曲の♪BGM♪を流せば気分はもう。
    ☆”Knight Rider,”?!そのものでした。(^_-)-☆



    世の男性ならドリームカー等は、子供の頃からの憧れでしたが機械ものに、
    余り関心を持って頂けない女性にも好まれたこの作品は家族皆が楽しめた
    海外ドラマ最後の作品的存在と成ってしまいその後、1990s,代に入りマイアミバイス
    等、全米でヒットした作品も有りましたが国内でのTV局自体が女性ユーザーを、
    メインとしたトレンディードラマに力を入れて行きますので海外作品は、
    大手局やゴールデンタイムから悉く外され作品のクオリティーに関わらず
    不発に終わって行きました。(-_-;)☆
    追伸ですが何故?タイトルに増殖と書かれているのか?
    と申しますと。アメリカ国内を始め特殊車両なのに制作されたレプリカ数が、
    大変多い事からでした。(^_-)-☆

    ☆Terminator 3 T-X の乳首の巻!!☆

    0
      ☆今回、注目する映画は2003s,に大ヒットした
      Terminator 3ですがこの作品の最も特徴的で,
      ある設定は、刺客であるターミネーターが、
      女性型であった事で話題にもなりましたね。(^_-)-☆



      ストーリーの設定上、過去の世界へ送る転送システム
      は送ろうとする物体が、一点でなければならず例えば
      人を転送する場合は衣服等の転送は出来ず。
      その為に裸で送り込まれる事と成りそれが女性で有る
      場合はどうなるのか?
      が気に成ってしまうのは、一般的男性であれば当然の
      事でそれが更に、人気のトップモデルであれば尚更の
      事です・・・ね。(^_^;)☆



      この作品の悪のヒーロインであるTerminator T-X役を、
      演じたのは、クリスタナ・ローケンさんでした。(・o・)」☆
      予想をしていた通りオールヌードで未来の世界から、
      現在へ送られて来ましたが、微妙なカメラアングルや、
      カメラの暗い露出度の関係とショートカットされた為、
      劇場では彼女のボディーラインを明確に確認する事は、
      出来ませんでした。(・o・)」☆



      この作品を撮影した時は、彼女は未だ24歳だった
      事や製作費の問題等の関係上、ヌードな微妙な
      ラインは、吹き替えモデルさんを使用したのかな?
      とも思われましたが御覧の様に、”Nipple!!”
      もろ出し!!状態でした。(-_-;)☆



      でもそんな事で大騒ぎするのは、我々日本人男性を、
      始めとする東洋のアジア人位で欧米のビーチや混浴
      の温泉プール等へ行けば”トップレス”のお姉さん
      なんかは極普通にいて男性も子供の頃からその後景
      は見習ていますので、それらを見たからと言っても、
      何にも特別なものだと言う認識は非常に低いです。
      以前、夏季のヨーロッパで交流のある若いドイツ人
      女性のブラウスに、”ブラジャーの模様等がはっきり
      見えているよ!!”と親切心から教えてあげた際に、
      彼女から帰って来た答えはこうでした。(・o・)」☆
      ”エッ?!何が?ブラジャーは下着でしょ。下着はバスト
      をカバーしているものなんだから。
      その下が見えていないのならいいのよ。
      ヨーロッパ女性は下着を隠す為の洋服は着ませんよ。"
      との回答に当時若かった私は、戸惑いを隠す事が、
      出来なかった事を思い出しました。(^_^;)☆



      日本人依りもヒップも大きくその腰の位置も高いので、
      とても芸術的なボディーラインを持って居ますが頭部
      だけは日本人依りも小さいですが彼女はモデルさんだ
      けに身長が179?,も有るので間近に見たらもの凄い
      威圧感かも。(-_-;)☆



      此処からは、少しデザイン系のお話しを致しましょう!!☆\(^o^)/☆
      当GEKKOのデザイン関係のお仕事の中で女性裸体画や、
      イラストデザインを担当しているのは何を隠そう?!
      私で有ります。☆m(__)m☆
      部門に依っては勿論私より高度なテクニックを持った
      スタッフもいますがGEKKOでは基本女性の方が多い関係上、
      一般的Sexy,な感性を表現を必要とする際は私自らがデザイン
      のラフ画を起こしています。(^O^)/☆



      小さな子供達に女性の絵を描かせても必ずバストを、
      強調した絵を描く位に特徴的なものと言えるでしょう。
      (・o・)」☆
      そこで女性スタッフ達にカッコ好い乳房の書き方を、
      伝授している事のポイントを幾つかご紹介致しましょう。
      ☆\(^o^)/☆



      先ず、乳房をカッコ好く描くには乳輪を上手く調整する
      事で乳輪の直径の大きさは乳首の直径と略同等にするか
      1.5倍迄に抑えます。
      そして首と顎のラインを中心を肩の最先端から計測して
      丁度中心へ持って来てやれば美しく綺麗な女性のボディ
      ーラインが描けます。
      此れは造形作品でも同じで対角線上のラインが非常に、
      重要と成って来ます。(・o・)」☆



      もっと。具体的な画像等でご説明もしたかったの
      ですが当方の女性スタッフより何時もクレームが、
      来るのでこの様な場をお借り致しましてご紹介さ
      せて頂いている次第で有ります。(^_^;)☆



      今回のクリスタナ・ローケンさんのフィギュア
      は、過去GEKKOでもオリジナル・カスタム品を、
      含みバリエーションを制作していましたので、
      正規品より少しづつHPにもUPして行きますので、
      お楽しみに!!(^O^)/☆

      ☆謎の円盤UFOの巻!!☆(ゲイ・エリス中尉編)☆

      0
        ☆『謎の円盤UFO』は、イギリスのAPフィルムズ(後の21世紀プロダクション)が、
        製作したSF特撮ドラマで日本では、1970年10月3日から1971年3月27日迄、
        日本テレビ系列にて放送され”UFO”と言う言葉を一般に紹介する先駆的役割を、
        果たしましたよね。(^-^)/☆

        とまぁ〜スタンダードな詳しい詳細は、それぞれの分野で研究されている
        方々がコアなサイトで掘り下げて紹介されていますのでそちらをご参考に
        して頂くと致しましてGEKKOでは、その時代の視聴者である一般の方々がどう感じ、
        番組を見ていたのか?を考えて行きたいと思いますぅ!!☆\(^o^)/☆



        日本で放送が開始された時代は、”大阪万博”が閉会された直後の事で、
        ついその25年前までは、日本の女性達に竹槍を作らせ硬度10,000
        メートル上空から爆弾の雨を降り注いでいたB29に対して攻撃をせよ!!
        なんて当時の政府が大真面目に国民にさせて時代から”宇宙へ!!”
        と発展的な想像力を描きたてられた時代でした。(^_-)-☆

        この時代は、第二次世界大戦中少年だった昭和一桁生まれの方々には、
        露出度の高い女性のスタイルは、衝撃的で日本人のグラビア・モデル的
        な方は、まだまだ稀だった為に欧米人女性の長くスラットしたスタイルに、
        良い意味で今までに見た事の無い。”宇宙人的Sexy,さを感じていた
        様で当時子供であった私達を”照れ隠し?!”の盾に使われお父さん達は、
        奥様やお婆ちゃんの様な家中の女性人対策をしていました。(^_-)-☆

        特徴的な携行としては、現在でい言う”エロ爺?!”は、稀で余り記憶は無く
        明治時代生まれの男性は、外地へ戦争に殆どの方々が出兵されていたので、
        自分自身が歳を取り考えてみると。(・o・)
        女性の肌を見るとそれぞれ人に言えない多分辛い事を思い出さすからでは、
        ないでしょか・・・?(-_-;)☆



        暗い話は、この位に致しまして時代を1970s,に戻す事に、
        致しましょう!!☆\(^o^)/☆
        画像は、ちょっぴり!!女好きでHな言動時々もあったアレック・E・フリーマン大佐と、
        ゲイ・エリス中尉のツーショットですが何か?
        一見どの様な”大人のサロン?!”なのかな?と思いません・・・?(^_^;)



        衣服を脱ぐ女性を隣の待合室で男性が待っていると言う画像は、
        やっぱり!!”風俗系?!”と言う様なイメージですよね。(^_^;)☆
        でも、この側面には男性側からは全く見えないシールドが有る等言う
        設定に成っている訳ですがこのシーンが毎回始まる事に当時の男性達は、
        ”トキドキ!!”していた訳ですね。(^_-)-☆



        スラットした”ナイス・Body!!”のゲイ・エリス中尉ですが、
        昭和中期の子供達には、勿論!!このお色気シーンを理解出来る訳も無く。
        パープルなウェッグに大きな瞳・スラット長い脚に腕そして特徴的な
        コスチュームは、正にこれぞ!!”宇宙人!!”と認識していて大人に成っても
        ムーンベースのメンバーが人間である設定を理解し難かったですぅ!!(^_^;)



        それにしても、お美しいお方ですよね。☆(●^o^●)☆
        後の映画”オースティンパワーズ”の内容やSET/BGM等は、
        此方の作品の影響を非常強く受けている事が確認出来ますよ。(^-^)g"☆
        現在でも謎の円盤UFOのアイテムは非常に少ないのでお持ちの方は、
        大切にして下さいね!!(^-^)g"☆

        ☆巨大なキック・アスの看板出現?!の巻!!☆

        0
          ☆愈々今週末から公開されるキック・アス ジャスティス・フォーエバーの
           巨大なPOPが大阪梅田の地下街に貼られていましたよ。(^_-)-☆



          大阪の地下街には、耐震補強用の柱がホール部に要所要所に設置されていて
          これ等を上手く広告塔としてお洒落に利用されています。(・o・)」☆
          そんな訳で今回は、キック・アスのヒット・ガールの広告にスポットを、
          当てて見ましたぁ〜っ!!☆\(^o^)/☆



          本当は、各柱にメンバー全員のオブジェ的キャラクターPOPが貼られて
          いるのです一番の綺麗どころに致しましたよぉ〜ぅ!!☆(●^o^●)☆



          ヒット・ガール役のクロエ・グレース・モレッツさんはなんと。
          未だ14歳らしいですが大人の女性の魅力いっぱいですねぇ〜っ!!(^-^)/☆
          欧米の方は、我々日本人とは異なり男女共に小学生でも可也大人びた印象を
          受ける一方我々日本人は海外ではよく実年齢よりも若く見られて、
          しまいますよね。(^_^;)☆



          でもこの位の年頃の方は、どの国へ行ってもコスプレ的?!なキャラに、
          憧れる時期でも有りますがなんか?日本のコスプレの影響をもろに受けて
          いる様なキャラ感がねぇ・・・(^_^;)☆



          何も知らない。見たこと無い。と仰る。各国のお年寄りの方々には。
          これ等のキャラ達は、同じに見えるに違い有りませんよね。(-_-;)☆
          何れにしても、時代は”ヒーローからヒロインへ!!”の時代へと
          変換時期に来てしまいましたよねぇ〜っ!!(^_^;)☆

          ☆懐かしい。”タイムトンネル”上映会の巻!!☆

          0
            ☆昨日、2月9日に懐かしい。海外TVドラマ”タイムトンネル”の
             DVD−BOX発売記念特別上映トークイベント in 関西に、
             行ってきましたぁ〜っ!!☆\(^o^)/☆



            タイムトンネルは、1966s、(昭和41年)9月9日から放送が、
            開始された米国TV映画作品で日本では米国より一年遅れで翌年の
            1997s,(昭和42年)4月8日から放送が始まった当時、
            大人気のSFドラマでした。(・o・)」☆



            この日も知人から事前に案内を頂いていましたので大阪での仕事の途中で、
            スケージュールを無理やりに詰めてイベントに参加してまいりました。
            予算の関係で東京では出来なかった様で関西のみのイベントともあって、
            マニアの方々が海外を含め大勢参加されていました。(・o・)」☆

            でもお見受けしたところ同世代の方々が多く散見され余り御若い方の
            姿が無かった事が少し残念と言ったところでしょうかねぇ〜っ!!(^_^;)☆



            イベントは、2月に行われた前編と3月に行われる後編の2部に分かれて
            いて今回上映されたのは、第一話の「過去との出会い」と当時の諸事情に
            より日本での放送が出来なかった第4話「真珠湾攻撃の前夜」が上映され
            又、貴重なメイキング映像も解説を交え丁寧に当時の撮影秘話等々も、
            教えて頂き子供頃に疑問に思っていた事が次々に解決されて行きました。
            ☆\(^o^)/☆



            画像は、当時の懐かしいオリジナルキャストのメンバー達でダグとトニー
            がいますがトニーの独特なダークグリーンカラーのタートルネックが、
            とても印象的でした。(・o・)」☆
            最初の放送は、NHKで土曜日の夜22時10分から放送されていたので、
            この時代の22時と言えば深夜の時間帯で大人の聖域時間帯であった訳ですが、
            応用科学を真面目に表現されている事から子供にも見せたい。
            と言うリクエストが殺到し後に日曜日の18時に放送時間を移動され、
            此れがNHKで最初のプログラム移動となったそうです。(・o・)☆



            此方の画像もイベントのトークショーでも話題となったフジミ製・
            タイムトンネルのプラモデルです。(・o・)」☆
            まるで、”チョココロネ?!”と言う様な箱を空けると。
            ”しょ〜もなぁ〜!!”と思った当時の少年達も多かったのでは?(^_^;)☆
            でも、何となくSFチックなパッケージに負けて買ってしまいましたよね。
            後であの時人気の無かったゼンマイ動力で動く”サンダーバード5号”
            の方がましだった!!と叫んだ!!少年も実は多かったのですよねぇ〜っ!!
            (-_-;)☆

            併し、この”チョココロネ!!”が製作に際し嘗めては掛れない程小学生には難易度が、
            高くトンネルの内側にデカールシールが旨く貼り付ける事が出来ず泣きながら壁に、
            ぶちつける子供もいましたね。(-_-;)☆
            当日会場で夢人塔の浅尾典彦氏からもお話がありましたがこのプラモデルは、
            現在完品状態で¥500,000(時価)もするらしいので未だお持ちの方は、
            大切にしましょうね!!(^_-)-☆

            | 1/2PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << June 2017 >>

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            search this site.

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM