☆ロマンティックにエロティツクの巻!!(エアライン編)☆

0
    ☆カラフルな華やかな時代つまりはファッションのカラーリングの
    アラカルトが豊富であったのは1970s〜1980s,年代でありましたが同時に女性の洋服等の露出度も高かったのもこの時代でした。(・o・)」☆



    こちらのシリーズは以前ににも御紹介致しましたがフライトアテンダントの
    アイテムは静かなブームが続いていて相変わらず市場からは品薄な状態が、    続いていますので再びの御紹介ですぅ!!☆(●^o^●)☆



    オレンジにピンクにイエローは、何故か?
    ”Sexy〜っ!!”ですよねぇ〜っ!!(●^o^●)
    ピンクのスカーフって以外にユニフォームものにしては、
    少ないんですょお〜っ!!(^-^)g"☆



    1970s,の大阪万博の時には、ツイッギーの影響で国内外共に、
    この様なスタイルが支流でしたぁ〜よぉ〜っ!!(●^o^●)



    この頃のスカート丈の表示は、膝上何cm?と言った表記があり
    当時の大坂万博の時の”ホステス”(現・コンパニオン)さんのお話しに、
    寄りますと、”立っている時でさえ下着が見える位の擦れ擦れの
    ワンピースを着用させられて世界のからのお客様をお迎えしましたので
    疲れていても絶対に座れませんしお辞儀の角度にも
    注意を払いました。”と話されていました。(・_・)エッ......?☆



    一見。トルコ帽みたいな感じのこのタイプの帽子は、
    70s,代の流行でした。(^-^)/☆
    白人に対して未々コンプレックスの有ったこの時代の男性は、
    欧米のブロンドの髪の女性は憧れでしたねぇ〜っ!!(^_-)-☆

    ”GEKKO”では未々際どいアイテムが盛り沢山控えて降りますので
    デザイン等のお役に立てそうな物はドンドン御紹介して参りますぅ!!(^-^)/

    ”お楽しみに!!”☆\(^o^)/☆

    ☆(月光では各種品目ごとにSHOPとブログを御確認頂ければ更に、
      詳細が御分かり頂ける様に設定させて頂いて降ります。)(^_-)-☆
     (一部例外品も御座いますので御注意下さい。)

    ☆ロマンティックに恋をして・・・釈由美子の巻!!☆(エアライン編)☆

    0
      ☆その昔旅行業界の方々とコネクションが有ったGEKKOでは、
      非売品の等身大立体ポスター等々の入手が意外と容易に出来た時期も、
      あり結構エアライン物のストックが溜まって来ていますのでこれから
      少しづつでも御紹介をして行きたいと考えていますぅ!!(^-^)/☆



      こちらのポスターは、2001s,に釈由美子さんご自身が作詞された
      ”ロマンティックに恋をして”のシングルCDの販売促進用の非売品
      ポスターなので直接的にはエアラインとは関係がないのですが1970s,
      後半から1990s,代にかけてブラニフエアラインを始めファッション・
      ショー的な時代を象徴する様な雰囲気を持ったポスターなので御紹介させて
      頂きましたぁ〜っ!!(^-^)/☆



      釈由美子さんは、1997s,にグラビアアイドルとしてデビューされますが2000s,〜2001s,にかけて歌手や女優として多岐に渡り飛躍的に、
      展開された時期でした。(・o・)」☆



      男性人にはたまらない”ショット?!”なのかも知れませんが1990s,
      年代に入ると。”ミニ”の時代は終了していましたが1992s,位迄は、
      ”バブル期”となりますので”ボディコンスーツ”のみがこの流れを、
      受け継いでいました。(・o・)」
      併しながら此方のポスターが制作された頃には完全に、
      絶滅した後でした。(^_^;)☆



      このポスターの制作された年の2001s,9月11日には、
      米国で同時多発テロ事件がの悲劇が発生して以来航空関係の備品の入手は、
      困難となってしまいました。(-_-;)



      他にも機動戦士ガンダムの連邦軍将校のユニフォームを身に纏った等身大
      立体看板等が有りましたよね。(^_-)-☆
      流石はグラビア・アイドルご出身だけあってどのユニフォームも完璧に、
      着こなされて降りますよぉ〜っ!!☆\(^o^)/☆

      ☆70s,代のスチュワーデスの便箋の巻!!☆

      0
        ☆第二次世界大戦が終結した。1945年以降女性の職場は飛躍的な
        間口が世界的にも広がって行き現在に於いても、
        それは止まる事は有りません。(・o・)」



        そんな中で1950s,〜1990s,に掛けてフライトアテンダントは、
        女性の憧れの職業で有りました。
        それ以前は、”バスガール”で現在のバスガイドさんでした。(・o・)」
        戦前の国内では未だ自動車自体が少ない中でしかも女性が乗務し勤務する
        と言う事は、現在の宇宙飛行士になるのに近い位の事でした。(・o・)



        画像は、1970s,代に女性向け週刊誌の”女性7セブン”から付録では
        なくスポット販売されていた便箋です。(・o・)
        後方に現在では廃止に成っているタラップが時代を物語っていますね。
        (^_-)-☆



        この当時は、スチュワーデスさんと呼んでいましたが世界的にも制服の
        スターティングカラーは、空の色を示す”スカイブルー”でカラフルな
        モダン色が登場するのは、1973s,頃からに成ります。(^_-)-☆



        便箋の中身は至ってシンプルで現在の様に携帯電話やスマートホン・
        PCの電子メール等が無かったので男性人は”アマチュア無線”で、
        女性人は文通が世界的にも流行した時代でも有りました。(・o・)」



        当時空港に飛行機を見に行くと乗客を降ろした飛行機から乗務員の
        クルーの方々がタラップを降りて歩いている姿をよく見ましたがパイロットの
        男性の身長が高いのは当たり前的な感覚で見ていたのですが当時子供だった
        私は金髪でアメリカンメイクをした背の高い大きな女の人(スチュワーデス)を、
        見た事が衝撃的で怖かったと言う思い出が鮮明に残っています。(^_^;)

        だってその当時は、何処の家でも”お父ちゃん!!”より”お母ちゃん!!”の
        方が小さかったですからね。平均的にはね。(-_-;)
        現在では何処の国でも男性よりも女性の方が体も態度も大きく上回っている
        傾向にあるのでは・・・?(^_^;)

        | 1/1PAGES |

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>

        categories

        archives

        recent comment

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM