☆日本人が使用したSMGの巻!!☆(戦前編)☆

0

    ☆SMGとは。(Submachine gun,)の略称

    で有り直訳すると短機関銃と言う区分に成

    るMilitary Fire arm's!!の1つですが戦後

    の警察・防衛省等の日本行政では、機関拳

    銃や機関短銃と区分されていますが、旧防

    衛庁に於いてま未だ米軍から供与を受けて

    いたSMGが、現役として存在していました

    ので米軍から、供与の際作成された書類通

    り”サブマシンガン”通称サブ!!と呼ばれて

    使用されていました・・・。(・o・)」☆

     

     

    我が国日本国は、古来依り世界に類を見ない

    刃物重視の刀社会が基本の歴史的にも大変珍

    しい国民性を持っています。

    それ故に拳銃や小型の高性能な短機関銃等は、

    犯罪者や右・左・中核派のクーデター・テロ

    等で隠し持たれる可能性を懸念して一般市民

    や警察官等の被害を防ぐ為に厳しい規制を施

    行されそれは、軍隊や(戦後の自衛隊を含み)

    警察等のそれ等を取り締まる行政側の機関の

    側でも試作等の研究開発程度に留められてい

    た為に先の大戦では、他国の高性能SMGに依

    り悪戯にも多くの日本将兵の方々が命をを落

    として来ました・・・。

    併し、近年に於いては防衛省依りのも先に警

    察庁等が対テロ等の凶悪犯罪等に対応する為

    には、高性能なSMGの必要性はが求められ。

    ドイツのH&KSMGがJapanese Style Custom

    Model,として逸早く採用されています。(・o・)」☆

     

     

    日本國が一番最初に正式採用されたのが此方のMP

    18/28ベルグマンSMG通称、べ式銃で此の銃は、

    上海海軍特別陸戦隊で1932s,(昭和7年)以降にドイ

    ツから購入されたものが最初だったと思いますので、

    この時点でも既に日本をは、可也世界からも遅れを

    取っていました・・・。

    補足と致しましては、シ式機関短銃としてドイツか

    らシュマイザーMP30/40掬も輸入されていますが、

    此方は研究開発資料的存在の域を出ず一般部隊での

    使用確認は、出来ていません。確か・・・?(-_-;)」☆

     

     

    上記のべ式自動拳銃のSpecをベースに開発され

    たものが此方の100式機関短銃で第一次世界大

    戦後の大正9年(1920年)に迄遡り此のModelの

    試作が完成するのは、昭和2年(1927年)に、陸

    軍造兵廠火工廠東京工廠で製作されたものと成

    りますので余りの遅さに旧海は他国から購入し

    たのもよく分かります・・・。

    日本に於いては、拳銃やSMG等は軍・警察幹部

    の高級アクセサリー的要素が強くメジャーな海

    外メーカー品を私物や半私物的官給品として極

    少量の輸入が原則となっていました・・・。

    (^_^;)」☆

     

     

    その次に開発されたのが、試製一型機関短銃

    でしたが此の時代にしては、現代のUZIのを

    思わせる当時としては、超近未来的なデザイ

    ンと機能コンセプトを有しては居ましたが、

    日本人は、未だに何故か?軍用銃には脚を付け

    たがる所で此のModelにも弾倉底部に可動式

    の一脚が設けられている事に加えてSMGとし

    ては致命的な欠陥となる銃床部であるストッ

    クが折り畳めない事です・・・。(-_-;)」☆

     

     

    その後、戦車等の乗員向けに試製二型機関短銃

    が開発されましたが実際には、戦車部隊に配備

    される事は、無く此れは戦後現在の自衛隊に於

    いても同じ事が繰り返されて降り元々は、戦車

    乗員様に開発された9亠ヾ愀銃も戦車部隊で

    は運用されず生産された少量の機関拳銃は、空

    挺部隊や高射砲部隊に一部航空自衛隊のミサイ

    ル部隊の何れも高級幹部自衛官の自衛火器とし

    て運用されています・・・。

    日本の過去の戦車部隊も現代戦車部隊も乗員は、

    TANK COMMANDER!!以外は、小銃を装備し

    ている為に当時の旧軍戦車乗員だった方のお話

    しを、お聞きして見ると戦車が中・大破して脱

    出する際に個人装備の小銃が車内で引っ掛りだ

    出が遅れる者や小銃では片手での射撃体勢取れ

    す逸早く敵兵を発見していても撃たれて死亡す

    るものや車内に取り残されてしい死亡する者も

    続出し運良く脱出しても武器なしと言う兵士も

    多かったと聞いています・・・。(・o・)」☆

     

     

    あと。鹵獲品として旧日本軍が最も多く使用

    したSMGとしては、此方のトミーガンですが、

    此の銃を使用した日本兵は、当時の高等小学

    校以上を卒業していた下士官が主だった人だっ

    た様で商家に努めに出されていた丁稚さん等は、

    知ってはいたけど怖くて触らなかったと言って

    ました・・・。(^_^;)」☆

     

     

    また、イギリス軍からの鹵獲品としては、ステ

    ンマーク兇筌肇漾璽ンのシカゴタイプ等が、

    現地で使用されていました。

    当時を知る方々も現在では、大半の方々が故人

    と成られていますが、私しの調査調べでは本物

    の真の歴戦の勇士だった方また当時の機関銃手

    だった方々にお話しを直接お聞きした処・・・。

    皆さん日本の銃器は、使えなかったと話されて

    いました。それは日本工業レベルの依りも欧米

    の兵器の方が実用出来だったと言う事が真相だ

    と思います。

    また、反対に日本の製品が良かったと戦後豪語

    されていた方のの戦歴等を大変申し訳ないです

    が調査させて頂きますと。

    例えば機関銃手だった方は、機関銃手ではなか

    ったり戦車乗員ではなかったりと当維の憧れや

    想像に依るFake!!が大半なのがその特徴とも言

    えます・・・。(^_^;)」☆

     

     

    そして此方は、鹵獲品と言う依りは大陸に渡った

    旧日本軍の将兵のみなら民間の一般人の方々迄も

    最早、トラウマとなってしまった旧ソビエト軍の

    バラライカ・マンドリンの通称を持つПистолет-

    пулемёт Шпагина PPSh-41であり此れを見る

    のも嫌だと言われる方が多かったですが、鹵獲品

    として使用する銃としては、当時5発しか弾倉に

    入れる事が出来ずしかも一発一発手動で射撃する

    事しか出来なかった日本の38式歩兵銃に比べると

    此の銃は、ドラム型弾倉で有れば71発の弾丸が、

    装填出来たのは、日本軍と言う依りは日本人には、

    大変な脅威と成りました・・・。(-_-;)」☆

     

     

    私は仕事の関係からのも警察関係の行政機関に

    もよく赴いているので現役の警察官の方々とも

    よく雑談議の際に話題に出す事もあるのですが、

    今回ご紹介した過去のSMGの国家的なコンセプ

    トはNies!!が有ると思います。

    それを間違って捉えると現場で悲劇を生んでい

    たのは、過去も歴史が物語っていますしまた。

    だからと言って米国の様に一般人が此の様な銃

    を持つ事は絶対に反対です!!

    併し。危険な職務に尽いていた頂いている方々

    の任務を遂行し生命を守る為には、必要不可欠

    なアイテムである様な気が致します・・・。

    (・o・)」☆

     

    戦後編へつづく・・・。

     


    ☆がんばれ!!日本の豆タンシリーズの巻!!☆(60SP編)☆

    0

      ☆豆タンとは。戦前から日本の戦車の

      総表とも言うべき語源で有り古来から

      島国である我が国日本では、GRAND

      POWER!!となる戦車等の欧米の軍隊

      等で見られる起動打撃力を有する航続

      距離や射程距離の長い戦車等の開発は、

      SMGや拳銃等と共に殆ど重視されず。

      未だに戦車無用論的コンセプトが要素

      が強く日本では、小規模な対ゲリラ的

      な戦闘がStandard?!とされている節を、

      強く感じますね・・・。(-_-;)」☆

       

       

      現実として日本の機甲部隊は、規模も縮小

      されて行く方向に進んでいる様で専門の機

      甲部隊も解体し警察予備隊発足時の体制で

      もあった普通科(歩兵)の第14中隊に特車中

      隊と呼ばれた軽戦車中隊が有った様な感じ

      で隊員の方の」お話しをお聞きしていると

      歩兵重視に先祖帰り?Style!!政策が勧めら

      れている様な気も致します・・・。

      でも・・・。それなら。2008s,(平成20年)

      全面退役廃止と成ってしまった此方の60式

      SPこそ必要だったのではないでしょうか?

      (・o・)」☆

       

       

      此方の車両は、通称”ゴキブリ!!”とも呼ばれ

      待ち伏せ専門で逃げ足も速い!!事からその通

      称で呼ばれていたのですが、此の車両は戦車

      部隊では無く、普通科と呼ばれる歩兵部隊が

      保有していたものだったのですが、一個連隊

      に確か?4両しか保有して居なかったレア!!

      な存在だったのでお話しをお聞きしょうと思

      っても当時の事を知る乗員の方を探すのには、

      一苦労するのが現状です・・・。(^_^;)」☆

       

       

      細かい諸元詳細に尽きましては、既に詳しく

      記載された他の方が書かれたブログ等をご参

      照頂くとしまして此処は実際の現場の隊員の

      方の思いをお聞き致しましたのでその一部を

      ご紹介致しましょう!!

      此方の車両の最大の魅力は、待ち伏せ!!

      車高が低い!!砲塔部のみが上昇する!!

      そして素早く行動出来る逃げ足のスピード!!

      で現在でも可也の有用性が期待出来き事実

      此方の廃車展示車両であっても訪れた現役の

      米兵も必ずと言って良いほど足を止めて写真

      撮影をされ。”Made in Japan!!の名品だ!!”

      と言って米将兵達からも絶賛されている様

      ですね・・・。(・o・)」☆

       

       

      乗員は、車長兼砲手に操縦手そして装填手の

      計3名で有り個人装備は、車長・操縦手が拳

      銃で装填手が、小銃を持っていました。

      戦場で運用は、市街不整地を始め様々な悪条

      件が予想されそれは、被災地等でも同等の事

      が考えれますので装軌車両の存在の重要性は、

      非常に高いと思います。

      国の行政機関の車両では、警察等が特殊走輪

      車を保有していますので防衛省さんには、

      いざと言う時の為にももう少し装軌車の存在

      を見直して頂きたいと感じました・・・。

      (^_^;)」☆

       


      ☆関西Area!!では、初お目見えのMCVの巻!!☆

      0

        ☆お待たせしました!!今回は、先日見て来た

        16式機動戦闘車(MCV)をご紹介致します。

        近年日本の国土防衛の中で路面走行等の際に

        制限を受ける鉄履帯を使用した車両は、廃止

        若しくは可也の縮小とされ兵科(職種)も歩兵

        (普通科)を主体とした体制に改変されている

        様で欧米の軍隊で見られる様な敵に対して機

        甲師団に依る起動打撃力は、余り重視されな

        い時代へと変化を見せています・・・。(・o・)」☆

         

         

        現在一般公開されている諸元データー等は、

        各、マニアの方々のブログ等でも既にご紹

        介されていますので此処では、大変恐縮で

        は有りますが、また私の感じた個人的意見

        を述べさせて頂こうと思います・・・。

        先ず。外観ですが全長が8,45m.有ります

        ので横に並べられている74戦車と比べて

        見るとMCVの方が車高が高いので戦車依り

        も大きき感んじました・・・。(・o・)」☆

         

         

        係りに方にお伺いをして見たところ。現在、

        此の車両を保有している場所は、富士・日

        本原・熊本の3ヶ所で今後本土は、鉄履帯

        の戦車の後継機として此の車両が入り出す

        ので何れ戦車は消えてしまうのでMCVを撮

        影する依りも今に内に戦車の写真を撮って

        置いて下さい。もうすぐ姿を消しますから。

        とのお話しでした・・・。

        その事が、引き金になってしまったのか?

        此の日の74戦車の試乗補助券の配布は開園

        から僅か17分で全て完売状態に成ってしま

        いチケットをGet!!出来なかった方は可也ガ

        ッカリ!!され。中にはお子様の為に創立記念

        日何年にも渡り戦車試乗のチケットを求め

        来場されてもマニアの方に圧倒されてしまい

        御自分に迄チケットが回って来ない・・・。

        と言うお父さんは、見ていて少し可哀そう

        でした・・・。(ToT)/~~~☆

         

         

        さて。MCVのお話しに戻りましょう!!

        車体は全体は、確かに大きく見え存在感

        も非常にあるのですが到る処に接合部や

        ハッチ!!等が有りまた、ステアリング部

        も剥き出しに成っていますので素人目で

        見ても戦車の様な防護力は有していない

        事が確認出来ます・・・。

        更に。勿論車内には入れては頂けません

        でしたが機材やE/GSpace!!を差し引くと

        人が入る乗員Space!!は、可也制限されて

        しまい居住空間は可也悪いと思われます

        ね・・・。(-_-;)」☆

         

         

        まぁ~。様々な方の色々な意見は有ると思いますが、

        私が此の車両を見て率直に感じた事は此れが戦争を、

        した事(戦後)事が無い国家のコンセプトなのだな?

        と思いました・・・。

        現在、日本に近海での某国等のと緊張も高まって来

        ましたが此の場で論じる依りも実戦に投入する事で

        その結果は、一目瞭然に厳しい現実を良くも悪くも

        体験する事になるのだと思いますが、一番怖く感じ

        た事は、隊員幹部の方大半が一般CMの為なのか?

        組織を含む御自分方のよい面だけしかアピールを、

        されて居ない事が反って不安な気持ちになってしま

        いましたが、そこが民間企業幹部職の業界用語で言

        う引き営業のノウハウを有して居ない組織の特徴と

        も言えるのでしょうね・・・。(^_^;)」☆

         


        ☆明石市の旧日本兵の巻!!☆

        0

          ☆残念乍ら。現在明石市内でも従軍の経験

          の有る旧日本兵の方は、本当に少なく成て

          しまいましたの実際に1904s,(明治37年)

          の日露戦争の事等のお話しを直接お聞き出

          来たのは私が最後の世代だと思います。

          今現在では、明治の人をお話しをお聞きし

          また一緒に生活していた事自体が平成生ま

          れの方々には、体験が出来ないお話しで私

          の様な世代の人間で言えばそれは江戸時代

          の人の事を言われているのと同等の事なの

          だと思います・・・。(・o・)」☆

           

           

          そこで今回は、明石市の旧日本軍に従軍されて

          いた方のお話しを致しましょう!!

          戦前の明石市の市民を含む播磨の方の職業は、

          先ず漁業・農業・畜産業に明石は良質な粘土

          層を持つ地層が有った事では旧谷八木村の瓦

          工場で働く工夫さん達も多かったのです。

          会社等の企業に勤められていた方々は、高等

          小学校や旧制中学校卒業以上の方々だったの

          で大半の方は、旧制小学校卒の方々が多く又、

          女性の方は、その小学校ですら家庭を助ける

          為に卒業出来なかった方々が多くまた、大半

          の方が志願兵では、無く徴兵で召集された兵

          士だった関係で当時、オール志願兵だった旧

          日本海軍に入営される方は比較的非常に少な

          く皆さん当時10師団の有った姫路の歩兵第10

          連隊に召集され私の祖父も歩兵から他職種に

          転化した兵士でした・・・。(・o・)」☆

           

           

          此方は、丹羽正一少尉ですが旧制高等学校や

          旧制大學校を卒業をされてから軍隊に徴兵さ

          れた場合は、略、自動的に将校(幹部)に成り

          旧制中学校卒業者は、陸軍曹長に成り喩わゆ

          る軍刀組と成っていましたが、当時の明石市

          出身の方で一番多かった階級は、上等兵でし

          でした但しこれも現在の中国始めとする外地

          勤務者であり内地勤務で終わっている方は、

          一等兵でした・・・。(・o・)」☆

           

           

          私は、戦後に生まれですので祖父を始めとして

          生き残った方々のお話ししか聞いた事が無いの

          で戦死された方々のお話しはお聞きしていませ

          ので方依った意見なのかも知れませんが明石市

          の将兵の方々は皆さん勇敢で立派な兵士だった

          と感じました・・・。

          皆さん復員された戦後は、殆どの方々が軍隊に

          入営される前の戦前の職業に戻られているのも

          明石市民の特徴の1つだど思います・・・。(・o・)」☆

           

           

          併し皆さん。75歳を越える晩年に成った時に

          自宅の縁側でラジカセのボリュームを絞り軍

          歌や当時の流行歌を独り聴き乍ら涙されてい

          ましたので私がその理由を聞くと・・・。

          それは、矢張り当時戦地で亡くした戦友達の

          事を思い出されていました。

          当時戦地で戦死すると。ご遺体は運べないの

          で未だ温かい戦友のご遺体の指を包丁で切り

          落とし髪の毛と共に茶封筒に入れて内地んに

          帰国した時に家族に遺骨として渡す為に大切

          に持ち歩いていたらしいですがその遺骨を預

          かった兵士の方が戦士すればまたその次の者

          がと言った状態でヤクザでのないのにどれだ

          けの戦友の指を切り落して来たか?

          と思うと老人と成った今でも胸が詰まると言

          って居られました・・・。

          最初此の話しを聞いた時に私は、戦後生まれ

          なので指を切り落すなんて何と残酷な仕打ち

          か?!と思いそれもご本人に伝えたのですが、

          それでも。戦友を日本に家に連れて帰って遣

          らなければ成らない事は、皇軍の戦友として

          の使命だと言われていました・・・。(・o・)」☆

           

           

          明石市では、現存している武器以外の軍装品

          等も昔から比較的少なかったのですが此れは、

          高階級の方が神戸や大阪の方依りも少なかっ

          た事でまた、大正生まれの方々は終戦時戦地

          依り直接引き上げられているので武装解除の

          時殆どのものを持ち帰ってはいませんので時

          々出て来ていたのは当時からもう使用しなく

          なった旧型の古い明治の軍服や帽子が出て来

          る程度でした・・・。

          今はもう。此の様な話を語って頂ける方は、

          市内でももう居ないと言っても過言では無い

          のが正直な所と言えるでしょう・・・。

          (・o・)」☆

           


          ☆関西には、M4シャーマンは来なかった!!の巻!!☆

          0

            ☆第二次世界大戦中には、ドイツで購入した

            タイガー戦車2両は残念乍ら日本には届きま

            せんでしたが、此の戦車がもし日本に届き又、

            国内生産の量産化が実現していれば大陸に於

            いてドイツ軍が西側から東から日本軍の核と

            なる重戦車を有した強力機甲師団どうしの連

            携があれば歴史は変わっていたのかも知れま

            せんね・・・。

            と言う事で今回は、戦後関西及び本土に有っ

            た戦車の話題を少しお話し致しましょう!!

            (・o・)」☆

             

             

            戦後の日本が始めて手にした戦車は、1952s,

            (昭和27年)3月から8月に米軍に依る供与引き

            渡しが行われたM24チャーフィー戦車で画像

            は当時、第3管区と呼ばれていた伊丹駐屯地内

            で行われた記念式展のものですが此の当時は、

            戦車をトレーラーで運搬すると言うコンセプト

            は無かったので全て一般道を自走していた関係

            で後の日米安保の学生運動盛んな時代は戦車は、

            革命派大学生に依る火炎瓶の標的と成っていま

            した・・・。(・o・)」☆

             

             

            M24戦車の後続としは、M4戦車が続いて米軍か

            ら供与を受けましたがM4戦車は車体が多きい為、

            に日本国土内での運用がし辛い事から主に九州

            と北海道に限定されて居ましたので関西に居る

            とM24かその後続のM41戦車しか見る事は無か

            ったので子供の頃見た戦車の印象は、正直ショ

            ボイ!!チビッ子戦車?!と言うのが正直な所でし

            たね・・・。

            その理由としては、タミヤ模型やバンダイ等

            がタイガー戦車等のプラモデルを発売してい

            たからなのです・・・。(-_-;)」☆

             

             

            まぁ~!!それでもキャタピラの付いた車両は珍し

            かったので御覧の様に大人気でしたが此の写真

            の一番面白い所は後方の戦車から前方の戦車に

            飛び移る子供の姿が如何にも昭和っぽい。

            ですが実は、私もやりました・・・。(^_^;)」☆

             

             

            昔は、戦車や機関車に船等何でも乗り物を

            見つけては、乗員のおじさんにお願いをす

            れば乗せて貰う事が出来た或る意味平和な

            時代でした・・・。(・o・)」☆

             

             

            何時かは、映画や図鑑で見る中戦車以上の大型の

            戦車を見たかったのですが本土では、実験隊や

            学校を有する富士地区以外は、結局配備されない

            間々、初の国産戦車である61式戦車が来てしった

            ので本物のM4戦車を見るのは、図書室の図鑑のみ

            で止まってしまいました・・・。

            昔から日本人が、重視しない軍事アイテムには、

            先ず戦車次に拳銃そして機関銃(SMG)等で陸軍

            匂いて海外では、一番重視する部分が眼中には、

            無いので仕方がない事かも・・・。(-_-;)」☆

             


            | 1/8PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << October 2017 >>

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            search this site.

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM