☆京都大学アートと雪花菜投げの巻!!☆

0

    JUGEMテーマ:アートを考える

    ☆先月の行われた京都大学の学祭

    で展示と言うのか?

    掲示されていた看板アート等を、

    少しご紹介いして参りましょう!!

    (^_^)/☆

     

     

    PQPや看板等は、或る意味。その。

    ”イベントの命?!”と言っても良い程

    人の心理状態にインパクトを与える

    重要なもであると言えます・・・。

    (・o・)」☆

     

     

    なので。各ブース等で感想や意見を、

    学生さんに求められた時には、可能

    な限り感じた事を正直に参考意見と

    してアンケート等には、真面目に書

    かせて頂いて降ります・・・。

    (・o・)」☆

     

     

    イベントを企画運営する為には。

    人の集約力が重要に成って来ます。

    その第一歩。となるものがインパクト

    を強く引き出した大型の看板ポスター

    に成りそれがブース運営の80%位のW

    eight!!そ占めて来ます。

    なので。自身で製作の出来ない方は、

    お金を掛けて外注しても費用は十分回

    収する可能性は高いと思われますよ。

    (・o・)」☆

     

     

    さて。此処で京都大学の名物的イベント

    ブースになっております。

    ”京都大学雪花菜投げ!!”ですが今年も

    此の様に沢山の雪花菜ボール!!が、Set,

    され現役京大生達が、的になっていまし

    た・・・。(^_^;)」☆

     

     

    今年は。大阪大学でも此処京都大学でも

    ”ひっこりはん。”のイラストがお約束の

    様に描かれていましたが、此処では。

    ひょっこりはん。は、ターゲットにされ

    ていました・・・。(^_^;)」☆

     

     

    毎年。学生さんから。”お父さんもどう

    ですか?”と。雪花菜投げ!!を勧められる

    のですが、何分にも。

    現役学生さんの年齢が、自分達世代の持

    つ子供依りも若い方々に対しては、幾ら

    ゲームでも流石に、物を投げつける?

    と言う行為は中々出来ないもですが、

    中には。京都大學に何らかの特別な感情

    を抱く他校の学生さんが、参加されてい

    た様にも・・・。(-_-;)」☆

     

     

    まぁ。お祭りは楽しく皆でやりましょう!!

    って事で御座いました・・・。☆m(__)m☆

     

     

    追伸、特何か?問題が有った訳では御座い

    ませんよ・・・。念の為・・・。(^_^)v☆

     


    ☆ごめんなさい。イメメンのドイツ人のお兄さんは居ましたの巻!!☆(大阪Xmas Market,編)☆

    0

      JUGEMテーマ:わたしのクリスマス

      ☆前回は、少し博多贔屓をしてしまった。

      Xmas Market,のテーマを、ご紹介して

      しまいましたが、先日。今更乍ら。

      大阪のXmas Market,2018s,の会場を、

      訪れた時のお話しを、させて頂きしょう!!

      (^_^)/☆

       

       

      そこで。冒頭でお詫び申し上げた事は。

      大阪と博多では、ドイツ人スタッフの

      方の男性率は、博多依りも少ない?!

      と申し上げてしまったのですが、今年は、

      大阪でもイケメン!!のドイツ人男性?と思

      われるスタッフの方々が、沢山おられま

      した・・・。すみません・・・。

      ☆m(__)m☆

       

       

      併し。大阪駅からの会場迄の通路等のア

      クセスルートや会場スペースは博多依り

      も狭く。

      何と言っても。椅子やテーブルが博多に

      比較すると。

      全く無いに等しい位に少なく会場で長時

      間滞在する事は、休憩所等の腰を下ろす

      場所が極端に少ない事が、特に飲食関係

      の営業店の数字に響いてくるのでは・・

      ・?とも感じてしまいますよね・・・。

      ”疲れたから帰ろう・・・。”何て。

      (-_-;)」☆

       

       

      でも。此のレトロなメリーランドは、

      大阪の会にしかないので多くの半プロ!?

      と言った感じのフォトグラファーの方々

      が、一眼デジタルカメラで撮影をされて

      いました・・・。(^_-)-☆

       

       

      色々とは。意見しては参りましたが、

      大阪には、大阪の良さが会場には有り

      ますので是非!!会場に足を運んで見て

      下さいね・・・。(^_-)-☆

       

       

      ドイツ人イケメンのお兄さんの特集は、

      博多・大阪会場で纏めさせて頂きます

      ので今暫くお持ち下さいませ・・・。

      ☆m(__)m☆

       


      ☆博多クリスマスマーケットのHot wine cup!!の歴史の巻!!☆

      0

        JUGEMテーマ:福岡博多

         ☆又々。博多に戻って参りまして。

        博多クリスマスマーケットのお話し

        でありますが。今回は名物Hot wine!!

        のMug cup!!のHistory!!を、振り返っ

        て見て行きたいと思います・・・。

        (・o・)」☆

         

         

        九州のクリスマスマーケットの歴史

        は、現地に行けば会場内に此の様に

        分かり易く紹介されています。

        博多のクリスマスマーケットは、

        2013s,(平成25年)からなので。

        大阪のクリスマスマーケット依りは、

        後発で歴史も若干浅いのですが、会

        場の盛り上がりは、大阪を凌ぐに値

        するものがあります。(・o・)」☆

         

         

        Cup Design!!は、大阪依りも少し。

        シンプルで地味なイメージのデザイ

        ンなものが多いですが、此方ではお

        子様のカップとのTwo Version!!

        存在している事ですね・・・。

        (・o・)」☆

         

         

        何時も此の会場の前を通り掛か時に

        私は何時も勤務の関係で飲酒が出来

        い状況なので今年は未だ飲んでいな

        いので、お味の方は未だ分かりませ

        んが、次回は大阪と博多のWine🍸

        を、飲み比べてまた感想をご報告

        させて頂こうと考えて降ります。

        (^_^)/☆

         

         

        追伸ですが、イケメンのドイツ人

        の男性を。”Get!!”したいのなら。

        女性の方は、博多クリスマスマーケ

        ットかも・・・。

        大阪は、売り子さんは女性主体です

        が、博多は男性主体な様な時間帯も

        ・・・。(^_^;)」☆

         

        ※注・・・日時等に依り上記のご説

             明文とは異なる場合も有

             りますのでご理解ご了承

             下さいませ。☆m(__)m☆

         


        ☆京都大学の野生生物研究会と実験用生体の巻!!☆

        0

          JUGEMテーマ:野生生物

          ☆此れ迄にも。何度か京都野生生物

          研究会は、ご紹介して参りましたが、

          近年。各大学とも共通して感じる事

          は、サークルの生体動物の種類も数

          も年を追う毎に少なく成って来てい

          る様に感じますが、此れは部員の減

          少依る物とは、余り関係がない様で

          す・・・。(・o・)」☆

           

           

          そんな訳で。”やけん。”さんには、

          大変申し訳ないのですが、特に目立

          った展示が無かったので写真も撮り

          ませんでした・・・。

          でも。大型のグリーンスネーク(名前

          忘れてしまいました。)は、非常に知

          能が高いのか?

          私が水槽の外でFake,の鼠を、指で作

          って動かせるの何処の大学の野生生物

          の蛇は、反応し追いかけて来るものな

          のですが、京都大学野生生物研究会の

          蛇は、全く反応もせず。堂々とした姿

          姿勢の間々く威厳を保って降りました。

          矢張り頭の良い方々のいらっしゃる大

          学に於いては、爬虫類の蛇ですが高い

          知性を、感じてしまいそうに成りまし

          たよ・・・。(^_^;)」☆

           

           

          そして。1Fでは。孔雀の握手会なるも

          のも。行われていました・・・。

          此れは、野生生物研究会の展示生体と

          は、直接的には連動はしていなかった

          様ですね・・・。(・o・)」☆

           

           

          雄は、此の様に止まり木に止まってい

          て余り愛想を振りまくと言った感じは、

          有りませんでしたが、雄孔雀の威厳は、

          矢張り感じました・・・。(・o・)」☆

           

           

          それに対して雌の孔雀の方は、円ぅく。

          円らなパッチリ!!お目め。で人が近付く

          と愛想よく近付いて来ました。

          此処のブースでは、”孔雀と握手会!!”

          と言うものを、コンセプトに打ち出し

          て来ていましたからねぇ~・・・。

          (^_^;)」☆

           

           

          併し。雌鶏はどの種でも基本的に卵を、

          守る為に。保護色の為に地味ですよね

          ぇ~!!勿論。食する場合も雄依りも。

          脂肪が多くて。柔らかいお肉を持つ雌

          鳥の方が、雄鶏依り遥かに美味しいで

          すが、こんなにも愛想よくしてれるの

          に地味なカラーに少し可愛いそうに成

          って来てしまいましたね・・・。

          人間の雌である女性は、何時も派手に

          着飾っているのにねぇ~・・・。

          (^_^;)」☆

           


          ☆京都大学機械研究会の巻!!☆(ロボット展示偏)☆

          0

            JUGEMテーマ:大学生

            ☆今回は、前回ご紹介させて頂き

            ました。大阪大学電子工学研究会

            の産業ロボットに引き続いて今回

            は、京都大学機械研究会の産業用

            ロボットを応用したユニークなロ

            ボットと言うのか?

            ”Machine!!”を、ご紹介致しまし

            ょう!!(^O^)/☆

             

             

            京都大学と大阪大学の工学部関係

            のサークルでは。同じ関西に位置

            する国立大学で有っても。

            一般の方々にその成果を披露する

            作品のは、ハッキリ!!とした個性

            が現れています・・・。(゜o゜)」☆

             

             

            それを、分かり易くご説明致しま

            すと・・・。

            大阪大学のサークルでは、産業ロ

            ボットの基礎的SPEC,を、単純明

            瞭にして展示・実演・説明を行っ

            ていますが。個々京都大学の工学

            系サークルでは。

            産業ロボットと言う依りは、何方

            か?と言えば、ゲーム性の高い遊具

            的なものが目立つのも特徴の1つで

            すね・・・。

            余談では、有りますが因みに。

            アンドロイド・ヒューマノイド等

            を、期待される方もいらっしゃる

            と思いますが、残念乍ら京都大学

            では、何処で行われているのか?

            は、私は未だ知りませんが大阪大

            学では。石黒教授のヒューマノイ

            ド研究室は、医学部の位置する。

            吹田キャンパスにあるので。

            一般の方々は、中々縁遠いカテゴ

            リーであるのも言えるのかも知れ

            ませんね・・・。(^_^;)」☆

             

             

            さて。それでは京都大学機械研究会

            ロボット展示のお話しに戻る事に致

            しましょう!!

            主に。展示されていたのは。

            綿菓子製作アーム見たいな・・・。

            ものや。エアーホッケーにイライラ

            棒等々が、展示・体験・実演が行わ

            れていました。(・o・)」☆

             

             

            そこで。面白いなと思ったものは。

            此方のロボットアームで形状構造

            は異なっているものの。

            グリコジャイアントカプリコの掴み

            取りロボット等、コンセプト企画が、

            大阪大学と図った様に全く同じだっ

            た事ですね・・・。

            唯。此の日は平日だった事もあり。

            お子様の姿はなく。

            略々。お若い韓国人観光客方々が、

            非常に目立っていましたね・・・。

            (^_^;)」☆

             

             

            そして此方が、毎年登場するお馴染

            みのドローンの様な巨大UFOキャッ

            チャーですが、私が此処通り掛かる

            時には、何時も”調整中”または。

            ”休止中”の看板が出ているので私個

            人的には此れが、可動している時を、

            見た事が有りません・・・。(^_^;)」☆

             

             

            併し。此方の張り紙は妙に魅力的

            でしたよ・・・。

            それではまた・・・。(^_-)-☆

             

             


            | 1/40PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << December 2018 >>

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            search this site.

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM