☆郵便局員ライダーの巻!!☆

0

    ☆郵便局のバイクに尽いては可也前に

    このエントリーでもご紹介させて頂き

    ました今夏は、更にDeep!!な昭和の郵

    便局ライダーのお話しを致しましょう!!

    (^_-)-☆

     

     

    国土が狭く人口が過密している我が国

    に於いて小回りの利くコンパクトカー

    やバイク・自転車は日常生活に於いて

    も必要不可欠と成って降りそいの使用

    率は公民を問わず年々高まっています。

    その中でバイクと言えば運行の際には、

    ヘルメットの着用が義務付けられてい

    るものですが何故か?

    ヘルメットを被らない所謂ノーヘルと

    でバイクを運行している?率が高いのが、

    新聞配達の方です。

    私は職業柄深夜帯から明け方に掛けて

    の外での勤務が多いのでどの地区へ行

    ってもこの時間帯になるとまるでMAD

    /MAXの世界?!と思う位に新聞配達員の

    方々のノーヘル率は高まっています。

    私等の場合は、免許商売ですから取得

    した各種免許は大切にしょうと思うもの

    ですが新聞配達員の方は、余りその様な

    意識はないのでしょうかね・・・。

    (-_-;)」☆

     

     

    勿論、昔も今も郵便局員の方々はヘルメットを、

    着用して降られましたよ・・・。(^_^;)」☆

    因みに。私は新聞配達員も郵便配達員も双方共

    経験があり実際に勤務もしたていた事があるの

    で色々とこの場では申し上げられない裏事情も

    知ってはいますがそれにしても安全の為にヘル

    メットは着用して欲しいものです。

    私は、当時から勿論着用していましたよ・・・。

    さて。此処からが郵便局員ライダーのお話しです

    が昭和の郵便局のバイクには、ヤマハ製とホンダ

    製の主に2種類のバイクが存在していましたが、

    比率としては、コスト面からヤマハのバイクの方

    が多かった事を記憶しています。(・o・)」☆

     

     

    此方がヤマハ製の郵便局のバイクとしては一番

    オーソドックスなモデルでホンダ車依りも車重

    が軽くまた2ストE/Gだったので軽快な走りを、

    していましたが難点としては混合油を使用しな

    ければ成らない事でし・・・。(・o・)」☆

     

     

    対する此方は、ホンダのバイクでしたが、

    ヤマハ車に比べ車重も重く4ストのE/Gを、

    登載していましたの混合油は必要としない

    代りに4ストの分だけで発進の際の出だし

    が遅く長距離走行には適していますが隣り

    のお宅へ配達して行く様な密接した住宅街

    を配達する際には、同じコースをホンダ車

    で回ると35~40分位遅く成るコースも有り

    ましたので一般配達員には嫌われていまし

    たが保険業務等をする外交局員の方々には、

    一定の距離を走行するので振動の少ない此

    方のホンダ車を好んでいました・・・。

    (・o・)」☆

     

     

    現在の郵便局で使用されている此方のバイクは、

    私の時代には無かったのでよく分かりませんが、

    そう大ききは変わらないのではないか?

    とは思います。

    私が郵便局の郵便課でお世話に成っていた頃は、

    未だ、職員は国家公務員だったので賞与も年3回

    有り非常勤職員でも第一種と第二種が存在して

    いて第二種扱いだと国家公務員としての待遇が、

    完璧に所得出来ていましたので難しい国家公務員

    の試験を正当にクリアーする事の出来る或る意味

    裏口的な窓口でしたね。

    また、国鉄が解散になってからは郵政省に流れ混

    んで来た元、国鉄職員の方も意外と多かったです。

    それに付随して不思議に思う事はその方の責任は、

    無くとも。組織を追われたた方のその後は点々と

    職を移られる傾向が特徴として見られます。

    公務員の場合は、国鉄職員から郵政省と・・・。

    その郵政省も無く成りましたよね・・・。

    民間では、倒産した会社の元社員の方は次の会社

    もまた、倒産や解散に依り職場を失われている事

    でその個人の方には全く問題が無いのに何故?

    なのでしょうかねぇ~?!(^_^;)」☆

     

     

    私達の時代は、仮に各種事故を起こしても。

    後は、全て局の庶務課の課長を始めとする

    係りの方が相手方の示談交渉成立迄全て行

    ってくれたりアルバイトさんの為のおやつ

    や記念品迄用意していた時代とは現在は全

    く違う様ですね・・・。

    私の後輩の中でも現在も郵便配達員をして

    いる者がいますが・・・。

    矢張り・・・。”辞めたい!!”と言っている

    ので精神的ストレスが可也来ている様です

    ね・・・。(^_^;)」☆

    いえいえ・・・。今回はバイクのお話しで

    したすみません!!☆m(__)m☆

     


    ☆可愛い電気自動車見つけました。の巻!!☆

    0

      ☆近年では、若者の自動車離れに反比例

      して高齢者ドライバーの方々に依る悲劇

      的な悲しい交通事故が増加し今年の3月

      から新しい道路交通法も施行されますよ

      ね・・・。(^_^;)」☆

       

       

      そんな事からも。私出来る限り自動車には

      乗らない。自ら運転をしない。又必要以上

      の大型の車両には使用しない等を此の数年

      間に心掛けていた甲斐も有りゴールド免許

      をキープする事が出来ましたぁ~!!

      矢張り職業運転手の方々にお聞きして見る

      と当然、運転時間が長い分リスク率も跳ね

      上がってしまい一派運転者区分の免許証を

      お持ちの方々が多かったす・・・。(^_^;)」☆

       

       

      以上の理由を考えていると・・・。

      此れからの社会のNies!!に適合している

      のでは?!と思える様な可愛い車両を見つ

      けました。

      それが此方のタケオカ自動車工芸のミリ

      ューRなのです。(・o・)」☆

       

       

      此方の車両は、第一種原動機付き自転車に

      相当し環境にやさしくクリーンで静かです。

      充電は自宅の100Vコンセント 差し込みで

      OK。(ガゾリンスタンドまで行かなくても

      よいです。) 10Kmたったの5円。 車庫証

      明がいりません。 運転は普通免許と同じ

      です。と言ったメーカーさんの入れ込みが、

      非常に凄い!!ですよね・・・。(^_^;)」☆

       

       

      車庫証明も必要無く此の様な僅かなスペース

      でも駐車出来たり致しますし家庭用コンセント

      で充電が出来て性能 最高時速60Km・登坂能力

      /0.27(15度)・最小回転半径/2.5M・一充電市街

      地走行距離(平均速度45Kmで)55Km、冬場 45K

      m,位の行動範囲で有れば連続運転時間も約1時間

      以内と言う事になりそれ以上の遠方移動には電車

      ・バス等」を利用すれば良いので悲惨な交通事故

      を少しでも防げるおかも知れませね・・・。

      (^_^;)」☆

       


      ☆プロの探偵も真っ青?!なデジタルカメラバイク!!の巻!!☆

      0

        ☆最近は各依頼に纏わる業務に伴い各地遠方

        へ出向く機会が増えると同時に各行政機関へ

        も同じ様に比例して出向く事が多く成る季節

        と成って来ましたが今回は、そんな時に出会

        ってしまった。”奴?!”のお話しで有ります。

        (・o・)」☆

         

         

        そんな時某役所の駐輪場に駐輪している一台の大型

        のスクーターが目に留まり何が無く通過しょうと。

        思ったその特に・・・。(・o・)」☆

         

         

        何やら注意書き?の様な警告ステッカーが貼られて

        いるを発見してしまいました・・・。

        其処に記されていたものとは・・・。

        何と・・・。”後方にもカメラ有り?!”と記されて

        いるのす・・・。(・o・)」☆

         

         

        そうして見て見ると。スクーターの至る処に

        デジタルカメラやモニターを始めAV機器等が、

        ”ギッシリ!!”と搭載されているでは有りません

        か?一瞬御同業の方のバイクかな?

        とも考えましたが同業者ならばわざわざ目立つ

        様な注意書き迄はしないはずですから単に防犯

        及び警察の取り締まり対策なのか?

        その詳細は不明でした・・・。(^_^;)」☆

         

         

        恐らくは、後方のバックの中に補助電源と成る

        バッテリーやブースター等が搭載されているも

        のではないか?と思われますが此処迄カスタマ

        イズするのには大変だったのではないのか?

        と思いますね・・・。

        唯・・・。此れからはライダーにとっては厳し

        い季節が到来致しますねぇ~!!

        冬季に暖かぁ〜い!!バイクが有ったら言う事は、

        無いのですがね・・・。(-_-;)」☆

         

        ※注・・・撮影に際しまして個人様の所有物に

             必要以上に近付いたり触れたりする

             行為は一切しては降りませんので誤

             解無き様お願い申し上げます。

         


        ☆日本の元祖ボンネットバスは、輸入車でした!!の巻!!☆

        0

          ☆日本のバス🚌のルーツは、明治初期に

          始まった駅馬車🐎が最初で1904s,(明治

          37年)に広島県の横川−可部間に開業し

          た乗合自動車が最も早いものものと言わ

          れてますがそれが本格的に自動車に変更

          されるのは大正時代に入ってからの事で

          当初は勿論、鉄道と同じく米国から輸入

          した自動車でありました。(・o・)」☆

           

           

          当時に日本政府は税金の大半を軍事費へ転用し

          ていた事に加え国力自体も未だ十分では無かっ

          た事で機関車と同じく米国依り購入しましたが

          バスその物の購入には予算の折り合いが付かず

          貨物トラックを購入しそれを国内でバスに改造

          され1919s,(大正8年)に東京市街自動車の青バ

          スが本格的にな営業運行としては最初とされて

          います.(・o・)」☆

           

           

          T型フォードから始まり1919s,(大正8年)・

          1923s,(大正12年)1925s, CP ウーズレー

          ・1927s,(昭和2年)KBガーフォード・

          AA型フォード・1927s,(昭和2年)LO型シ

          ボレー・1929s,(昭和4年)DC型レオ・

          1930s,(昭和5年)(スチュードベーカー)

          等と続いて行き完全国産のバスが登場す

          るのは1931s,(昭和6年)に石川島自動車が、

          スミダL型を発売致しますが国産の自動車

          は海外の車両に比べて祖枠で有りその為、

          戦後も輸入車が使用され続け完全に輸入

          バスが姿を消すのは。60s,(昭和30年)代

          の事で有りました・・・。(^_^;)」☆

           

           

          戦災に依る火災に依り余り綺麗で鮮明な写真

          資料が残念乍ら残っては降りませんがそれで

          も残された資料からは何か?ヨーロッパの街を、

          イメージする様なsituation!!ですよね・・・。

          (^_-)-☆

           

           

          戦前は、バスも女性車掌さんのユニフォームも

          実に”ハイカラ!!で此の時代のモガ!!感を象徴す

          るかの様でしたね・・・。(^_^;)」☆

           

           

          ナンバープレートに。各都道府県名の頭文字が、

          入るのは、1951s,(昭和26年)以降の事でありま

          すが東京府以外の自動車には、ナンバープレート

          の眇字の頭に各県名のアルファベットを入れて

          いました。(・o・)」☆

           

           

           

          戦時中のには、此の様な迷彩色塗装されたバスも

          在し此れは、鉄道のEF57機関車にも同じ様な迷彩

          塗装が施されていました。(・o・)」☆

           

           

          以上の事からも。私達の世代の置いて。”♪~田舎ぁ~

          のバスはぁ~オンボロ車ぁ~♪”と言えば輸入車のバス

          の事で有り未だガソリンE/Gした・・・。

          子供乍らにも。”ガソリンE/Gなのにどうして。ディー

          ゼルE/Gのバス依りも煩くて乗り心地が悪いんだ!!”

          と文句を言っていたものでしたが現在はその振動等が、

          ”懐かしくて好いなぁ~!!”何て。言っているのですから

          如何に人間って。いい加減な生き物なのでしょうか?

          ねぇ~?!(^_-)-☆

           


          ☆バブリーな時代を走り抜けたMid-Ship E/Gの巻!!☆

          0
            ☆戦後日本の自動車革命的な要素を持つた
            一般乗用車の中でトヨタMR2は外せない
            車種であると言えるのではないでしょうか?
            (・o・)」☆



            日本の自動車メーカーで初の市販ミッドシップ車
            であるMR2は、1984s,(昭和59年)~1999s,
            (平成11年)迄の期間に製造販売していたが今回は、
            その中で大きなフルモデルチェンジをした2代目
            SW20型(1989s,~1999s,)の売れていた時代の
            お話しを致しましょう!!(^O^)/☆




            1989s,(平成元年)バブル期真っ只中!!の時代であり
            ベルリンの壁が崩壊したのも此の年でもあり庶民の
            生活も非常に華やかな時代で自宅に3台以上の自動
            車を保有していた方々も多くその様な華やか民間人
            の方々の生活を冷ややかな尻目にで彼らを見ていた
            のがお給料が当時の世間並に伸びなかった公務員の
            方々でした・・・。(-_-;)」☆



            朝、TVのSWを入れると。News番組のスポーツコー
            ナーを告げるテーマ曲にカシオペアやT-SQUAREの
            POPで軽快な音楽と共にF1の試合結果が報道され、
            裸同然のヌーディーな綺麗なお姉さん達がSports
            Car!!を彩っていた時代でしたね!!(^_-)-☆



            そんな時代でMR2は誕生し2000cc twin camshaft
            のE/Gを搭載していましたのでトランジスター型の
            Japanese!!Ferrari?!的存在の車種でも有りました。
            (・o・)」☆



            自動車の心臓部にも当り一番重量の嵩むE/G部
            が車両に略、中央に位置して降り抜群のコーナ
            リングを誇って降り関西有れば六甲山や比叡山
            等の各山道のカーブを攻めても非常に安定した
            コーナリングでありました。(^_^)v☆



            コンソールは先にフルモデルチェンジしたセリカ・
            カリーナED等と共用のものが採用され全てのSW
            やメーター・インジケーター類がDr,の視線に集中
            された戦闘機のコックピットの様なStyleでした。
            (^_-)-☆



            画像は、海外向けの輸出用である欧米使用のMR2を、
            紹介したパンフレットで国内では非常に珍しいアイ
            テムと成っている他に国内販売では無いColor!!での
            ラインナップが非常にレア!!と言えますし此方のメタ
            リックブルーは、後の007ゴールデンアイでボンドカ
            ーと成るBMWZ3の定番Color!!を先駆けていました。
            (・o・)」☆



            欧米StyleのColorは、全5種で反対に日本国内
            では定番と成っていたWhiteColor!!が無いの
            が非常に面白いラインナップと言えますね!!
            (^_^;)」☆



            此方が最終後期モデルの海外用のパンフレットの
            表紙で国内向けのパンフレット依りもシックな感
            じで背面にディーラー名を入れる枡目が無い事も
            特徴の1つと言えます。(・o・)」☆



            私も嘗て此の車両のオーナーでしたが使い勝手とし
            ましては”セカンドカー”としてでした・・・。
            理由とましては、此の時代は女性が或る意味”お姫様?!"
            状態に有った時代でしたので彼女を乗せてショッピング
            へ出かけてもお買い物をした品物等が載せられない!!
            とかでよく揉める原因と成り特に大きな縫いぐるみ見
            たいなものは更に乗せるスペースが無いので喧嘩になっ
            てしまい留めには、ミッドシップE/Gであるが故にシー
            トの背もたれが倒せないないので寝る事も出来ない!!
            等々・・・。と複数で乗り込むと色々と面倒臭かった
            ですが1人で乗るには操縦性が本当に良い車両でありま
            したね!!(^_-)-☆

            | 1/6PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << September 2017 >>

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            search this site.

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM