☆SCORPION,のバスジャックの巻!!☆

0
    ☆SCORPION,と聞いて71s,のハリウッド映画・ダーティハリーの
    宿敵であると直ぐ様に感じられる方は可也のバイオレンス映画ファン
    に違いありませんね。(^_^;)」☆
    70s,代のアメリカは泥沼化していたベトナム戦争の陰で米本土国内に
    於ける治安も一時的に悪化し、”American Dream!!”とは程遠く暗い
    イメージのニュースがよく報道されていました。(-_-;)」☆



    ダーティハリーが71s,に公開される以前に映画やドラマで登場する
    犯罪者は元を正さば被害者で有り悲しみが犯罪の憎悪して行くストーリー
    の作品がスタンダードとされていましたがこの作品が広く一般に理由無き
    人を殺めるサイコ的連続犯の存在を知った様な作品で有りました。(-_-;)」☆



    この作品が公開された71s,(昭和46年)と言えば日本国内で普通自動車の免許
    ですら女性は未々持っていない時代にアメリカ本土では巨大なスクールBUS,
    を巨大なおばさんが運転手をしていた事にも驚きを隠せませんでしたが、
    このおばさん依りも小さい犯人約役のスコーピオンがこのおばさんに直ぐに、
    倒されてしまうのではないか?と思い映画を見ていて別の意味でハラハラ?!
    させられましたね!!(^_^;)」☆
    だって。このおばさんを前にするとスコーピオンの持っているWalther,P-38
    は駄菓子屋のチープなToyGun?!にしか見えず園児が駄々こねている様にしか、
    見えませんでしたよね!!(-_-;)」☆



    ♪〜漕げ!!漕げ!!漕げょ〜ぉ!!ボォ〜ト!!漕げよぉ〜ッ!!ランランラァ〜ン!!〜♪
    と園児達がバスの車内で仲良く歌っているいる時にバイバスの橋の上から、
    走行中のスクールバスの屋根の上に飛び乗るハリーキャラハン刑事は、
    園児から見れば犯人のスコーピオン依りも悪い奴に見えたに違いありません。
    だって、普通に考えて見ても走行中のバスの屋根の上に飛び乗り屋根の上から、
    44Magnum!!を車内へ向けぶっ放なされれば子供は泣きますよぉ〜っ!!
    此の時点で子供の目線で言えば刑事と犯人が入れ替わってしまっています?!(^_^;)」☆



    この鼻の絆創膏とスーパーの店長から奪ったワルサーP38がとても印象的
    でしたがこの他にも旧日本軍の二式テラ小銃をカスタムし特別使用
    のサイレンサー装着したライフルを逃げる時のに二分割していたのも、
    当時としては衝撃的なシーンでした。(・o・)」☆



    ハリウッド映画の悪役の方々は役柄とは反比例して高学歴であり各種学位等を、
    お持ちの方が多い事が特徴の一つとも言えますが此方のスコーピオンの役を、
    演じられたアンドリュー・ロビンソン氏も英語の学士号を取得されたりロンドン
    へ留学されたりしていますがこの役が余りにもインパクトが強かった事から、
    後々の仕事に影響が出た事に依り一時期俳優業を休止されていた事も有った様
    ですが現在は再びActor!!としても活躍されたり演技指導されたりしています。
    次回のイベントでは、是非!!来日して頂きたい方のお一人でも有りますので、
    関係者各位にリクエストしておきますね!!(^_-)-☆

    ☆聞け!!起動輪と履盤の軋む音を?!の巻!!(フューリー編)☆

    0
      ☆愈々本日、から映画フューリーが全国でロードショーと成りました。(^_^)/☆
       此れは、ブラットピット主演の戦争映画ですが数か月前からは駅や書店等で、
       掲示されていたポスターは、以外にも地味でまさか戦車の映画とは思いませんでした。(^_-)-☆



      勿論、今日の今のお話しと成りますので私も映画の本編は未だ見てはいないのですが、
      ストーリーとしては、WW-?(第二次世界大戦)のヨーロッパ戦線でナチスドイツ軍
      の無敵のタイガー戦車と戦う1台の(アメリカ軍)シャーマン戦車とそのクルー達の
      お話しの様です。(・o・)」☆
      従いまして、本編は分からないので此処では、映画に登場する戦車について、
      少しお話して参りましょう!!☆\(^o^)/☆



      この映画で使用されているシャーマン戦車は、数あるバリエーションの中でも、
      集大成的なバージョンであるM4A3E8で通称イージーエイトと呼ばれているモデルで、
      シャーマン戦車の中でも一番重武装で且つ、一番カッコ好い戦車でした。(^_-)-☆
      デビッド・エアー監督は、戦車としての機動力及び勇ましさも表現する為に、
      敢えてこの車両を選んだのかも知れませんね。(^_-)-☆



      標準的な装備も重装備で車長用のMG(CALIBER,30)が追加されて降りまるで、
      SLのD51の重装備タイプの様な使用となっていますので矢張りオドボールの
      シャーマン戦車依りも実戦的ですね。(^_^;)」☆



      又、劇中使用されているこのシヤーマンM4A3E8は、日本では1954s,(昭和29年)
      より同じタイプのシャーマン戦車が米軍より陸上自衛隊へ約200両の供与が、
      開始された関係で現在でも防衛省の施設内に展示されていますので施設内を、
      一般公開されている時等にその姿を見る事が出来ると思いますよ。(^_-)-☆



      この映画の最大の目玉として、戦後の映画史で初めて。”本物のタイガー戦車”
      が登場するところでそれ迄の様なT34戦車に張りぼてを取り付けたダミー戦車ではなく。
      英国のボービントン戦車博物館に保管されていたタイガー?戦車としては、
      唯一”生きている!!”本物の実車です。(^_-)-☆
      当時の日本でも第二次世界大戦中に陸軍省と三菱重工が国内技術向上の為に、
      ドイツよりタイガー戦車2両を購入しましたが日本へ輸送する為のイ号潜水艦に
      積載する事が出来ずその後そのタイガー戦車は、ヨーロッパ戦線へ投入されますが、
      日本に政府は、この時にタイガー戦車を購入した料金を全額支払っていたのにも関わらず。
      未だ、ドイツ政府から返金して貰ってはいません。キャンセル扱いなのにね。(^_^;)☆



      この時代の戦車は、現在の戦車の様に多重走行では無く単に鋳造鉄を溶接で、
      張り合わせただけの単純なものだったので画像の溶接部のdetail,を、
      確認して頂ければお分かりの通り着弾の際、運よく砲弾を弾き返したとしても、
      溶接部が外れて割れてしまいます。(-_-;)☆
      でも、タイガー戦車は異なりそれらの砲弾を弾き返す防護力や磁気地雷手榴弾を、
      弾くコーテングが施され更には、シャーマン戦車の砲では届かない遠方から、
      射撃する事が出来ました。その事が連合軍兵士から、”鋼鉄の死神!!”
      と恐れられた理由でした。(・o・)」☆



      TANK COMMANDER,のブラット・ピット氏がショルダーホルスターに下げている
      handGun,は、38SPのmilitary&police,の様ですがこの時代はGMガバメントが、
      既に支流に成っていましたし、更に騎兵は既に廃止に成っているのにも拘わらず。
      騎兵用のブーツを履いている所等からも可也の個性派のキャラだと言う事が、
      窺がえますよね。(^_-)-☆



      この時代の戦車のクルーは、5名でTc・Gr・dr・Fmgr・Lr(独軍は序列が異なります。)
      ですが現在は、3名ですが最終的には、ボトムズ・ダクラム・ガンダムの様に、
      1人乗りと成り更に無人化されて行くのだと思いますよ。(^_^;)☆
      この映画を見てまた何か気付いた事が有ればご報告致します。(^_^)/☆

      ☆イワン・ダンコ大尉の拳銃の巻!!☆

      0
        ☆イワン・ダンコ大尉と言えば。1988s,(昭和63年)に公開された
         ハリウッド映画”レッドブル”に出て来る旧ソビエト連邦・モスクワ市警の警察官
         と言う設定でアーノルド・シュワルッネッガーが演じていましたよね。(^_-)-☆



        この時代は、冷戦時代末期の頃で余り共産圏の国々の情報は入って来なかったので、
        銃もAK−47ぐらいしか詳細は、分からない時代で監督のウォルター・ヒル監督が、
        クランクインに伴いプロプガン会社に”デザートイーグル”をベースに不恰好に作って?!”
        と言う依頼から安価なイスライル製の357デザートイーグルをベースにワルサーP38の
        グリップ等を移植してカスタムされた物が此方の”ポドヴィリン9,2?”ですが勿論プロップ
        ガンですので正式銃としては実在は致しませんよ。(・o・)」☆



        MG部は、デザートイーグルのものをそのままの状態で使用しています。
        グリップ&バレルは、ワルサーP−38の物を上手くカスタムして移植
        する事で恰も旧ソビエト製の銃の様に演出されていました。(・o・)」☆



        この時代の旧ソビエト社会主義連邦共和国の警察の使用する銃は、
        この映画の劇中にも登場している”マカロフ”なので事実に基く設定に
        すると劇中でのイメージ演出が困難と成る為に製作したと言う事が、
        事実の様ですね。(・o・)」☆



        確かに、体の大きいアーノルド・シュワルツネッガー氏には小さな拳銃は、
        似合わず又、助監督やカメラマンがアングルの設定やコンテの製作が、
        困難となって来ますよね。(^_-)-☆



        それにしても。ブレードランナーの”デッカードブラスター”や
        エイリアンの”パルスライフル”等に比べると旧ソビエトの兵器工廠等の
        刻印も打刻されていて依り現実的な演出が施されていると思います。(^-^)g"
        併しながら、残念な事に国内外共に各メーカーがトイガンとしてのモデル
        UPはされておらず個人製作のカスタムしか現在のところ存在はして、
        いません。(-_-;)☆

        ☆チャック・ノリスとミニ・ウージーの巻!!☆

        0
          ☆今回は、1980s,代に”地獄のヒーローシリーズ!!”で一躍有名と
           成ったチャック・ノリスとその彼を支えたマシンガンミニ・ウージーに、
           スポットをあてて見たいと思いますぅ!!☆\(^o^)/☆



          チャック・ノリス彼の詳細な経歴等は、別のHP等でも詳しく紹介されて
          いますので此処では彼をヒット作でヒーローにしてくれた。
          ”必殺のアイテム?!”詰りその名も。”Mini UZI”を、
          御紹介致しましょう!!☆\(^o^)/☆

          70s,代に入るとダーティーなバイオレンスヒーローブームが到来し、
          ダーティハリーやチャールズブロンソン主演のマグナムシリーズから、
          ターミネーター迄様々なバイオレンスヒーロー達が大型の武器を使用する
          のに対してチャック・ノリスだけは何故か?見た目小さくてショボォ〜ィ?!
          ミニ&マイクロ・ウージーを2丁肩からぶら下げて乱射しているその姿は、
          髭を蓄えたいい年とした親爺が"イャ〜ン!!イャ〜ン?!”とまるで駄々を、
          捏ねている子供の様にしか見えませんでしたよね。(^_^;)
          なんか?!かっこ悪ぅ〜ッ?!と言うべきなのか?(-_-;)☆

          当時後に放映されたドン・ジョンソン主演の”マイアミバイス”とは、
          全く別物でしたからチャック・ノリスのガンアクション地獄シリーズを、
          知らない人に言葉だけで説明しようとすると”その人はコメディアン?!”
          と言う答えが必ず返って来たものでした。(^_^;)☆ 



          画像は、そんなチャックも欲しがりそうな純国産のミニ・ウージーで、
          キャップ火薬式の駄玩具のマシンガンです。(・o・)」☆
          駄玩具にしては、中々のクオリティーで機関部の前に設けられた
          瓦斯抜き窓から発火時の炎が抜ける様に設計されています。(・o・)」☆



          駄玩具ですので銃口も貫けているので連射の時には中々の迫力かも。(^-^)/☆
          中の構造は単に8連発のリボルバーピストルのギミックが内蔵されている
          だけの物なのですが上下2連のショットガンの様に元折れ式に成っています。(・o・)」☆



          この様に2丁揃えば後はストラップを取り付けて脇の下から”ブーンって、
          乱射すれば気分はもう!!”地獄のコマンドー!!”ですよぉ〜っ!!(^-^)/☆
          メーカーも純国産で中々の出来栄えでしたが既に現在はもう製造等を、
          辞めてしまっていていて入手が困難となっています。(・o・)」☆

          よく店頭に来る子供達が”¥100均一ショップに売ってる?!”と、
          言う子もいますが国産品と輸入品とではプラスチック樹脂自体の質が、
          異なる為中国製品等は数ヶ月で崩壊し始めますのでお父さんやお母さんの
          同伴の場合は、それらを比較してその差を確認されその違いを、
          皆さんご納得されていますよ。(^_-)-☆



          でも・・・”こいつは。俺の頼れる相棒なんだ!!”
          と言うセリフが飛び出して来そうなショット画像ですよね。(^_^;)☆
          それにしても、”厳ついオッサン!!”が小さい武器に拘り続けた
          チャック氏は別の意味でも、”男だなぁ〜っ!!”と思いましたよぉ〜ぅ!!
          (^_-)-☆

          ☆1960s,のヨーロッパ映画に於けるエロスの巻!!☆(続・黄金の7人・前編)☆

          0
            ☆1960s,代に入ると世界は、冷戦下に入り兵士等の慰問の絡みもあり
             お色気Sexy,スタイルの娯楽・映画の作品が増えて来ました。(^-^)/☆
             そんな時代の背景の中でアメリカよりもヨーロッパの方が比較的早い
             時期に取り入れられていました。(^-^)/☆



            此方は1965s,(昭和40年)にイタリアで製作された映画”黄金の7人”
            でその華麗な泥棒テクニックはコミカルに展開されて降り後に国内で、
            一大ブームを巻き起こす事となる”ルパン三世”に強い影響力を与えた
            作品と言われて降り又翌年の1966s,(昭和41年)には、
            ”続・黄金の7人 レインボー作戦”がイタリア・フランス・スペインの
            合作として製作発表されますが”お色気大好き的な?!”お国柄の合作品と
            言う事もありセカンド作はお洒落な犯罪テクニックと言う依りは当時の
            ”大人の男の為のお色気?!”重視だった様なコテコテの内容となりファースト作品
            の様なスマート差は余り感じ無くなっていました。(-_-;)☆

            そもそも、歴史・デキュメントでもないコメディーを3ヶ国で製作する事
            自体が問題で意見と言うか笑いの感性が纏る訳ないですよね。(^_^;)☆



            女性が全裸でソファーに寝そべっているスタイルのポスターやパネルが、
            世界的にも流行して巨大な物はアートとして美術館やCafe’の壁面に
            飾られていたのもこの時期からでしたね。(^_-)-☆



            今も昔も高級婦人下着の最高峰とも言うべき産地であったイタリアは生地は
            勿論の事デザインも最先端の製品が出ていましたので背が高く瞳が大きく
            元祖グラマーと言うべきイタリア人の女優さんが身に着けると文句無く、
            絵になり栄えて見えました。(・o・)」☆

            予断ですが私もその昔某商社にてインポートの高級婦人下着の輸入を、
            担当されていた時代があり少しは分かるんですよねぇ〜っ!!
            此れが・・・ね!!☆(●^o^●)☆



            ヘアースタイルは、基本ロングが支流でしたが未だストレートパーマネント
            と言う技法は未だ開発されていない為に生際の強制が出来ないので現在の
            感覚で見るとまるで余り出来の良くないウィッグの様に見えてしまいますが
            ウェッグではないんですよ。(^_^;)☆
            勿論、ウィッグも有りましたがそれを装着すると現在のKABAちゃん?!
            見たいな感じに・・・(^_^;)☆



            ファッションスタイルは、原色のパステルカラーで単色に依るドット&
            ウエーブ・デザインの単色のミニスタイル・ワンピース等が流行して
            いましたのでこの時代のクレージュも例外ではないデザインでした。
            又欧米でも今現在もなを人気が高く高価で取引されていますので、
            お持ち方は大切にして下さいね。(^_-)-☆

            ヨーロッパ・エロスファッションデザインのお話しは次回へ・・・

            つづく・・・(^_-)-☆

            | 1/2PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << July 2017 >>

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            search this site.

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM