☆災難の多かった神戸の街の巻!!☆

0

    ☆過去の歴史を振り返って見ると。

    神戸の街って。昔から以外と災難が降り

    掛かって来る街だったんですよねぇ~!!

    大きくは、1945s.(昭和20年)期の戦災

    に1995s,(平成7年)の阪神・淡路大震災

    やそれに六甲山の山と海岸線との間の他

    の地域と比べると猫の額程しかない平地

    に台風等で襲い掛かる六甲山から押し寄

    せる鉄砲水等に昔から住民の方々は悩ま

    されて来た街でもあります。(・o・)」☆

     

     

    併しその反面70s,~80s,代に掛けては、

    株式会社神戸と言われた程にイベント

    大国的な黄金期もありましたが、現在

    では残念乍ら経済商業は以前と比べれ

    ば可也の衰退化が進んでおり企業も撤

    退して行きました。(・o・)」☆

     

     

    そこで今回は、戦前神戸市の事を少し

    調べて見ましたが、神戸は米軍の爆撃

    に依り徹底的に焼き尽くされてしまい

    ますが、基本的に鉄道や洋館等への直

    接的攻撃目標からは、米軍司令部から

    の命令に依り外されていました。

    此れには、米軍が終戦後街を統治する

    際に使用すると言う目的があった為に

    で従いまして。終戦後も神戸での洋館

    の生存性は比較的に高かったのです訳

    ですが、その後壊滅的被害を受けたの

    は。矢張り阪神・淡路大震災の時に崩

    壊して行きました・・・。(-_-;)」☆

     

     

    戦前の神戸は、三菱重工業や川崎重工

    業の位置する現在の兵庫区である新開

    地や神戸駅・元町駅付近の方が賑やか

    な地域であり現在のJR元町駅は省線時

    代の旧三ノ宮駅のでした・・・。

    火垂るの墓で登場する阪急三宮駅の

    ビルは、1936s,(昭和11年)に竹中工

    務店に依り設計施工された建造物でし

    た。(・o・)」☆

     

     

    阪急三宮駅事に尽きまして実は以前に

    も別のエントリーでご紹介してはいる

    のですが、此の駅舎周辺には実は今で

    も焼夷弾の被害を受けた穴や米軍艦載

    機に搭載されたCal.50多連装機銃に依

    る銃弾の弾痕が無数に残っています。

    (・o・)」☆

     

     

    私達世代の関西近傍の方であれば小学

    校の遠足等で宝塚ファミリーランドへ

    行く為に阪急電車をよく利用されてい

    ました。

    昔は、阪急三宮から特急車に乗車すれ

    ば次は、西宮北口迄一切停車しません

    でしたから梅田(大阪)迄は、物凄く早

    かったです。(・o・)」☆

     

     

    私は、私鉄の事は余り詳しくはないの

    で戦前戦中の阪急電車の運行状況ダイ

    ヤの記録は持っていないので分かりま

    せんが、当時は2両編成の事を考える

    と三ノ宮~西宮北口迄のノンストップ

    と言う列車は恐らくは、無かったので

    はないのかな?

    と思いますが・・・。(-_-;)」☆

     

     

    また、戦前神戸市は現在の灘区・東灘

    区は、旧武庫郡の飛び地扱いになって

    いた事もあるそうで、戦後でも田舎?

    印象が記憶に残っています・・・。

    (^_^;)」☆

     

    つづく・・・。

     


    ☆CAMELよりCARAMELの巻!!☆(森永製菓編)☆

    0

      ☆キャメルとキャラメルって。昔から

      似た言葉に似た色彩であり製品のパッ

      ケージ迄もとてもよく似た様なイメー

      ジの感じのものが多かったので子供頃

      は、キャメルがまさか?

      大人の煙草とは、思わずにキャラメル

      等のお菓子と思っていた方もいらっし

      ゃったのでではないでししょうか?

      少なくとも私は、そうでした・・・。

      (^_^;)」☆

       

       

      キャラメルの原型となる菓子は、アラブ人

      がクレタ島において考案したといわれている。

      彼らがアジアで入手したサトウキビを領地で

      栽培し、そこから得られたシロップや氷砂糖

      を精製し、製造した砂糖菓子がその原型であ

      り。これらは11世紀に十字軍によってヨーロ

      ッパに持ち帰られ、16世紀にはカトリーヌ・

      ド・メディシスによってフランスにもたらさ

      れる。フランスで発展した砂糖菓子から、ア

      ンリ・ルルーは故郷ブルターニュ産の塩を用

      い塩バターキャラメルを作った。ブルターニ

      ュやノルマンディーは乳製品も豊富な土地柄

      であり、これを活かすことで現代のキャラメ

      ルは誕生することになったとされています。

       

      (キャラメルの歴史依り転記させて頂いて居り

      ます。)☆m(__)m☆

       

       

      日本では、森永製菓の前身の森永西洋

      菓子製造所が1899s,(明治32年)に創業

      した頃から行われて来ましたが、現在

      の商品名になったのは1913s,(大正2年)

      6月10日からである。発売当初、高温多

      湿の日本の気候に合わずキャラメルが溶

      けてしまうという性質から、森永太一郎

      氏が改良を重ね、1914s,(大正3年)携帯

      用のミルクキャラメルが発売される。

      (森永製菓の歴史より)

      此処で森永製菓さんや明治製菓かさんと

      グリコさんとの違いをご紹介して置きす

      とグリコさんは、戦前・戦中は主に軍事

      用の製品の開発・製造・販売をし特に旧

      陸軍省とは、深い繋がりを持っていた様

      ですね・・・。(-_-;)」☆

       

       

      対しましてキャメルの方は、元々は。

      米国R.J.レイノルズ・タバコ・カンパニー

      が1913年に米国で発売し、現在では世界

      第5位の販売数量を持つグローバルブラン

      ドで1921年には「I'd walk a mile for a

      Camel(キャメルのためなら1マイルでも

      歩く)」という有名なキャッチフレーズが

      生まれました。

      発売されたのが大正2年の話しなので旧日

      本軍と戦った米兵の多くの将兵も愛用して

      いた事からも元日本兵の捕虜だった方々も

      此の煙草を吸っていたらしいのですが、皆

      さん。”アメリカの紙煙草は美味くなかっ

      た!!”と言われていました・・・。

      また、この色合いとネーミング更に子供

      達に好む様な特徴的なパッケージは、間違

      いなくお菓子と思っていた子も多かったの

      ではないのか?と思います・・・。

      少なくとも私は、そう思っていました・・・。

      (^_^;)」☆

       

       

      また。森永製菓さんは、その時代時代の子供

      達の心を掴んだ非常に可愛らしいデザインの

      箱絵や優しいミルクの風味が一時の幸せ感を。

      誘ってくれるますよねぇ~・・・。(^_-)-☆

       

       

      私の頭の中に有る最も古い記憶しては、2歳

      の時のものですが、その頃から今は亡き。

      祖父母や叔父叔母達が、駅のkioskの売店等

      買ってくれた森永キャラメルの事を思い出し

      ます。それが今や当時の叔父叔母の年齢に自

      分が成っていてもキャラメルを一粒口に入れ

      ると。消え去った思い出が蘇って来ますよ。

      (^_-)-☆

       

       

      さぁ。今日は勇気をだしてキャラメルを買って

      見ませんかぁ~!!現在の幼稚園児や小学生の低

      学年生の子達が食べても。

      ”わぁ~!!懐かしい味ぃ!!”って言う程の正に魔法

      のお菓子と言えるのかも知れませんよぉ~!!

      (#^.^#)/☆

       


      ☆戦前の駄菓子屋さんとサクマ式ドロップの巻!!☆

      0

        ☆最近とても不安に感じる事は子供達

        の中には心の発達障害的傾向が多く見

        られる事ですが、その最大の原因は彼

        等が本当の意味で両親を初めとして。

        他の人から人としてStandardな愛情

        を受けて育っていないからだと私は

        思います。

        愛とは、植物で言う光合成を行う為に

        絶対不可欠な日光の様なものであり。

        間違った愛情詰り大人にとって都合の

        良い光詰り愛情を押し付けたり。

        また、光である愛情を与えなければ、

        子供達の心は直ぐに発達障害と成り病

        気になってしまいます・・・。

        人の人生で一番幸せな時期とは。

        此の世に生を受けて約10年間に心身

        共に人は、多くの人達から愛情と言

        う心の栄養を貰い成長しその時の思

        い出を力に変え老人に成っても本来

        持ち続けているのものなのです。

        (・o・)」☆

         

         

        そこで今夏も人の心を繋いで来た特に

        戦前の駄菓子屋さんとサクマ式ドロッ

        プのお話しを致しましょう!!(^O^)/☆

         

         

        とは言うものの・・・。戦前のお菓子

        のラインナップは、外箱やパッケージ

        ポスター等は、残っていても実際にお

        店で具体的且つ詳細を示すお菓子やま

        たその当時の各店舗内でのレイアウト

        展開の資料等は、略壊滅状態に近い位

        に残っては降りません。

        此れに尽いては、当時のカメラのフィ

        ルムが、非常に高価であった為に何気

        ない子供日常生活を撮影する余裕が一

        般市民には未だ無かった事に加えてそ

        れに追い打ちを掛ける様に戦災に依る

        焼失が一番の原因となっています。

        また更に当時子供だった方に駄菓子屋

        さんの事を聞いて見てもお菓子を買い

        に行った記憶は残っていても。

        どんなお菓子がどの様な配列で店内に

        並んでいたのか?

        は、皆さん記憶にない方々が大半を占

        めていました。

        此れに尽いては、戦乱混乱の戦中・戦

        後は、皆さん日々生きて行く事で精一

        杯だったからだそうです。(・o・)」☆

         

         

        そんな訳で此方の画像は、戦前の駄菓

        子屋の様子が分かる大変貴重な資料と

        も言えるのではいでしょうか?

        残念乍ら。子供達の視線に有るはずの

        平台が写っては居ませんが、ショーケ

        ス上には、サクマドロップの缶入りタ

        イプ等が確認出来ますし、ショーケス

        内には、自家製と思われるパンか?和

        菓子の様な物が、写っていますので、

        此の写真から推察しますと。

        お母さんが余所行きの訪問着を着用し

        ていますので訪問先へ御届進物品を、

        此方のお店で購入した時についでに此

        の姉妹達も普段は、自分で買えない様

        なお菓子を買って貰っている事が販売

        員店主の表情からも読み取る事が出来

        ますね・・・。(^_-)-☆

         

         

        さてと・・・。それではドロップのお

        話しを致しましょう!!

        元々は、高級非常食料として1905s,

        (明治38年)立ち上がって間もない。

        日本山岳会(現:公益社団法人日本山岳

        会)等に収める為に当時は、英国から

        直輸入をしていたものを、1908s,

        (明治41年)に佐久間惣治郎氏が国産

        化したものが始まりです。

        併しその後太平洋戦争の悪化に伴い

        原料である砂糖の入手が困難となり

        一旦は廃業に迄追い込まれますが、

        1948s,(昭和23年)には、再び事業を、

        再開するもの経営者が二手に分かれ

        サクマ式ドロップスとサクマドロップ

        の二種類が店頭に並ぶ事になりました。

        (・o・)」☆

         

         

        何れも。本家佐久間製菓株式会社と

        サクマ製菓株式会社は、東京の会社

        なので当時の東京の事は分かりませ

        んが、関西では私の朧げな記憶を辿

        ると確か?

        スーパーや市場内にある様なお菓子

        屋さんには、戦前からのお付き合い

        と言う事で、サクマ式ドロップスが、

        置いてありまた、トローチの開発が、

        戦後遅れいた事でその代用品として

        此のサクマ式ドロップスは、薬局薬

        店に風邪薬と一緒に販売されていま

        した。

        此れは、明治製菓さんが医療用のSP

        トローチを本格的に販売する70s,代

        迄続いていました。(・o・)」☆

         

         

        対するサクマドロップスさんは新規

        開拓的な駅の売店kioskやOXパン等

        のパン会社の直販店に併設する駄菓

        子コーナーでよく散見されていまし

        た。

        併し私達戦後生まれの子供達には、

        此の両者の製品は惜しくても余り

        買って貰う事が出来ませでした。

        その理由は、缶入りは高額だったの

        で当時の母親達が、敬遠したからな

        のです。

        だから。お店でドロップスを購入す

        る際には。お母さん。から皆。

        ”缶入りのはダメよ!!中身が箱入りと。

        一緒で量も少ないからね!!”何て。

        良く店頭や店内で言われている子達

        を、見掛けたものでした。

        何処の子供言われ規制が掛けられて

        更にその隙間を突く様に今度は同じ

        関東圏に本社を置く不二家さんが、

        紙箱入りの安価でドロップスを発売

        して来たからです。

        唯、此の不二家さんのドロップスに

        は当時子供達には、大きな落とし穴

        的な。”非常に強烈なハッカ味!!”

        が、仕込まれて降り。

        70s,代位迄のハッカは大人でも苦手

        な人が多く。

        幼児の口に入ると。”ぺっと。掃き

        出し。辛い!!舌が痛い!!”と言って泣

        いている子もいましたので、当時の

        お母さん達は、その様な時には公園

        等の水飲み場で我が子の舌を泣き止

        む迄、荒っている姿もよく見掛けた

        ものです・・・。

        誤解が無い様に申し上げて置きます

        が別に不二家さんが問題のある商品

        を販売していた訳ではなく唯、大人

        味に味覚設定をしていただけなので

        御高齢者の方には、寧ろ美味しい!!

        と言われ人気の味でしたから。

        ”白い飴ちゃんは、食べずにお婆ちゃ

        んにあげなさい!!”と母親が躾けてい

        ましたので。中にはハッカ味は老人

        飴だと思っていた子もいましよ。

        (^_^;)」☆

         

         

        それに対して。矢張り佐久間製菓さん。

        サクマ製菓さん。明治製菓さん。

        等は、基本子供の好む味覚設定をして

        いたので此れ等の商品の方が正直買っ

        て欲しかったですし。食べた後の缶は、

        小物入れに使ったり出来ましたし。

        女の子達は、お飯事の道具として大切

        に使って遊んでいました。

        私の知る。60s,~70s,代の先日に雨の

        降った公園等に行くと。

        滑り台の降り口やブランコの下に出来

        た窪地に出来た水たまりの泥水をドロ

        ップスの空き缶で汲取って遊んで履い

        ているパンツ迄濡らしてそれが珈琲色

        に成っている女の子沢山いました。

        そうですよね・・・。現在のお母さん

        達!!今ではそんな子は絶滅してしまっ

        た様ですが・・・。(^_^;)」☆

         

         

        そんな訳で御座いまして。私も残り僅か

        な人生も何か子供為に役に立つ事を1つ

        でも多くさせて頂きたいなぁ~!!

        とは。願ってはいるのですが現在のご高

        齢者の方全てでは勿論ないのですが、中

        には猛烈に自己主張される方もいらっし

        ゃるので中々、思う様に行かない事も。

        現実で御座います・・・。すみません。

        ☆<m(__)m>☆

         


        ☆過去と現代社会に於ける日本の食文化と国民性の巻!!☆

        0

          ☆此の処戦時下の時代のエントリー記事が、

          連続していますのでもう。飽きてしまった!!

          と思われている方もいらっしゃるのではな

          いか?とも思いますが明日は、少し気持ちを、

          切り替えまして違う話題をご紹介致します

          ので本日迄は、もう少し戦時下の話題にお

          付き合い頂けましたら幸いに存じます・・

          ・。☆<m(__)m>☆

           

           

          そこで行き成りでは、有りますが日本人を、

          動物に例えるのならそれは、私は迷わず。

          ”飼育された鳥類です!!”と答えるでしょう。

          その理由としましては、ペット等で飼われ

          ている鳥達は、餌箱に餌が沢山入っている

          間は、その餌を激しく突いて餌箱の外へ弾

          き出し更に1羽のグループで権威のある雄

          鳥が独り占めし雌や雛鳥達は、その雄が餌

          箱である器から遠くへ弾き飛ばされたもの

          だけを食べているその姿を見ていると日本

          の人間社会と全く同じだなあぁ~・・・。

          と感じてしまいます・・・。(-_-;)」☆

           

           

          また、日本の国家が貧しくなると食生活迄

          もが、リアルに本当に鳥と同じものを食べ

          ていました・・・。

          北条すずさんが、取っているタンポポや

          繁縷何て。私が子供の頃に鶏の餌として

          正に与えていたものですから。

          それをまさか?人間が食べるもの?

          とは、信じては居ませんでした。

          勿論、当時の大人達からそれ等を食べて

          いたお話しは、耳にはしていましたが、

          何分。こんなおじん。でも・・・。

          ”♪~戦争が終わって。僕らは生まれた。

           戦争を知らない子供達ぃ~さぁ~!!~♪”

          なものですから・・・。すみません。

          ☆<m(__)m>☆

           

           

          さて。此処からは食事戦前から私の育っ

          た高度成長期迄の頃の関西圏の食事事情

          を私が体験し感じ取った事を素直な気持

          ちでお伝え致します。

          その中に表現的に誤解を招く様な事項も

          あるかもしてませんが、決して悪意の有

          るものでは御座いませんので、どうか?

          ご了承の上、ご理解下さいませ。

          ☆<m(__)m>☆

           

           

          私が此の世に生まれ来た地とは・・・。

          兵庫県の神戸市で朝ドラの”べっぴんさん

          でも話題となった神戸元町界隈でした。

          正確には、現在の兵庫県庁の位置する当り

          で戦争は、日本の戦争は既に終わっていて

          も米軍の朝鮮戦争の余波やベトナム戦争の

          影響を受け神戸の湊も横須賀や佐世保と同

          じく日本軍が消滅しただけで軍港である事

          とは、戦前も戦後も異なっていない様な感

          じを子供の頃から受けて降り。

          寧ろ。米軍が来日して来た事で当時は、私

          達子供には、小松崎茂先生がプラモデルの

          箱絵に描いていた見た事も無い様なJET戦

          闘機や戦車等が、三菱重工と川崎重工のド

          ック内に停泊整備そしている空母等の艦船

          から見えていました・・・。(・o・)」☆

          此処ですずさんと私が、違っているとは。

          すずさんは、呉で旧日本海軍に艦船を見て

          ”あぁ。大和じゃ。”等と言っていましたが、

          私は、神戸北野坂から神戸港を見て入港し

          て来る米軍の艦船そ見て。”あぁ!!エンター

          プライズやぁ!!”とか叫んで近所の悪ガキ!!

          達と共にモォ~ダッシュ!!で、自転車で北

          野坂を下り降り空母等に何とかして忍び込

          もうとし何時も失敗していました・・・。

          当時のTV映画では、スパイものが流行って

          いましたからね・・・。(^_-)-☆

           

           

          何故?駐留米軍の話しを先に申し上げたかと

          言いますと。

          神戸は、大阪とは異なり米軍軍関係者とその

          家族等多数の欧米人の方々が居住していた関

          系から。食材や衣料品も医薬品そして娯楽趣

          向品に至る迄多くの品々が輸入し流通してい

          ました。

          その間関係から神戸の人は、戦前から洋食文

          化が根付いていましたので、お魚依りもお肉

          の方を好んでよく食べています。

          なので、お隣りの県である岡山県やへ行けば

          お魚料理が中心に食卓へ出されるので、私は、

          子供の頃は、魚中心の食事文化県へ行くのが、

          嫌でした。食べないとまたお約束の戦争中の

          話しをエンドレスに聞かされて怒られてしま

          うからです・・・。

          そこで面白い事に神戸市(兵庫県)とは東隣に

          位置する大阪府(大阪市)は、神戸市の食文化

          レベルは、一見して失礼乍ら。江戸時代?!

          って感じで遅れていました。

          当時は、大阪の洋食屋さんや洋菓子職人の人

          も洋裁をする人も神戸市に修行に来られてい

          たのが現実でしたから・・・。(-_-;)」☆

           

           

          そんなは、訳で浦野すずさんの様な田舎の人

          を奥さん貰うと新婚時代から魚料理が中心に

          なるので嫁いで来られたお嫁さんは勿論、旦

          那様も食生活文化の違いに困っていました。

          想像して見て下さい・・・。

          嫁いで来た。北條すずさんに。明日はお婆さ

          ん誕生日だからステーキかハンバーグを作っ

          て下さい!!とか。或は子供のお誕生会が有る

          からケーキとクッキーを焼いといて・・・。

          ってリクエストをしても。楠公飯を作れる

          北条すずさんでも流石に無理でしょう!!

          多分・・・。

           

           

          ステーキやケーキは、市内の洋食レストラン

          やケーキ屋さんやCaféに行けば神戸市内では、

          幾らでも有りましたが、お肉は未だ輸入肉は

          なく全て純国産和牛しかなくケーキもフロン

          ドリーブさんやビゴさんのドイツから来日し

          た本場の職人さんが焼いたものがお店には、

          出されていましたので、高価で庶民の口に入

          る事が困難だった事から。

          当時の主婦達は、隣近所の主婦達が知恵を絞

          り合い自作していました。

          ですから。神戸の一般家庭には早い時期から

          カップケーキを焼く為のガスオーブンが有り

          ました。

          此れ等は、京都・大阪では先ず見る事は有り

          ませんでした。

          余談では、有りますがハンバーク等も各家庭

          で生地から自作していましたが、その生地を

          捏ねる作業を子供達は、非常に遣りたがるの

          ですが、併し此の子供の手の雑菌が完全に落

          ちていない事で。よく当時は家庭内食中毒を、

          出していました。(・o・)」☆

           

           

          ですから。子供の頃は田舎のお嫁さんを貰う

          と美味しいのが食べられない!!

          と変に誤解をしている子。沢山いましたよ!!

          いや。ほんとに・・・。(-_-;)」☆

           

           

          そんな事が実際に1970s,(昭和45年)位迄繰り

          返し続いていましたよ!!

          事実。私の祖母も明治中期に人間でしたが、

          私が物心付いた頃以前から。ナイフとホー

          クで神戸ビーフのステーキを食べていました

          よ!!言わずと知れた超貧乏人なのにね・・・。

          (^_^;)」☆

           


          ☆ほんの一粒の幸せ。の巻!!☆(ミルクキャラメル編)☆

          0

            ☆最近。一粒の幸せ的な出来事や感情を、

            感じた事のあり現代社会人は以外と少ない

            と思います。

            近年、その時代時代にヒットした歌謡曲の

            歌詞な中には、やたらと”愛”と言う語源が、

            記されて降りそれは、TV・映画の作品を見

            ていても同じ”愛”をテーマにした作品がヒ

            ットしています。

            此れには、それだけ日本を始めとする世界

            の人々達が、自分以外の自身から見た外部

            世界に位置する人達から愛されたいと言う

            願望を持っているからですね。

            反対に。マニア・コレクターの人は、内面

            的に自らの手中に人や物を繋ぎ止めて置き

            たいと言う愛情の感覚が少し前者の方とは

            異なっているのも特徴的だと言えるのかも。

            知れません・・・。(・o・)」☆

             

             

            そこで今回のテーマとして取り上げさせて

            頂きますのは、この世界の片隅にの主人公

            である浦野すず(北條すず)さんお気に入り

            の森永ミルクキャラメルです。

            此の時代の作品では、名作火垂るの墓のヒ

            ロインだった節子もサクマ式ドロップスを、

            持っていましたね。

            さて。余談なお話しですが北条すずさんの

            年齢を見て見ますと。

            1925s,(大正14年)生まれ。となっています

            ので私から見れば叔母に当る年齢なので。

            大阪万博の開催された時は、45歳なので。

            ”あぁ。あの時の叔母と同等の年齢なのか?”

            とも感じましたが、私の叔母は北条すずさ

            んとは、全く正反対の人で神戸で生まれて

            女学校を卒業後今で言うキャリアOLを経て

            大阪万博が開催された頃には、自ら企業し

            て高級輸入車を自ら運転していました。

            大阪万博の帰りに私は、その叔母の自動車

            の車内に食べていたお菓子をこぼして。

            ”行儀が悪い!!”とビンタ!!された事を今でも

            昨日の様に覚えています。

            それ以来。すずさんの様な優しい女の人に

            憧れていたのですが、その後何十年掛かって

            もその様な女性には出会わなかったのかも・

            ・・。(-_-;)」☆

             

             

            劇中で登場したのは。森永ミルクキャラメル

            でそのパッケージから撮影には現在販売され

            ている物が使用されていたのではないのかな?

            と思いますが、すずさんが結婚した昭和18年

            の森永ミルクキャラメルは、20粒入りで1箱

            10銭でしたので此の箱では、少し小さいと言

            う事に成ります。

            現在では、12粒入りで定価は確か?¥120だっ

            たと思います。

            当時は、うどん・そばが、15銭ですから現在

            の価格に直せば、¥200~¥250と言った処で

            しょうか?(・o・)」☆

             

             

            でもすずさんが購入した時には、此の様に

            赤い帯が付いていた事に気付かれた方は、

            中々の強者ですよ・・・。

            私も未だ、現在の様なビニールの保護シー

            ルでカバーをされていない時の世代でした。

            (・o・)」☆

             

             

            70s,代である昭和40年代頃真では、未々。

            明治生まれの方々も現役で働いている方も

            居ましたので、キャラメルに限らず荒物屋

            さんや煙草屋屋さんに八百屋さん等々で新

            物入荷すると此の様な張り紙POP!!をよく

            目にしたものです・・・。(・o・)」☆

             

             

            キャラメル等の甘くて美味しいものを、

            暮れたのも。どの時代でも。お母さん。

            おばあちゃん。お姉ちゃん。皆優しい

            女性であった事が、共通していて。

            お酒や煙草等男性が主に好む趣向品を、

            嗜まない方々でしたよね・・・。

            (^_-)-☆

             

             

            そんな愛情をや恩恵を受けて来たからこそ

            こんな年齢になる迄生きて来れた様な気が

            致します。只管。感謝。感謝。感謝。であ

            ります・・・。

            今日は、お酒は止めて・・・。

            昔を思い出して。目を閉じて。一粒ミルク

            キャラメルを、お口に入れて見れば、きっ

            と。思い出の会いたい方に会えるかも知れ

            ませんよ・・・。(#^.^#)/💛☆

             


            | 1/53PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << September 2018 >>

            categories

            archives

            recent comment

            • ☆望みはC62 50号機に!!の巻!!☆
              GEEKO (09/01)
            • ☆望みはC62 50号機に!!の巻!!☆
              lr4 (09/01)
            • ☆略、何一つ実現しなかった未来?!の巻!!☆
              GEKKO (06/28)
            • ☆略、何一つ実現しなかった未来?!の巻!!☆
              昭和70年生まれ (06/28)
            • ☆何だこれぇ〜っ?!カウンタック?!それとも。宇宙の戦車?! の巻!!☆
              GEKKO (06/27)
            • ☆何だこれぇ〜っ?!カウンタック?!それとも。宇宙の戦車?! の巻!!☆
              zenbee (06/23)
            • ☆昭和の婦人自衛官と平成の女性自衛官の巻!!☆(陸自編)☆
              古き良き自衛官 (06/10)
            • ☆みごろ!たべごろ!笑いごろ!!の巻!!☆(vol,2)☆
              GEKKO (04/30)
            • ☆みごろ!たべごろ!笑いごろ!!の巻!!☆(vol,2)☆
              仙台人 (04/30)
            • ☆シリーズ似ている2人の巻!!☆(北原佐和子編)☆
              GEKKO (04/12)

            profile

            search this site.

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM