☆懐かしの駄菓子やポスターの巻き!!☆(Vol,2,)☆

0
    ☆シリーズ懐かしい駄菓子屋ポスター(Vol,2)の御紹介ですぅ!!☆
    昨今、駄菓子&駄玩具の製造メーカー・卸業・小売店に至る迄略全ての
    関係者が廃業されこの事に関しては、もやは歯止めが効かなく成っている
    事が現状で有りますぅ!!(-_-;)☆



    そんな寂しい環境では御座いますが月光では昭和チックな駄菓子屋の
    お話しを語り続けたいと思いますぅ!!☆\(^o^)/☆
    以前にも御紹介した事もある”あめ湯”のポスターですがこのあめ湯とは、
    水飴に蜂蜜・生姜等を入れて冬季に温めて飲み物ですよ。(^-^)/☆



    反対に上記でご説明させて頂いた”あめ湯”を夏季に氷等に冷やした物が、
    ”冷やしあめ”ですぅ!! (^_-)-☆
    海水浴やプール等で長時間の水泳の後冷えた体を温める為に飲みました。
    特にアルコール等が飲めない幼稚園児等にプールで泳いだ後に夏風邪防止
    として園で飲ませていた幼稚園もありましたよ。(^-^)/☆
    ☆(昭和40年代頃迄)☆



    此方は、兵庫県神戸市兵庫区に有った”ツルヤ食品研究所”さんが、
    1955s,(昭和30年)にポンカンとネーブルの果汁10%をいれて
    製作販売されていた製品で当時オレンジ等の輸入果物の自由化が出来ず
    厳しい検疫+高い関税に高額輸送コスト等々の問題が昭和50年頃迄、
    続いた関係で同種の”バヤリースオレンジ”はアメリカからの直輸入品しかなく
    非常に高価で有った為、社長の上田豊氏(元祖瓶詰めあま酒も考案)
    が考案したものでした。(・o・)」☆
    因みにアサヒ飲料は、未だこの時バヤリースの権利を、
    取得していませんでした。(・o・)」☆

    予断では有りますが資料等でHP等では余り紹介されていませんがベトナム戦争
    が終結する迄は、神戸港は軍港そのもので空母エンタープライズ等は、
    現在の第6バースに入港して修理を必要とする艦は、三菱重工のドックへ
    入って降りこの時に水兵からの流れ荷物等を業者が買い受けていた様ですね。(・o・)」☆



    此方は、”ミルクチョコレート”で瓶入りの物はなんか?
    一見して珈琲の様でしたよ。(^_^;)☆
    ポスターの色彩デザインが何とも昭和チックで素敵ですよね。(^_-)-☆
    又この時代の子供達は、甘ければ何でも良い的な感じで濃厚な味を好み
    同時期に不二家のパラソルチョコレートやチューブ式チョコレート等、
    当時としては画期的なチョコレート製品が多く誕生して行きました。(・o・)



    そんな”ハイカラ!!”なチョコレートに対抗し続け明治時代生まれの
    女性を中心に圧倒的な支持され続けていたのが此方の”亀山ぜんざい”
    (総評的ぜんざい)でした。(・o・)」☆
    この亀山の由来は、その昔大阪の北区天満に「亀山屋」という汁粉屋が、
    有ってそこで田舎汁粉を「かめやま」(明治三十年頃開業)という名前で
    売っていた事からで関西でぜんざいと言えば粒あんとお餅が入ったどちらかと言えば、
    ”どろっとした”濃厚なものですが関東はお汁粉と言ってあっさり
    した物なので我々昭和の関西人は関東のお澄ましの様に薄いお汁粉が、
    意外と苦手なんですよねぇ〜っ!!(^_^;)☆

    ☆2013s,大阪府警・秋の交通安全ポスターの巻!!☆

    0
      ☆2013s,今年も秋の交通安全週刊がやって参りましたね。(^-^)/☆
      各都道府県警察さんも個性のある様々なデザインでの作品を作成されて
      いますので良い意味で楽しみにして降ります。(^_-)-☆



      関西地区の心臓部に当たる此処大阪市府では今年はタレントモデルさんを、
      2名を起用され豪華な印象を受けました。(^-^)g"☆



      今年は、タレントの武田訓佳さんが新たに起用されていましたので、
      大阪の出身の方なのかな?(・o・)
      と思っていたらこの方は、兵庫県の三木市出身でGEKKOの所在する
      同じ県と言うのは親近感がわきますね。(^_-)-☆



      此方は昨年に引き続き斉藤雪乃さんで関西では朝の情報番組
      ”す・またん!”何時も御馴染みな方ですよね。(^_-)-☆



      どうして。武田訓佳さんなのか?(・o・)
      その訳はやっぱり!!”す・またん!”の天気予報で、
      一緒だからかも、知れませんね。(^_-)-☆
      ”制服も”決まっていますね。”(^-^)g"☆



      ローカルタレント方等の起用により”より身近な地元市民等”の感心を、
      引く様に大阪府警さんの広報の方は上手く制作されています。(・o・)
      これだと。”あぁ〜っ!!キャンペーン中だな。機をつけよう!!”と、
      思いますよね。(・o・)
      私も基本ベースのフィールドは、関西では大阪なので交番や地下鉄の
      掲示板で大阪府警さんのポスターで何時も勉強させて頂いて降ります。
      m(_ _)m

      ☆因みに、”喫茶サザンライト!!”のMAPは、有りませんよ。(^_-)-☆
      この意味が分かるのは、関西圏の方だけだとは思いますが・・・(^_^;)

      追伸・☆頑張れ!!兵庫県!!☆\(^o^)/☆

      ☆幻の明石競輪のポスターの巻!!☆

      0
        ☆今回は、地元明石市のコーナーで文化博物館に本当は有るべき品を、
        シリーズにて御紹介して行きたいと思いまぁ〜すぅ!!☆\(^o^)/☆



        記念すべき第一回目は、現在はもう。
        存在しない明石競輪の開催ポスターであります。(・o・)」



        明石競輪は、明石城公園の略中心部に戦後の復興資金捻出のひとつとして
        明石市により建設されましたが家財道具を売り払い競輪に没頭する者も、
        増えてきた為に県営ギャンブルの廃止を決定する表明に基づき
        1961(昭36)年:明石競輪は廃止に至りました。(-_-;)
        開催期間は1950(昭25)年:第一回の明石競輪が開催されてから
        1961(昭36)年の僅か11年間でした。(-_-;)



        ギャンブルに没頭する人とは裏腹に”愛の競輪”と記されており元々は、
        何も無かった地に県民の労を労って作った娯楽でしたが余りのマナーの
        悪さに当時の県知事だった阪本勝氏も苦労した見たいです。(・o・)」



        毎日抽選により5名の方に当時では高級品の自転車をプレゼントで、
        その他淡路団扇を1500本進呈とあり競輪で負けても奥様にプレゼントの
        お土産を持ち帰れるかも知れないと言うダブルチャンス!!には、
        実に魅力的で有ったのでしょうね。(^-^)/☆



        此方のポスターは、昭和20年代初期のもので非常に珍しい品です。(・o・)
        カラーも3色刷りで当時としては豪華なデザインだったと思います。
        現在は、明石公園自体も明石市の手を離れ県の管理下に移譲していますので
        旧明石のアイテムが出てくる事は、極めて稀だと思います。(・o・)」

        ☆大阪らしいポスターの巻!!☆

        0
          ☆大阪では他の近畿圏より個性豊かなデザインのポスターが、
          何時も製作されていますが今回も非常に大阪らしいポスターで、
          有りました。(^-^)/☆



          大阪府警さんの製作された振り込み詐欺防止キャンペーンのポスターですが
          モデルは、御存知西川きよし師匠&ヘレン夫人で有りますぅ!!(^-^)/☆



          関西では、何か物凄い説得力のある強烈なインパクトを受けますね。(^-^)/
          西川きよし師匠は、大久保怜先生と共に関西ローカルで長い間、
          ”素人名人会”の司会もされていた関係で関西地区では高齢者の方の
          支持率が非常に高いのです。(・o・)」



          そんな隣で更なるインパクとを持つこの方のポスターが掲示されて、
          いました。(^_^;)
          此方のポスターは、ローカルポスターではなく警視庁の発行していた
          全国ネット版ですので御存知の方も多いと思います。(・o・)



          色んな組み合わせが有るとは言えこの二枚のポスターのコンビネーションは
          大阪府警さんならではないでしょうか?(・o・)
          普通はこの様なポスターが並んでいれば思わず足を止めてしまいませんか?
          私は巨大なきゃりーぱみゅぱみゅのポスターより此方のポスターの方が、
          温もりを感じてしまうのですが・・・(^_^;)

          ☆懐かしい不二家レモンスカッシュのパネル!!の巻!!☆

          0
            ☆懐かしい不二家レモンスカッシュの販売促進用パネルが、
            発見されましたぁ〜っ!!☆\(^o^)/☆



            不二家のレモンスカッシュは、1975s,(昭和50年)の発売以来
            ロングセラーの炭酸飲料ですが発売当初は、競合の炭酸飲料よりも炭酸が
            強く不二家さんの甘ぁ〜い!!と言うイメージを完全に裏切った様な飲料で、
            当時夏場の縁日や夜店でもよく店頭や露天等で販売されていましたが、
            非常に喉の渇いた状態ではいきよいよくがぶ飲みする事は、
            出来ませんでしたね。(^_^;)



            此方は、250mlの通称スリム缶ですから1970s,〜1980s,
            初頭の掛けて他社を含め販売されていたタイプの缶ですね。(・o・)/
            この時代は、自販機の瓶から缶へ移行する過渡期の時代で容量の少ない
            250mlのスリム缶は、当時の自販機に対応する為でした。(・o・)」
            後に350ml缶が登場しますがコカコーラーさんから発売されていた
            Hi−C!!オレンジ&アップルは、スリム缶でピークを迎えた様です。
            (・_・)エッ......?



            この時代は、1975s,(昭和50年)6月に初代クラリオンガールとして、   アグネス・ラムさんが来日されてから少しアジアングラマーな女性
            タレントさんがブームと成り其れ迄のオードリー・ヘップバーンさんや
            ツイギーさんの様な白人女性から好みが移り変わって行きました。(・o・)」
            これはこの時期から日本人男性が異性に対しての性的好みを広く一般に主張出来出した事にありそれ以前の女性タレントモデルの国内マーケットは、
            日本人女性から見た異性ではなく同性にあり如何に白人モデルに自分自身を
            近づける事が最大のテーマであり同時の男性は、その女性の目で見た女性の
            好みに肖る事が大半の時代で有りました。(・o・)」



            上記で述べた事からも当時の男性の女性に対しての好みは、”頭が日本人で
            ボディーは、グラマーな白人と言ったところでありました。(・o・)/
            これは当時の財閥のスポンサーの各取締り役系の幹部職の方々の好みに、
            我々一般Public,牽引されて行った様な兆しもありますがね。^_^;



            この販売促進用のパネルも当時の国内加工により厚手のビニールシートを、
            施して販売用ではないのかな?と思う位に確りとした作りをしています。
            ただ残念な事に倉庫の経年の保管の際に水分を含んでしまい色褪せと汚れが
            ある事が少し残念ですが昨今では近過去のノベルティーアイテムが激減して
            いますので貴重なアイテムと言えるかも知れません。(・o・)」

            | 1/4PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << June 2017 >>

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            search this site.

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM