☆懐かしい。シヨウワノートスカーレットシリーズの巻!!☆

0

    ☆昭和時代のステーショナリーって・・・。

    アイテムに依っては、意外とコンセプトが、

    意味不明の使い辛いものもあったり致しま

    したが此処では、60s,代後半から~70s,代

    に掛けて当時の子供達から圧倒的な人気を、

    博していたショウワノートスカーレットシ

    リーズをご紹介したいと思います・・・。

    (・o・)」☆

     

     

    ショワノートのスカーレットシリーズとは?

    1968s,(昭和43年)に北島洋子先生の作品を、

    シヨウワノート(株)さんから商品化されたキ

    ャラクター商品の1つでした・・・。(・o・)」☆

     

     

    此の当時は、女の子用のペイパークラフト着

    せ替え人形等が流行・し当時の女の子向けの

    ノートを始め画用紙スクラップブック・折り

    紙の化粧紙・雑誌等々の付録としてお約束の

    様に添付されていました・・・。(・o・)」☆

     

     

    此方の作品は、1972s,(昭和47年)に同社(シヨ

    ウワノート)から発売されたスカーレットシリー

    ズのスターバージョンのリボンシリーズとなり

    ますこの頃の印刷物には、コーティング加工は、

    大半のものに技術的にもコスト面に於いても実

    現はされてはいなかったのですが、キャラクタ

    ー製品を多く手掛けていたショウワノート(株)

    さんだけは、表紙にコーティングが施されてい

    ましたので通学の為に時間割を合わせたり教室

    でランドセル等からノートを取り出す際に擦り

    傷が付き印刷が剥がれた処が白くドットとの様

    な模様が付くと言った事は、有りませんでした。

    併しそれだけの加工とキャラ商品を扱われてい

    た関係からロイアリティーの問題等からも他社

    さんのノート依りもコストが高い事で当時のお

    母様方からは、少し敬遠されていました・・・。

    (^_^;)」☆

     

     

    私の記憶では此のノートを昭和47年当時にとある

    文具店に小学生のお姉ちゃんとお母さんと一緒に

    お買い物に来ていた赤い長靴を履いていた年の頃

    3~4歳の女の子が、”ママ。此れ可愛いから買って。”

    と自分のお母さんに頼んでいましたが答えは。

    即答で・・・。”NO!!ダメ!!”でした・・・。

    理由は、”そんな高いノート買っても頭が良く成る

    訳ないでしょ!!どうせクレヨンでグチャグチャに

    塗り回すだけなんだから・・・?!”

    と強くまるで叱りつける様に言われてしまいその

    後その女の子は、言わずと知れた事で泣き崩れて

    しまいその異変に気付いた店内にいた小学生の男

    の子達からの口からは・・・。

    ”可哀そうやなぁ~・・・。俺あんなお母さんや

    ったらいやゃ~・・・。”って言っていましたが、

    その女の子も現在では、その当時の御自分もお母

    さん依りもご年齢が高く成られているはずですか

    らご自分のお子様にも再び同じ事をされたのかも

    知れませんけどね・・・。(^_^;)」☆

     

     

    併し、上記のお母さんが仰る事も決して間違った

    事は言われていない訳で北島洋子先生の作品は、

    ご覧の様に非常に完成度の高いイラストを手掛け

    られていましたので男の子達の目線から見ても

    可愛くお洒落に感じていましたのでそれだけ北島

    洋子先生は、作品には必ず大人の女の魅力を必ず

    入れていたからなのですよねぇ~・・・。

    (#^.^#)/💛☆

     

     

    確かに・・・。クレヨンかマジックサインペン

    しか持てない。女児には此の北島洋子先生の塗

    り絵は余りにも難し過ぎてお子様に買い与えて

    も”グチャグチャ?!”にしてしまう事を見越して

    当時のお母様方は、お子様に持たせなかったと

    も言えますので完全否定も出来ません・・・。

    此の当時此の塗り絵を色鉛筆でご近所の女の子

    の目の前で見事なまでに美しく綺麗に塗り上げ

    たのは、近くに住む当時新婚の未だ子供の居な

    い20代前半の若奥様でした・・・。

    余談とは成りますが、当時の子供達が理想の女

    性像として感じていたものとは。優しく。美し

    く。カッコ好い!!でしたがそれらを持ち併せて

    いた女性が新婚でお子様を設ける具体的に申し

    ますとご結婚から妊婦になる迄の数か月の女性

    で此れに該当する女性の大半は子供達に優しく

    お絵かきや折り紙を教えてくれたりジュースや

    お菓子も自宅で出してくれたので子供達からは、

    スター扱いされていました・・・。

    その具体的理由としては、昭和40年代位の新婚

    さんの親御さんと言えば未々明治の方が主力で

    あり現在の様に奥さんをしかも新妻を働かさな

    ければ生活が出来ない男性生んだ母親として世

    間から非難を受けるとされ結局それは女のプラ

    イドを誇示する為のもので結婚したばかりの当

    時の女性は、家事と男の子を出産する事意外は、

    特にプレッシャーを受ける事なく暇を持て余し

    ていたので日中の午後は、児童館と化している

    新婚宅も数多く存在していました・・・。

    (^_-)-☆

     

     

    おっと・・・。ノートのお話しに戻りましょう!!

    背面には、この様に切り抜ける様に可愛い動物キ

    ャラが描かれていましたので鋏で切ってスチール

    製の子供学習机や箪笥の引き出しに当時はチュー

    ブに入った選択糊で貼り付けていましたが此の時

    代の糊は現在の様に化学剤から加工されたもので

    はな無く天然素材で製造されていましたのい寝静

    まった夜中に”カリカリ!!”と音を立てて・・・。

    ゴキブリ達が、此の糊を食べに夜な夜な出現して

    いました・・・。(-_-;)」☆

     

     

    此処で少し裏話しを致しますと・・・。

    此方のノート類も少し纏ってデットストック品

    が発見されたのですが、現在では海外バイヤー

    達に依ってその大半が海外に既に流出してしま

    いましたのでコンディションの良好なもので業

    者さんが持っているものでは、可也少なく成っ

    ているのが現状ですので、お値段やコンディシ

    ョン等が合えば気に成られる方は他社様を含め

    即買いをお勧め致します。

    一度海外に流出したものは。まず。二度とは?

    再び日本国内に戻る事は有りません・・・。

    (・o・)」☆

     

     

    当社が何時もお客様にご提案させて頂いているもの

    としては、100円均一ショップさん等で販売されて

    いる安価な額縁やフォトフレームに必要に応じては、

    オリジナルペイントする等してノートを入れてお部

    屋等に飾ると此れが意外と素敵なオリジナルインテ

    リアとして早変わりので是非!!一度お試しあれ!!

    ☆m(__)m☆

     


    | 1/1PAGES |

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM